allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

森のリトル・ギャング(2006)

OVER THE HEDGE

メディア映画 Anime
上映時間84分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2006/08/05
ジャンルコメディ/アドベンチャー/ファミリー
守りたい――
やっと見つけた僕の家族
森のリトル・ギャング スペシャル・エディション [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,140
USED価格:¥ 580
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「シュレック」「マダガスカル」のドリームワークス製作によるフルCGアニメ。ジャンク・フード好きのペテン師アライグマと臆病なカメが主人公のアドベンチャー・コメディ。住宅地の拡大で森が狭くなった“郊外”を舞台に、ハラペコの動物たちが食料を求めて危険な住宅地へと向かうさまを、文明社会へのシニカルな視点を織り込みつつコミカルに描く。
 森の動物たちが冬眠から目覚めると、なんと森の周りは人間の住宅地になっていた。森が狭くなって、森の仲間たちはいつもハラペコ。そこに現われた風来坊のアライグマRJは、人間の家にはおいしい食べものがいっぱいある、と森の仲間たちをそそのかす。慎重な森のリーダー、カメのヴァーンが止めるのも聞かず、おいしい食べものが欲しくてたまらない仲間たちはRJに導かれるまま危険な住宅地へと足を踏み入れるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:フランソワーズ投稿日:2007-11-07 10:36:27
スティーブ・カレルって芸達者だなぁ、と思いました。
下のコメント観てるとどうやら字幕で観た方がいいみたいですね
投稿者:マイコン刑事投稿日:2007-08-09 04:26:11
【ネタバレ注意】

話は性格の悪い主人公が心優しい森の動物と関わる事で家族や仲間の素晴らしさを知るというきわめて王道な話。
子供向けにしては毒が強い。それがドリームワークス作品の特徴であり魅力か。なんせアンチディズニーだもんね。
あらゆる作品のパロディーは元ネタが分からなくても面白いし、分かればもっと面白い。
色々叩かれている吹き替え有名人声優陣は、石原良純と夏木マリ以外はプロの声優に直した方が良い。(特にBoA。あれは演技以前の問題。役所広司は演技は問題無いが…。武田鉄矢は本人のまんま。)この二人だけがアニメ声優的だった。
日本語版の台詞に吹き替えた芸能人を連想させるのがあるのは、観客を白けさせないか?アニメや吹き替え等でその声優を連想させる演出は禁じ手だと思う。声優として役を演じる時は自分を全面に押し出してはいけないのでは?
特典アニメでRJとヴァーンがプロに吹き替えられてたのは良かったけど、ハミーは石原良純でやって欲しかった。高木渉よりもオリジナルのスティーブ・カレルの声に近いし、石原とハミーは寧ろ対極に近いが、声はハミーに合ってるから。
声優は役者の仕事の一部だから、俳優が声優をやることは否定しないが、なら声優としても上手い人を使えよ。オーディションや演技指導しろよ。声優として下手な奴を使うから叩かれるんだよ。声優として上手くて、役にあってれば誰も文句を言わないのに…。少なくとも私は上手ければいいと思っている。
私はやはり平面アニメの方が好きだな。

投稿者:メンタイ投稿日:2006-08-26 19:18:13
ゲドとブレイブとカーズが暴れ、なんとも強敵だらけで
じゃあ公開時期をずらしたら?って言いたくても
後ろには同じような動物CG作品がゾロゾロと並んでる為、
もうここで公開するしかなく、しゃーねーから
役所広司&武田鉄矢なんつー2大男優を声優に持ってきた作品。

なんて言いながらももしかして勇気や車より面白い?(戦記は未観覧)
っていうくらい判りやすいファミリームービーでした。
変なヒネリやフクミがなく、素直なアクション&感動で構成されているので
昔のピクサーのいい匂いがしました。
人を蹴落とすことばかり教わっている今の日本人には
丁度いいかもしれません。
あくまでもファミリームービーとしてのレヴューです。
この手は分析してもね。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:ショーンファン投稿日:2006-08-06 22:31:55
最初に言っておくと、映画マニア向けではありませーん 苦笑
先が読めるないようですし、冷静な自分が見てもあまり笑えなかった;
あそこまで動物の表情がリアルだと気持ち悪いです (^_^;)
投稿者:rum投稿日:2006-08-05 02:59:35
カンニング竹山さんの声に、少し物足りなさを感じたものの、作品的には笑いあり、涙あり、で全体的に良かった。
「カーズ」ほどじゃないけど、エンディングロールは最後まで見た方が良いですよ!
投稿者:ASH投稿日:2006-04-17 00:13:11
【ネタバレ注意】

 飽食の時代を皮肉っているかのようなRJの人間論。確かに、人間は食うために生きているような生き物だ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 長編アニメ賞 
【ニュース】
全米興行成績、K・ハート&T・ハディッシュ共演コメディ「Night School」が好スタート2018/10/01
「コウノトリ大作戦!」製作陣最新作「スモールフット」、最新予告編2018/08/03
「コウノトリ大作戦!」製作陣最新作「Smallfoot」、予告編2018/04/25
「コウノトリ大作戦!」製作陣最新作「Smallfoot」、ティーザー・トレーラー2017/11/24
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ最新作「Home」が大ヒット・スタート2015/03/30
第33回サターン賞結果発表2007/05/11
サターン賞、ノミネーション発表2007/02/21
放送映画批評家協会賞発表2007/01/15
全米興行成績、ベン・スティラー主演コメディが首位2006/12/25
放送映画批評家協会賞、注目のノミネーションが発表に2006/12/12
アニー賞ノミネーション発表2006/12/05
DVDリリース情報:「森のリトル・ギャング」「ツール・ド・フランス2006」etc.2006/09/29
全米興行成績、「カーズ」がV2達成2006/06/19
全米興行成績、ピクサー・アニメ「カーズ」が圧勝2006/06/12
全米興行成績、J・アニストン主演作が首位奪取2006/06/05
全米興行成績、「X−MEN3」が爆発的デビュー2006/05/30
全米興行成績、「ダ・ヴィンチ・コード」が期待通りの好スタート2006/05/22
全米興行成績、「ポセイドン」首位獲得ならず2006/05/15
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION