allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ〜血まみれの天使〜<未>(1974)

THEY CALL HER ONE EYE
THRILLER - EN GRYM FILM
THRILLER: A CRUEL PICTURE
HOOKER'S REVENGE

メディア映画
上映時間106分
製作国スウェーデン
公開情報劇場未公開
ジャンルサスペンス/アクション/エロティック

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:エディ投稿日:2008-04-27 11:26:31
今、見るとそんなにアクションとして見ても面白い映画というものではないが、ストーリーはポルノ映画のジャンルとしては、なかなかよくできていると思う。タランティーノが評価するのも頷ける。なぜかというとここまで悲劇的に展開し、どん底に陥る映画は初めてで、徹底して描かれた復讐劇は初めてだからだ。サム・ペキンパーに影響を受けたと思われる、銃撃シーンの描写はなかなかで、それなりにかっこよく仕上がっているが、格闘シーンが無駄すぎるほど長くて、スローしすぎで、余談だが、ドン・ヒューレット監督の「チャック・ノリスのブレイカー・ブレイカー」のクライマックスの対決を思い出してしまった。下の人も述べているが、別にポルノにする必要はない映画であることは一つ言えると思う。また、この題材だと、尺をあと10分から15分ぐらい短くすれば、(つまり90分ぐらいにまとめると)なかなかいい映画に仕上がっていたと思う。しかし、低予算の映画として、音楽はなかなかいい効果を出していて復讐劇の題材として、よくあっていると思う。残虐シーンも目玉にメスを突き刺すシーンは、本物の死体を使ったと言われるだけあって、生々しいがタランティーノが公言しているほど、古い映画のせいかそんなに怖い映画でもないような気がすると思う。
投稿者:ボンクラ投稿日:2006-08-09 01:51:25
【ネタバレ注意】

日本語版が発売されているとは。有名監督がフューチャリングするとDVDになりやすいね。北米版を見ましたが、子供時代に性的虐待を受けて失語症になったのに、初めて会った男に車で町まで送っていくと言われてついて行き、しかも男の家まで行くのはあまりにもご都合主義。マリファナ漬けで売春させられ復讐するのだが、別に客まで殺さなくてもいいかな。ただ、後半のかっこよさは、さそりに似て(てゆうかそのまんま。アコーハットの代わりにアイパッチをつけている)とてもかっこいい。ロリ顔(当時23,4歳)なので、15歳(多分)の役ですが十分通用します。残酷描写も石井輝男よりもライトなので、まだ普通の人も見やすいか。荒木一郎と共演した、にっぽんSEX旅行がいいのでDVD化希望。

投稿者:まっどぼんば投稿日:2006-06-24 04:26:14
これはポルノにする必要あったのか。前半30分と後半40分はヌードすらない。
中盤何度か出てくるセックスシーンはどれも短く淡泊であっさり(しかも
ホラーみたいな音楽がかかってる)、接合アップはおざなりに挿入されてる
だけで実用的でないし、カットしても全く問題ないかと。

可憐な顔のクリスティーナが片目の復讐者になるというミスマッチだが
意外と似合っている(黒コートがエスケープフロムLAのスネークみたい)。
主人公が喋れず、音楽がほとんどなくて、たまに挿入されるハードコア、
銃撃やアクション場面は変な音楽付きのスローモーションと、色々な
要素のせいで全編独特の奇妙な空気のまま話が淡々と進む。主人公が特訓
したり銃を買ったりするところは「タクシードライバー」を連想した。
目玉をメスで刺す場面はショッキングだし(本物の死体を使ったらしいと
ライナーに書かれていたが、確かにそんな気がする)、友人の血まみれの
ベッドは低予算で最大の効果を上げている見事な名シーン。
投稿者:ASH投稿日:2006-05-18 20:47:30
【ネタバレ注意】

 クリスティナ・リンドバーグが主演ということで、ポルノチックな作品になっているのは当然だが、本番シーンはどうにも取ってつけたような印象で、もしかすると製作者側は仕方なしに「挿入」したのかも。なんて勘ぐってしまった。

 

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ 〜血まみれの天使〜 <ヘア無修正版>レンタル有り
【広告】