allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

時をかける少女(2006)

メディア映画 Anime
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(角川ヘラルド映画)
初公開年月2006/07/15
ジャンル青春/ファンタジー/ロマンス
待ってられない
未来がある。
時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,980
価格:¥ 2,086
USED価格:¥ 1,442
amazon.co.jpへ

 Photos
時をかける少女時をかける少女

【クレジット】
監督:細田守
アニメーション制
作:
マッドハウス
プロデューサー:渡邊隆史
齋藤優一郎
原作:筒井康隆
『時をかける少女』(角川文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザ
イン:
貞本義行
作画監督:青山浩行
久保田誓
石浜真史
美術監督:山本二三
音楽:吉田潔
声の出演:仲里依紗紺野真琴
石田卓也間宮千昭
板倉光隆津田功介
原沙知絵芳山和子
谷村美月藤谷果穂
垣内彩未早川友梨
関戸優希紺野美雪
桂歌若
安藤みどり
立木文彦
山本圭子
横張しほり
松岡そのか
反田孝幸
松田洋治
中村正
【解説】
 これまでに何度も映像化されてきた筒井康隆の名作ジュブナイルを初のアニメ映画化。あるきっかけで、過去に遡ってやり直せる“タイムリープ”という能力を身につけたヒロインの淡い恋の行方と心の成長を丁寧な筆致で綴る。監督は「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」の細田守。
 明るく元気な高校2年生、紺野真琴は、優等生の功介とちょっと不良な千昭と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた人影に驚いて転倒してしまう。その後、修復士をしている叔母・芳山和子のもとへ自転車で向かった真琴は、ブレーキの故障で踏切事故に遭ってしまう。死んだと思った瞬間、真琴はその数秒手前で意識を取り戻す。その話を和子にすると、和子は意味ありげに、それは“タイムリープ”といって年頃の女の子にはよくあることだと、冗談とも本気ともつかない説明をするのだった。最初は半信半疑だったが、いつしか使い方を覚えて些細な問題でも簡単にタイムリープで解決してしまい、すっかり調子に乗る真琴。そんなある日、真琴は千昭から突然の告白を受ける。3人の友だち関係がいつまでも続くと思い込んでいた彼女は、動揺のあまり、タイムリープで告白そのものをなかったことにしてしまうのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
タイム・トラベラー(1972)TVシリーズ
続 タイム・トラベラー(1972)TVシリーズ続編
時をかける少女(1983)実写映画版オリジナル
時をかける少女(1985)TV版(南野陽子)
時をかける少女(1994)TV版(内田有紀)
時をかける少女(1997)実写映画版リメイク
時をかける少女(2006)劇場版アニメ
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A太陽 (2005)
[002]A父親たちの星条旗 (2006)
[003]A嫌われ松子の一生 (2006)
[004]A誰も知らない (2004)
[005]A千と千尋の神隠し (2001)
[006]Aキング・コング (2005)
[007]A天空の城ラピュタ (1986)
[008]BKAFKA/迷宮の悪夢 (1991)
[009]Bローズ・イン・タイドランド (2005)
[010]B弾丸ランナー (1996)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16141 8.81
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-08-06 13:48:35
10年ぶりに3度目の観賞。今後もふと観たくなるだろうから、☆1つ追加。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-12 00:58:23
良い!
真琴の全力疾走が この作品の勢いをそのまま体現してる。
投稿者:こじか投稿日:2012-11-19 00:05:23
【ネタバレ注意】

普通に観れました。どなたかのコメントにありますが、走る場面での性行為連想は確かに…。あれ、何か意図があるんでしょうけど考えてもピンとこなかったな。

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2012-03-27 17:55:53
【ネタバレ注意】

おジャ魔女どれみドッカーン第40話「どれみと魔女をやめた魔女」が元ネタだと思います。

投稿者:namurisu投稿日:2011-04-25 12:14:02
時と青春と原田知世を飛越えて、恋と未来の夢をゲットした、七転八倒な夏。
投稿者:陸将投稿日:2011-04-21 17:04:20
【ネタバレ注意】

思春期の1人の女子と2人の男子。
恋人ではなく、あくまでも友達。
いつまでもそのままでいたいが、それは無理なことだとは薄々感じている3人の微妙な関係。

まず、恋愛感情になる一歩手前のバランスを保っている3人の距離感がたまらない。
親密だけど、それ以上ではない。
嫉妬や照れや恐れといった感情が、素直な気持ちを表す邪魔をしてしまう。
微妙な心情の揺れ動きを、繊細なタッチで描いていく。

そんな爽やかで透明感のあるひと夏の青春物語が軸であり、タイムリープという仕掛けは、あくまでもそれを盛り上げる機能に過ぎない。
ただ、このタイムスリップは過去にしか行けないというのがポイントだと思う。

確かにこのタイムトラベル機能は、矛盾や辻褄の合わない箇所もいくつかある。
また、夏のとある数日を何度も繰り返す物語は、テンポが良いとは決していえない。
ただ、なかなか前に進まない物語が、この年頃の主人公の少女の心理に絶妙にリンクしている。

人生は分かれ道の連続であり、その道をどう進んでいくかという選択の連続だと思う。
だから、一度きりの人生の中で人は後悔し、それを糧にして前へ進んでいく。
特に思春期は、自分の未来や将来も見えない。
だからこそ、本作の少女のように悩み苦しみ、自分のやりたい事も分からず、恋愛にも後ろめたくなってしまう。

だが、未来や将来は、前を向いて自分の足で、自分の力で歩み、そして駆けていくしかない。
未来へは決してタイムリープできない。
青い空と白い雲の下で、未来へ向けて少女が疾走していく様。
それが本作の世界観とマッチし、この上ない爽快感に繋がっているのだ。

投稿者:mototencho投稿日:2010-05-31 20:39:52
筒井康隆の原作も有名だし、大林宣彦監督作品の劇場版も“ある年代”にとっては心に残る1本。ま、早い話がマスター・ピース。で、“ある年代”に属する細田守が監督したアニメ・ヴァージョンは、ほとんど原形を止めない別物なのに傑作。http://mototencho.web.fc2.com/2009/timetrw.html#tokikake
投稿者:Cinema☆万歳エンゼル投稿日:2010-05-21 23:28:58
【ネタバレ注意】

スゴイよ!

日本アニメに、日本映画界に、また1つ不朽の名作が生まれた。
決して色あせないだろう!

何度みてもこのストーリーには唸らされる

タイムスリップの魅力を思う存分に生かし、
「青春」「夏」の魅力、そして、高校生の恋愛のピュアな表現とのハーモニーが絶妙

嬉しい
涙がでた

セリフも洗練されている

何かが欠けても成り立たない作品
結晶だ

ところで、あの、千昭が求めた絵、それほどまでに求めた絵は、救世の観音だったのか・・。アニメという枠こえ、なにか深遠なものを感じさせる。

やはり色あせない作品だ。

 ─ ─ ─ ─ ― ─

cf.

魔女叔母さん、芳山和子は、初代の「時かけ少女」、

BGMは、バッハ「ゴルドベルグ変奏曲」とのこと

魔女叔母さんに御礼のとき捧げたのは、最高のケーキ屋、吉祥寺の「アテスウェイ」

それから、主題歌・挿入歌の奥華子さん、CD『ガーネット』も最高!

 ─ ─ ─ ─ ― ─


ありがとう。



投稿者:william投稿日:2009-08-20 07:48:03
オリジナルを見たことが無かったので、内容に関しては初見。絵は好きだけど、なんだかな〜っていうストーリー。キャラの設定がちょい薄い感じ。
投稿者:投稿日:2009-08-12 16:40:54
ようやく見た。そして満足。
画もよろしく美しく、男の子と女の子の関係性というか
距離も程よくて、ラストがとくに。
少女が「時をかける」のではなくて、
クライマックスで「地面を駆けに駆ける」シーンに感動した。
過剰な号泣シーンも心地良い。
機会があれば、是非。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-02-24 18:08:05
【ネタバレ注意】

素直に爽やかでちょっと切ない雰囲気のある作品で楽しめた。  タイムリープというSFっぽい話をそんな重さも感じさせずに見せてくれる。   夏になったら忘れた頃また見たい。  もしこんな事が出来たら・・・と無性に妄想に浸りたくなるファンタジー作品。  でも毎回転がってタイムリープしてたら頭悪くなりそう、、、

投稿者:cossa*投稿日:2008-07-21 05:16:06
オタクっぽくない雰囲気の映画なので、なんの抵抗もなく見られた。会話も自然だし、いまどきの高校生ってかんじの喋り方の登場人物にも共感がもてた。いつかは終わってしまう夏の、あのせつない雰囲気が作画やBGMにもよくでていたように思った。

原作も過去の映画も見る機会がいままでなかったので、まっさらな状態でみたこの映画、やっぱり意味がわからないというか、ムリあるんじゃない?と思った箇所がいくつかあったのは事実。だけど、この作品のさわやかな雰囲気と、凝った造りでそれはあまり気にならなかった。確かに号泣シーンはちょっと苦笑したけど、それはアニメだから仕方ないじゃんと私は思った。

萌え系のアニメばっかりでうんざりしてたので、こういうアニメオタクじゃなくても素直に抵抗なく見られるアニメ映画が増えるといいなぁって切に願います。
投稿者:ASH投稿日:2008-05-11 13:42:01
【ネタバレ注意】

 なるほどねぇ。「時かけ」の設定を借りて青春モノをやってみました、てか。タイムリープとはただの触媒にすぎないのね。しかし、アニメという特性を最大限に活かして、走る、走る! 跳ぶ、跳ぶ! 転ぶ、転ぶ!

 自分だって、気に入らない映画を観た日にゃ、口汚い言葉でケチョンケチョンに罵るくせにねぇ…。自分基準もホドホドにな。

投稿者:Nei 4th投稿日:2008-03-13 19:56:14
苦痛で最後まで見れなかったのは
アニメでは初めての経験でした。
投稿者:まくらK投稿日:2008-03-10 19:49:50
自分が気にいらんからって、作品としての全てを否定するような
内容が多い。
この作品はある程度の完成を見た稀有な傑作で、たしかにクセはあるが
けして最低や駄作ではない。
細田守という、もっと注目されるべき監督の最新作として
評価されるべき作品だと思う。
気にいらなければ、気にいらないでええやん。
作品を評価するのと、気にいったいらんの判断基準は
別にしてほしい。
ただひたすら「駄作駄作」を連呼してる記述にはウンザリ。

某「ベネチアの興奮」作品なんかよりよっぽどセンスがあると思うし、
サダミツが参加したからウンヌンで議論されるような作品でもない。
(ただのキャラデザインだし。 安彦がキャラデザインした
 ZGの低クオリティは安彦のせいじゃないのと同じ。)
よく見かける「ジブリ作品」という言い方もよくわからん。
高畑とミーヤンとJrの作品は全く別個で、
東京ムービーだろうが日本アニメだろうがテレコムだろうが
ミーヤン映画はミーヤン映画だろ?
これは「細田作品」で、会社はあんまり重要じゃあないと思うよ。
「どれみ」でも「ウテナ」でも
細田の方向性は細田のみのもので、ひと目でわかるシャープな演出は
彼個人の才能(って言い方もなんかアレやけど)によるものだ。
それを会社で評価されるのはおかしい。
投稿者:terramycin投稿日:2007-10-20 12:58:24
実写版や小説の「時をかける少女」を観たことがなく、予備知識もなかったので新鮮であった半面、芳山和子の過去の同じような経験の話が出ても、あまり感じるものがなかった。

功介と女の子の恋愛の手助けを真琴がするところは個人的に面白いと感じたコメディだった。

時空+恋愛(時を越えた恋愛)のコンビネーションは良いと思った。切なく感じさせるのには良い。

登場人物の声はいかにも素人っぽさを感じさせる声であったが、発達途中の高校生たちの初々しさを演じるのには問題なかったと思う。そんなに違和感は感じさせなかった。
投稿者:ちゃき投稿日:2007-08-26 01:36:36
最近のアニメ映画の1押しといううわさを聞いていた「時をかける少女」。まったく予備知識なしで観ましたが、よかったですよ。これぞ青春というか甘酸っぱい感じもあり、アニメだから許される設定もありでした。これを実写でやったら白けてしまうというか、あまりにもクサいかもしれない。

面白い演出もいくつかったけれど、貞本義行とマッドハウスが関わっていてこのくらいなのかなぁ。どうして今更これを映画化したのかよくわからないとも思う。

ただひとつ思ったのが、泣くシーン。アニメでいい号泣シーンにおめにかかったことがない。これもしかり。どうにかならないものか。http://ameblo.jp/milestones
投稿者:マイコン刑事投稿日:2007-08-09 04:15:37
【ネタバレ注意】

これが2006年最高のアニメ日本映画?それは「パプリカ」だろうが!
私は3回このアニメを観たが、あまりの出来の悪さに耐えられなかった。
何て薄っぺらい話だろう?何であんなにキャラクターが薄っぺらいのか?何でヒロインは馬鹿でうるさくて自己中心的何だろうか?何であそこまで原作を悪い意味でブッ壊せるのだろうか?
ヒロインが走るときの性行為を連想させる様な声の演出。
「萌え」以外は何も無い、深夜テレビアニメ以下の内容。
そして何より未来人にタイムリープがばれたのに主人公からタイムリープに関する記憶がなくならないというご都合主義!原作では真琴の伯母である和子からはタイムリープに関する記憶は消されているのに・・・。
貞本義行とマッドハウスなのに、深夜テレビアニメ以下の人物画や背景美術。貞本義行のキャラデザインとマッドハウスの技術が本当に勿体ない!
素人声優の質もあの「ゲド戦記」より遥かに劣る。まあまあな人をあげれば、津田功介役の板倉光隆と芳山和子役の原沙知絵だけ。紺野真琴役の仲里依紗と間宮千昭役の石田卓也が特に下手過ぎて酷かった!が、例えプロの声優に吹き替え直しても、脚本と演出が低レベルだから無駄だろうね。
良かったのは音楽と主題歌だけ。でも、原作同様の切なさがある作品に使って欲しかった。
こんな駄作が映画賞を総なめなんて…。日本アニメの質がどんどん堕ちる、いや日本アニメの劣化と衰退を表しているね!

投稿者:irony投稿日:2007-07-23 05:52:00
 各キャラクターがこの時代のキャラクターだなぁと感じた 多分この手のストーリーは好きな人が多いんじゃない?例に漏れず私も好きなんで何回かこの『時かけ』を見ると思う 
投稿者:BMG投稿日:2007-07-23 01:10:47
原作を読んだ時は少々「つまらないなぁ。」と思ってしまっていたのでが。
時間の複雑さやそれに関わってくる人々の心境、行動などが編み出していくドラマがしっかりと描かれていた分、原作よりも楽しめたと思います。
投稿者:tanukun投稿日:2007-07-23 00:09:52
昭和58年の金字塔に挑戦した映画、テレビで観ました。映画は評するものではなく、観るものだと思っていることもあり、あまり誰がどうしたなどということには無頓着なのですが、タッチが高畑さんの作品に似ていて、当然それはジブリ作品にも繋がるもので、初っ端から「非角川映画」を感じました。大林作品の時は学生で、自分自身も多感な時でした。「読んでからみるか、みてから読むか」なんていうキャッチが流行し、薬師丸ひろ子が機関銃をぶっぱなしていました。

小父さんはどうしても旧作と比べてしまうのですが、自分が年齢を重ねてもなお、映画の世界はどこか甘酸っぱい「今の青春映画」を作ることに成功したのではないでしょうか。前作のヒロインが叔母さんだという設定にこだわりを感じ、それは共感でもありました。

真琴の最後の台詞は感動的ですらあります。

実写でなく、アニメでの製作も正解だと思いました。

全体を巧くまとめた佳作だと思います。
投稿者:きゃる投稿日:2007-07-22 15:06:39
劇場用アニメの多くがCGを駆使して写実化しているのに対し、
手描きのよさを生かして表現しようとする方向性の本作品は、
「新」印象派とでも呼びましょうか、素敵です。
投稿者:ぺん投稿日:2007-07-01 17:01:04
いや〜、すごい手間隙かかってそうなアニメっすねぇ。実を言うと、原田知世
バージョンと違うってことと、「桃栗3年〜」の歌が無いことを聞いてたので
劇場で観るのやめたんですが、これは劇場で観るべきアニメっすねぇ。
絵が非常に良く動いているんで、画面を観てるだけで楽しい。
ストーリーは、「世界系」で窮屈だし、どちらかというと詰まらない(爆)。
成長物語だけど、女の子の成長ってこんなんでいいん?ってな感じな位、
女の子に男性的な成長させてる感もある。この2点分差っぴいて8点。
それ位に、ストーリー以外の面がすごく良かった。
投稿者:fuji3776投稿日:2007-06-27 22:56:11
まだでしたら、ぜひお薦め。・・・前評判がいいので、お酒飲みながら斜に見ていたら、前後がまるでわからず、改めて見直すと、すっかり感心しました。後味も、余韻も、最高です。声優も、はじけていて、ぴったりの気がしました・・・。8/10点。
投稿者:paris1895投稿日:2007-06-15 12:34:03
脚本にも不満はあるし、演出なんて活劇の何たるかを全く判っていない、横構図の多さに苛立ちを隠せる程、私は大人ではないし、アニメに期待していない訳でもないので、叫んでみたいが、それは我慢してみよう。

一番大きな不満があるとするなら、いや、このアニメの一番大きな失敗は

声優の声が、画面にはり付いていない、という事にある。
 どういう事か。
声の質が違うとかではなく、もっと技術的な気の使いが必要な部分なのだが、声が少し浮いているのだ。
だから、キャラが喋っている様な気がしない。
あからさまに、アフレコです。といった印象を与えるのだ。
新海誠のアニメも、そういうった印象を受ける。
今敏は、そこは気を使っているみたいだが。

投稿者:tomovsky投稿日:2007-05-10 18:39:06
【ネタバレ注意】

笑いあり・涙ありで最高。実写版より完成度が高いと思う。声優と未来人と告白する所と叔母がタイムリープの説明をする所が極端すぎて少し無理がある感じがするが、それでも十分に補うストーリー展開だと思う。オリジナルの方のタイムリープより、今作のタイムリープの方が設定が良い。馬鹿らしいが、主人公が何度も同じ一日を繰り返すのも面白い。主人公の性格もいいな。感情の起伏はかなり激しいが、その分感情移入し易かった。俺は高校時代はつまらなく過ごしてしまったから、こいつらがうらやましくて仕方ない。最後の分かれ方も原作よりよっぽどいい。爽やかで、良く出来た青春映画だ。

投稿者:ragos投稿日:2007-04-28 00:32:00
原作は、中学生の時に読みました。正直言ってよく憶えていません。
知世版は、大学生の時に観ました。正直言ってよく憶えていません。

という訳で今回あまり先入観無しに、観ることが出来ました。
感想としては、「青春っていいな」に尽きます。
忘れかけていた甘酸っぱい気持ちにひたれると思います。

但し声優は本職の人にお願いしたい。
投稿者:篭瀬山投稿日:2006-11-06 00:05:56
 うーーーーん。日本アニメってここんとこジブリしか見てなかったから気づかなかったけど、ここまでのレベルに達してたのか。顔の造作なんかはやっぱり(漫画漫画してて)嫌いなんだが、馴染みはあるから表情がばっちり読み取れるし。凄い。この絵柄にしてこの物語ありというような、映像の心理的効果と物語のインパクトを繰り出すタイミングがびったんこ。しかも、何度見ても発見がありそう。おみそれしやした。7
投稿者:メンタイ投稿日:2006-09-24 00:48:49
確かにゲドやブレイブやカーズの比じゃない。
この夏の“真のナンバー1アニメ”という巷での評判通り、
物凄く笑えて、物凄くピュアで、ちょっぴり泣ける秀作である。
声優陣がえらくフレッシュなメンバーなので
「作られた声」ではなく「本当の女子高生の声」が
心地よく物語のリズムに乗ってくる。
とにかく主人公の真琴の、元気な普通の女の子っぷりがいい。
ミニスカートの中が絶対に見えないところが特にいい。
しかもこの作品、あの原田知世の「時をかける少女」の
続編になってるとこが素晴らしい。
企画、演出、声優、どれをとっても“拡大公開ロングラン”に納得です。
とっても気持ちのいい映画でした。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:RRMN投稿日:2006-09-14 23:30:59
拡大公開されたのは当然の結果だったとすんなり。
話が面白い。情がある。情緒がある。郷愁に駆られる。初めて観るのに懐かしさがある。うんぬん。

純粋におもしろい。純で粋。
パンツを見せないところに監督の職人魂を感じる。

この作品も時をかけるんであろう快作。
投稿者:フリクリ投稿日:2006-09-10 00:45:49
今年最高の映画だ!素晴らしすぎる。
これの前に観たのが「ゲド戦記」だから、なおさら素晴らしく感じた。
今年の映画は期待していたものが、ほぼ全て期待ハズレだった。
公開後、ネット上で話題になるまで知りもしなかった映画が予想をはるかに上回る傑作だとは・・・。
こういう素晴らしい映画のおかげで、まだまだ映画も捨てたものじゃないと思える。
ミニシアターでは根強い人気でまだ上映が続いている。2回目も早く観たい。
投稿者:Longisland投稿日:2006-08-31 00:31:13
今年の夏話題のギブリ大作や、動物さん主人公の米国CGアニメに比べ、本作品は制作費も宣伝費も前記作品とは違いローコストだろう。 公開当初は新宿の単館も1ヶ月たって順次拡大?公開へ…本作品の持つ魅力が支持・観客動員に結びついた結果か。

原作というかベースは有名なあの作品、原作の持っている青春の懐かしい思い出雰囲気を見事に生かし、実に立派な映画になっている。
アニメは実写に劣る云々とのご意見もあるようだが、私はアニメだからタイム・リープという絵空事が生きたと感じる。本作は米国で主流のCGアニメに比べ細部を省略したリミテッドアニメ、人物の動きや背景を省略したフォーマットを使用、こけおどし映像のアニメにはないストーリー・少女の心・若者の気持ちの機微を見事に描いた作品。

まじ、ゲド戦記より10倍いい傑作映画。

追記 07-01-08
 自分の06年邦画NO.6でした
投稿者:映画で元気投稿日:2006-08-27 19:25:18
何故、アニメでないといけなかったか。
実写のほうが、青春の真っ只中にいる若者の心の機微を描けるのではないか。
きっと、前作が、あまりに映像とストーリーで、見る者の心に深く印象付ける作品であったがために、前作と切り離す意味でアニメとしたのであろうか。
でも、やはり、心を描くにはアニメは実写にはかなわない。その分、薄っぺらになった。
とはいっても、アニメの映像はきわめて美しい、日本アニメならではこそであり、ハリウッド映画ではとても創りだせるものではない繊細で美しい映像である。
ストーリーは、まずまず気持ちよく見られたが、まとめに入ってからは、変にまとめようとして理屈っぽくなってしまい、幻想的なところがなくなってしまった。
そこで、余韻のある作品ではなくなってしまい、前作に遠く及ばないものとなってしまった。
「あの時、あんな言い方をしなかったら」「あの時、もう少し話しあったら」「あの時、もう少し慎重であったら」誰もが心の奥底に秘めている思い、この思いを大切に掘り出して包み込んであげることがこの作品の一番の役割ではなかったか。まとめようとして、その一番大切なところを忘れてしまったような気がする。
どちらにせよ、前作を観た者にとっては、避けては通れぬ作品、まずは観てよかった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-08-10 13:19:15
タイトルこそ同じだし、ところどころ設定は似ているが、筒井康隆の原作にインスパイアされた別作品と考えた方がいいだろう。
原作では、ごく平凡な少女がタイム・リープというSF的設定に放り込まれ、とまどう姿を、思春期の少女特有の漠然とした未来への不安や期待と重ねた佳品だった。
それは原作が生まれた60年代後半が、まだ未来に期待がもてる時代だったからか。ケン・ソゴルが提示した未来は必ずしもいい未来ではなかったが、少女にはそんな未来を変えることができる希望すら託されていたように思う。
だが21世紀の「時かけ」は、そうした大命題などそ知らぬ風に、小さな恋愛話にまとまっていく。40年前、技術革新の嵐は様々な夢をみせたが、大概のものが手に入り、物質的に飽和状態になっている現代からみて、未来は「現在の延長」に過ぎない。原作では日常とSF的状況が新鮮だったが、この作品では主はあくまで日常。SF的状況すらそこに取り込まれてしまう…。
そうした中、本広克行監督『サマータイムマシン・ブルース』(05年)でもそうだったが、タイム・リープする理由は他愛のないことばかり。
“タイム・リープ能力を持ったのがたまたまバカなヤツで良かった”といった趣旨の台詞が登場するが、そうした免罪符を与えることにとって、SF的状況の日常化は許容されていく。ちょいと理屈っぽいが、この作品を観てそんなことを考えた。

さてアニメとしては精緻をきわめた背景画が素晴らしかった。動かないようで少しずつ変化していく雲の描写や、河原の夕景など、ノスタルジックな町の風景も含め、とても秀逸。
青春アニメとしては満足できる作品に仕上がっていることは確かだ。SF面は正直物足りないが、先述した理由によりそれも致し方ないのかもしれない。
投稿者:8397MT投稿日:2006-08-02 02:18:52
【ネタバレ注意】

一緒に見に行った人はべた褒めだったが、あまりよくないと思った。

 話はめちゃくちゃでつじつまがあってないと思う。タイムリープのせいで不幸になる人が出るというところがいいかげんというか無理がある。津田という男が突然未来から来た男でしたというのもなんか無理がある。
 タイムリープできたらこんなことができるあんなことができるというシーンはおもしろかったとは思う。
 なんか絵の話とか、未来の話とか中途半端にテーマっぽいものを匂わせるところがまた嫌い。
 何も考えないでみれば感動するかもしれない。しかし見ても何も残らない作品だと思う。

投稿者:シネマA投稿日:2006-08-01 22:19:14
 評判がいいので、どの程度の出来映えなのか、自分の眼でたしかめに映画館まで足を運びました。良心的な小品だと感じました。好みは人それぞれですが、これなら一見の価値あり、でしょう。

 内容はヤング・アダルト向けかな。学生らしい女の子のふたり連れが、私の隣りの席で静かに涙をぬぐって帰っていきました。さわやかな余韻ののこるエンディング。猛暑の夏休みに観るのにふさわしい作品か。それにしても、いまの日本社会って、ホントにこれほど平和で豊かなのかしら。

 細田守監督、奥寺佐渡子脚本。本篇はオリジナル・ストーリーです。筒井康隆のSFジュヴナイル『時をかける少女』の映画化作品ではありません。小説のヒロイン芳山和子は脇役にまわる。いまは国立博物館の学芸員をしていて独身(たぶん三十代後半)という設定。重要な役どころ。原作(角川文庫刊)も短いので、あとで読んでおくと、話の奥行きがひろがって楽しめますよ。

 劇場の大画面で観ると、まず背景の描写の緻密な美しさにおどろかされる。商店街、住宅地、学校、グラウンド、川原の土手などの外観といい、学校の理科室、博物館の陳列室、子供部屋などの室内美術といい、実物以上にリアルな印象を受けるほど。山本二三の美術は、黒澤映画ばりに凝って再現されていますね。

 それに対して、貞本義行のキャラクターデザインは、すっきり単純化した描線。私は江口寿史のデニーズのイラスト広告を連想してしまった。最初のうち、精密な背景との不均衡が気になりました。慣れてしまえば、別にどうってことないですが。

 声の出演は、質が揃っていた。ただ、ヒロインの紺野真琴のアテレコは同世代に拘らなくてもよかったかもね。ときに役に入り込みすぎて性急。こちらが気恥ずかしさをおぼえてしまった箇所も。若いですね。余裕がなくて一所懸命なのはわかるんだけど。しかし、ユーモラスな感じは出ていたとおもう。

 タイムリープのSFファンタジーにはパラドックスがつきもの。深く考えると、おかしなところや都合良すぎるところも出てきたりするけど、まあこれは許容範囲では?

 放課後に男友達と野球をして遊んでいたボーイッシュで快活な女子高校生がふと初恋を意識して心の成長にとまどう七月の物語。いやあ、なんか観ていて、穴があったら入りたい気分にさせられたかな。正直、照れくさい。この手の題材は、若者が観たほうがすっと感情移入して存分に浸ることができるのではないかしら。

 蛇足。商店街の一隅に〈砂漠の喫茶店〉を発見。それって森村誠一へのオマージュなのか。角川書店つながりですか。案外、細田アニメの次回作が森村ミステリーだったりなんかして……。
投稿者:さる9000投稿日:2006-07-23 01:55:20
このオリジナルストーリーは大林版の正統的続編「時をかける少女2」という位置付けですね。大林作品の主役である芳山和子が登場します。
絵は平坦で好き嫌い分かれるが、物語は上手くできています。なかなかの傑作だと思います。
時間SFとしては「バタフライ・エフェクト」を思わせる場面があって笑える。でも最後はちょっぴりセンチな感動があります。
大林作品に思い入れのある「時かけ」ファンは是非見てほしい。
投稿者:バルドネッキア投稿日:2006-07-18 19:41:36
あなたが映画ファンを自認するなら、この作品は見なきゃダメ!!
アニメと思って舐めてると、絶対後悔することになりますから〜〜!!

とにかくストーリー展開が洗練されてて完成度高い。
絵も雰囲気あって、とてもきれいです。  
投稿者:takap投稿日:2006-07-17 00:26:06
全くダレる所のない、凝縮された90分間の演出の、確かな手つき。
オリジナルの“80年代角川映画”を、さらに原作のジュヴナイル小説をも連想させる、明るいノスタルジー。
これもやはり80年代のアイドル映画のDNAと言うべきなのかな?オタクに流されず、健康的に描かれたヒロインの魅力。
なのに古臭いところもズレたところもなく、最新技術も上手に調和させられて魅力的でした。クラシックを上手に使った音楽もよかった。

いつとは言えない、少し懐かしい“昔/未来”から、美しいプレゼントをもらったような、爽快な“読後感”です。
“昭和”や“古き良き日本”を懐かしんだ、似非ノスタルジーのあれこれの作品に鼻白んだ人でも、しっかり共感できる新しさや前向きさが特徴です。
老若男女全ての万人向けのエンターテインメントとして、お勧め◎◎◎です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ アニメーション作品賞 
【サウンド】
『変わらないもの』(挿入歌)
歌 :奥華子
『ガーネット』(主題歌)
歌 :奥華子
【ミュージック】
【CD】 時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,028
6新品:¥ 924より   6中古品¥ 769より 

【書籍】
■コミカライズ
【コミック】 時をかける少女 (2) (角川コミックス・エース)
新品:
19中古品¥ 1より 

【コミック】 時をかける少女 (1) (角川コミックス・エース)
新品:
24中古品¥ 1より 

【コミック】 時をかける少女―TOKIKAKE (角川コミックス・エース (KCA162-1))
新品:
2新品:¥ 583より   43中古品¥ 1より 

■原作
【単行本】 筒井康隆全集〈4〉時をかける少女.緑魔の町
新品:
14中古品¥ 236より 

【文庫】 時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
新品:
3新品:¥ 475より   185中古品¥ 1より 

【文庫】 時をかける少女 (角川文庫)
新品:
55中古品¥ 1より 

【単行本】 時をかける少女 (角川つばさ文庫)
新品:
3新品:¥ 325より   81中古品¥ 1より 

【文庫】 時をかける少女 (ハルキ文庫)
新品:
7中古品¥ 70より 

【単行本(ソフトカバー)】 時をかける少女 (SFベストセラーズ)
新品:¥ 550
11中古品¥ 684より 

■映像関連書籍
【単行本(ソフトカバー)】 時をかける少女 絵コンテ 細田守 (ANIMESTYLE ARCHIVE)
新品:
3新品:¥ 3,240より   5中古品¥ 1,232より 

【単行本】 時をかける少女 絵コンテ 細田守
新品:
1新品:¥ 3,024より   27中古品¥ 46より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION