allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋人はゴースト<未>(2005)

JUST LIKE HEAVEN

メディア映画
上映時間95分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルロマンス/コメディ/ファンタジー
恋人はゴースト スペシャル・エディション [DVD]
参考価格:¥ 1,500
USED価格:¥ 2,892
amazon.co.jpへ

【解説】
 マルク・レヴィの『夢でなければ』を「キューティ・ブロンド」「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のリース・ウィザースプーン主演で映画化したファンタジー・ラブコメディ。共演は「死ぬまでにしたい10のこと」のマーク・ラファロ。監督は「フォーチュン・クッキー」のマーク・ウォーターズ。
 サンフランシスコの病院に勤務するエリザベスは仕事一筋の女性医師。ある日彼女は、交通事故に遭ってしまう――。一方、妻に先立たれて傷心のデヴィッドは、賃貸に出されていた家具付きのマンションを見つける。その部屋をすっかり気に入ったデヴィッドだったが、突然見知らぬ女性が現われる。彼女はその部屋の前の持ち主エリザベスだった。自分を追い出そうとするエリザベスに困惑するデヴィッドだったが、やがて彼女の姿がなぜか自分にしか見えないことに気づく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
652 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:has42120投稿日:2010-11-09 17:41:13
リース・ウィザースプーン
投稿者:uptail投稿日:2010-07-19 09:32:57
リース・ウィザースプーン
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-24 17:47:04
アイデアやストーリー展開に意外性と王道さがあって良いです。
ファンタジーテイストとリアリティーある描写の融合など対比するモノをバランスよく組み込んでいますね。
もうちょっと丁寧に脚本を練った上で脚色や演出を大胆に施したらB級感が抜けたと思いますが・・・。

全体的には軽いタッチなのでロマンティックな沁みるラブストーリーとは違いますが、コミカルな中にある家族の心情など軽快なだけではない味も持ち合わせています。
コミカルなんだけどシリアスでもある・・・みたいな(やっぱりこれも上手く対比してる)

キャストに関しては、マーク・ラファロって花があるわけではないけど気のいいお兄ちゃん的キャラがよく似合うのでお気に入り。
ハイテンションで優等生なキャラはお得意のジャンルなのでリース・ウィザースプーンは安心して観ていられます。
・・・新鮮味はないけど(爆)

細かいことをツッコみ出したらキリがないので、とにかくホワ〜ンとした気持ちで鑑賞して下さい。
ラブファンタジーは、あらさがしをしてはいけないジャンルですから(笑)
投稿者:ポム投稿日:2008-01-29 16:15:31
【ネタバレ注意】

見終わった後、これ好きだッって思いました。
病院で、意識が戻ったけど、記憶がなかったってことで涙があふれました。
でも、ハッピーエンドで良かった、良かった。
なんで、映画館でやらなかったんだろう?
リース・ウィザースプーンの映画はやっぱりいいなぁ

投稿者:hayate9投稿日:2007-12-04 20:38:58
冒頭の病院のシーンはテンポが速く、映画に入りやすかったです。アジア系の女優さん(名前からいくとロザリンド・チャオかな?)は、どの作品でも白衣を着ているような錯覚が・・・。
最初はなぜにマーク・ラファロ?と思っていましたが、普通の男を感じよく、自然に好演。ジョン・へダーは「バス男」より髪型はイケてましたが、やっぱり曲者でした(笑)
投稿者:irony投稿日:2007-11-02 16:05:53
【ネタバレ注意】

何気にこんな役が多いマーク・ラファロ 優しげな瞳の所為かね? 
引っ越ししてきたアパートに何故か先住者が?もしかして幽霊…どっちかと言うと生霊かね 

眠り姫だからオチと言うか復活のアレは大体読めるけど、事故のきっかけとなったお見合いからエンディングまでお互いが運命の人だって事だけど亡くなった奥さんはこの作品の中では最終的な運命の人じゃなかったって事か…。

投稿者:みーのおねーちゃん投稿日:2007-03-16 22:40:55
リース・ウィザースプーンがキュートなロマコメです。
LAに遊びに行った時にものすごく宣伝をしていて日本に来るのを楽しみにしていましたが、気がつけばDVDスルー…。
ショック。リースがアカデミー賞獲ったときにババーンと公開しちゃえばよかったのに。
出来がよかっただけに残念。映画館で見たかったなあ。
相手役のマーク・ラファロ。
今までイマイチぱっとしないなあと思ってましたが、うまい役者さんですね。
投稿者:Flamingo投稿日:2007-02-19 04:49:52
この作品は日本では劇場未公開だったの?って感じです。
ニコール・キッドマンの「奥様は魔女」(劇場公開作品)より
ずっとずっといい作品でした。リース・ウィザースプーンは色々な
作品どれも実力を出し切ってますよね。この作品もリースいい感じです。
ジョン・ヘダーは適役・はまり役ですね。ちょっとキモイところ・・・
でも最後の登場シーンでサム・アップしてる顔は素敵でした。
Sex And The Cityのオカマちゃん役だったウィリー・ガーソンが
ちょい役で出ていましたが見逃しませんでしたよ(^_^)
ストーリーもよかった。配役もよかった。
ストーリーにもっと懲りがあったらもっとよかったけど、
楽しめるって点ではOKです〜!

投稿者:ASH投稿日:2006-07-12 20:02:55
【ネタバレ注意】

 原題の「Just Like Heaven」とは、俺の最も好きなキュアーのナンバー。で、かの曲の爽やかなアコースティック・カバーから始まるこの映画なんだが、コレがなかなかの佳作!!

 邦題が「恋人はゴースト」となっているお陰で、観る前はリース版「ゴースト/ニューヨークの幻」みたいな映画なんだろうと思っていたんだけど、まあ、当たらずしも遠からず。しかし、幽霊とはちょっと違うんだよね。どちらかと言えば生霊が正しいんじゃないかしらん?

 要するに、運命で結ばれていた2人が、紆余曲折の末に最後には丸く収まるというタイプの映画で、どこかしら「天国から来たチャンピオン」を思わせるところもあるんだけど、ロマンチックな要素と笑いが絶妙に配置されていてこれが愉しいったらありゃしない!! エリザベスは本当に幽霊なのか? 彼女の身にいったい何が起こったのか? それらが次第に明らかになる展開は上手いんだよね。

 「ゴースト」との共通項はいくつか散見できる。霊感の強い青年がデビッドにスピリチュアルなアドバイスをしてあげたり、部屋から出て行かないデビッドにエリザベスが嫌がらせで一晩中ずっと歌(「アニー」で有名な「トゥモロー」)を歌ったりと、「ゴースト」を意識しているのは一目瞭然!! プロットとして頂いたのか、はたまたパクリと言われる前に予防線を張ったのか、知らんけどね。

 それにしても、リースはこういうこうるさい女の子を演じるとハマるわな。あーだこーだと早口で文句ばかりデビッドにタレてうるさいのなんのって。でも、妻を失いふさぎ込んでいたデビッドは、そんなエリザベスと共に行動していくうちに次第に精彩を取り戻してゆく。そう、それはまさに、お互い「Lust for Life」になってゆくと。

 ジョン・ヘダー、ボーッとした青年を好演! 彼がのたまうスピリチュアルなお言葉は、まるで禅問答。「らいちゃす!」はクセになる。デビッド役のマーク・ラファロもいいね。エリザベスと唯一会話ができるけど、それはハタから見れば独り言をブツブツ呟くあぶないヤツにしか見えない。この設定は、シッカリとギャグにもなってます。姪っ子2人が、昏睡状態のエリザベスが寝ているベッドを二つ折りにするシーンに、なぜか爆笑! それにしても、カトリーナのような隣人がいたら、いいよなぁ…。

 先述したキュアーのオリジナル・バージョンは、映画のエンドクレジットで大々的に流れます。やっぱいい曲だわ。その後すぐにもう一度アコギ・バージョンを流すのもニクいぜ!

 ※エリザベスのお姉さん役のディナ・ウォーターズは、マーク・ウォーターズ監督の奥方なんだそうな。

【レンタル】
 【DVD】恋人はゴーストレンタル有り
 【VIDEO】恋人はゴーストレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION