allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

40歳の童貞男(2005)

THE 40 YEAR OLD VIRGIN

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2006/09/02
ジャンルコメディ/ロマンス
映倫R-15
遅くて何が悪い!
40歳の童貞男 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,373
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 全米で思わぬ大ヒットとなり大きな話題を集めた異色のハートウォーミング・ラブコメディ。40歳にして童貞というまじめな独身男が、悪友3人組のおせっかいな手助けを受けつつ童貞卒業に悪戦苦闘しながらも前へと進んでいくさまを下ネタギャグを織り込みハートフルに描く。主演は「ブルース・オールマイティ」「俺たちニュースキャスター」のスティーヴ・カレル。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャサリン・キーナー。「フリークス学園」はじめTVのコメディ番組などで実績のあるジャド・アパトーの劇場監督デビュー作。
 電気店で働くアンディは、フィギュア収集やテレビゲームをこよなく愛するオタクな40歳の独身男。ある日、アンディはひょんなことから自分が童貞である事実を仕事仲間であるデビッド、ジェイ、キャルたちに知られてしまう。驚いた3人はどうにかしてアンディに初体験をさせようといろいろ世話を焼き始める。そんな中、アンディはネット競売の仕事をしているトリシュという女性と知り合い、ついに初デートに漕ぎ着けるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
742 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 19:57:09
キャサリン・キーナーがいいです。
投稿者:グレコ投稿日:2012-07-01 21:30:01
楽しめました。
脇の人たちが個性的で良かったです。
投稿者:TNO投稿日:2011-05-22 01:16:21
主人公(スティーブ・カレル)の一挙手一投足にホッとしたり、落胆したり、感情移入して見入ってしまった。家電量販店の従業員達が喧嘩しながらも仲良くまとまっている様もいい。プラトニックの勧めのような結末かと思いきや、徹底したセックス賛歌で、強引さや粗野さはあるが、人間本来の力強さを感じた。"女性を神聖視"というフレーズは、頭に焼き付いた。米国のコメディ畑の人材は、かなり豊富だと改めて認識。あまり米国コメディ映画が日本で公開されないのは残念。キャスリン・キーナーは、よくぞこんな(失礼)映画に出演したと思う。彼女は最高の女優です。
投稿者:wakaremitispecialist投稿日:2010-11-23 13:55:44
女性は崇高なものと思い込んで尊敬しすぎてなかなかうまく女性に近づけないオタクということになっているスティーヴカレルが、職場の同僚の3人組みにお膳立てされたりおちょくられたりしながら、ついに40歳にして童貞をキャサリンキーナーに捧げる、というお話だったような気がするが、こういう映画なんだよ、僕が待ち望んでいたのは!こういう映画が屍にモチベーションを与えてくれるんだよ!やればできるじゃないか!
投稿者:グリセリン投稿日:2010-01-14 22:44:03
最後のあのサウンドオブミュージックをバカにしたような舞いはなんなんだw
投稿者:あくび★投稿日:2009-10-18 16:37:45
う〜ん、何と言おうか、やっぱ個人的には「無ケーカク・・」が一番好きだからかもしれないけど
そこまで面白いとは思えなかったかも。
(ノックトアップはアパトー軍団総出演だからねぇ(´・ω・`;))
スティーブ・カレルの除毛シーンはメイキングも観てゲラゲラ笑った。セスもポールも素だったから尚更面白かった。
モジャ男なのに自覚してなかったコメントもウケたけど(笑)
みんなしてバカにしてくるのはさすがにツラいよね。早けりゃいいって思ってるヤツ多いし。
で、やっぱり最後は微笑ましい終わり方。
スティーブ・カレルはダンス&歌うエンディングが好きなのかね( *´艸`)まぁそれはそれで楽しいから嫌いじゃない。
投稿者:ショーンファン投稿日:2009-03-16 07:54:42
下ネタはある程度慣れてるが、ゲロだけはやめてほしい。
ゲロシーンが苦手な人は見ない方がいい。

下ネタ承知の映画だからとことん下品だ。
ただし下品な事に笑うのも限界がある。
何回も見たいと思わせない。

リレーションシップとSEXは確かに大切だな、
ラストに軽くそう思っただけ。
以上。


投稿者:幸村和投稿日:2009-01-08 22:59:17
テンポのいい会話の中に思わず吹き出すセリフやしぐさが頻繁に出てきて楽しかった。例えば「羊たちの沈黙」を示唆するセリフや、脱毛エステの時の友達同士の会話etcがそうなんだけど、登場人物のキャラクターや行動がよく練られているなと感心した。
例えば主人公のダサさ。七三分けのヘアスタイル、ポロシャツをズボンに入れるというルックスに、女性と会話する時も微妙に視線が外れていて受け答えも「ダメだ、こりゃ」というセンスのなさ。ああいう微妙にセンスのない受け答えって、意図的に考えると難しいと思うんだけど、身近にサンプルがいたのかな。そしてとどめは、フィギュア収集。一貫していて、「ダサい」「閉じている」というキャラクターに綻びがない。

そして、主人公はそんな「閉じている」生活にそれなりに満足していて、それが40歳まで未経験に至る理由にもなっている。いわゆる「草食系」の主人公は、「喜びも悲しみも振幅は少ないけど平穏」か「傷つくリスクも背負うけど得る喜びも大きい」方をとるのか、揺れる。で、もういいよ、このままでと及び腰になる主人公に発破をかける悪友たち。それが映画のポイントかな。
そう思うと、この映画の主人公だけではなく、若いときから守りに入ってそれでいい、と思って年を重ねる人、いるんじゃないかな。かくいう私もコンサバだけど。

友達がまたいい。エラそうなことを好き放題ぬかしているが、こいつらも絶対モテないな〜という感じが良く出ている。友達ひとり一人のキャラが丁寧かつ愛嬌たっぷりに作られているので、主人公をいじりながらも根はいいヤツらだな、と好感が持てる。

そしてジーナさんも言うように音楽がいいです。丁度40歳くらいの人がティーンエイジャーの時に流行った曲じゃないかな。
愛すべきおバカな面々と音楽に楽しませてもらったけど、ひとつ気になるのは、主人公も友達も、自分たちがこだわっていることは取るに足りないこと、大事なことはそんなことじゃない、と気が付いたんだからラストは別に必要なかったかな。

どうも最近映画を観て感じるのは、観客へのサービスか、作り手が10まで見せてしまうこと。要するに「こうなるだろう」と予想できる最後の一手を予想通り見せてくれると言うことだけど、そこを9で終わらせておけば、実はそちらの方が余韻が残って、ひとり一人の中で11にも12にもなるのに、10までやっちゃうとそれっきりで余韻が残らない。それ以上想像の余地がなくなるのだ。寸止めとか腹八分であえて終わらせるテクニック、できないもんかな。もうちょっと観客を信用してほしいな。でも、まあ楽しかったです。初笑いにはもってこいでした。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-05 15:58:56
内容は薄っぺらいコメディだけど無難に鑑賞できました。
タイトルから下ネタ満載だと思っていましたが、それほどでもなく職場の仲間との会話など下ネタ以外の笑いも提供してくれる作品でした。
ストーリーもコテコテのコメディというより、友情も含めユーモアのある温かい物語という感じです。
主人公だけではなく脇を固める一人ひとりの個性も際立ってますから派手さはなくても飽きずに鑑賞できます。

ピュアで奥手な主人公を演じたスティーヴ・カレルは、コミカルな演技が控えめなので日本人に向いた役者さんかもしれませんね。
やたらテンションの高い大げさなコメディアンが苦手な方は、一度お試しあれ。
キャサリン・キーナーも等身大な感じで好感が持てました。
友達のキャラではデビット役のポール・ラッドが良かったです。

どぎつい下ネタもないですし(イヤ・・・あるかも 笑)、ドタバタ系でもないので気軽にご鑑賞ください。

主人公の洋服の着こなしなどイチイチ笑えますが、一番愉快な気持ちにさせてくれたのは音楽のチョイスかな(笑)

これがリアルに「40歳まで女っ気なしの根っからのオタクです。異性だけでなく同性からも煙たがられてます」みたいな設定だったらマジすぎて笑えないのでこれくらいのキャラ設定がイイ塩梅ですね(爆)
投稿者:いっちーこ投稿日:2008-04-10 13:57:08
アメリカの「予想外のスマッシュヒット」というのは
大体はずれが多いというのは、身を持って体感しているところに、
またしてもつまらない映画につかまってしまったわ。

だってこの映画、あまりにテキトーに脚本作りすぎよ!
主人公が、あんな簡単に彼女ができるなら、
40歳まで童貞だったっていう理由が全くわからないわ。
そのうえ、あんなにオタクなのに、身体を毎日鍛えていて?
なんなのかしら、スティーブカレルの高感度UPを狙ったのか、
スティーブカレルがリアルオタクを嫌がったのかしら。

周りの友達も中途半端で、あんなにすぐに仲良くなっちゃうなら
今まで仕事していた長い年月でいくらでも仲良くなれたはずだし、
リアルさを全く感じないのよね。テキトーなのよ。
だからその反動となるはずの、喜びも全く感じられないのよ。

その上ギャグも面白くないし、40歳まで童貞だった悩みなんて
全く感じられないわ。
アメリカンパイで感じた10代の童貞のほうがよっぽど切実だったわよ。

オヤジの青春ムービーの「オヤジ」の部分が全然活かし切れておらず、
もちろん青春ムービー独特の若々しさや初々しさもなく、
「40歳」っていうキーワードが、まるで脚本に絡んでこないのが
もうあまりにテキトーすぎよ!
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-11-04 11:26:56
軽くて、くだらなくて、それでいてちょっといい話で、
嫌味なく単純に楽しめた。
投稿者:hayate9投稿日:2007-10-24 20:28:42
【ネタバレ注意】

ナポレオン・ダイナマイトより全然ありです。(「ナポレオン〜」は食べ物を直接ズボンのポケットに入れてる時点でダメでした・・・)
あのワックス脱毛のシーン・・・大爆笑でした。あんなに毛が多かったら相当痛いはず・・・。傷みをこらえる時に「ケリー・クラークソン!」って叫んでたけど、字幕もそのままでよかったのではないかと思いますが。

投稿者:irony投稿日:2007-10-23 19:43:34
女性と付き合わない=ゲイ?と疑われる強迫観念が向こうの社会にはあるんだろうね まぁ童貞を卒業出来てよかった。

 まぁ出演者全員ノリノリで演技してましたねぇ、こういう題材は意気込みが違うのかしら?
投稿者:bond投稿日:2007-10-20 13:47:27
主役はなんとか真面目男演じてるが、なんか違和感ありどっちかというと、シリアルキラーが合いそうだ。ベンステイラーとかの方が良かったのでは。話としてはいい友人に恵まれてる、ラストのオチが最高。
投稿者:jordandas投稿日:2007-10-14 19:29:28
40歳で童貞でいるのは病気でも異常でもない。その気になる相手に出会わずに40歳になっただけのこと。アンディのナイーブさを理解する優しい女性に出会えて嬉しい。肉体的には童貞なのかもしれませんが、心は愛すべき立派な男性です。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-06-03 17:09:32
 
だとは思う。
観る前は、主人公はもっとオタクオタクしたオタク野郎かと思ってたけど、
頭イカレてもいないし見た目マトモだし小奇麗だしで、日本の秋葉系オタク
とはずいぶん違う。というか引っ込み思案なだけで普通の人じゃん。

趣味はフィギュア収集とTVゲームだけど、部屋は綺麗だし料理はするし
体は鍛えてて健康的だし、友達に乗せられたとはいえ、この人がいまさら
必死で異性を探す画にはいまいち感情移入できず。
動機も「一人が寂しい」なのか「とにかくやりたい」なのか判然としないし。
アメリカ人の「女と付き合わない奴は異常」的な強迫観念は感じたけどね。

デブorガリガリで長髪でもっさりした格好で無職の「萌え〜」つってる
ようなオタクが主人公だったら…「電車男」みたいになっちゃうか。
投稿者:なちら投稿日:2007-04-10 00:32:42
なんか。。。愛情深さに少し感動してしまった。
投稿者:気まぐれ飛行船投稿日:2007-04-07 04:41:06
映画の中で童貞男が一番大切にしているフィギュアが、TVドラマ『600万ドルの男』の主人公スティーブ・オースチンではなく、ゴールドマン部長の、それも衣装違いバージョンだという描写を見て、
「この脚本を書いた奴は“ホンモノ”だ」と感じた。
投稿者:デン投稿日:2006-07-01 00:18:10
昨年US版DVDを観て、悶絶するほど大笑いしてしまった1本。とにかく主人公アンディを取り巻く友人たちのキャラが最高。決して下品ではないので、女性も楽しめるだろう。
邦題がどうなるのか心配だったが、直訳のこのタイトルに決定した映画会社はエライ!「バス男」のネーミングにはがっかりさせられたので・・
投稿者:NKYYSD投稿日:2006-06-29 14:24:53
期待が大きすぎたせいで大爆笑の連続とはいかなかったが、ここ最近のアメリカン・コメディーとしてはかなりの秀作。
シモネタも、(日本人には)それほど下品じゃないし、女性でも楽しめそう。エンディングまで大いに笑わせてもらいました。
http://d.hatena.ne.jp/NKYYSD/20060628
投稿者:J2投稿日:2006-06-21 11:22:37
これは去年映画館で見ましたが
大笑いの連続です!!
スレィーブ・カレルいいです
投稿者:ASH投稿日:2006-06-12 22:21:38
【ネタバレ注意】

イタイ映画なのかなと思ったが、少し違った。最初こそイタイ描写が多かったけど。一応、北米版DVDはUNRATEDだったけど、日本ではどちらが公開されるんだ?

日本公開が絶望視されていたんだけど、なんとかほぼ原題のママで公開される模様だね。ビデオスルーでもなさそうだし。

エイジアの「ヒート・オブ・ザ・モーメント」を使うのは、ズルい。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ コメディ映画賞 
□ 作品賞 
 □ 演技賞スティーヴ・カレル 
 □ ブレイクスルー演技賞ロマニー・マルコ 
 □ チーム賞ポール・ラッド 
  スティーヴ・カレル 
  セス・ローゲン 
  ロマニー・マルコ 
 ■ コメディ演技賞スティーヴ・カレル 
【ニュース】
ジャド・アパトー監督最新コメディ「This Is 40」、最新予告編2012/08/08
ジャド・アパトー監督最新コメディ「This Is 40」、予告編2012/05/01
全米興行成績、スーパーヒーロー・アクション「マイティ・ソー」がV22011/05/16
スティーヴ・カレル&ポール・ラッド共演コメディ「Dinner for Schmucks」、最新予告編2010/06/03
スティーヴ・カレル&ポール・ラッド共演コメディ「Dinner for Schmucks」、予告編2010/04/07
ジャド・アパトー監督最新コメディ「Funny People」、予告編2009/02/24
DVDリリース情報:「魔笛」「ウィッカーマン」etc,2007/11/10
全米興行成績、「ソウ」シリーズ最新作が好スタート2007/10/29
全米興行成績、サム・ライミ製作ヴァンパイア・ホラーが首位2007/10/22
全米興行成績、ノー・スター映画「Superbad」が初登場1位2007/08/20
全米興行成績、「ラッシュアワー3」が好スタート2007/08/13
全米興行成績、スティーヴ・カレル主演コメディが首位2007/06/25
全米興行成績、「ワールド・エンド」が首位を死守2007/06/04
全米興行成績、「ワールド・エンド」が爆発スタートも記録更新ならず2007/05/29
スティーヴ・カレル&アン・ハサウェイ主演「それ行けスマート」映画版、撮影がスタート2007/04/12
「ブルース・オールマイティ」続編「Evan Almighty」、予告編2007/03/30
DVDリリース情報:「インサイド・マン」「40歳の童貞男」etc.2006/07/28
MTVムービーアワード、結果発表2006/06/05
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2006/04/25
全米興行成績、「キング・コング」が2週連続首位2005/12/27
全米興行成績、「フライトプラン」がV22005/10/03
全米興行成績、「トランスポーター」続編が好スタート2005/09/06
スティーヴ・カレル、「ブルース・オールマイティ」続編に主演へ2005/08/30
全米興行成績、40歳童貞男が衝撃の首位キープ2005/08/29
全米興行成績、キモキャラ映画が驚きの首位デビュー2005/08/22
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION