allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

BONES (シーズン1)(2005〜2006)

BONES

BONES ボーンズ -骨は語る- (シーズン1)

メディアTV
放映日2006/07/07〜
放映局FOXチャンネル
製作国アメリカ
ジャンルミステリー/犯罪/コメディ
BONES ―骨は語る― コンプリートDVD-BOX
参考価格:¥ 60,140
価格:¥ 36,000
USED価格:¥ 38,156
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:グレッグ・ヤイタネス
アラン・クローカー
パトリック・ノリス
ジーザス・サルヴァドール・トレヴィー
ターニャ・マキアナン
デヴィッド・ジョーンズ
サンフォード・ブックステイヴァー
ドワイト・リトル
ジェームズ・ホイットモア・Jr
トニー・ワームビー
ジョー・ナポリターノ
ドナ・ディッチ
ジョナサン・ポンテル
製作:キャシー・ライクス
企画:ハート・ハンソン
製作総指揮:ハート・ハンソン
バリー・ジョセフソン
スティーヴン・ネイサン
ジョナサン・ポンテル
原案:キャシー・ライクス
脚本:ハート・ハンソン
スティーヴン・ネイサン
ローラ・ヴォルナー
グレッグ・ボール
スティーヴ・ブラックマン
エリザベス・ベンジャミン
ノア・ホーリー
ダナ・コーエン
テレサ・リン
ジェフ・レーク
クレイグ・シルバースタイン
出演:エミリー・デシャネルテンペランス・“ボーンズ”・ブレナン
デヴィッド・ボレアナズシーリー・ブース
ミカエラ・コンリンアンジェラ・モンテネグロ
エリック・ミレガンザック・アディー
T・J・サインジャック・ホッジンズ
ジョナサン・アダムズダニエル・グッドマン
ゲスト出演:クリス・コナー
サム・トラメル
ラリー・ポインデクスター
タイリース・アレン
バハー・スーメク
ホセ・ズニーガ
アン・デュデック
ヘヴィー・D
トム・デューガン
カルロス・セルヴァンテス
ニコラス・ホーマン
トビー・ヘミングウェイ
カヴィタ・パティル
マルグリット・マッキンタイア
アレックス・カーター
スティーヴ・リーヴィス
ラスティ・ジョイナー
K・D・オーバート
ポール・ブッチャー
エヴァン・エリングソン
モリス・チェスナット
ボキーム・ウッドバイン
ラズ・アロンソ
ロバート・ゴセット
ヒース・フリーマン
ラシェル・ルフェーブル
マイケル・マンテル
ジェフリー・ノードリング
ジョーン・マクマートリー
マイケル・ロスハー
アリシア・コッポラ
ジョシュ・ホプキンス
ロス・マッコール
マット・ロス
レナード・ロバーツ
レイチェル・マイナー
ケイト・マクニール
ジム・オルトリーブ
マーガレット・エイヴリー
ビリー・ギボンズアンジェラの父
タイ・パニッツパーカー・ブース
ペニー・マーシャル
マリカ・ドミンスク
マイケル・B・シルヴァー
ハリー・グローナー
ナタリア・ノグリッチ
ジェリコ・イヴァネク
ジョン・M・ジャクソン
スザンヌ・クライヤー
ローレンス・プレスマン
ジェイク・チェリー
サラ・アン・シュルツ
ジュディス・ホーグ
アーロン・ポール
アドリアーナ・デメオ
ジョン・メセ
ロバート・ラサード
マイケル・キャヴァノー
デイ・ヤング
マット・バー
ホセ・パブロ・カンティージョ
マイク・ゴメス
エミリオ・リベラ
マイケル・E・ロジャース
マイケル・ボーウェン
シャショウニー・ホール
クリスティーナ・チェンバース
アダム・ボールドウィン
グレッグ・エリス
コビー・ライアン・マクローリン
グレン・プラマー
メアリー・マーラ
デヴィッド・デンマン
ジェームズ・パークス
クレイトン・ローナー
ブレント・ブリスコー
フレドリック・レーン
デヴィッド・ウェルズ
ロバート・フォックスワース
ロドニー・ローランド
リンジー・ストッダート
ミシェル・ハード
スコット・ローレンス
ジャンカルロ・エスポジート
パトリシア・ベルチャーキャロリン・ジュリアン
コルビー・ドナルドソン
ケヴィン・ランキン
マーク・ハレリック
マット・ウィンストン
ケイティ・ミッチェル
カーク・B・R・ウォーラー
ミッチ・ロングリー
モナエ・マイケル
ローレン・ディーン
パット・スキッパー
ディー・ウォーレス
アダム・リーバーマン
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2011-09-23 13:08:17
エミリー・デシャネル
投稿者:scissors投稿日:2009-08-07 11:14:53
各キャラクターの設定やそれに絡むエピソードが少女漫画的に子供っぽく、男が見るにはかなりキツい。女性でもこのノリが楽しめるのはせいぜい大学生くらいまでか?
投稿者:グレープジュース投稿日:2008-11-02 17:36:04
私は女性ですが、こういう淡白で知的な女性に憧れます(私だけ?)
強くみえるが脆くて必死で自分をコントロールしようとする様に共感を得るし、科学的根拠があるものに対してしつこい程に正論を述べる場面にクスっと笑ってしまいます。
ブレナンが完璧なロボットのように見えても「愛」については疎くそして極度に脆い。
サスペンス要素は正直言って物足りませんが、事件の裏側に入り一緒になって証拠を分析していく気持ちになれて法医学に関心を持てる一作だと思います。
日本で放送していたドラマで「科捜研の女」ってありましたよね。
そちらが好きだった方で多少グロい描写もウェルカムな人はどうぞご覧になってみてください。
サスペンスでもダークな雰囲気は遠くとても入り込みやすくてシニカルな雰囲気が楽しいですよ。
ラブもフレンドも盛り盛りです。

そもそも、基盤がしっかりとしているので専門学に矛盾がないところが素晴らしいです。
原作は実際の法医学者が実体験を元に架空の女性博士を作り上げて書き上げたものなので、興味を持ちましたらそちらもドウゾ。

私はこの作品にハマってから法医学や法人類学にハマってその分野の書籍を読み漁るようになってしまいました。
一見嫌味に見える科学者の性格に耐えられる人は―――
さぁレンタルショップへGO!
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-07-08 12:27:23
嫌味な女博士のキャラが何話あたりから変わるのか、それまで苦痛だけどエンジェルがさらに男前になってるから我慢するか。
【エピソード】
第1話「墓地の眠れぬ魂」 Pilot
 
第2話「自爆テロリストの真実」 The Man in the SUV
 
第3話「木につるされた少年」 A Boy in a Tree
 
第4話「クマの中に残された証拠」 The Man in the Bear
 
第5話「小さな死体」 A Boy in a Bush
 
第6話「壁の中の逃走」 The Man in the Wall
 
第7話「32時間の命」 The Man on Death Row
 
第8話「冷蔵庫に捨てられた少女」 The Girl in the Fridge
 
第9話「過去からのプレゼント」 The Man in the Fallout Shelter
 
第10話「自分を消し去った女」 The Woman at the Airport
 
第11話「守りたいもの」 The Woman in the Car
 
第12話「ヒーローの死」 The Superhero in the Alley
 
第13話「家族の庭」 The Woman in the Garden
 
第14話「7人目の死体」 The Man on the Fairway
 
第15話「パートナーの危機」 Two Bodies in the Lab
 
第16話「地下の住民たち」 The Woman in the Tunnel
 
第17話「砂漠の恋人」 The Skull in the Desert
 
第18話「黒ひげの呪い」 The Man with the Bone
 
第19話「消えた記憶」 The Man in the Morgue
 
第20話「移植された悲劇」 The Graft in the Girl
 
第21話「英雄の秘密」 The Soldier on the Grave
 
第22話(シーズン最終話)「マルコとポーロの再会」 Woman in Limbo
 
【レンタル】
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.1レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.3レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.4レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.10レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.8レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.2レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.7レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.5レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.6レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.9レンタル有り
 【DVD】BONES ボーンズ -骨は語る- Vol.11レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION