allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

新・人間交差点(2006)

メディアTV
放映日2006/08/19〜2006/09/02
放映時間21:00〜21:58
放映曜日土曜日
放映局NHK総合
製作国日本
ジャンルドラマ
新・人間交差点 [DVD]
価格:¥ 5,076
USED価格:¥ 1,300
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:本木一博
制作統括:古川法一郎
原作:矢島正雄
『人間交差点 海辺の波』『人間交差点 遠い唸り』
弘兼憲史
内海隆一郎
『翼ある船は』
脚本:矢島正雄
音楽:渡辺俊幸
出演:仲代達矢寺島由次
佐藤江梨子富岡マリエ
黒田有君原勘太
田中要次桑野賢
赤木春恵富岡ハル
ゲスト出演:加賀美早紀
(第1回)
山口馬木也
(第2回)
上杉祥三
(第3回)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-09-12 11:54:17
【ネタバレ注意】

20年前、大新聞の記者を辞めた寺島由次(仲代達矢)は、今は出雲で農業をしているが、姉のハル(赤木春恵)はそんな由次の様子が気になって仕方がない。ある日、ハルの孫娘で、大阪で新聞記者をするマリエ(佐藤江梨子)がやってくる。仕事に行き詰まっていたマリエだったが、由次が20年前に書き、ついに新聞に掲載されなかった記事の原稿を見て、その記事のその後を確かめるべきだと由次に迫る。その幻の連載記事のタイトルは「人間交差点」だった−。

寺島の過去を柱に、20年前の取材のその後をエピソードとして挿入したドラマ。ではあるが、いささかベタベタ。仲代の老境の演技が想像の範囲内なのは仕方ないが、サトエリの演技の悲惨さは目を覆いたくなる。どう見ても新聞記者には見えないし、仲代に向かってエラそうに「おじさんの人生、間違ってる!」などという台詞を、こんなアホ娘に言わすなよ。それだけでシラけてしまう。
主人公の過去も無理やり感がある。父子和解の涙も、まるで吉本新喜劇みたい。
BK制作ドラマらしい?押しつけがましい人間ドラマ。正直、辟易してしまった、というのが率直な感想だ。

【エピソード】
第1回引退記者のファイル 2006/08/19
 
第2回赤ひげの歳月 2006/08/26
 
第3回(終)翼ある船は 2006/09/02
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】HUMAN SCRAMBLE 新・人間交差点2007/06/22\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】HUMAN SCRAMBLE 新・人間交差点レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION