allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スパイダーマン3(2007)

SPIDER-MAN 3

メディア映画
上映時間139分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2007/05/01
ジャンルアクション/アドベンチャー/青春
スパイダーマン3 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]
参考価格:¥ 5,122
価格:¥ 3,806
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:サム・ライミ
製作:ローラ・ジスキン
アヴィ・アラッド
グラント・カーティス
製作総指揮:スタン・リー
ジョセフ・カラッシオロ
ケヴィン・ファイギ
原作:スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
原案:サム・ライミ
アイヴァン・ライミ
脚本:サム・ライミ
アイヴァン・ライミ
アルヴィン・サージェント
撮影:ビル・ポープ
プロダクションデ
ザイン:
ニール・スピサック
J・マイケル・リーヴァ
衣装デザイン:ジェームズ・アシェソン
編集:ボブ・ムラウスキー
音楽:クリストファー・ヤング
テーマ曲:ダニー・エルフマン
出演:トビー・マグワイアピーター・パーカー/スパイダーマン
キルステン・ダンストメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)
ジェームズ・フランコハリー・オズボーン
トーマス・ヘイデン・チャーチフリント・マルコ/サンドマン
トファー・グレイスエディ・ブロック/ヴェノム
ブライス・ダラス・ハワードグウェン・ステイシー
ジェームズ・クロムウェルジョージ・ステイシー
ローズマリー・ハリスメイ・パーカー
J・K・シモンズJ・ジョナ・ジェイムソン
ビル・ナンロビー・ロバートソン
エリザベス・バンクスミス・ブラント
ディラン・ベイカーカート・コナーズ博士
テレサ・ラッセルエマ・マルコ
クリフ・ロバートソンベン・パーカー
ジョン・パクストン執事バーナード
テッド・ライミホフマン
ブルース・キャンベルクラブのフロアマネージャー
パーラ・ヘイニー=ジャーディンペニー・マルコ
エリヤ・バスキンディトコヴィッチ氏
マゲイナ・トーヴァウルスラ
ベッキー・アン・ベイカーステイシー夫人
スタン・リータイムズ・スクエアの男
ルーシー・ゴードン
マイケル・パパジョン
ジョー・マンガニエロ
スティーヴ・ヴァレンタイン
マーク・ヴァン
【解説】
 人気アメコミ・ヒーローを実写映画化した空前の大ヒット・アクション・シリーズ第3弾。それぞれに深い事情を抱えスパイダーマンへの憎悪を燃やす3人の敵との対決に加え、MJとの波乱に満ちた恋の行方、さらには謎の黒い物体によってブラック・スパイダーマンとなった青年ピーターが、自らの心の闇と向き合い深く葛藤するさまが激しいバトル・シーンとともに綴られてゆく。トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコのレギュラー陣に加え、新たな悪役として「サイドウェイ」のトーマス・ヘイデン・チャーチと「イン・グッド・カンパニー」のトファー・グレイスが登場。
 スパイダーマンはいまやニューヨークの市民から絶大な信頼と賞賛を集めるヒーローとなり、恋人MJへのプロポーズも決意し、順風満帆のピーター・パーカー。ところがMJのほうは出演した舞台が酷評され気分はどん底。そんなある日、謎の黒い液状生命体がスパイダーマンに取り憑き、そのスーツを黒く染め上げる。黒いスパイダーマンの戦闘能力は、なぜかこれまでよりも格段に高まっていた。しかし同時に、ピーターの心にもある変化が生じていた。そんなスパイダーマンの前に現れる3人の敵。ピーターの伯父ベンを殺害した真犯人で物理実験場に迷い込んで“サンドマン”と化したマルコ、死んだ父の復讐に燃え“ニュー・ゴブリン”へと変身したハリー、そしてピーターへの激しいライバル心から黒い生命体に支配されついには最凶の敵“ヴェノム”となってしまった同僚カメラマンのエディ。三者三様のスーパーパワーを備えた彼らは、自らの内なる悪に苦悩するスパイダーマンに容赦なく襲いかかるのだった。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
猪野学トビー・マグワイアピーター・パーカー/スパイダーマン
岡寛恵キルステン・ダンストメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)
鉄野正豊ジェームズ・フランコハリー・オズボーン
石田圭祐トーマス・ヘイデン・チャーチフリント・マルコ/サンドマン
森川智之トファー・グレイスエディ・ブロック/ヴェノム
小笠原亜里沙ブライス・ダラス・ハワードグウェン・ステイシー
佐々木敏ジェームズ・クロムウェルジョージ・ステイシー
谷育子ローズマリー・ハリスメイ・パーカー
立川三貴J・K・シモンズJ・ジョナ・ジェイムソン
放送2010/03/19 日本テレビ 金曜ロードショー
放送2011/04/17 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【関連作品】
スパイダーマン(2002)映画版第1作
スパイダーマン2(2004)映画版第2作
スパイダーマン3(2007)映画版第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
25162 6.48
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-11-30 15:33:42
今観ると、安い漫画脚本。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-05 01:38:13
ハリー、良い奴だったな。
投稿者:笑えないせぇるすまん投稿日:2012-04-10 22:36:47
CGを使った迫力は凄いが……中身がかなり希薄になっている。1、2にあった青年の葛藤や悩みが雑な作りになっている。ピーターとMJの仲がぎくしゃくするのも何か不自然で感情移入しにくい。まずグウェンと公衆の面前でキスする理由がわからない。そして前作までのピーターの内面的成長が殆ど感じられない。まぁ続編というのはスケールや派手さに目がいって前作で成長したはずのキャラクターをどうやって更なる魅力を付加させるかがなおざりになりやすいものだが。

黒いスパイダーマンになるのも偶発的、かつ安直だ。思いっきり某超有名SFを思い出さずにいられない。特殊効果やVFXだけが凄くあとは全然面白くない。あまりにもヒドイ。何だよこれ!!どうしちゃったサム・ライミ!?
投稿者:TNO投稿日:2011-06-19 23:52:06
敵であるはずの、ハリーが、友達に戻ったりまた敵になったり極めてわかりにくい。サンドマンは、多くの人を殺したり、車や建物を破壊したり、さんざん悪さを働いたにも関わらず、スパイダーマンに懺悔をしただけで無罪放免してしまう。スパイダーマンは社会の敵に立ち向かうはずが、プライベートで謝罪があればすぐに許してしまうのか。これを公私混同という。黒いゴム状の寄生虫に取りつかれたトファー・グレイスは、寄生虫に取りつかれさえしなければ少々詐欺を働いたぐらいの人間で、仇役の中で一人殺されてしまうのは、かなり理不尽だ。1作目から、そうだったが、偶然が多すぎるのも、私には耐えがたい。偶々同級生や恋人だった。現場に偶々居合わせた。事件に巻き込まれたのが偶々娘や叔父だった・・・。これは、原作がコミックで子供も見る映画なのだから、そう固い事を言うなという、理屈もあるかもしれないが。DVDの音声解説では、出演者や制作者監督をはじめとしたスタッフが、全員で自画自賛しているのを聞いて、気持ちが悪かった。出演していた俳優達は、良かった。キルスティン・ダンストは、かなり綺麗になりました。
投稿者:Hoppy!投稿日:2011-04-19 10:27:37
3作目ともなると、焦点はヒーローの心理。というのをわかった上で見ないと少々だるい。
主演の男女二人が庶民的な感じをうまく活かした作風で、やぼったいルックスが幸いといったところ。
しかし二人とも冴えないルックスのくせに調子のってるというところでイマイチはいりこめない。

これまでの観客心理において、フランコと仲直り、もしくは協力して二人のヒーローになればいいのに、なるか?ならないか?
と煽って最後にはやっぱり男前退場。

今回の敵はさほど強くない感じだったんだが、最大の敵は己。ブラックスパイダーマンか。
なかなかカッコいいコスチュームと凶暴性。こっちのほうがかっこいいんだけどね。

どこか物悲しい作品で幕を閉じるのも、意味不明にせつない。

取り合うほどの美女でなくなったダンストもまた微妙。次作品はキャスト変更の噂ですね。
また別の新しいアプローチでの次作品も楽しみである。http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:なちら投稿日:2011-04-13 20:53:51
T・マグワイアって優しい穏やかな役よりも、ちょっと狂人めいた役の方がハマるね!
ダークサイドに堕ちたピーターの目付きなんて、凄く魅力的だと思うよ。
若干恥ずかしい悪い男のノリも勢いで許せるわ。

あと、ニューゴブリンがカッコ良いのも気になるね。
親父はどうしようもない風貌だったもんねぇ。流石にあのマスクは継承できなかったか…。

執事のジジイが今更あんな告白をしなければとも思うが、手放しで喜べないほろ苦いラストは好きだよ。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-08-14 16:03:33
例え、「クイック&デッド」「シンプルプラン」(「死霊のはらわた」はどうも・・・)で冴えを見せたライミ監督作であろうと、例え、「まだらキンセンカにあらわれるガンマ線の影響」から「ペーパームーン」「ジュリア」「普通の人々」そして「おつむてんてんクリニック」まで何でもござれの名手サージェントがシナリオに一枚噛んでいようと、この260億も投入された‘高額商品‘に何を求めようというのか?
演技陣。主演のマグワイアとダンストは庶民的で悪くない。フランコは軽薄ぽい役を地でやってそう。
投稿者:gapper投稿日:2010-06-18 21:32:33
 相変わらずの3作目。
 しかし、1作目での爽快なスピード感はなくなっている。
 これは、主人公の心理を描こうとしたためだと思うが、果たしてそれが良かったのか疑問だ。

 旧友のハリーと戦いハリーは記憶喪失になり和解し記憶を取り戻し、また戦うが執事から真実を知らされてスパイダーマンを助けることになるが、捉えられた彼を庇いグライダーで刺され死んでしまう。
 これだけでも、複雑だがこれにサンドマンやカメラマンの争い恋人の仲たがいなど、あまりにもテンコ盛りのストーリーだ。
 2時間19分と言う時間でも展開が速いと感じるほどである。
 これは、とてもよいとは思えない。

 最近の映画(お金を賭けた大作などの話)は、長く記憶に残る事よりも一時的な話題になることを目標にしているようで、再見するような気にならない。
 暇つぶしには良いが、ダイハード4.0の様にスカッとする感じはないので不満が残る。
 CGとサウンドは、さすがに金をかけているだけある感じだ。分を弁えるという言葉があるが、コミックヒーローという枠をよく考えて作成すべきだったと思う。
 まあまあいい作品だが。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-04-19 22:15:30
単純に楽しめるとてもいい作品だと思います。シリーズすべてに言える、空中を舞う姿は最高に素晴らしい。それぞれの真実があきらかにされ、ストーリーとしてもなかななだと思いました。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-07 15:37:52
ついに、シリーズ完結の「スパイダーマン3」
スパイダーマン・シリーズとは主人公、
ピーター・パーカー物語だったのです
http://mototencho.web.fc2.com/2007/spiderm3.html
投稿者:william投稿日:2010-04-05 11:43:27
サンドマンが良い味を出していた。それ以外は普通のアクション映画って感じ。シリーズ前2作と比較すると、ちょっと弱い。
投稿者:まりっくりん投稿日:2010-01-13 20:37:52
【ネタバレ注意】

相変わらずキルスティン嬢は外見も内面も美人に見えず、ブライス嬢もフツーの容姿で、ピーターにほかに選択肢はないので気の毒。
それはさておき、今回は肉弾戦が連続する。ゴブリンとのビルの間での空中戦・巨大化したサンドマンがスパイダーマンを殴りつけたりするシーンであるが、キャラクターを人間扱いしてないように思って抵抗感があった。
お話的には何にも見るべきところはありません。
まあ自分はスパイダーマンおよび敵キャラに何の思い入れもないので、1から3まで映画館で観てきたが、ここまでが限界ですな。

投稿者:ジェームス投稿日:2010-01-06 17:42:39
なかなか心に残るアメコミ青春映画。シリーズ最高のスケールでエンターテイメント性も抜群。キルスティン・ダンストが庶民的な感じで好演。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-04 00:01:37
トーマス・ヘイデン・チャーチ
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-02 19:08:29
このシリーズは3作連続で面白かった!
ってかハリーはルックス、性格ともに主人公より上だね♪ 
MJは毎回のように悪女っぷりを発揮してきたが、これでもうパーカー1人に絞ってくれるのを期待するよ(*^^)v
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 19:31:13
演出:9
演技:9
脚本:7
音響:8
投稿者:NYY投稿日:2009-03-12 23:42:26
【ネタバレ注意】

アクションは見応えあるけど、色んなもんを詰め込み過ぎてて全体
的にイマイチ。
 
今回は、みんなで非行に走っちゃって・・・
性病みたいのに感染してフォースのダークサイドに堕ちたスパイダ
ーマンが黒いのは、あれはゴキブリですか?
黒いのはカッコイイんだけど、夜のシーンだと何やってるのか分か
らんのが難。
ピーターが調子に乗っちゃうところは、モテない奴が急にモテ出し
た時の見本みたいで微笑ましかったw。
 
いったん非行に走っちゃった人を如何に許すかってのがテーマっす
か?
刑務所とか少年院で上映すると良いかもw。ま、加害者に見せても
しょうがないか・・・
許せるようになったきっかけが弱いというか、アクションのオマケ
みたいに強引に説教を入れた感じで、説得力が無いのが難。
他人の過ちに寛容になることは大事だが、「許す、許す」って言い
過ぎ。とっておきの台詞は連発しちゃダメよ。
ていうか、台詞にしないで、そう感じさせるとかできなかったの?
 
MJ姉さんはまたピンチっすか? 毎度のことだから、もう慣れた
でしょ。
ていうか、姉さんは非行に走らないんすか?  ハリーじゃなくて、
姉さんが変身して戦うところが見たかった。ブライス・ダラス・ハ
ワードでもいいよ。

投稿者:ieyasu投稿日:2009-03-02 23:35:36
観るに値するいい作品と感じた。楽しいだけでなくコミックなりに人間を描こうとしている。展開が思いっきり荒唐無稽だったり人間の描かれ方が浅かったりそんなことはそれほど問題ではない。CGアクションてんこ盛りの限られた時間の中に人間ドラマが十二分に盛り込まれていることにまず驚かされた。途中退屈はしないが時間の長さを感じてしまうのはテンポの問題かも。砂人間になっても悪いことしなければ全く普通の人間とかわらない人生が待っているとか。そこらへんが感覚的に理解できないとおかしなつっこみを入れることになったり納得できないのかも。そもそも原作はコミックなんだから。
投稿者:bond投稿日:2008-07-22 11:06:18
シリーズ起承転結した感じ。内容もいろいろ混ぜて単調にならないように工夫されてるが、うまくまとまってる。面白かった。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-07-22 02:03:31
いろんな事が盛りだくさん!
そして疑問も盛りだくさん!!(爆)
サンドマンの誕生も含めて全容がナゾだし、ハリーが何故あんなに超人的なことになっているのか分からないし、どっかから落ちてきたタールみたいな物質も何のこっちゃ分からないなどナンデ?ドーシテ??が連発する唐突な内容でした。
なんかこう・・・原作を知らない者にだいぶ不親切な脚本ですよね(泣)
正直、今回詰め込んだ内容を一つずつ丁寧に消化しようとすれば3作品分ぐらい作らなければならないハズだと思います。
それぐらいいろんなモノが詰まったお得な作品、、と言いたいトコロですが実際は3作品分を無理やり1つにまとめた粗い作品になってしまいました。

それに庶民から大人気で調子に乗ってるスパイダーマンというのは許せるとしても、彼女に対するピーターのデリカシーの無さにはガッカリです。
さっさとハリーにくら替えしちゃいなさい!って思っちゃいます(笑)
トビー自体は嫌いな俳優さんではないんですが、このスパイダーマン3のトビーは好きになれませんでした。
たま〜にスッゴク不細工だし、ところどころ垣間見るズルさが生理的にスゴク嫌(爆)

キルスティン・ダンストは、最初観た頃はヒロインって柄じゃないだろ〜と思ってましたが
シリーズを重ねるごとにヒロインとしての違和感を払拭してきてくれたのでGOOD。
ブライス・ダラス・ハワードは金髪だと全く印象が変わるので一目では誰だかわかりませんでした。
意外とカメレオン女優だったんですね(笑)

自分の中にある善と悪、赦すことと復讐心など対比するテーマや展開の速さ、映像的な見せ場が多い事など良い部分もあります。
スピーディで大迫力のアクションシーンはシリーズ最高の仕上がりだと思いますし。

それだけに欲張りすぎた内容が残念でなりませんでした。

とりあえず、スパイダーマン・・・黒いほうがカッコイイよね(笑)
で、変身アイテムなんてなくてもジェームズ・フランコはそのままでカッコイイよね♪
投稿者:irony投稿日:2008-06-11 09:57:50
 だって人間だもの・・・ BY サム・ライミ 執事、黙ってちゃイカンでしょ? 酷いぞ
投稿者:さとせ投稿日:2008-04-26 06:30:12
ピーターはMJと順調に交際していて結婚を申し込むため指輪を購入。そこに父の敵とばかりハリーが怪人となって襲って来た。ハリーを倒したスパイダーマンだが病院に運ばれたハリーは記憶が無くピーターに感謝するばかり。一方、MJは新聞の酷評により舞台を下ろされてしまう。国民栄誉賞を受賞し浮かれるスパイダーマンに警察から連絡が入り、叔父を殺した犯人が
判明したらしい。ピーターに復讐心が湧き上がり黒いスパイダーマンに変身、心も黒く変心する。悪行を尽くすピーターに敵の魔の手が・・・。
伏線が凄く今までの問題が全て片付く文字通りの超大作完結編。
DVDで鑑賞したが5.1chの効果も凄まじく、大作らしいシネスコの画面が最後に相応しい。4作目も考えているらしいがT・マグワイアの出演次第?
ノヴェライズ(ピーター・デイヴィッド・角川文庫・評価3)はいつも同様の出来である。
投稿者:あっきー投稿日:2008-01-29 21:02:28
”あっきー”を感動させたのは・・・「ハリー・オズボーン」の男気です。実は”あっきー”この作品を劇場で観たのですが・・・
泣きました!かっこよすぎです。
今後の”ジェームズ・フランコ”に注目です!

 ↓ 「映画レビュー」やってます! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:BLADE投稿日:2008-01-03 21:02:28
アクションに、アクションを重ねている感があり、結構わくわくして
見れました。映画館でも見てDVDでも見ましたが、ハリーとの友情は
どうなるのかと思いましたが、主人公的にはいい形になって良かった
のではないかと思います。最後の台詞はいいですね〜。本当の友情
というものを描いていると思う。メッセージ性については2には
勝てないけど、これもこれでよかったです。ただ、ややサンドマンの
描きは少し足りなかった感がありました。彼の娘との描写がもっと
あれば、彼の行動に説得力が増すと思うだけに、彼の出番がこれで
最後かどうかは分からないけど、予定されている4,5,6での
再登場を期待したいですね。もしかしたら、スパイダーマンと協力して
戦う話になるかもしれないしね(彼犯罪者だから、ちょっとむずいか)。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-12-08 11:12:06
I'd give my life for them.

いや、元々無職なピーターとメリージェーンは幼馴染故の格差カップルって感じだったのが、素顔は兎も角、NYに「愛される」スーパーヒーローと、酷評で舞台を降板させられてウェイトレス化した彼女…って逆パターンになっちまいます。スパイディーの大合唱(泣ける)〜ブライス・ダラス・ハワードだったのね…こういうムービーも出るのか〜

いや、超ド派手なバトルシーンは凄いです。
サンドマンが金を欲しがる理由は前半で明かされているのだが、回想は本当か嘘か知らないが、悪くないね〜まぁ消えてゆくので真実なのだろうが。
ってサンドマンとのバトル、ハリー(ニューゴブリン…ウィレムのけしかけは妄想か?)とのバトル、そして凶暴性を増幅する生物に取り付かれたパーカーは、世界は俺に服従する、的に街中で腰を振ってダンシングしながら歩き、人を傷つけまくる。そしてあのJazzクラブ〜教会。謎の生物はライバルのカメラマンを取り込む…
ってラストのサンドマン、ニューゴブリン、ヴェノム化したカメラマンの兄ちゃん、そしてスパイダーマンのバトルは壮絶。そして…取り戻した友情はつかの間の夢。

キルスティンと料理を楽しむハリー〜って恋模様、友情、そして彼ら(及び彼らの愛する者)の「命」が絡んで、やっぱり前作達同様の感動作ですね。

オールディーズなチャビーチェッカーやら…のみならず、ダニー・エルフマンの曲達も良いな。http://www.wmg.jp/artist/spider-man/WPCR000012608.html
投稿者:投稿日:2007-11-14 20:15:51
【ネタバレ注意】

アメコミ、ヒーローものというと、中高校生向き?映画・・のイメージがあり、
スタン・リー、サム・ライミ両者の作品には、お気に入りの少ない私ですが、
スパイダーマンは、製作費もかかっているだけあって、
さすが、ダイナミックでリアルな映像に、楽しめました・・〜♪

「自分の中に、存在する<悪>に気付いた時・・悪と闘い続けられるか・・・」
自らの心の闇と、深く葛藤するブラックスパイダーマンというスタンスで、
今回は、「憎悪」と、「赦し(ゆるし)」が、テーマになっていると、思います。

「憎しみ」から、復讐の炎がぶつかり合い、
しかし、真実を受け止めた上で、お互いの「過ち」を、勇気を持って「赦す」という
人間愛・・が、描かれています。

ただ単に、敵を倒すだけではなく、
「赦す」ことの大切さが、メッセージされているように感じました。

そう言えば、以前母が、「女性に大切なのは、相手を許す気持ちなのよ・・
自分自身に謙虚になって、人に対しては、許す気持ちを、忘れないでいてね・・」
と言っていたことがありました。
赦しには、真の心の強さと、寛容な精神、勇気が、必要ですね・・。

憎悪とは、
ピーターは・・ベンおじさんを殺害したフリント(サンドマン)に対して
ハリーは・・父親を殺害したと思い込んでいるスパイダーマン(ピーター)に対して
エディ(ヴェノム)は・・自分を解雇へと追いやり、恋人を奪ったと思い込み
ピーター(スパイダーマン)に対して・・

スパイダーマン・サンドマン・ヴェノム・ハリーが、ニューヨークを舞台に、
迫力ある激しいバトルを繰り広げます。

そして、またそれぞれが、過ちを犯します。
ピーター(スパイダーマン)・・別の女性とキスしたり、ダンスを見せつけたりする
MJ・・・・・ブロードウエイを降板させられたショックと寂しさから、
ピーターを裏切り、元恋人ハリーを訪ねて、キスしてしまう
フリント・マルコ(サンドマン)・・・病気の娘を助けたい一念で、
銀行強盗をし、ベンおじさんを殺害してしまう(前作で)
ハリー・・・・MJを脅かして、ピーターとの仲を裂こうとする
     
しかし、それぞれが、真実を知った上で、理解し合い、赦し合う。
ピーターとハリーの友情も、対立しながら、真の絆を感じる、見どころとなっています。

トビー・マグワイアとキルステン・ダンスト・・、
何処にでも、いそうな・・平凡な普通の人という雰囲気ですね。
ハリウッドスターとしての、オーラが、あまり出ていないように感じます・・。
でも、何処にでも、いそうな青年や女性だからこそ、
逆に、親近感を持てて、良かったのかもしれませんね・・。

最新のVFX技術は、素晴らしい〜☆です。感激しました・・☆
スパイダーマンが、空中遊泳する映像を観ていると、
まるで、遊園地でアトラクションに、乗っているような感じがします。
また、サンドマンが、砂から人に変わっていく様が、
よく考案・演出されていて、芸術的!・・とも言える出来でした・・〜☆
悪役なのに、娘を強く想う父親の切ない想いが、伝わってきて、
最後は、憎めませんでした。

ハリーもそうです。MJをめぐり、父の死をめぐり、
敵対して戦う場面もありますが、
最後は、ピーターと、共に、敵に立ち向かいます。
冒頭で、ピーターのことを、「親友だ、命だって、やれる・・!」
その言葉が、このストーリーに大きく関わっています。

過ちの部分では、疑問を持ちながら複雑な思いでしたが、
最後には、ただ、倒しあうだけなく、
人間の弱さや過ちを、
赦し合う寛容さ、その大切さ・・を
感じることのできるストーリーとなっていました。

「私たちの宝だったベンは、私たちが、復讐心を抱くなんて、決して望まない・・
復讐心は、毒と同じ・・。人を蝕み、知らない内に人を、醜く変えてしまう・・」
と、優しく説いてくれた、メイおばさんの存在も、
静かに、大きな影響を与えてくれました。

チョイ悪のピーターが、街で踊っているシーンも、面白かったです・・♪
トビー・マグワイアも、32歳になり、
ユニバーサルスタジオの重役、メイヤー氏の令嬢との間に、
昨年、女児が産まれ、ついに一児のパパとなりました。
ピーター(大学生)であるスパイダーマンの役も、
やはり、年齢的に限界・・!でしょうか・・???

アメコミにしては、人間模様もあり、映像もよくCGの迫力もあり、
アニメ感覚で観れば、充分に、楽しめる映画だと思います・・〜☆



投稿者:T2投稿日:2007-10-27 11:36:33
 面白いかどうかと聞かれれば「面白かったです」と答えるかな。
1,2とは違ったスパイダーマンの一面も今回新たに見られたの新鮮さも・・というのはチョットしんどいが・・・
 サンドマンの登場、空中戦の応酬等一昔前では考えられない技法が最近の
ハリウッドでは当たり前になってしまったが何か物足りないものを感じて
いるのは僕だけでしょうか。
今回の作品で自分的にがっかりしてるのが、大分幼稚な作品だと思えました、上手く言えないけど。怪獣映画のような感が・・・・
投稿者:くろひょう投稿日:2007-10-25 17:51:48
面白かったと思う。

画面に氾濫するCGの洪水も、多少食傷気味とはいえ十分に楽しめたし、
妬み・嫉み・復讐心といった誰もが持つ心の暗部の発現と昇華というドラマ部分の主題も、大きく破綻しているわけではなく、主人公たちへの感情移入の妨げにはなっていない。

だが・・

スパイダーマンである主人公の成長を一貫したテーマとしながら、1も2も3も、見終わった後同じような印象しか残さず、世界観の広がりを全く感じさせないのは何故なのか?

答えは簡単である。

スパイダーマンはニューヨークから出られないからだ。

スパイダーマンお得意の豪快な空中ブランコは摩天楼の町・ニューヨークだからこそ。
舞台がアリゾナの砂漠の真ん中じゃ、糸をくっつける場所にも事欠くだろう(今回のサンドマンに苦戦するあたりがその格好の暗示である)

スパイダーマンはニューヨーク限定のヒーローであり、ニューヨークというビルディング過密都市が生んだ徒花でもある。そんな地域限定のヒーロー物語を、マンネリズムをよしとするTVシリーズならばともかく、これ以上ワールドワイドな映画の世界で引っ張り続けるのは酷というものである。

それにしても、いくら知名度があるからといって、そのように打ち止め必至の特化された(ということはマイナーの証でもある)シリーズ物に300億(?)という大金をつっこむハリウッドも太っ腹といえば太っ腹だ。内訳の大半はあのCG作成の費用とか・・

ということは、この映画のほとんどは人件費で出来ているということだ。

ちょっと調べてみたのだが、この額は東ティモールの年間の国内総生産(GDP)にも匹敵する。
いくら大作といえど、この映画にかかわってギャラを受け取る人間の数はせいぜい数千のオーダーだろう。それを東ティモールの民約50万人の年間所得の総計をその連中でシェアするわけだ。
中には当然、数十億の単位で受け取る人間もいるだろう。

無論、良いとか悪いとかいう問題ではない。

楽しませてもらって、文句を言う筋合いのものでもないのは百も承知。
だが、そんなハリウッドシステムに乗せられて嬉々として映画を見ている私自身がいることも確か・・

稼いでナンボの民主主義かあ・・

(なんで、娯楽映画を観てため息つかなきゃならないのかよ・・とほほ・・情けない・・)
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-10-21 22:56:45
アクションぐらいが見所ですね。前2作程のパワーはありませんでした。
投稿者:霧人投稿日:2007-10-18 10:19:18
トビー・マグワイア、二重アゴ寸前ですね。
立ち居振る舞いもボテボテしてるのが目に付いてカッコ悪かったなぁ。

内容も演出も薄っぺらいのは、子供向けだからってよりも、
サム・ライミ監督だからってことでしょうがないですね。

しかしあのわざとらしく星条旗をはためかせる演出は、
上のほうから指令が出てるんでしょうかね?
その直後に「戦わずに解決できるはずだ!」とか言われても、
あまりの白々しさに、かえってイヤ〜な気分にさせられます。
投稿者:ASH投稿日:2007-10-16 18:49:38
【ネタバレ注意】

 なんつーか、戦闘シーンは特撮・特撮してましたけど、メチャおもろかったです。

投稿者:世界共和国屁投稿日:2007-06-22 02:25:33
中学生プロットに中学生演出。
別に自分も中学生知能なんでそれはいいんですが、
忍耐力も中学生レベルなので冗長なのはしんどかったです。
せっかく悪役は複数出てきたんだから三つ巴四つ巴で闘って欲しかった。
あと出てくるキャラがことごとく負け組っぽい。
冒頭、MJのキッツい舞台を長々と見せる。晒し者である。
当然、これはわざとでしょう。最低の負け組ヒロインぶり。
悪役も負け組。負け組バンザイ。
唯一暗黒面に堕ちて勝ち組気分を満喫するノリノリの主人公の
微妙なカッチョ悪さを延々と見せるのも、たぶんわざと。
「この人勝ち組のつもりですけど所詮負け組体質なんですよ」ってことでしょう、たぶん。
負け組を描いてもティムバートンのように切なくはない。
あんまり思い入れもないんでしょうかね。
それとMJさん、その歌唱力ではクラブ歌手もキツいのでは?
投稿者:vestar投稿日:2007-06-03 00:49:55
【ネタバレ注意】

面白いかどうかと言われると面白かったのですが・・・
突っ込み所満載でした。
ヴェノムは何故地球に落ちてきたのか、道行く女性が皆何故振り返ってピーターを見るのか、そこでキスする意味は?、エディは何故サンドマンの事を全て知っていたのか、ジェームズ・クロムウェルが何故あんな意味も無いような脇役で出たのか、等々。
それと偶然の要素が多すぎです。
まぁそんな事を言っていたら映画なんて見れませんけどね(笑)
それでももう少しうまく作れたんじゃないかなぁとも思います。
とは言え、つまらないわけではないです。
映画として割り切って見れば十分に楽しめるかと。
個人的にはゴブリンJrが仲間になる点、敵としてスパイダーマンのライバルであるヴェノムが出てきた点が良かったです。http://vestarl.blog92.fc2.com/

投稿者:appia投稿日:2007-06-02 15:10:15
正直、上映時間が長い、途中まどろっこしい、1,2作目の快速感ある演出はどこえやら。ここまでやればもうできないでしょう。やはりシリーズ物の運命で、段々落ちてくる。思い出すのは、30年以上前に、日本の週刊誌に登場した「スパイダーマン」、確か漫画家は池上遼一だったのでは。日本にはないストーリーで新鮮だったなあ〜。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-06-01 10:51:45
【ネタバレ注意】

派手派手な映像はそれなりに見応えあったが、正直「長い〜」というのが率直な感想。敵も3人(2人と1匹?)もいてどうなるかと思ったが、意外なほど簡単に解決してしまうし(苦笑)。
「復讐」と「赦し」がテーマなのはわかるが、個人的にはカタルシスがあまり感じられなかった。
父の復讐に燃えていたニュー・ゴブリンことハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)は、ブラック・スパイダーマンにあそこまで痛めつけられても、助けを求められて簡単に親友に戻ってしまうし(執事よ、もっと早く話せよ…苦笑)。
サンドマン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、今の今までスパイダーマンを叩き潰そうとしていたのに、突然「病気の娘がいて…」と同情を求め、あっさりスパイダーマンも赦しちゃうし。
ナゾの生命体は金属の共鳴音にいきなり弱っちまうし。
ラストに向けての唐突なご都合主義には唖然とするばかり。

30歳を超えたトビー・マグワイアは少々太った?こともあって、恋に悩むヒーロー役もつらいか。もともと好みでないキルステン・ダンストも優しいハリーについフラフラ。
うーん。どうよ。
ブラック・スパイダーマンになって自信満々になったピーター・パーカーが笑えたが、リズムをとりながら歩くピーターを街中の女が振り返る、というのが面白い。誠実な本来のピーターよりも、危険な男のフェロモンを振りまく「ブラック」ピーターの方がモテるってこと?(笑)
前作・前々作と比べると完成度は落ちちゃったな、というのが個人的な印象です。

投稿者:赤い彗星シャア投稿日:2007-05-31 08:44:04
【ネタバレ注意】

 【スパイダーマン3】は、シリーズ完結編と宣伝されているだけあって、スパイダーマンの敵が3名出てきます。
 
 【親友・ハリー:ニューゴブリン】
 【ベンおじさん殺害の真犯人:サンドマン】
 【最強の敵 ヴェノム】
 

 一人でも大変なのに3人もです。私がスパイダーマンなら嫌になります


 
 今回のテーマは【復讐】です。

 ・ハリーは父親を殺したスパイダーマンを
 ・ピーター・パーカー(スパイダーマン)は、ベンおじさん殺害の真犯人を
 ・エディ(ヴェノム)は、辱めを受ける原因(偽造写真を使っていることをばらされ、会社を解雇となったこと)となったピーター・パーカーを

  それぞれ許せません。

 さらに、テーマには、【自分勝手】といったキーワードが当てはまるかも?

 ・MJは自分がブロードウエイを降板されられたことによって現実を受け入れられず元恋人のハリーのもとに帰りそうになる。

 ・ピーター・パーカーは、スパイダーマンが名誉市民になったことでいい気になって、恋人(MJ)の目の前で、グウェン(別の女性)とキスをする。

 ・ピーター・パーカーは、自分を振ったMJ(恋人)の前で、グウェン(別の女性)と、見せ付けるだけのダンスをする。(実際は、ハリーに脅かされてMJがそうするしかなかった)
  →そのことで、MJ、グウェンともに傷つけてしまう。

 ・ピーター・パーカーは、自分が殺しそうになった親友・ハリーに助けを求める

 ・ベンおじさん殺害の真犯人であるフリント・マルコ(サンドマン)の自分勝手な言い訳(俺は悪人ではない。運が悪かっただけ)


 よくあるアメコミヒーローによる単純な【勧善懲悪】ではなく、これだけのテーマを盛り込んだストーリーでした。

 テーマが多いので、少し話題が横にそれそうだなって思っても、ストーリーはちゃんとつながっていきます。さすがスパイダーマン!!!


 そして、スパイダーマンのアクションシーンは、CG(VFX)だとわかっていても爽快な気分(まさにジェットコースターに乗った気分)にさせてくれます。


 【スパイダーマン3】を観て、率直に思ったのは、

 【事実を正面から受け止める勇気】
 【そして、相手を許す勇気】

 ‘この2つの勇気を持つことによって、人は成長していく’


  この2つの勇気が本当のテーマだと感じました。



 ただ、せっかく再び心が通じたハリーが亡くなってしまうのは、残念です。


 もう心が通じて、友情を深めていくこともできません。
 苦しい時、悩んだ時、辛いときに、そばにいて助けてくれた親友に、もうお礼を言うことができません。


 最後に、もう一言だけ、言わせてください。
 【ハリーよ、安らかに眠ってください】

 それから、【ハリーへのレクイエム】として【スパイダーマン】のシリーズを、これからも続けてください(_ _)

投稿者:ロッキー投稿日:2007-05-25 13:28:21
スパイダーマンシリーズとハリーポッターシリーズは、多大な制作費を懸けてCGに凝っているのはわかるけど、結果的に映像が面白くない。極端に言えば、金さえあればアホでも発想できるような感じかな。例えば、ゴッドファーザーシリーズにあるような、生身の人間の迫力からくる映像美がないし、スターウォーズシリーズにあるような、人が考えに考え抜いた末からくる空想力・発想力のCGという面白さがない。スパイダーマンは三本とも全部映画館で観たけど、全部同じような印象やなー。最近のハリウッド映画はリメークや日本のアニメを題材にしたのが多いけど、脚本家や映画監督の質(空想力・発想力)が低下してるんかなー。まあ、10点満点で5点というのが、この映画に対する無難な評価とちゃうかな。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-24 11:13:43
昨日見てきました。なかなか面白かったです。大抵続きものというか続編ってガッカリするのが多いけれど『スパイダーマン』シリーズは別ですね。
 スパイダーマンであるピーター(トビー・マグワイア)は常にいろんな事と葛藤していて、ヒーローなのにとても人間的な部分があると思う。だから見ている方も共感でき話しに引き込まれて応援したくなるのだと思います。毎度の事ですがスパイダーマンがニューヨークを舞うシーンは素晴らしい出来ですし、アクションシーンも迫力があって見ていて楽しかったです。悪役は3人も出てくるのですが、皆人間的な部分があって、ただの悪人という訳ではないという所がまたスパイダーマン映画の良い所ですね。そしてピーターの叔母メイ・パーカーを演じるローズマリー・ハリスの言葉も素晴らしいものばかりです。そしてピーターが愛するMJ役のキルスティン・ダンストもとても可愛くてますますファンになりました。さらにピーターの親友であり父の仇を取ろうとするハリーを演じたジェームズ・フランコが今回は最高の演技を見せてくれます。過去2作でどうも彼のキャラクターを好きになれなかった私なのに本作ではラスト近くの彼の姿に涙が溢れてしまいました。そしてピーターを演じたトビーもとても良くて、自らがブラック・スパイダーマンになった時の彼の表情はやはり役者さんだなと思わせてくれましたし、その時のノリノリの動きも可愛かったです。トビーは今回少しですが踊ってくれます!なんだかうまいのか分りませんでしたが素敵でしたよ(笑)。そしてブライス・ダラス・ハワードがとても可愛かったです。彼女のここまで可愛らしい姿は初めて見ました。
 本作は1,2を既に見ている人(私も)は改めて見直さなくても、そのまま劇場に行って全然大丈夫です。最初の部分で今までの肝心なシーンがチョコチョコ出ます。
 とにかく俳優の演技は皆素晴らしかったし、今回も悩むスパイダーマンの姿はとても共感でき素晴らしかったです。愛、友情、家族とテーマもとても良かったと思います。監督はさらに続編を作る気満々みたいなので楽しみにしています。
投稿者:メンタイ投稿日:2007-05-23 08:08:20
ザCGムービー!
確かに物凄い映像ですね!!
史上最大の制作費に納得・・・ですが、
ここまでキャラもCGだとPIXERと変わらないな〜とも思いました。
だからちょい軽めです(飛んでんだから軽いけどね)
“ロード・オブ・ザ・リング”“300”が凄いのは
せめて人間は本物だからでしょうか?
まー映像はCGがほとんどとはいえ、相変わらず演出が楽しく
“死霊のはわらた”からリスペクトしてるサム・ライミ監督だけあります。
まー敵だらけなお話ですが、ちゃんとMJとの恋愛が中心です。
ただのヒーローじゃないからいいですね。
ブルース・キャンベルとのやり取りとか結構笑いました♪
この作品は3部作じゃないですよね?
“スパイダーマン4”も期待しちゃうよ♪http://mentaiman.com/
投稿者:tanuki投稿日:2007-05-22 10:34:59
いやー、何とも溜息、話題にもならないハズだわ。(゚◇゚)ガーン
シリーズ3作目ともなると、だめですねぇ。
宣伝ばっかり先走って、...http://blog.goo.ne.jp/pptanuki_2004
投稿者:well投稿日:2007-05-16 20:45:28
錯綜するエピソードをもたつかせず、こんがらがらせずよくまとめてあるなぁという印象です。
ほぼ満員の場内のあちこちから“ウワァ!!”とか“ギャッ!”とかいう声が時折聞こえてきて、盛り上がりましたわ。
これは絶対でっかいスクリーンで見たいですね。

トビィが重そうだったのが気になり、−1点。
投稿者:ZERO投稿日:2007-05-14 22:37:06
【ネタバレ注意】

面白かった!アメコミ映画の中ではかなり満足出来るシリーズですが、
今回も気合が入ってました。
ただ今回は登場キャラが多いためか、1人1人のキャラについて描写が足りないと感じました。特に後半、サンドマンはあれだけ暴れといて、急におとなしくなっちゃうのはなんだかなぁーて感じです。

ハリーが改心するところも、一番良いシーンとなりうるのに、もったいない。

↓でも言われてる方がいますが、続編作るとするなら、ヴェノムは人気キャラだし、もっと見たかったので続編にしても良かったとは思います。
でも、サンドマンだけではキャラが薄いかなぁ。

今回はスパイダーマンが悪になってしまうシーンがあるので、
より顕著に現れてたのですが、1作目から通してグリーンゴブリンにしろ、オクトマンにしろ、今回のサンドマン、ヴェノム、ゴブリンJrにしろ、
みんなちょっとした心の隙間から悪に染まってしまう。みんな良い人なのに・・・。一つ間違えればスパイダーマンも今回のように悪となってしまう。何度も映画の中で出てくる「人は変われる」。その一貫したテーマを続け、さらに今回はそれを大きく扱うことで、シリーズを通して満足できた数少ない作品でした。
90点

投稿者:Ryuichi投稿日:2007-05-13 01:35:06
【ネタバレ注意】

映画を見る前の段階で、敵が3人ということを知り、話として上手くまとまるのか気になっていたのですが、残念ながら、その予感が当たってしまいました・・・
スパイダーマンが”1””2”と多くの人たちから支持されたのは主人公であるピーターパーカーが人間として、ヒーローとして成長していく姿が丁寧に描かれていたからなのですが、今回は・・・作り手側が焦り過ぎたように思えます。
前半、ピーターパーカーが自身過剰になり、落ち込んだ恋人の気持ちを理解してあげれなくなる・・・こうしたエピソードには共感することができました。しかし、中盤から後半にかけ、それぞれの敵との戦いのシーンが増えるにつれ、話の展開が目まぐるしくなり、メインキャラクターの気持ちも慌しく移り変わっていったように思えます。
頭ではこうしたキャラクターの気持ちの移り変わりも理解できるたですが、最後のクライマックスでは私自身の気持ちがついていくことができませんでした。
エンターティメント性、ストーリー性も申し分ありません。ただ、観客側の気持ちを作り手側がもう少し想像していたら・・・もっと素晴らしい作品になっていたように感じます。(現実的には、上映時間を3時間にする、今回のエピソードを完了させず、"4”まで持ち越させる、といったところでしょうか)

投稿者:まくらK投稿日:2007-05-12 17:28:26
【ネタバレ注意】

ブライス・ダラス・ハワードやったとは。
イ・ビョンホンが女装したのかと。
・・・・・
ルーカスがボロクソにけなしてたらしいけど
アンタにだけは言われたくないやろな、
サム・ライミも。
少なくとも、愛情もって制作してるのは見える。
観客が何を求めてるのか全く理解せず
作ったエピソード1〜3なんかより
数倍楽しめたよ。
・・・・
最後はゴブリンJrが手を貸すとは思ってたけど
頼みに行くとは。
あんな顔にしといてなあ。

投稿者:ショーンファン投稿日:2007-05-09 18:18:57
一言、

こんなにおもしろい映画は久し振りだった

そして、トビーは自分の中で最高のハリウッド俳優だ
ラスベガスをやっつけろのあのロン毛ハゲはショックだったが…それも含めて全部好きになった

3シリーズセットのDVDの発売が待ち遠しい
発売するよな?
投稿者:紅竜投稿日:2007-05-03 19:43:55
本作の中盤あたりにおけるピーター・パーカーの暴走ぶりに笑った。
地球外生命体に寄生されたためという理由付けはあるものの、今までどちらかというと品行方正に振舞ってきたピーターの内なる欲望を解放してやろうとサム・ライミ監督は確信犯的にこの場面を設定したみたいだ。いきなりアンチヒーローと化したピーターの姿こそサム・ライミの本来の持ち味かと。「ダークマン」におけるいきなりブチ切れて大暴れする主人公の狂気に共通するものを感じた。
ストーリーを脱線させてしまって2作目まで積み上げてきたものをぶち壊しにしてしまうのは3作目の宿命か。でも個人的には結構楽しめたよ。
投稿者:悲しみジョニィ投稿日:2007-05-03 11:58:57
今回は全て満ち足りた表情で始まる主人公が
それ故の過信によって周りを傷付けてしまう。

身近なライバル、
仕事のライバル、
そしてヒーローの敵と
三つのお話が同時進行する辺りは
和洋中、肉魚鶏が渾然となって出てくる披露宴のコース料理のよう。
宴の規模が大きくなる程にひとつに絞りきるのは難しいのか。
現実離れした展開も披露宴みたいだった。

前作「2」はヒーロー物の続編とは思えぬ出来で、
最終回かと見間違う面白さだったのに。
投稿者:sabu投稿日:2007-05-03 01:58:55
ヒーロー映画にはあるまじき心理描写を巧みに描くことでも有名なこのシリーズ、やはり今回もそのあたりの葛藤はすごくよく描けている。
特に今回はキャラクターがとても多く、その一人一人に心理的変化ないしは葛藤からの脱却という、ドラマ映画さながらのスケールで描かれているのが魅力的であろう。
それ故にこの『スパイダーマン』というシリーズは常に異端な部分で語られることが多かった。
その最も大きな所以としてはやはり監督のサム・ライミの影響は大きい。昔、『死霊のはらわた』などのスプラッター描写たっぷりな作品を撮り続け、その線のファンからは神にまで崇められた人間がまさかスパイダーマンを撮るなんて夢にも思わなかった。
ライミをもってすれば人を恐怖に陥れることと、ヒーローが大げさに自分の存在意義を問い、それを人に共感させることは同じようなことなのかもしれない。

今作は冒頭でも言ったように、個々のキャラの心理的葛藤がとても良く描かれている。特に復讐心に目覚めるという点では、その過程の描き方は秀逸。でもおそらく、映画を途中まで観ていて大抵の人は思ったはずだ。ここまでストーリーの展開を膨らませすぎて、収拾がつくのだろうか?と。
はっきり言って、途中までの展開と主人公の葛藤、そしてそれを取り巻く周りのキャラクター達のそれぞれの心の変化を最後に一気に収拾してしまう。
この膨れ上がった展開を丁寧に収拾しようとすればもうプラス1時間くらい尺が必要だっただろう。サム・ライミは何故か今作、焦りすぎた印象があるのは否めない。

しかもスパイダーマン、もう1つのうりはなんと言ってもアクションシーンなわけだから大変。キャラの絡みの合間合間に派手なアクションシーンを入れないといけないわけだから、さらに展開が速足になる。
その大きな理由として、やはりキャラが多い。敵役だけで3人いる。
正直、今作の敵はサンドマンだけに集中して欲しかった。ニューゴブリンのエピソードはあのままでいいから、サンドマンvsスパイダーマンの描写をきっちり描いて欲しかった。そして個人的にヴェノム好きな僕からしてみれば、あの敵は『4』にまわしてもいいような気がする。
原作ではとても面白いキャラクターなんだから、1作を通して丁寧に描いて欲しかった。

と、このように文句を言っているようだが、映画としてのデキはやはり素晴らしいものがある。アクションシーンに関しては2作目以上のものができるのだろうかと思っていたが、結果的にできてしまった。これだけ詰め込めばファンにとってはお腹いっぱい。個人的に言えば、惜しい!
その一言に尽きる。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:satokunn投稿日:2007-05-02 22:02:49
今回は敵が三人+一人(自分か?)で見所十分。見ごたえはよかったですよ。SFXも楽しめたし、1・2に比べ今回が一番良かったのでは。
悩めるスパイダーマンの設定が良かったのか、やはり脚本が良いのでしょう
黒い謎の生命体、なぜ荷電粒子研究所に入りサンドマンにと荒いところは目立つが、そもそもスパイダーマンは放射能を浴びた突然変異の蜘蛛に咬まれたのが発端。これならDVDが出たら買うかもしれない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-05-02 08:35:48
DVDで繰り返し観てるのは2のアクションシーンだけの私は、今回もそこだけ期待してます。

追記 08-7-20(日)
面白かったのはCGシーンより宇宙ヒジキのせいで一時的に素行の悪くなったピーターのワルっぷり。全体的にホンの詰めが甘く、ハリーの執事もそんな大事な事なら1の終わりで話すべきだし、サンドマンも裁判で話す前に故意に撃ったと思い込んでたのかね(苦笑)。サンドマンのショットも本当に驚くのは砂粒だけ。「ごめんスパイディー」の見出しが笑えた。
投稿者:paris1895投稿日:2007-05-02 01:10:54
スパイダーマンシリーズは1から尻つぼみにダメになってる気がしますね。
勿体ない、勿体ない。

何故あの黒い生命体を地球外からもたらしたんでしょう。

ハリーはスパイダーマンと仲直りする事で、彼の問題は解決したんでしょうか。

あと一歩踏み込まないとダメな所で、全部の話が終わってる気がしますね。
投稿者:きゃる投稿日:2007-05-02 00:53:00
自分を見失ったピーターが、キザ野郎になってしまいます。
周囲の冷たい視線にも気付かぬ彼に、MJも呆れてしまいます。
真ん中の席で見られたので、迫力のVFX技術も堪能できました。
もう、金と時間をかければ、どんな映像だってできるよ、って感じです。
関連のある「スパイダーマン1」を観てからご覧ください。
投稿者:ぺん投稿日:2007-05-02 00:04:57
【ネタバレ注意】

アメリカの実情と常に重ねられる批評をされる本作品シリーズ。今回も、
同様な感じかしらね。復帰した後の登場時にサブリミナル的にアメリカ国旗
を挿入してるってことで、製作者も意図的にアメリカ的にしてるのかな。
とすると、最後まで和解出来なかった敵は何の象徴だったんだろ?
とはいえ、そんなことを気したくない感じの出来栄えだったかな。6点

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2007-05-01 12:51:16
【ネタバレ注意】

アクションが面白かった。いろいろ工夫してると思った。

ただ、敵を3人も出してそれぞれにドラマも盛り込もうとはちょっと無謀。
「2」は結構好きだったから期待していたが、これはやりすぎた。
1つ1つの話が薄っぺらになってしまって、
最後の感動的なタッグも冷静に鑑賞せざるをえなくなってしまった。
残念。

投稿者:チャップリン投稿日:2007-01-23 23:16:31
クモ男シリーズの第3段、既に大々的に宣伝やっているようで。2は見てないが1はけっこうおもしろかったので公開が待ち遠しい。
投稿者:マイカル投稿日:2006-11-21 12:42:10
叔父の殺人犯への復讐に憑かれる黒いスパイダーマン
投稿者:ちゃき投稿日:2006-10-14 12:20:24
アメコミゆえにアメリカでは異常な大人気のスパイダーマン。スパイダーマンは影がある。悩む。パーフェクトじゃない。それが故に皆に愛されているのですが、今回はそのダークさがとことん出ている模様。自らの中にある悪とどう闘うか。それは自分なのか?なんなのか?そういったことを考えさせてくれそうな第3弾です。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:アステカ投稿日:2006-09-16 18:38:19
【ネタバレ注意】

悪役はトーマス・へイデン・チャーチがサンドマンでトファー・グレイスがベノム、ジェームズ・フランコがホブ・ゴブリンらしいね。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 特殊視覚効果賞Scott Stokdyk 
  Spencer Cook 
  John Frazier 
  Kee-Suk Ken Hahn 
  Peter Nofz 
□ 格闘シーン賞ジェームズ・フランコ トビー・マグワイア vs ジェームズ・フランコ
  トビー・マグワイア 
 □ 悪役賞トファー・グレイス 
【ニュース】
「Chronicle」監督、「スパイダーマン」スピンオフ企画に抜擢か2012/03/07
トファー・グレイス主演コメディ「Take Me Home Tonight」、予告編2010/12/15
全米興行成績、「トワイライト」シリーズ第2弾「ニュームーン」が爆発的スタート2009/11/24
全米興行成績、サシャ・バロン・コーエン主演「Brüno」が初登場首位2009/07/13
全米興行成績、「ダークナイト」が歴代記録を塗り替える衝撃的デビュー2008/07/21
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
MTVムービー・アワード結果発表2008/06/02
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2008/05/07
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
英国アカデミー賞、結果発表2008/02/12
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2008/01/17
2007年allcinema ONLINEユーザー投票集計結果発表2007/12/28
DVDリリース情報:「スパイダーマン3」「ザ・シューター」「クィーン」etc.2007/08/10
サム・ライミ、「タイタンの戦い」リメイクを監督か?2007/08/03
全米興行成績、「ファンタスティック・フォー」第2弾が初登場首位2007/06/18
全米興行成績、「オーシャンズ13」が初登場1位2007/06/11
エリザベス・バンクス、「箪笥<たんす>」リメイクに出演へ2007/06/11
全米興行成績、「ワールド・エンド」が首位を死守2007/06/04
全米興行成績、「ワールド・エンド」が爆発スタートも記録更新ならず2007/05/29
全米興行成績、「シュレック3」が記録更新デビュー2007/05/21
全米興行成績、「スパイダーマン3」余裕のV2も今後に不安残す2007/05/14
全米興行成績、「スパイダーマン3」が期待通りの記録更新デビュー2007/05/07
全米興行成績、「Disturbia」が新作を抑えV3達成2007/05/01
「スパイダーマン3」、予告編第3弾2007/03/23
「スパイダーマン3」の最新映像が公開に2007/03/06
「スパイダーマン3」、最新予告編は10日に公開か2006/11/07
「スパイダーマン3」、特報!2006/06/28
「スパイダーマン3」のティーザー・サイトが早くも登場2006/04/10
「スパイダーマン3」、ティーザー・ポスターが公開に2006/02/24
「スパイダーマン3」、悪役が確定か?2005/09/08
「サイドウェイ」スター、「スパイダーマン3」の悪役に大抜擢2005/03/22
「スパイダーマン3」、悪役が明らかに???2005/02/02
リンゼイ・ローハン、「スパイダーマン3」に出演?2004/10/18
ライミ監督、「スパイダーマン3」の次は「死霊のはらわた4」?2004/10/12
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】スパイダーマン3 4K ULTRA HD&ブルーレイセット2017/12/20\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX2017/07/05\5,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ソニー・ピクチャーズ Mastered in 4K コレクターズBOX Vol.22014/12/24\21,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】コロンビア映画90周年記念 『スパイダーマン』 “VENOM”フィギュア付きBOX <初回生産750セット限定>2014/09/24\12,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン トリロジーBOX <Mastered in 4K>2014/08/22\7,954amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン3 <Mastered in 4K>2014/08/22\3,314amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン32014/08/22\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルトラバリュー スパイダーマン ブルーレイセット2013/12/20\5,524amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン32012/11/14\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン トリロジーBOX2012/05/23\9,333amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン32012/05/23\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン32010/05/26\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン3 <期間限定 今だけ2枚で5,980円(税込)キャンペーン>2009/02/25\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン32007/12/19\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】スパイダーマン トリロジーBOX <期間限定生産>2007/10/17\12,190amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン32014/08/22\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラバリュー スパイダーマン DVDセット2013/12/20\4,095amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン32012/05/23\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン32010/12/22\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 <期間限定生産>2010/05/26\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2010/04/28\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2010/02/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 デラックス・コレクターズ・エディション2009/06/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2009/02/25\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン コンプリートBOX <SIDESHOW製限定フィギュア(2体)同梱/完全初回生産限定>2007/10/17\29,800amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 コレクターズBOX <20000セット完全限定生産/バンダイ[ソフビ魂]限定フィギュア(2体)同梱>2007/10/17\6,980amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン トリロジーBOX <期間限定生産>2007/10/17\5,695amazon.co.jpへ
 【DVD】スパイダーマン3 デラックス・コレクターズ・エディション2007/10/17\3,980amazon.co.jpへ
 【UMD】スパイダーマン32007/10/17\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】スパイダーマン3レンタル有り
 【DVD】スパイダーマン3レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 スパイダーマン3 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,296
3新品:¥ 1,150より   1中古品¥ 500より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION