allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

unknown アンノウン(2006)

UNKNOWN

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月2006/11/03
ジャンルサスペンス/ミステリー
俺が誰なら、生き抜ける

記憶を失った5人の男たち──
誰が誘拐犯で、誰が人質なのか?
unknown/アンノウン [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 5,948
USED価格:¥ 537
amazon.co.jpへ

 Photos
unknown アンノウンunknown アンノウン

【解説】
 閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。彼らは全員記憶を失っていた。やがて、わずかな手がかりから彼らのうちの2人が誘拐された人質で、残る3人が誘拐犯であることが明らかとなる。しかし依然として誰が人質で誰が誘拐犯かはわからないまま。誰もが混乱する中、突如鳴り響く電話のベル。それは誘拐犯のボスからで、日没までにはここへやって来るというものだった。5人は互いに疑心暗鬼を抱えたまま、協力して脱出を試みる。そんな中、徐々に甦る曖昧で断片的な記憶が、彼らの混乱に拍車を掛けていく…。過酷なシチュエーションで生き残りをかけた戦いを繰り広げる5人の男たちをスリリングに描く心理スリラー。主演は「パッション」のジェームズ・カヴィーゼル。監督は長編デビューとなるサイモン・ブランド。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
745 6.43
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 19:44:01
なぜか記憶にない。
投稿者:uptail投稿日:2012-11-17 16:17:38
演出:6
演技:6
脚本:5
音響:6
投稿者:nabeさん投稿日:2012-01-15 02:41:49
密室内における心理サスペンスである。
誘拐犯一味と誘拐された人質が、記憶を無くして疑心暗鬼の中助け合う、という発想はなかなか面白い。少しづつよみがえってくる記憶をたよりに、お互いに誰が犯人一味なのかケンカしながら探り合う。周囲の状況が解ってくるにつれて、我々観ている観客も彼らと一緒になって記憶喪失から脱していくのが実に気持ちが良い。
人質の妻役のB.モイナハンがセクシーに登場するが、意味深なラストシーンは余計だ。
投稿者:nedved投稿日:2009-11-26 16:36:27
バリー・ペッパー
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-29 02:13:57
あれよ、あれよと進んでしまうサスペンスとは違い、テンポを落とす事無く観ている側に考える時間を与えてくれるから楽しんで鑑賞できました。
シチュエーションものとしてはsawの二番煎じになってしまうかもしれませんが、誰が味方で誰が敵なのかという展開は緊張感があって面白いと思います。
他の人への猜疑心だけではなく、登場人物それぞれが悪か善かと自分の中で自問し葛藤する脚本も良かった。
結論は予想のつくモノでしたが、ソコに辿り着くまでの見せ方が巧いから楽しめます。
終盤にかけてのやりすぎな感じは気になりましたが(ダウトのような感じ)。
多分、シンプルに片付けた方がこの作品のテイストには合っていたでしょうね(汗)

・・・などなどイイのか悪いのか分からないようなレビューを書いておりますが、正直なところキャスティング勝ちだったりします(笑)
何とも色っぽい目つきが堪らないジェームズ・カヴィーゼルにいつでもクールなバリー・ペッパー、そして役の選び方が個人的に気に入っているグレッグ・キニア・・・と、この3人が同じ空間にいるだけで私は満足♪
だから、上記のキャストに何の興味もない方にしたら可もなく不可もなくな作品に位置づけられると思います(笑)

まあ、90分弱の短い作品ですからチェックして損はない作品だと私は思いますがね。
投稿者:bond投稿日:2008-05-21 11:33:57
ソウをヒントにしたのはみえみえ。電話があるのに使わないのは無理がある。潜入捜査官までは読めたが、ラストのオチは意外。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-05-15 20:29:26
おもしろいんだけどラストがB級すぎ。ペッパーのキャスティング以外は意外性なし。
投稿者:irony投稿日:2008-05-12 16:22:28
【ネタバレ注意】

 モイナアハ〜ンあたりがただのワイフ役で出るワケないじゃんって思ってたら・・ビンゴだけど、記憶の回復がナゾ解きってのもなんだかなぁ 新聞で誘拐された二人の顔写真が出てないのも・・・警察も麻薬専門の奴等がなんで誘拐なんて畑違いの犯罪を?と疑うと思うけど 皆殺しでどうやってマッケインに罪をかぶせるんだろう?(こっちのパターンを見てみたい)ナンダカンダで詰めが甘い脚本だと思う

以下ネタバレキャスティング
社長コールズ=ペッパー その妻ファムファタ・モイナハン 財務担当マッケイン=ギニア ワズ=ジム(悪徳麻薬潜入捜査官)ブロックマン=パントリアーノ 手錠のハングドマン=ジェレミー ER医師=監督 悪玉=ストーメア

投稿者:なちら投稿日:2007-08-08 22:56:02
閉所で5人が断片的に記憶を取り戻し自分が何者かを想像して、
敵と味方を探り合うスリルがたまらなく面白い!
最後の最後のオチはちょっと予想外!

そしてやっぱり今回もB・ペッパーの唇は乾いている感じ。
投稿者:rin投稿日:2007-05-10 00:06:52
最初に目覚めた男は閉じ込められてるのと記憶がハッキリしないこと、そしてケガ人や縛られた人がいる状況にまずはパニックになるけれど、この作品はむずかしいトリックや無駄な恐怖感という仕掛けはなくって、観てる方も当事者達の気分で逃げ出したいけど誰が誘拐犯であり人質であるのかを知りたいし、自分はどっちならOKなのか?を考えながら進んでいくといった感じ。そして、考えもしなかったような謎解きが待っています。
投稿者:starman投稿日:2007-04-04 11:44:07
メメントに近い逆転劇を見せてくれる。
敵か味方か加えて誰が善悪かも加わる。
投稿者:メンタイ投稿日:2006-12-25 16:51:40
まずはその一時的に記憶喪失になっちゃうガスってのが
どんなもんなんだか説明してくれ。
それはまるでドラえもんに

のび「ドラえも〜ん、暗記パンってどういう仕組みなの?
   そんなマテリアルなの?そんなもの食べて体に悪くないの?」
ドラ「あるのっ!そういうパンがあるのっ!」

っていうのと同じだ。

でもって、記憶喪失なもんで
過去に何やってたってOK!
これって夢オチよりたち悪くないかい?

「ソウ」と同じ始まり方でこの進みでは
なんだかさっぱりお遊戯を見てるようでした。
最近、出まくりのグレッグ・キニアも
この作品ではなんか茶番劇。

うむむな作品でした。http://mentaiman.com/
投稿者:ビリジョ投稿日:2006-12-21 21:15:34
何でいまいちなのかなあとずっと考えていたが、キャラが立っていないのが一因だ。
椅子に縛られた男と、鼻が折れた男は、もう少しキャラクターを練った方が良かった。鼻息の荒いだけが男じゃあるまい。
投稿者:どら猫大将投稿日:2006-12-04 15:27:28
【ネタバレ注意】

「ソウ」に発想の原点があったのは間違いないが、それなりに工夫があるのは認めよう。でも、いくつか気になる部分がある。
一番怪しいのは、一時的記憶障害を起こすという(話をつくる側からして誠に都合がいい)ガスだ。もしそういうものがあるとして、効き目は個人差があるはずだ。最後に医師の診察を受けるシーンで「もう少し吸ったら死んでた」と言っている。それで、考慮すべきは、ガスの性質とガスが吹き出たときの人物の位置の関係だ。もし、プロパンのように空気より重くて下方にたまるタイプなら、床面に倒れた主人公と鼻折れ男が間違いなく死んでる。逆に天然ガスタイプならその二人の症状が軽いはず。かりに同心円(球?)状に広がると考えても、ボンベからの距離がそれぞれ違っており、症状の違いがもっとちがわないとおかしい。
そこで、注目したいのは、拳銃で撃たれて手錠で吊られた男。彼は実はずっと記憶があったと考えてもいいのでは。主人公の旧友である彼は、主人公が電話に出てたとばらしたりするが、皆の記憶が混乱してると判断し、うちわもめをさせることで脱出させないように時間を稼ぐ狙いで言ったとも解釈できる。のちの発言をチェックしても彼だけが(少なくとも早く)記憶がチャンとしていたとするには不自然ではない気がする。記憶のフラッシュバックの場面が彼だけないですよね。
それと、コインロッカーの底に穴なんて仕掛けは、サイドストーリーとはいえ、いまどき、脚本家は書いていて恥ずかしいと思うんだけれど。

投稿者:Longisland投稿日:2006-11-29 08:59:11
廃工場に監禁された男達・・・何で監禁されたのか記憶が無い、誰が誘拐犯か被害者か解らない、そんでもって犯人がやってきちゃうぞ〜、仲間割れしている時間が無いぞ〜、でもって最後は(あまり意外でもない)どんでん返し、そんでもってさらにそう捻るか・・・中々凝ったストーリ展開、地味だけど男臭い出演者が魅せる。 でもいかんせん『ソウ』との類似、強引な設定(何で電話使わんの?)、男達の疑心暗鬼描写は弱く、手錠男やメガネ男のキャラが生かされていない。昼間のTV放映で観るのがちょうどいい作品
 
平日昼間のクイント10人とは・・・
投稿者:RRMN投稿日:2006-11-10 11:39:20
観客を楽しませようとあれこれしてるのが良い。非常に楽しかった。

みんないい人なのが面白い。性善説がテーマである気がする。

観終えて帰る時、50歳ぐらいの夫婦が面白かった〜と言い合っていたのが非常〜〜に良かった。子供からお年寄りまで楽しめると思う。いい映画。

「12人の優しい日本人」に似てる。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】unknown アンノウン2007/07/04\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】unknown アンノウンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION