allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

無花果の顔(2006)

メディア映画
上映時間94分
製作国日本
公開情報劇場公開(シナジー)
初公開年月2006/12/23
ジャンルドラマ
花は無くても、
実の有る人生。
無花果の顔 [DVD]
価格:¥ 2,500
USED価格:¥ 405
amazon.co.jpへ

 Photos
無花果の顔無花果の顔

【クレジット】
監督:桃井かおり
統括プロデューサ
ー:
日下部哲
製作:菊野善衛
川原洋一
エグゼクティブプ
ロデューサー:
桑田瑞松
植田奈保子
協力プロデューサ
ー:
原和政
原作:桃井かおり
脚本:桃井かおり
撮影:釘宮慎治
美術:安宅紀史
美術監督:木村威夫
アートディレクシ
ョン:
伊藤佐智子
衣装デザイン:伊藤佐智子
編集:大島ともよ
音楽:ギラッド・ベナムラム
音楽プロデューサ
ー:
Kaz Utsunomiya
VFXスーパーバ
イザー:
鹿角剛司
スーパーバイザー:久保貴洋英
照明:中村裕樹
録音:高橋義照
助監督:蘆田完
出演:山田花子
桃井かおり
石倉三郎
高橋克実新しい父親
岩松了
光石研母の弟
渡辺真起子隣の女
HIROYUKI
【解説】
 女優・桃井かおりが自ら脚本も手がけ映画初監督に挑んだファンタジー・テイストの家族ドラマ。ごく普通の家族が平凡に見える日常の背後でドラマチックな人生を送る姿を独創的なスタイルで綴る。主演はお笑いタレントの山田花子。
 庭に花の咲かない無花果の木がある門脇家は、母、父、姉、弟の4人家族。ある日、工務店に勤める父は、朝帰りをしたあげく家を出ていってしまう。平静を装いながらも苛立つ母。実は、職人気質の父は、他人の手抜き仕事の後始末を徹夜でするため、ウィークリーマンションで寝起きしていたのだ。ようやく帰宅した父に安堵する母。そんなある日、父が仕事場で倒れ、帰らぬ人となってしまう…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2010-09-19 09:33:02
なんかこう言う世界のキタノ的模造作品は止めた方が良いよね。
単なる自己満足で終わってる感じ。
投稿者:Kurosawa投稿日:2007-01-31 14:16:54
映像をブルーとオレンジを基調としていたり、光と影を意識して使っているようだった。垂直的撮影や時にはど真正面からの映像で見るものを引き込んでいる。
前半はノスタルジックでファンタジックな心地よさを感じたが、再婚〜出産あたりからテンポが変わり理解しずらい進行になったのが残念。
「生と死の香る不思議の庭で誰かを信じたくなります」という触れ込みだったが残念ながらあまり心に響くものが無かった、というか響きそこねた、という感じ。後半30分をうまくまとめればとてもいい映画になったのでは。
父親の席の後ろに趣味悪く飾ってあったでかいトンボの標本には笑ってしまった。
桃井さん、今後に期待しています。
投稿者:どら猫大将投稿日:2007-01-04 12:34:49
【ネタバレ注意】

日本を代表する個性派女優の初監督として期待したが…。
最近の低予算日本映画に多い、「奇妙な人たちの奇妙な行動(生活)」を描いただけの作品になってしまった。母親(桃井)の鬱屈による精神衰弱状態が癒されるのが狙いとすれば、こちらにとっては最悪な、「観客を癒さず、登場人物だけが癒される」映画で勘弁してほしい。
残念ながら、「撮りたい映画」と「観たい映画」の差が出た一本。

投稿者:Leon投稿日:2006-12-25 21:39:00
不細工で、まともに観ていられない映画です。自分が監督でない限り、絶対に許されない桃井かおりのクサイ芝居には、辟易させられます。小津安二郎や北野武を意識したシーンが何カ所かみられますが、まるで猿まねです。平日の昼間とはいえ、観客15人しかいないは当然の帰結でしょう。こんな映画で金が取れると思ったら、観客を舐めているとしか思えません。
投稿者:Longisland投稿日:2006-12-04 00:03:30
頭はいいんだろが不可思議な個性を持つ「桃井かおり」らしい作品。
「山田花子」の強烈なキャラよりも、桃井かおりの個性が前面に押し出されている。 小津安二郎を思わせる本作品のゆるさは秀逸。 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 話題賞桃井かおり 監督デビュー作での奮闘ぶりに対して
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】無花果の顔2007/08/29\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】無花果の顔レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION