allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛されるために、ここにいる(2005)

JE NE SUIS PAS LA POUR ETRE AIME

メディア映画
上映時間93分
製作国フランス
公開情報劇場公開(セテラ・インターナショナル)
初公開年月2006/12/16
ジャンルロマンス/ドラマ/コメディ
変わらない毎日。気づいたら一人ぼっち。
あの日、あのとき、君とタンゴに出会った。
愛されるために、ここにいる [DVD]
参考価格:¥ 3,990
USED価格:¥ 1,450
amazon.co.jpへ

 Photos
愛されるために、ここにいる愛されるために、ここにいる

【解説】
 人生に疲れた中年男が、ふとしたことから通い始めたタンゴ教室で若い女性と出会い、互いに秘めた感情が昂揚していくさまを繊細なタッチで綴る静かな愛のドラマ。主演は「読書する女」のパトリック・シェネ、共演に「灯台守の恋」のアンヌ・コンシニ。監督はこれが長編2作目の新鋭ステファヌ・ブリゼ。
 50歳を迎えたジャン=クロードは、長年務めてきた裁判所の執行官という憎まれ仕事にも嫌気がさし、高齢の父や別れた妻との間の息子との関係にも問題を抱え、人生に疲れ果てていた。ある日、医者から運動を勧められたジャン=クロードは、以前から気になっていたタンゴ教室に通ってみることに。彼はそこでタンゴを習う若い女性フランソワーズと出会う。やがてレッスンを通じて次第に打ち解け合い、互いの気持ちが近づいていくのを感じる2人だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2010-10-15 02:02:51
間が効いていて距離感としてはミニマムなお話だけど静かに、静かに、
抑えても、抑えても心情がひたひたと漂ってる感じが素敵。
タンゴはあらゆるダンスの中でも最も絵になると思う。
ラブシーンを極力控えても官能を表現できる、さすがフランス人は分かってます。
ハリウッドだったらすぐにくっ付いて、優勝トロフィーのお話もラストの感動に
結ぶかも知れないが、やはりそんなヤボなことはしない。
三日後くらいに枕を濡らすよな終り方も含めてとてもよい映画でした。
原題「JE NE SUIS PAS LA POUR ETRE AIME」に引っ掛けた邦題はセンスがいいと思います。
投稿者:kath投稿日:2007-12-24 02:04:34
人生のいろんなことに疲れてる50歳、その抑えた感情がとても上手く演技されてる気がした。もう少し父親との葛藤を描いてほしかった。
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2006-11-28 18:23:44
フランス映画祭で見た。大人の映画だった。
主演の二人の演技が素晴らしいが、
音楽の使い方が更に素晴らしい。
映画祭ではガラガラだったがこいう映画こそヒットしてほしい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞パトリック・シェネ 
□ 主演男優賞パトリック・シェネ 
 □ 主演女優賞アン・コンシニュイ 
 □ 助演男優賞ジョルジュ・ウィルソン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愛されるために、ここにいる2007/07/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】愛されるために、ここにいるレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION