allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トランスフォーマー(2007)

TRANSFORMERS

メディア映画
上映時間144分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2007/08/04
ジャンルSF/アクション/ドラマ
未知なる侵略は
トランスフォーム<変身>から始まる!
トランスフォーマー ベストバリューBlu-rayセット  (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 5,940
価格:¥ 4,045
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:マイケル・ベイ
製作:ドン・マーフィ
トム・デサント
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
マイケル・ベイ
ブライアン・ゴールドナー
マーク・ヴァーラディアン
原案:アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
ジョン・ロジャース
脚本:アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
撮影:ミッチェル・アムンドセン
特殊視覚効果:ILM
プロダクションデ
ザイン:
ジェフ・マン
衣装デザイン:デボラ・L・スコット
編集:ポール・ルベル
グレン・スキャントルベリー
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
音楽スーパーバイ
ザー:
デイヴ・ジョーダン
出演:シャイア・ラブーフサム・ウィトウィッキー
ミーガン・フォックスミカエラ
ジョシュ・デュアメルレノックス大尉
ジョン・ヴォイトジョン・ケラー国防長官
ジョン・タートゥーロシモンズ
レイチェル・テイラーマギー
タイリース・ギブソンエップス軍曹
アンソニー・アンダーソングレン
ケヴィン・ダンロン・ウィトウィッキー
ジュリー・ホワイトジュディ・ウィトウィッキー
アマウリー・ノラスコホルヘ
バーニー・マックボビー・ボリビア
W・モーガン・シェパードウィトウィッキー船長
マイケル・オニールトム
ザック・ウォード
クリス・エリス
グレン・モーシャワー
ジョン・ロビンソン
トラヴィス・ヴァン・ウィンクル
ソフィー・ボバル
リズワン・マンジ
声の出演:ピーター・カレンオプティマス・プライム
マーク・ライアンバンブルビー
ヒューゴ・ウィーヴィングメガトロン
レノ・ウィルソンフレンジー
ジェス・ハーネルアイアンハイド
ロバート・フォックスワースラチェット
【解説】
 共に大ヒット作を生み出してきたスピルバーグとマイケル・ベイのブロックバスター・コンビが放つSFアクション。1980年代に人気を博した日米合作のアニメを実写化。人類が、あらゆるテクノロジー機器に姿を変えられ“トランスフォーム”(変身)する金属生命体の脅威に晒されるさまを、最新技術を駆使して描く。主演は注目の若手俳優シャイア・ラブーフ。
 ある日、中東カタールの米軍基地に未確認ヘリコプターが着陸、突然ロボット型へと変形し無差別に攻撃し始める。また、飛行中の米国大統領専用機エアフォースワン内では何者かが侵入し、機密情報が驚異的なスピードでハッキングされる事態に。ただならぬ状況と判断した政府は、内密に分析と対策に取り掛かる。そんな中、高校生のサムは父親から車を買ってもらう。そしてその車は、ある日ロボットへ変形し、やがて同じようなロボットたちがサムの目の前に姿を現わすのだった。彼らとその対抗組織が地球に落ちた“キューブ”というものを探し求めており、どうやらサムがそのカギを握っているというのだが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]AVフォー・ヴェンデッタ (2005)
[002]Aナイト ミュージアム (2006)
[003]AM:i:III (2006)
[004]A世界最速のインディアン (2005)
[005]Aアポカリプト (2006)
[006]Aパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007)
[007]Aターミネーター4 (2009)
[008]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[009]Aボーン・アルティメイタム (2007)
[010]Aドリームガールズ (2006)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
37235 6.35
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 18:52:26
やっぱ、玄田さんが良いね。
投稿者:jb投稿日:2013-04-02 13:11:47
映像は楽しめた。
投稿者:william投稿日:2011-09-12 19:34:57
トランスフォーマーのかくれんぼって…。
シリアスを期待して見るとがっくりくるので、コメディとして見よう。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-08-08 21:55:27
俺の愛車、5代目カマロ(バンブルビー)が出てるだけで☆10付けたくなるほど愛しい作品!
さすがに満点は付けないけど甘めの点数になってます(笑)

ぶっちゃけストーリーはどうしてもチャチな感じになってしまっているが、変形するロボット達とその熱き戦いを観てるとワクワクしてしまう。

そういえば俺も小学生の頃持っていたよ…コンボイ(映画でいうとオプティマス)を!
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-07-24 20:38:21
お金も手間もかけて子供っぽい夢実現しちゃいました〜。ロボットの見分けがつかず、魅力も感じないけど(クズ鉄にしか見えん)、画面の隅々まで実によく作られている。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:なちら投稿日:2010-11-25 22:37:36
M・フォックスが微妙に初々しいね。なんか現在よりも目が細い気がするのは気のせい?

金属生命体がさ、回転しながら他の機械へトランスフォームするのがカッコイイ。
特に小さいディセプティコンのアイツ、うっとおしいけど身近な物に変身できてなんか羨ましいぞ。
砂漠に出たサソリ型のもカッコ良くて好きだなぁ。

残念なのは、オプティマスがデコトラみたいにみえてしまう事だよ。自分だけか?
投稿者:kumachan投稿日:2010-10-02 01:18:00
【ネタバレ注意】

10歳以下の時代に観てたら興奮しすぎて死んでたかもしれません。
というくらいに男の子の夢を実現した映画です。
部品がガチャガチャぶつかり合う金属音がたまりませんね。

地上で戦ってたロボットが急に宙に浮いたと思ったら
一瞬のうちに飛行物体にトランスフォームして飛んでいくシーンとか最高です。

ストーリーの稚拙さとか都合のよさにうんざりしている自分が逆にうっとうしくもありますが、これは大人の視点で見てはいけないのでしょう。

1点だけケチをつけるならば、主人公とヒロインのロマンスは必要ないのでは。幼馴染の女の子という設定の方がメカに集中できて精神衛生上いい気がします。

投稿者:こじか投稿日:2010-05-06 23:51:21
比較的評判良いので少し期待したが、
ドラゴンボール実写とかジャンパーみたいなノリ。
どこか都合がよい。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-08 08:30:02
これぞ男のロマン!
巨大変形ロボの取っ組み合い!
「トランスフォーマー」は
男の子(低学年)推奨の凄い1本
http://mototencho.web.fc2.com/2007/transfo1.html
投稿者:terramycin投稿日:2009-09-24 11:14:10
物語の序盤、まず目にいったのが、「スクレ(プリズン・ブレイク)がいた!」ということだった。その後の活躍は残念だったが・・・。

ロボットたちの変身シーンは複雑すぎて逆にかっこよさがなくなってしまったように感じた(何かごちゃごちゃ変身しているなという印象)。
同じく戦闘シーンもすごいCGを使っているのは分かるのだが、逆にごちゃごちゃしてしまって敵か見方かも分からない感じを受けてしまった。もちろん面白さからもかっこよさからも遠ざかってしまったというような印象を受けた。

M・フォックスの綺麗さだけは存分無く映っていた。
投稿者:kinenchyu投稿日:2009-09-19 22:02:34
子供向けでは決してないし、なんだか中途半端な作品です。映像のすごさはいいのですが、ストーリー的にはちょっとという感じでした。
投稿者:あくび★投稿日:2009-06-22 12:43:01
男の子であれば、幼いころトランスフォーム(変形)する車のおもちゃを1つは持っていたのでは?私は女ですが車大好きだからなのか、この作品は大好きです。
アニメ版は一切見ないんだけどね(´・ω・`;)
当然CGとはいえ、見事な技としか言いようがない!
イケてない男だったサムがどんどんかっこよくなってくのもよかったし、
ミーガンは恐ろしく綺麗・・・
脇を固める役者さんすべてが役に合っていて非常によかった。
もちろんリベンジも観ます♪

余談ですが、ミーガンについて「ブライアンと婚約なんかして大丈夫?(´・ω・`;)」と思っていた矢先婚約解消。
「納得」(笑)
投稿者:uptail投稿日:2009-06-20 23:51:54
演出:8
演技:7
脚本:8
音響:8
投稿者:さとせ投稿日:2009-02-20 18:24:51
米軍基地が攻撃を受ける。敵ヘリがロボットに変形し基地を破壊、コンピュータに侵入し機密情報を奪取しようとする。機密を持ってしまったサムは軍とそれを狙うロボットに追われるが、そこへ正義のロボットが現れ3すくみの戦いが始まった・・・。
何といってもSFXが凄く、車からロボットに変形するシーンはさすがスピルバーグとベイらしく粗がなくスムーズにいっていた。大作感溢れるシネスコ映像と5.1chの融合も素晴らしい。
原作と謳ってあるがノヴェライズの「トランスフォーマー」(アラン・ディーン・フォスター・ハヤカワ文庫・評価2)はさすがのフォスターでもこの映画を文章にするには伝わりにくかったか?
投稿者:irony投稿日:2008-09-27 14:25:40
住みついちゃったのかよお
投稿者:ジーナ投稿日:2008-09-17 02:15:21
ド迫力なアクションシーンは凄いし、ロボットの重さも感じさせつつ俊敏に動くなど重さと速さのバランスも上手くとっていると思います。
しかし、見どころは何といっても一瞬で機器からロボットに、ロボットから車にトランスフォームするCG技術でしょうね。
最初の何回かは本当に感動しました。

ストーリーに関してもありがちな地球外生命体VS人間ではなく、ロボット同士に因縁があり、、人間の敵と味方に分かれているというのがGOOD
ボディーガードの役割を担っているロボットまでいるなんて、あまりにも善ロボすぎるけど(笑)
それに意外と喋るロボットなのであまりカッコ良くありません(爆)
だいぶ待たせたわりにメガトロンがアッサリな感じも微妙なトコロですね・・・。

そこそこの緊迫感もありながら親しみやすさもあり、軽快なテンポで笑いを取り入れつつ展開するのでキレイすぎるストーリーでも飽きることなく鑑賞できました。
ロボット好きのお子様なんかは相当楽しめるでしょうね。
ただ、いかんせん時間が長い・・・。
こういう類の作品は、120分内にまとめてほしいものです。

主人公を演じたシャイア・ラブーフも、学園モノでよく見かけるパッとしない登場人物代表!みたいなハマり具合でした(笑)
そして、ヒロイン役のミーガン・フォックスの究極のくびれは必見!!!
でも、一番のお気に入りキャラはジョン・タトゥーロです。
この人は存在自体が滑稽だ(爆)

でも、やっぱり一番ステキなのはリンキンパークの美しきダミ声でした(笑)

ところでスピルバーグ&マイケル・ベイという大御所は、何故「トランスフォーマー」を映画化しようと思ったんでしょうか(爆)
そこが最大の謎です。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-09-14 15:56:22
【ネタバレ注意】

(あくまで地球人にとってね…)なんだけど、ソイツらが手足を機械的に収納したりして車やなんかに変身する形の知的ロボット生物。

〜いや予告編はあまりに超現実っぽくて、なんかわざわざ…って感じだったのだが、この巻き込まれ学生達の青春ラブコメ的なエピソードが(人によっては中だるみなのかもだが)結構楽しいです。

壊滅する米軍基地から始まるこのドラマはヒーロー戦隊?ものにしてはやけにリアルで戦争映画してます。
そこから北極でファーストインパクト(しかも地下に保存されて研究されてる)じゃなくて、プレデター的に地球人を襲う奴等の謎とか、いつの間にサーチしたのか守護者(友達?)と化してる奴とか…彼等の姿を変える様はクリスティーンの如し〜まぁ格好良いです。

とりあえず一方は地球人=虫けら的で、一方はご主人?の恋のゆくえをやきもきしてBGを流したりする奴なので、ヒーローもの的に解りやすくて良いんじゃないの?〜そいつらが、壊滅vs守護作戦を展開し、ど派手でスピード感溢れるクラッシュ&爆破+全身これ兵器な変身ロボアクションを展開します。

ロードオブザリングじゃないが人類の絶滅を防ぐ為に、必死に銃撃+倒壊の中を走る青年…まぁヒロインの方が男前かもだけどね。侵略者vsヒーローもの=子供向けかもだが、それだけじゃない思わず突っ込みを入れたくなるようなボケをかましたり、何より今や驚く程でもないかもだが、迫力の映像は一見の価値はあるような。

投稿者:bond投稿日:2008-07-25 10:10:12
子供向けに作られたような映画、ストーリーも子供向け(元ネタはアニメだもんな)、CGは凄いね。
投稿者:投稿太郎投稿日:2008-04-24 13:30:45
全く詰まりませんでした。

ワタシのようなおじさんの見るべき作品では有りませんでした。
確かに、トランスフォームなどのCGアクションはいままで見たことが無い大変すばらしいものでしたが、
逆に、この映画はそれだけでしかないと言えてしまうほど内容がまったく有りません。
すばらしいCGも作品内容に厚みがなければ、途中で見飽きてしまいます。

登場人物も何処にでもいる普通の男の子で、ある一定の年齢層には共感出来る部分もあるのでしょうが、
対象年齢が過ぎるとまるで興味がもてません。

場面展開や登場人物に全く必然性がありません、とにかく派手なアクションを観せたい作者の一心で、
みんなで大騒ぎしているだけで、観ている側としてはシラケテしまいました。

子供番組のスーパーヒーローモノを、CGをふんだんに使いアリウッド仕様にデコレーションした映画で、
時間と労力を無駄にした気分になる映画でした。

何故、あんなに素晴らしいCG映像を作れる能力がありながら、
ありふれた内容のエイリアンと戦うヒーローモノになってしまうのでしょうか?
日本のアニメの脚本のほうが数十倍上をいってると思います。
複雑すぎて万人にとっては、判りにくいといった問題もあるかも知れませんが…。

ただ熟女好きのワタシにとっては、主人公の母親が主人公の息子に、オナ○ーしてたの? 
と明るく訪ね、主人公と父親が固まるシーンがとても印象に残りました。
投稿者:スマーフ投稿日:2008-04-12 22:36:43
ロボットがみんな仙人みたいにめちゃめちゃ心広いね!
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-04-11 20:35:21
ハイウェイと市街地で大暴れするロボット達には感心する。マイケル・ベイとエメリッヒの手に掛かればオタクもヒーローになれる(笑)。ベイはカーチェイスが得意だからエメリッヒより有利か。変身シーン1カットに拘った事には感謝。
続編はデコトラが大挙する大阪が舞台の「トランスフォーマー2/トラック野郎」で。
投稿者:sabu投稿日:2008-02-29 01:42:30
まずは映画館で見るべきだろう。その映像はやはり革新的だ。
ベイ監督が、撮影の前段階で「ロボットの変身シーンは絶対ワンカットで撮りたいんだ!これだけは譲れない!」と駄々をこねた結果、VFXの作成に膨大な時間と金を使っただけはある。

ベイ監督と言えばアクション映画で最大限の力を発揮する監督だと個人的には思っている。特に、カーチェイスのクオリティは凄まじいものがある。前作の『アイランド』のカーチェイスも良かったし、何より個人的には『ザ・ロック』のカーチェイスシーンは素晴らしかった。ポンポンと切り替わるカットと、車の横転シーンを「そんな位置から!?」と言わんばかりに、斬新なカメラ視点で拾う。この辺りのセンスがやはり抜群である。
この映画にも予告の段階でカーチェイスがあることを確認していたのだが、フタを開けてみれば少し短かったので残念。

映画のストーリー的には王道を行く作り。地球を舞台に繰り広げられる異星人ロボたちの戦いに人間が介入するという感じなので、どちらかといえば、ロボット達の活躍が目まぐるしく描かれており、そのスピード感は抜群。
しかし、キューブの存在や、このロボット達の素性などが結局説明不足になってしまっているので、数々の疑問を残しつつも終盤に向かう。そのへんの説明不足を補えばもう少しはドラマに張りを持たせられたかもしれない。

そしてドラマのところどころに入る馴れ合いジョークも正直微妙だ。ストーリーを全体的にライトにしたい様子は伺えるが、このテーマならそこまでやる必要もないと思うし、なによりとってもベイ監督らしくない演出。『アルマゲドン』よりひどい冗談の応酬は少し堪える。。

映像95点のストーリーが45点。それでも全体的には及第点だ。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:レッド・キング投稿日:2008-01-23 10:29:32
ミーガン・フォックスを見たときの両親のシーンが微笑ましくて笑えました。私も自分の息子があんな可愛い彼女を連れてきたら、よし!よくやった!って褒めますね!
なんか、DVD見た人の方が評価がいいね!
私は映画館でも見たし、DVDでも見ました。
なんか、DVDで見たほうが、力をぬいてみれました。 
投稿者:ダブルオー投稿日:2008-01-14 23:15:23
まずは、映画館で観なかったことを後悔。

子供の頃、超合金で遊んだり、『ドラえもん』が好きだった人は、間違いなく楽しめることでしょう。
私は元アニメのファンでもなんでもないですが、涙が出そうなくらい感動しました。

『ハッピー・フィート』なんかにも感じましたが、CGの演技でこれだけ笑わせ泣かせてくれるハリウッドに脱帽です!
個人的にはオートボットが皆、オッサン声でしゃべるのがツボにハマりました。
投稿者:BLADE投稿日:2008-01-07 14:12:51
いろんな評価を得る予告だったのでは?予告だけではロボットが攻めて
くるというイメージしかなく、「宇宙戦争」みたいな映画かと思って
見に行かなかった。今回DVDで見たら、バリバリ僕が好きだった
ロボット変身とロボットがしゃべる話だった。アニメのような
感動の変身ではないが、やっぱりかっこいい。逆に「宇宙戦争」の
ような映画を期待して見たら、そうでなかったので批判する人も
いたらしい。だから、この予告は良い意味も悪い意味でも誤解を
生んでしまった映画かもしれない。

それだけにやけにカメラを動かしたり、アップの映像が多かったのが
残念。この監督そのものが映像をより派手に見せようという傾向が
強い監督なので、もっと引きの映像を多くしたほうが、メリハリが
ついたと思う。彼はアメコミの映画化とか興味がなかったし、
トランスフォーマー自体もそんなに知らなかったらしいが、
彼なりの情報収集でここまで作ったのだから、なかなか対した
ものだし、なんやかんやで彼の映画は好き。
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-01-04 22:28:11
ヒドイ、幼児限定
投稿者:燃えるアクション魂投稿日:2008-01-02 10:32:40
あのコンボイ司令官が動いている!!トランスフォームしている!!これだけで感涙、悶絶の最高傑作です。スピルバーグ×ベイ・・・なんという夢の組合せ!!お二人の素晴らしい所が最高の形で結晶化したような奇跡の作品です。
投稿者:ET投稿日:2007-12-28 06:25:35
私にはマンガでした。http://www.geocities.jp/eiji8129/index.html
投稿者:maaaaan投稿日:2007-12-26 21:04:42
ちくしょ〜
面白いじゃないかぁ〜・・・。
演技もうまいじゃないかぁ〜。
しばらくしたら日本語吹き替えでもう一回
見てみたいと思います。
まじオススメ。http://yaplog.jp/mm-mana-mm/archive/615
投稿者:SUNSET投稿日:2007-12-25 23:40:55
主人公の少年の家をロボット達が初めて訪れた時、親に見つかってはマズイので
「隠れて」と頼んだら、変身した車が庭に並んでいて「駐車場かよ」
とのシーンにはウケた(笑)

コメディ要素もあって色んな意味で楽しめるまさにエンターティメント作品です。
最初ロボットに感情を吹き込む事に無理が有るんでは?との懸念も、
払拭されていて、ある意味SFコメディと言う新ジャンルを確立した感有りき。

ジョン・ボイトの出演も懐かしく、今回は悪役じゃなかった所も安心。
投稿者:ASH投稿日:2007-12-25 21:52:24
【ネタバレ注意】

 残念ながら、アニメ版は存在こそ知ってはいるが観たことはなかった。なんせもう高校生だったからね。トランスフォーマーのおもちゃも手に取ったことはないんよ。だから、基本的な世界観は知らんという世代なのね。

 しかし、このCG技術の進歩はどーよ! そこに停めてあった自動車が目の前で、♪ガシャコンガシャコン♪とトランスフォームするシーンのカッコよさといったら! もう、鳥肌もん! ロボット・アニメ世代でこの映像に熱くならないヤツぁいるんか? てなもんだ(結構、いるみたいね)。

 根底のお話は割りと単純で、要するに「ロボット戦闘」モノに徹したんだろうよ。それ以上でもそれ以下でもないのは、そんなのは誰にでも解ること。いちいち指摘する方がどうかしちょる。まあ、「映画通」としては、こういうブロックバスター映画にはなんか言っとかないと「映画通」の沽券にかかわるからね。「面白かった!!」なんて言った日にゃあ、そのセンスと趣味の幼稚さを疑われかねないもんな。

 かく言う僕は、根が単純なせいか楽しく鑑賞できたよ。勧善懲悪なお話は、やっぱりいいもんだよ。それになにより、頼りなかったサムが、この戦闘に巻き込まれたことで逞しく成長するという部分もよかった。バンブルビーが最後に喋ってくれたのも、嬉しかったね。

 気になったのが、サムがミカエラを初めて車に乗せたとき、バンブルビーの粋な計らいでカーラジオからカーズの「ドライブ」、マービン・ゲイの「セクシャル・ヒーリング」、プレイヤーの「ベイビー・カム・バック」が流れるが、どれもサムの心情を代弁するかのような歌詞。でも、この選曲が妙に古いのはどうしてだ?

 考えようによっては、アンソニー・アンダーソン演じる騒がしいハッカーはいなくてもお話が成立しそうなもんだが、面白い役だから許す。コンピューターをいじくってばかりいる連中の描き方は相変わらずステロタイプだが、映画的にはこれでいいんです。ジョン・タトゥーロ、意識してないのかもしれないが笑らかしよるわ。

 マイケル・ベイ監督は、相変わらずハイウェイの惨事を描くのが好きみたいなようで、ここでも車がコロンコロンと転がってゆくという既視感に襲われる場面を撮っている。さすがに凄惨な事故シーンにはしていないけどね。しかし、SF映画で本格的な市街戦が見られるとはねぇ。死傷者数は多かったとは思うけど、残酷な描写は皆無。まあ、漫画みたいな映画なんだから不要なのは解っているつもりですって。

 不評の殆どは、どうもマイケル・ベイが監督ということでムカついている連中によるものばかりみたいだね。やっぱりみんな「アルマゲドン」と「パール・ハーバー」が嫌いなので、アイツが撮ったものはみんな嫌いという「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い」理論で評しちゃうようだ。それ、解るよ! しかし、かの2作への嫌悪は根深いようで…。

投稿者:tomovsky投稿日:2007-12-23 18:29:07
この作品はCG使いまくりでも仕方ないだろう。鑑賞する機会があったら見ようと思う。わりと良さそうだ。
投稿者:あっきー投稿日:2007-12-18 00:40:17
特に男性が好む作品ではないでしょうか!?
この作品の見所はなんと言っても、トランスフォーム”(変身)ですよね!
ストーリー的には少し物足りなさを感じます。続編はあるのかな・・・

 ↓ 「映画レビュー」やってま〜す! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:新・映画の都投稿日:2007-12-10 03:02:16
アニメ放送時は、年齢的にか興味がなく見たことがなかった。でも、子供時代のロボットの変形やバトルシーンにあこがれていた思いを呼び戻してくれますな。こんなすごい映像の変形シーンやバトルシーンをリアルタイムで見れる子供世代がうらやましい。市街戦はかなりの迫力だ。
投稿者:まさみち投稿日:2007-11-06 15:48:49
自分も子供の頃はこんな感じでロボット遊びにロマンを感じてたんだろうな。ある使命があって少年の元に現れたトランスフォーマーが仲間意識や彼を守ろうとする心理面も結構楽しめたし、2時間以上の作品なのに後半のたたみかける展開と迫力であっという間だったですね。すべての変形していく様子が見事で、映画館ではつい子供みたいに口を開いて観てました。予約特典でフィギュアをつけてくれるあたりのサービスも心をくすぐります。
投稿者:シオカラ投稿日:2007-09-19 23:44:04
【ネタバレ注意】

正直この映画は「トランスフォーマー」を知っているのと知らないのとでは楽しみ方が異なると思います。私は「スタースクリームは出てくるのか」とそればかり気にしていたので、やっぱり最後まで生き残ってくれた彼には大満足でした。
デストロンもやっぱり戦車や戦闘ヘリなどの重機になっていたので嬉しい思いでした。
トランスフォーマーが兎に角精密に描かれているので、何回か見る必要があるかと…
巨大ロボットがこんなに激しく戦う映画は始めてなので大満足の一本です!

最後に。
やたらに批判している方もいますが、正直見たくないなら見なくて結構です。適当に見て批判ばかりするのは映画に対して失礼です。
「映画の見方」を変えるべき。

投稿者:ちっぱいぱん投稿日:2007-09-04 02:14:31
【ネタバレ注意】

この映画にストーリー、メッセージ性など一切求めてはならない。
また、“頭カラッポにして単純にアクションを楽しめるスキル”の無い人、“荒唐無稽な展開・ギミックに対して「目くじら立てる&ツッコミ」ではなく「笑い&楽しみ」に昇華できる思考の調節ネジ”をコントロールできない人は絶対見るべきでない(ベイ映画共通)。尚且、下のコメ欄のメカゴジラ氏のコメントタイトル、「おれグリムロック!」で思わず吹き出せるぐらいの元祖トランスフォーマー愛が無ければ映画を心底楽しむ事も難しいかもしれない。

アニメ版もそうだったが、“頭カラッポにして変形のカッコ良さやトランスフォーマー達の個性溢れる掛け合い、活劇を楽しむ”といった点では映画版も全く一緒。そういった意味ではベイ監督の持ち味を最大限活かせたと思う。何気にヴォイトやタトゥーロなど、好きな役者も出てて結構楽しめた。主役の青年も、「穴」でヴォイトに蛇の目で睨まれてビビってた少年から、たった数年で随分頼もしく成長したなぁと思った。が、やっぱり「コンスタンティン」のジョンの相棒タクシードライバー役もそうだが、“ヘタレキャラ”がシックリくるとこは相変わらずで楽しい。

初代アニメ直撃世代としては、トランスフォーマー達が大衆ウケ狙いで“感情の無い単なる機械”として描かれてたらどうしようかと思ったが、ちゃんと“人間臭い超ロボット生命体”として描かれててまずは一安心。バンブルビー(バンブル)、アイアンハイド、ジャズ(マイスター)、ラチェット、オプティマスプライム(コンボイ)、お馴染みのオートボット(サイバトロン)の面子も姿はかなり変われど基本的な部分(役職、キャラ、カラーなど)は大体アニメと一緒で懐かしい。これで字幕も“サイバトロン星”を“セイバートロン星”とかアニメ準拠にしてれば日本アニメファンは更に満悦できたハズだと思う。ディセプティコン(デストロン)軍団はメガ様、スタスクなどは外観がモンスターになってるものの、名前は大体お馴染みのものでまあ安心(ブロウル→デバスターはなぜ?だけど)。ただ、スタスクなどF15からF22に進化し、若干期待してたものの、セリフが大変少なく、あまり見せ場がなかったのは少々残念。でもメガ様氷づけ&キャスト多杉とあっては仕方ないかも。それでもメガ様がスタスクを叱ってるシーンをワンカットでも入れてくれたのはファンとしては嬉しかった。原作アニメでは単なる“燃料圧縮物質”だったエネルゴンキューブを“未知の能力を秘めたモノリス的物質”に変更したアイデアも成功してると思う(マトリクス+エネルゴンキューブの概念?)。

ベイ監督だし見終わった後には何も残らないが、随所のトランスフォーマー達のトランスフォーム、その気持ちイイ変形音、コンボイ達の相変わらずの無責任な暴れっぷり、後半多いロボットバトルのガチャガチャした爽快感は文句無しに楽しめる。ラストの崖に佇むコンボイの姿もキマってて軽くシビれた。初代アニメ版のトランスフォーマーに愛着ある人は絶対見るべき。2010やヘッドマスターズ、ビーストウォーズなどから入った人は微妙かもしれない。欲を出せば、スタスク対F22集団との空中戦をもう少し尺長くしてくれてれば良かったとも思うが…やはり、映画版ではキャラ全然立ってないし仕方無しか。最後、スタスクがラプターのまま大気圏を突き抜けるムチャっぷりは楽しめた(アニメ9話でもやってたねw)からチャラにしとこう。それにしてもスタスク逃がしたりして次回作でも作る気だろか?ユニクロンでも出さない限りネタ無いと思うが…まあハリウッド映画いつもの保険的、お約束的オチってところか。最後にマイスターの呆気なさっぷりに合掌。

投稿者:リEガン投稿日:2007-08-27 12:20:57
「アイランド」は嫌いじゃないが、さすがにここまで。ストーリーも登場人物も訳わからん。見世物と割り切っても、もったいないな。それにしてもホント乗り物好きだね、マイケル・ベイ。
投稿者:はやてつかさ投稿日:2007-08-27 02:01:25
●良いところ:CGは現在の最高レベルか。アニメ世代にこの変形シーンは泣かせるほどカッコいいです。日本生まれの作品ながらハリウッドに拍手を贈りたい。鉄と鉄とのぶつかるシーンなど金属がこすれるような音も最高です。この重量感を堪能して下さい。ロボットと人間の愛情(友情)なども普遍的なテーマだと思います。
●悪いところ:結局キューブは何なのか、敵味方がわかりにくい、変形に無理があるなど突っ込みどころは多いです。アニメと理解したうえで観て下さい。
投稿者:cinewalker投稿日:2007-08-23 13:04:25
脚本のほうは多少疑問に思った所はいくつかあったけど、それでも十分に面白かった。
後、トランスフォーマーのデザイン。オートボット(サイバトロン)のデザインは、まぁ、ロボットとしての形にはなってるのでいいかなと思うけど、ディセプティコン(デストロン)のデザインはやり過ぎ。これじゃロボットというよりモンスター。
名称の方はというと、この映画で日本版から本来の英語版に戻ったわけだけど、雑誌とかで読んだおかげでほとんど違和感なく理解する事が出来た。日本でアニメ版を製作する時にトランスフォーマー達の名称(個人名・組織名)全てに本来の英語版を採用してみてもいいんじゃないかなと個人的には思う。
投稿者:特撮好きな武道家投稿日:2007-08-21 02:08:16
CMで予告編観て、これは絶対劇場のスクリーンで観るべき映画だ!・・・と思ったらトランスフォーム・シーンに案外、無理があるかも? ま、それは良しとしてもだ。アングルぐるぐる回りすぎだし、トランスフォーム時にゴチャゴチャと部品が無駄に細かく動きすぎ! ラストの戦闘シーンでは凄いというよりは目が疲れた・・・。期待ほどでは無かったなというのが正直な感想かな。
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2007-08-20 17:12:29
サイバトロンとメガトロンの格闘シーンは必見
アニメを知ってる方も十分観れるでないかとおもいます

主役のボーヤは除いてヒロインや大尉役の役者等はこれがメジャー映画デビューってことだが演技も悪くない

投稿者:エイリアン投稿日:2007-08-16 22:27:03
naoron さんと同じ意見。最初は、最高のCG映画になるのでは!?と思った。
ところがロボットが喋ったり、人間くさかったりと、期待はずれだった。要は中途半端。どうせなら内容をブラックにした方が良かったし。。
わざわざ「ビーストウォーズ」みたいにする必要は全くない。
アニメの実写版ということを予告編で示していれば、評価は結構良かったかも。

CGはいいのに、脚本が悪い。本当に勿体無い。ホラーアクションにすれば最高だったのに。「エイリアン2」みたいにすればよかったのに。。

関係ない話だけど最近の人はCGが当たり前で、その方がいいと思ってる人もいるかも知れない。だけどCGはどうしても必要なところ以外は使わない方がいいと思う。最近のCGを使った映画は「ターミネーター2」等の傑作を見習うべき。

T2はアクションシーンはもちろん、CGは本当に必要なところ以外は、使っていない。このように、映画を構成すれば脚本、演技、演出がよければ傑作になるはず。だから最近のなんでもかんでもCGで済ませる的な発想はあまりよくないと思う。もちろん最近の映画にも良作はあるけど。。



投稿者:nightwing投稿日:2007-08-16 17:51:49
【ネタバレ注意】

意外とシリアスな戦闘モノかと思いきや、予想を反しての超マンガ作品。
オリジナルは全く知らないが、原作に忠実ならこれで正解なんでしょう。
地球規模の激しい戦闘に、青春真っ只中の青年の恋愛劇を混ぜ込み、クライマックスで胸を熱くさせる・・・・。
まさにマイケル・ベイが喜々として創り上げたであろうクサい娯楽大作だ。
ゴチャゴチャした戦闘や変身シーンは、もうちょっと何とかならんのか・・と思ったけども・・・。

くだらない不必要なシーンも多かった(母親の自慰発言やらロボットの小便やら黒人俳優の予定調和な扱いやら・・・)のが、ベイの今後を占う一つの要因かと勝手に思う今日此の頃・・・・・・・・。

投稿者:fweia投稿日:2007-08-16 01:28:39
マイケル・ベイっていうよりスピルバーグなのかな。
ジュラシック・パークの時も映像のすごさには驚いたけど、更に15年でCGでできないことは皆無とも思えるくらいになった。
ジョーズも、未知との遭遇も、ETも実はそれまでの「映像」を打ち破っている。新しい恐怖、感動、衝撃・・・。
当たり前かもしれないが、決して類似したものでお茶を濁さず、新しい境地へ道を開く。ただ今回スピルバーグは、
監督は自分より戦闘シーンの展開に慣れた人に、と考えたのだろう。
「トランスフォーマーを実写化?何であんな、おもちゃのおとぎ話を?」そう思った人は少なくないはず。
その不安をいい意味で払拭しながら、いくら幼稚なアニメでも原作の基本線、持ち味は決して変えない。
キャシャーンのような改変は、私は絶対許せない。そしてアクション映画としても1級に仕上げる。
確かにストーリー展開に工夫は無いかも知れないが、評論家が一体いくら儲けさせてくれるのか。
人を引きつける映像作家の頂点に30数年、他を寄せ付けない底力。映像のすごさとともに「信じられない」
投稿者:NBK投稿日:2007-08-16 00:11:23
私はアニメ「トランスフォーマー」をテレビで毎週観ていて
おもちゃも買って遊んでいた世代ですので、コンボイ(オプティマス)が
実写でしかもアニメと同じような性格で写っていただけで失禁モノでした。

内容はアニメの実写ですのでストリー自体は期待できません。
ですが、CGは素晴らしい。迫力満点です。
物語途中まではバカシーンもあり、今年見た中では1番でした!
投稿者:サメ投稿日:2007-08-14 21:47:28
トランスフォーマーは予告編がいい。
車が一瞬にしてロボットに変身する映像など、インパクトは抜群だ。それ
に加えてミーガン・フォックスという綺麗な女優も出る。この映画は面白
いだろうと期待に胸を膨らませ見に行った。

ミーガン・フォックスは学園で一番イケてるチアリーダーの女の子の役。
まさに適役。主人公(16歳の少年)サムのオタク風な男の子がポンコツ
車でいっしょうけんめい彼女を口説くやりとりが面白かった。彼女が車に
詳しく、メカをいじっているときに、横目でちらりと見たおへそのあたりの
ラインの美しさ。
「そそるねぇ」とおもわず言ってしまうサムの心情もうなずけるというもの。
 
ところで、この映画を製作総指揮者のスピルバーグが「息をのむような
映像革命に挑んだ作品」と言う。あらゆるテクノロジー機器にトランスフォー
ム(変身)する様子や巨大ロボット同士の戦い。これは確かにすごいのだ
けれど、映像として出しすぎたように思える。

ストリーも、もう少し年齢を上にみたてた作りにしてほしかった。
主人公の男の子がなかなか部屋をあけない理由を「マスターベーションし
ているのかと思った」なんてゆう母親のセリフを入れるのりから見ると、
小学生・中学生をターゲットにした話しではないだろうに。どうにも内容が
幼稚に感じられた。

この作品はすでに続編もターゲットに入れられているようだ。ぜひ次回は、
バトルの場面を抑えた演出にしてほしい。大人にも充分のめりこめられる
ストリー作りに仕上げてほしいと思う。
ということで、この映画は50点。
http://samech.web.fc2.com/
投稿者:BMG投稿日:2007-08-14 17:38:42
【ネタバレ注意】

後から考えてみれば後半からだらけてしまっていたけれど、最初からもう鳥肌立ちまくりで凄い興奮できたのは、よかったと思う。
迫力のあるCGや、魅力あるキャラクター、観客を飽きさせない要素を盛り込んでいてくれていたのはとてもうれしかったし、それに比べれば、後半のだらけきった展開も十分に許せると思います。
オートボットの面子が集合して、いっせいにトランスフォームしていく場面がとても好きです。

馬鹿らしくて見ているのが恥ずかしいと言っている人がいるかもしれませんが、セガの作った「龍が如く」に比べたら、はーーーるかにまじめなストーリーになっていると思います。
だてに金かけている訳では、ないと感心させられました。

正直この映画の事を聞いたときは、「スピルバーグは、いったい何を考えているんだろう。こんな子供のおもちゃを実写にしていいのかよ。」とむちゃくちゃ不安だったのですが、十分に納得のできるす内容に仕上げてくれていて、とてもうれしかったというのが素直な気持ちです。

後半の、だらけているうえに、あっという間に終わってしまった展開は、この作品の評価を下げる要因にはなるだろうと思いますが、そこは、深く考えないで楽しんでみることが出来たなら、それが一番いいとおもいます。

また、どの映画でもそうですけどこの映画はとくに、映画館で初めて見た人とDVDで初めて見た人とではまったく違う印象をもつだろうと思います。だから、この映画を映画館で観れてよかったと自分は思いました。

投稿者:歌王投稿日:2007-08-13 16:59:25
【ネタバレ注意】

完全に馬鹿を極めてます。娯楽映画はこうでなくちゃ。あのアニメをそのまま映像化したら子供向けになっちゃうだろうし、そのへんをどうするのかに興味があったのですが…意外に原作に忠実で笑いました。ラストシーンなんてもう、半笑いになるくらいにロボット/ヒーローものの超王道な〆じゃないですか。やっぱり馬鹿ですよこれ作った人たちは。

ところどころで聴ける80\'sナンバーや、バブル経済当時の「Japan as No.1」的なセリフ等が随所に出てきたりなど(原作には日本も絡んでるからサービスかな)、原作リアルタイム世代を虜にする作戦がズバズバ当たってます。CGメインだけに機械が出てこないシーンが微妙に退屈なのは難ですが、そのぶん?ジョン・ボイトやらバーニー・マックやら脇の役者陣もなにげに豪華です。時間忘れます。車で劇場に行ったら、帰りに運転する時には変形してくれと願ってること必至です。ちなみに私は、自分が使ってるNOKIAの携帯電話(日本製で凶暴(笑))がちょっと怖くなりました。

スピルバーグ+ベイってことで、ベタベタの家族愛モノにならないかだけが心配でしたがそれも杞憂。個人的には、マイケル・ベイ監督のベスト作です。

投稿者:特機隊投稿日:2007-08-13 09:46:26
「スターウォーズ」ほどの感動はなかったが、
「やっぱりSFは映画の華だ!」と思える力作だったと思います。
好みが分かれますね。ほとんどアニメだから・・・。
投稿者:okamu投稿日:2007-08-11 23:50:11
もろこのTVアニメを見て、おもちゃで遊んだ世代です。

このような予告等の映像でも派手なCGやアクションを全面に出した映画にとっては、あまり考えながら見ること自体がそもそも間違いなのではと。
製作者サイドも、脚本どーこー真剣に考えてなくて、「この映画のCGどーよ?すごいでしょ?現段階の最高レベルだよ。お金かけるとここまで出来んの。」って言うほうに意識がいっているように感じます。

本作品、単純にCGに穴ないし迫力あってよかったと思います。
少なくとも「実写にしたらガッカリ」とかは皆無で、「実際いたらこんな感じかあ」なんて思いながら観れました。
空中での変形とか、変形して立ち上がっていくところとか、思わず嬉しくなりました。
確かに突っ込みたくなるようなところもいっぱいあるんですけどね(なんで最後あそこで戦うの?とか国家レベルな問題になっているだけに???)
続編が予定されてるとか聞きましたが、そうなったらCGのレベルをよほど上げないとちょっと厳しいかなとも思いますが。。。


映画にはそのジャンルに見合ったこちら側の見る姿勢も必要かなと。
本作品とウディ・アレンの作品に期待するものが観る前から異なるのと同じことだと思います。
投稿者:yusei投稿日:2007-08-11 19:06:24
最高につまらなかった。日本語吹替えを見たらもうちょっと面白かったかも。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2007-08-11 01:20:03
普通に楽しめました。最近のCGって凄いですねー!!迫力満点。
最後の方はどっちが味方なのか分からんかったけど。
日本製のロボットたちがカッコよかったー。
投稿者:ごんじ投稿日:2007-08-10 22:17:17
「オートボッツとかオブティマスじゃなくて、サイバトロンのコンボイだろっ!!」
ってな自分にはかなりイケテた映画でした。
画も音も凄い。
元々が子供向けのアニメなんだから、ストーリーやら設定やらが荒唐無稽なのは当然だと思うし、
アニメの実写映画化作品としては過去最高レベルに仕上がった良作だと思うのですが、どうでしょう?
映画化が決まった時に、
「おおっ、トランスフォーマーが実写化されるんだってよ!」と思っていた人と、
アニメ版に対する知識や思い入れの全く無かった人とでは、かなり評価の変わる作品だと思います。
投稿者:naoron投稿日:2007-08-10 09:16:02
どう楽しむのか、なぜ興奮できるのか?わからない。

予告編、TVCM、そして最初の砂漠での戦闘シーンまでは、
おおっ!スピルバーグ印の緊張感たっぷり、日常生活視線の恐怖パニックあり、リアルな迫力の軍隊アクションありの娯楽大作かっ!!???とワクワクしたのに・・・・・・。
まさか正義の変身合金ヒーローロボット戦隊がでてくるとは!!!
・・・下調べ不足でした。

観ていることすら恥ずかしい。観てしまったことすら恥ずかしい。
隣にいた中学生すら、なんじゃこれ状態・・・。おそるべしMrアルマゲドン、マイケルベイ。こりゃアルマゲドンに続く年間最悪映画ラジー賞確定。

この予告編やCMでは
幼児向け映画だということが判りにくいので、映画の評価が極端に分かれている。
投稿者:たのきゅう投稿日:2007-08-10 06:16:08
CGの進化を語る上で間違いなく歴史に残る作品だと思うし、現時点では最高の映像でしょう。主演の二人もこれから活躍しそうな予感がします。MEGAN・FOXがまだ21
歳とは驚き。アンジェリーナ・ジョリー級の女優に化けるかも(笑)。
投稿者:FFF投稿日:2007-08-09 20:27:18
Screaming for vengeance VS Deffenders of the faith !
ヘリオンとメタリオンはどこや!?
投稿者:ビリジョ投稿日:2007-08-09 17:33:09
ロボット戦闘もの。それ以上でもそれ以下でもない。
フランス映画とかヨーロッパの地味な映画の方がずっと面白い。
投稿者:satokunn投稿日:2007-08-08 21:35:23
期待いっぱいで見に行きました。
がっ!!日本の変身ロボット物をみているためか
新鮮味は無かったですね。なぜ異星の金属生命体が
車なのか?(なんでタイヤがあるの?)
これは異星人による侵略物か?テーマが分からない
それにやたらカメラがぶれてはっきり見えない!!
まっ面白くないとは言いませんが。
おじさんにはちょっと・・・
投稿者:mariach投稿日:2007-08-08 13:00:40
【ネタバレ注意】

毎回観客の期待にこたえる映像を撮り続ける超大作専門監督・マイケルベイの新作とあってさっそく見に行きましたよ。


さすがマイケル・ベイですね!!今までのベイ作品の中で一番面白かったのではないでしょうか?画面から次々に繰り出される超絶映像と素晴しいサウンドは「これぞ映画だ!!」という感じで映画館に観に行ってホントに良かったと思います。


まずなんといっても迫力が違いますね。マトリックス以降の映画におけるCGというのは「どうせCGでしか表現できないんだからバレバレでもいいや」といった感じでとても軽く、そして浮いていました。ところが今作ではCGなのにそれをCGだと感じさせない監督の演出が前編において冴えわたっていました。極限まで実写にこだわりぬいて、リアルを追求するため劇中に登場する戦車等のいわゆる軍事品?は軍から本当に借りてきたそうですが、その時監督が言った言葉は

「これ本当に全部爆破していいの?」

だそうです。もうそこからして普通の監督とは違いますよね。特にラストの市街戦でボロボロにされる建物や車は全部本物だそうで、普通は全部CG処理されてしまうところ実写で撮った監督のこだわりは十分映画に反映されているでしょう。


今回ストーリー面も充実していたと思います。なんといってもすごく主人公に感情移入できる!!やっぱり僕はこういうボンクラが一人の男として成長していく話は好きですね。一部では話が王道過とか、話が単純すぎるとか言われていますけど僕としては変に話を複雑にするよりかは断然いいと思います。確かにラストの終わり方とか、劇中の端々で力技を感じることもありましたが・・・
重要なのは映画が楽しめるかどうかであって、ストーリーに深みがあればいいって問題じゃないと思いますよ。


僕がこの映画で一番すごいと思ったのは観客を戦いのど真ん中に放り込むところですね。主人公と逃げ惑う群集とトランスフォーマー達からの視点のかき分け方がうまい。プライベートライアンみたいにガクガク動く戦争ドキュメントみたいな映像の中にバンバン特殊効果を入れる。それによってまれで自分も逃げ惑う群集の一人になったかのような感覚を覚えます。それに時折入る人間視点からのトランスフォーマー達の画。それによって人間から見たトランスフォーマーたちがいかなる物なのかが一目でわかります。この下からのあおった映像を見たときはつくづく「うまいな」と思いました。


それにひたすらアップのカットを連続で積み重ねることによって自分が今どこにいて、何をすればいいのかという登場人物同様の「混乱」を引き起こします。中には「アップが多すぎて何が何だかわからねぇよ」という意見もありますが、それは監督が狙ってやったことでしょう。もしここで引きの映像が入っていたら一気に冷静になってしまい、TF達の戦いが自分たちとは関係のない絵空事のように感じられてしまうでしょう。


最後に一言言いたいのがやっぱり映画って娯楽じゃないですか?どうせお金払って見るのですから楽しもうと思わなきゃ。アルマゲドンやパールハーバーでも「全然リアルじゃない」「話が都合よすぎる」などという批判が見受けられますが、例えば斬殺音や衝撃音はどうなるんですか?「NASAはあんなことしねぇ」よとか言うくせに宇宙で音が聞こえてもまるで文句を言わない。「あんな短時間で70Mも掘れねぇよ、都合よすぎ」なんていったらどうなるんですか?例えばアルマゲドン(僕のお気に入り)をリアルに作ったらNASAのお堅い職員が隕石まで行って、地味〜に穴掘るだけですよ。そんな映画がおもしろいとでも?もう娯楽大作にケチつける人はフランス映画とか欧米の暗い映画でも見てればいいんですよ!!

投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-08-07 16:43:42
 
あんまり楽しみだったので封切日に鑑賞。やーやっぱり凄い映像でした。
「ストーリーがない」的な批判は当たっていますが、それを正面から力技の体当たりでぶっ飛ばすような世界最高の映像です。もう実写と見分けがつかないし、場面によっては早すぎて目がついていけません(笑)

この映画は「世界最高の技術で作った超豪華な東映まんがまつり」だと思うので、ストーリーがアニメどおりなのは全然構いません。ただ、逆にもうちょいアニメらしい、ヒーローらしいケレン味がほしかったとは思います。
最後の大乱戦は誰が誰やらわからないし、ゴロゴログルグル目まぐるしすぎて、何がなんだかわからないこともたびたび。もっと殺陣に静と動のメリハリがほしかったし、もっとそれぞれのキャラが立っていたら、観ている側の燃え度もさらに上がったんじゃないでしょうか。
ぶっちゃけ、こういう内容なんだからわかりやすい決めポーズとか必殺技ぐらいあっても良かったんじゃ。
それでもプライムが敵の首を一撃で斬りおとすシーンとか、ラストシーンなんかはゾクゾクしました。

あきらかに続編作る気まんまんの終わり方だったんで、毎年夏に続編を観れたらいいなあと思います。
投稿者:まくらK投稿日:2007-08-06 16:10:49
とサウスパークで歌われたベイやんの最新作。
 アイランドでみんながつっこんだ看板落下シーン、
コンボイで同じように落ちてましたな。
普通死にます。たぶんバットマンくらいのヒーローでも
イチコロかと。セルフパロディなんか?
 最後何がなんだかさっぱりわからん戦闘シーンが
延々続くけどあんなにいらんやろ。
変形したら誰が誰かなんやようわからん!
・・・・・・・・・・・・・
バーニーマックにジョン・タートゥーロ。
何してんのあんたら。
・・・・・・・
砂漠でとびかかってくるシーンは
スターシップトルーパーズなんやろか。
キルビルはええとして。
三池さんあたりに作ってほしかったな。
投稿者:メンタイ投稿日:2007-08-06 08:50:03
確かに物凄い映像革命。
もうここまで来ると凄さの把握が出来なくなる。
ジェットコースターで言うと
“FUJIYAMA”は絶叫だけど、
“ええじゃないか”は絶叫過ぎてもーゴチャゴチャみたいな。
正直、カメラ目線の位置把握に戸惑うのは確かで、
「ウルトラマン」の国・日本としては、
もっと引きの画が欲しいな〜とは思ったけど、
それは映画の場合、観覧ではなく、体験へと変わる。
よく出来た素晴らしい作品だ。

“ザ・ハリウッド=マイケル・ベイ”
“世界一のヲタク巨匠=スティーヴン・スピルバーグ”
凄い2人が手を組んだもんだ。

トランスフォーマー達が揃った時の迫力。
人間とロボットとの友情。
人類を思いやるコンボイ(オプティマスプライムだけどね)。

マイケル・ベイの“良い臭さ”も健全だ。
万人にお勧め・・・あ、お年寄りは目が廻るかも(^0^;)http://mentaiman.com/
投稿者:ぺん投稿日:2007-08-05 20:00:31
マイケル・ベイ作品は、アルマゲドン、パールハーバーと続けて眠ってしま
ったのだが、前作のアイランドは予想以上に楽しめたので、本作も鑑賞。
予告編は良くできていたし、そもそも子供が対象だろうってことも判って観
たのだが、また鑑賞中に睡眠(汗)。しかもクライマックス付近が辛かった。
子供が観ても集中して観れんかもね。
確かにCGやらキャラデザインは凄いっていうか、キャラデザインも美術も現
在世界最高レベルだと思われる。ストーリーは最初から期待してないので、
ストーリーが稚拙なのは全面的に気にしないのだが、撮影時の絵コンテの問
題だと思われるが、アップのシーンが多すぎて辛いのだ。アップのシーンで
キャラが動くとダイナミカルとは感じずに、寧ろ静止画を観てる気分。
特に戦闘シーンは、引きの静止カメラで見せて欲しい。日本のセルアニメの
ロボットモノじゃあるまいし、動いてるキャラと逆方向にカメラが動くとか
ナンセンス(日本のセルアニメを意識して、そうしてるんだとは思うが)。
この作品は、キャラデザインとその変態アクショクンが売りだと思われるの
で、引きからアップまでをズームで見せて欲しい。本作はカットの切り替わ
りが多いが、それではキャラの緻密さが全く無視されてる感じがする。
ま、とにかく僕の好みとは全く違うので-3点で、キャラに+5だから、合計2。
投稿者:紅竜投稿日:2007-08-05 09:46:11
クライマックスの「君はもう兵士だ。」のセリフに胸が熱くなってしまった。
善玉ロボの扱いが平成ガメラシリーズに似ていると思った。
ストーリーもまんま「レギオン襲来」だし。
投稿者:三葉十四郎投稿日:2007-08-04 23:35:49
【ネタバレ注意】

本作の予告編で、
スティーブン・スピルバーグ :「ニポンノミナサン、スティーブン・スピルバーグ デス」
マイケル・ベイ      :「マイケル・ベイ デス」
ジェリー・ブラッカイマー   :「三波春夫でございます」
とはやらなかったが、ジェリーも『デジャヴ』とかで金使って無いで一口乗せて貰えば良かったのに。 ハリウッドで今アゲアゲ、ノリノリのレッツゴー三匹で揃い踏みすれば、…結局この映画が出来る、か。
公開早々にヨタを並べなくても、とも思ったけれど、僕が一言二言書いたってきっと大ヒット間違い無いでしょう。 だって観客が欲しいと思って見に来たモノはちゃんと手に入りますからね。 ただ度は超してるかも知れないけど。
とにかく見終わって耳はキンキン、頭はフラフラ、何かおつむにやばいモノを見たって気もしてくる。 ロボットが出てくる場面は洩れなくカメラが振り回されていて、激突シーンは本当に何がどうなってるのか判らない、ワカラナイけどスゲエ、てのだけは判るからやっぱり凄いんだろう。
先ず、襲撃されるカタール基地、変形するとは言え元はヘリコプターだったロボットに戦車が投げ飛ばされてる。 何だぁ、だらしないぞエイブラムス。 平行してサム・ウィットキー(ケビン・スペイシーの息子みたいなシャイア・ラブーフ)の所へ無人カマロが訪れてくる。 映画を見終わっての感想だからかも知れないがちょっと健気な雰囲気だ、"ハリッキの親父が死んで「60セカンズ」も終わってから、やっと逃げてこられたんだよ。"そんな感じだ。
だけど暴力的な映像に早やこの頃から思考停止気味になって来てて、カタール基地からのハッキング音の分析がどうのとか、眼鏡を探してたらジョン・タトゥーロがMIBになって現れた、のところまでは話を追いかけていたけど、ダムの秘密基地辺りからは良く覚えてないな、"キューブを53番街へ運ぶんだ"って何でそんな事するんだっけ…あぁ、けどそんなコトどうでもいいや…、市街戦の目まぐるしい画面と音響の向こうに、マイケル・ベイが奇声を上げてシナリオを裂いてる姿が浮かんでくる。 そうか"トランス"フォーマーって彼の事だったんだね…。
画面に目を戻すとタトゥーロと一緒にジョン・ヴォイトもどさくさ紛れみたいな銃撃をやっている。 この人国防長官とかの役じゃなかったっけ、でも何だか皆楽しそうだ。 見ろ、まるで人がゴミのようだ。 あはははは。

それでね。
ここに描かれた映像は造ったのはILMかも知れないが、考えたのはマイケル・ベイだ。 だから僕らは彼の頭の中を見ている事になる。 つまりマイケルがトランスフォーマーのオモチャを持って"ひゅううんドッカーン、プライムがメガトロンにやられたぁー"て遊びが映像化されている訳だ。
で、思ったのだけど、今回は遊び道具がトランスフォーマーだったからこれで済んだのかも知れない。 次にまたスティーブンかジェリーが"ほーら、今度はこれだぞー"って違うモノ出してきて、それを見たマイケルが"こりゃスゲェぜ"って思ったら、その時スクリーンに映った地球は一体どうなっちゃうんだろう。

投稿者:藤本周平。投稿日:2007-08-04 21:47:00
とにかく映像が凄いです。この映像だけでも劇場で金払って観る価値は大いにあります。まあストーリーはほぼ皆無ですが・・・
投稿者:トカゲ投稿日:2007-08-04 20:41:20
ストーリーなんかは無いに等しいが迫力ある戦闘シーンが見所。国防長官がショットガンで戦うのも面白かったし。テンポがよくアルマゲドンみたいに後半失速しないのがいい。車の走るシーンや変形したロボットたちが動き回るとこだけでも迫力がある。まぁ最後の市街地の戦闘でどれがどのロボットか分かりにくいのが不満かな。
投稿者:きゃる投稿日:2007-08-04 20:40:09
乗り物の形状を残さずロボットに変形するところが
すごいんだけど、もう少し原型を残してもいいんじゃとも思いました。
動きも派手で触れるもの壊しまくり。
後片付けのこと考えるとかえってストレスたまります。
主人公のお母さんが楽しい人なので、そこを加味してこの点数です。
投稿者:eminem投稿日:2007-08-04 19:58:45
まずこの映画を観終わって頭に浮かんだのはミカエラ役のミーガン・フォックスでした。21歳とは思えないオーラ放ってます!!あのスタイル・・・ヤバイです(笑)

では本題に。まず他の人も言っていたのですが、予告編はシリアスなつくりになっています。しかし実際は戦闘シーンの合間にちょっとしたアメリカンコメディが入ります。自分はけっこう楽しめましたが、バカっぽいことで笑えない人にとってはストーリーを邪魔する要素になりかねません。ただし、ああいうシーンの演技は難しいはずなのにサム役のシャイア・ラブーフはなんなとこなしてみせます。前から思っていたのですがこの俳優はああいうシーンが特にうまい。まぁ頭をコメディに切り替えて演技を楽しんだらいいと思います。本当にうまいですよ・・・なかなかあそこまでリアルにできません。

そしてこの映画の一番の見せ所と言ったら、やっぱり戦闘シーンです。トランスフォーム(変形)するシーンは確かに何回も見ていると慣れますが、どうやって作っているのか考えて観ると飽きないと思います。最後のバトルではどいつが味方でどいつが敵などと考えないで下さい。キーロボットしかわかりません。とにかく迫力ある映像をただ楽しむだけ、それにつきるかと。。。
また自分は米軍好きなので、A-10やC-130が出てきただけで感動です。迷彩服も最新の2種類を着用していますし、レーザーで敵をマークするシーンなど忠実に再現されていて、それだけでもう満足です。ミリタリーマニアは問答無用で見に行ってください(笑)


総括
レビューを見ていてストーリーがけっこう酷いのかなと少し覚悟して行ったのですが、この手の映画はもっとひどくなりかねない(例:POTC)ので合格点でしょう。たしかに全体通してシリアスに作ったバージョンも観たかったです・・・だから☆は6つか7つが妥当でしょうけどあの映像を作り上げたことを考慮すれば10になりますね(笑)あんな映像、他のどこで観れますか?


追加
今作は音楽も素晴らしかったです。作曲を担当したのはリモート・コントロール所属のスティーブ・ジャブロンスキー。長い間ハンス・ジマーのサポートをしてきただけあって素晴らしいです。過去の作品にアイランドなどがあります。ただし驚くことにスコア版のサントラが発売されていません。発売されるという噂もあるみたいですが、海外サイトにPetitionが作られてます→ http://www.petitiononline.com/tfmjabcd/ ここでは毎日100人以上の人がサインしています。自分もしました。探せばすぐ見つかります。もしスコア盤に興味のある方はサインして一緒にGETしましょう!!

さらに追加
YouTubeでメイキングが見れますがロボット以外全部実写です!!!さすがハリウッド!!!規模が違うどころの話じゃない!!!実際に車が飛んでる!!!
投稿者:aldechino投稿日:2007-08-04 15:38:18
まだ見ていないので、感想は書けません。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2007-08-04 13:39:05
予想以上にくだらなくどうでもいいストーリーだった。
「アイランド」で失敗したからか、もう知るかとばかりにハッチャケたドラマ部分。
とりあえず女の子と仲良くなってロボット同士の戦いがあればいいみたいな感じ。
全編くだらないジョークとアクションで埋め尽くされている。
いつもより批評家に叩かれなかったというベイ監督だが、本当か?
「アルマゲドンより凄い!」とか「宇宙人ていうとET?」というセリフには笑ったけど。

時々ロボットの区別が付きにくいのが難点だが、アクションは確かに凄かった。
ただ内容があまりにもどうでも良すぎる。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-07-27 16:06:37
いやー、単純に面白かった!
勧善懲悪、車やトラック、戦闘機や戦車から変形するロボット、派手派手なSFXアクション…ヒーローものに夢中になった少年の日を懐かしく思い出す。
何せ2時間24分という長尺だけに、前半から中盤にかけて少しダレる印象もあるが、それでも最後までそこそこアンコがつまっている。

もともとは1985年の日米合作アニメ「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」の大ヒットから始まった「トランスフォーマー」史。さすがにこの頃はそうした子供向けアニメ・玩具からは遠く離れていたので、私自身は観たことはなかったのだが、身近な乗り物がロボットに変身するという単純な設定が、メカ好きの男の子を中心に人気を呼んだというのはよくわかる。ちっちゃいフィギュアがあったら、子供だったら欲しがるだろうな〜。

ところどころパロディーか?と思わせるシーンも散りばめてあり、笑えるシーンもある。ジョン・ヴォイトがちゃんとアクションをしているのも微笑ましい。
期待していなかったけど、結構楽しんだのでした(笑)。
ちなみにラストはしっかり続編の布石となってます(苦笑)。
それにしてもCG技術もここまで来たんだね〜(驚)。
投稿者:マーサ19投稿日:2007-07-25 23:57:46
【ネタバレ注意】

面白いです!
ちょっと長いかとも思いましたが(前半少しだれる)、後半はあっと言う間。
主役たちは無名ですが、書いてあるように上手です。
主役が恋する女の子も、解読するブロンドの女の子も、本当きれいだし!

人間同士で殺し合いばかりの作品より、逃げてるその他大勢以外、極力人を殺さない(それで、涙を誘うよりずっといい)ところがいい。
国防長官まで戦うのって面白かったし。
感情のある機械ロボットたちに、教えられたような、心が打たれました。

私的今年ベスト3になりました。

投稿者:trigger7投稿日:2007-07-21 18:13:48
なかなか面白い!
はちゃめちゃだけど見応えは十分にある!

投稿者:Ryuichi投稿日:2007-07-15 22:40:55
【ネタバレ注意】

周囲の評判が良かったこともあり、期待いっぱいで見に行きました。
アニメのトランスフォーマーはストーリーが子供向けであったり、映像がアメリカ的であったりしたとことで、子供ながらに馴染めませんでしたが、今回、実写化されるにあたっては、ストーリーに奥行きが出たのではないか?と期待しておりました。
確かに最初から最後まで飽きずに見ることができたし、映像やカメラワークにも迫力がありました。ストーリーも緻密になっていて、見ごたえはありました。ただ・・・マイケル・ベイの作風でしょうか?「パール・ハーバー」と同じく、最後のまとめ方がなんとも強引だったような・・・
おすすめできる映画ではあります。どうせ見るなら映画館で見るべきです・・・が、とどのつまりは、ひとつのエンターティメント映画に過ぎないようです。
ところで、敵側のロボットがパトカーや戦車、戦闘機からのトランスフォームをするのはなかなか面白い設定だと感じました。権力に対するちょっとしたアイロニーでしょうか?
http://vicky-ryu.spaces.live.com/

投稿者:ALDION投稿日:2007-05-26 15:17:26
【ネタバレ注意】

思えば、米(元)子供達に「オプティマス・プライマル」として認識しているコンボイが玩具として表題のタイトルのシリーズとして発売されてから二十数年…。
元々「子供番組」なのでストーリー等は全く期待していませんがトレーラー等を確認する限り、現在風にアレンジされたキャラが画面狭しと暴れ回っている様です。
何故か黄色いワーゲンだった「バンブル(洋名…本名?バンブルビー)」がシボレーカマロに機種変更。
主役クラスのキャラになるとか?。
しかも途中で大破して中古車から新車に化けると言う日本ロボットアニメの主役メカ2段構成までやってのけている様です。
私は余りにも幼稚なので当時のアニメは見ていませんが家族2世代で見れる「アッケラカン」とした娯楽作として期待しています。
日本発の商品とキャラクターデザインがハリウッドとアメリカでどう昇華されたかも楽しみです。

投稿者:黒い豹投稿日:2007-05-25 19:03:42
【ネタバレ注意】

ただのロボット対戦モノじゃん。

しかし、米国公開は独立記念日(7/4)なのに豪・伊・シンガポール・マレーシア・韓国では6/28公開ってのは不思議だ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 視覚効果賞John Frazier 
  Scott Farrar 
  Scott Benza 
  Russell Earl 
 □ 音響賞(編集)Ethan Van der Ryn 
  Mike Hopkins 
 □ 音響賞(調整)Greg P. Russell 
  Kevin O'Connell 
  Peter J. Devlin 
■ 作品賞 
 □ 男優賞シャイア・ラブーフ 
 □ ブレイクスルー演技賞ミーガン・フォックス 
■ これから公開のサマー・ムービー賞 
【ニュース】
全米興行成績、「トランスフォーマー/最後の騎士王」が初登場首位2017/06/26
全米興行成績、ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」が首位デビュー2017/06/19
全米興行成績、ケヴィン・ハート&アイス・キューブ共演コメディ「ライド・アロング2」が好スタート2016/01/18
全米興行成績、マイケル・ベイ製作「ミュータント・タートルズ」が大ヒット・スタート2014/08/11
全米興行成績、「トランスフォーマー/ロストエイジ」が今年最高のオープニグで首位デビュー2014/06/30
全米興行成績、大ヒット・ミュージカル映画版「ジャージー・ボーイズ」は首位デビューならず2014/06/23
マイケル・ベイ監督アクション・コメディ「Pain & Gain」、最新予告編2013/03/27
全米興行成績、ブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード/ラスト・デイ」が初登場首位2013/02/18
マイケル・ベイ監督アクション・コメディ「Pain & Gain」、予告編2012/12/20
ニコラス・スパークス原作最新ラブ・ストーリー「Safe Haven」、予告編2012/10/24
「スター・トレック」脚本家アレックス・カーツマン監督デビュー作「People Like Us」、予告編2012/03/29
マイケル・ベイ監督SFアクション3D超大作「トランスフォーマー3」、特報2010/12/09
全米興行成績、オリヴァー・ストーン監督金融ドラマ「ウォール街」続編が初登場1位2010/09/27
全米興行成績、「アバター」が圧巻のV7で、歴代興収記録更新に王手2010/02/01
全米興行成績、3Dアニメ「くもりときどきミートボール」が大ヒット・スタート2009/09/21
全米興行成績、「アイス・エイジ3」と「トランスフォーマー2」が同点首位に2009/07/06
「トランスフォーマー/リベンジ」、最新予告編2009/05/01
マイケル・ベイ監督「トランスフォーマー」続編、特報2009/02/17
ミーガン・フォックス、人気アメコミヒロインに抜擢か?2008/09/25
傑作ハードボイルド『神は銃弾』、売れっ子脚本家で映画化へ2008/09/16
日本製アニメ「ボルトロン」の実写映画化が本格始動へ2008/08/19
新進セクシー女優主演のマザー・テレサ伝記映画(?)、予告編???2008/08/07
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
MTVムービー・アワード結果発表2008/06/02
シャイア・ラバフ主演サスペンス「Eagle Eye」、予告編2008/05/22
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2008/05/07
オーストラリア期待の若手女優、「トランスフォーマー」続編に出演へ2008/05/01
英国エンパイア映画賞発表2008/03/10
第80回アカデミー賞、結果発表2008/02/25
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
英国エンパイア映画賞、ノミネーション発表2008/02/04
アカデミー賞ノミネーション発表!2008/01/22
オスカー最有力若手脚本家最新作の監督が決定2008/01/08
2007年allcinema ONLINEユーザー投票集計結果発表2007/12/28
ジェイソン・ライトマン、オスカー有力脚本家の新作をプロデュースへ2007/11/14
DVDリリース情報:「トランスフォーマー」「パラダイス・ナウ」etc.2007/10/15
全米興行成績、「ボーン・アルティメイタム」が大ヒット・スタート2007/08/06
全米興行成績、シンプソン一家が衝撃的Box Officeデビュー2007/07/30
全米興行成績、A・サンドラー主演コメディが初登場1位2007/07/23
全米興行成績、「ハリポタ5」がシリーズ最高レベルのスタート2007/07/16
J・J・エイブラムス最新プロジェクト、特報が公開に2007/07/10
全米興行成績、「トランスフォーマー」が好スタート2007/07/09
J・J・エイブラムスの次回作はモンスター映画か?2007/07/06
全米興行成績、「レミーのおいしいレストラン」が初登場1位2007/07/02
MTVムービー・アワード結果発表2007/06/04
ニール・ゲイマン、『デス』の映画化で監督デビューへ2007/05/30
「トランスフォーマー」、最新フルトレーラー2007/05/18
MTVムービーアワード、ノミネーション発表2007/05/02
J・ブラッカイマー製作&M・ベイ監督で人気ゲームを映画化へ2007/04/16
全米興行成績、シア・ラブーフ主演スリラーが初登場1位2007/04/16
「インディ・ジョーンズ4」、シア・ラブーフが息子役で出演か?2007/02/20
マイケル・ベイ監督「トランスフォーマー」、予告編2006/12/20
「トランスフォーマー」実写版、特報2006/06/30
「トランスフォーマー」実写版、テスト映像が登場2006/05/17
「トランスフォーマー」映画化、コミコン用映像がネットに登場2005/07/21
「トランスフォーマー」実写版、M・ベイの監督起用が正式決定2005/05/31
M・ベイ、「トランスフォーマー」実写版を監督か?2005/04/07
「トランスフォーマー」、「キャットウーマン」の脚本家を起用へ2004/11/04
実写版「トランスフォーマー」、監督はR・ゼメキス?2004/10/15
「トランスフォーマー」実写映画化、ついに実現へ2004/07/23
「トランスフォーマー」も実写映画化か?2003/06/12
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】トランスフォーマー べストバリューBlu-rayセット <期間限定スペシャルプライス>2016/09/07\5,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX2014/06/25\7,870amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー2013/07/19\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー2012/07/13\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー/リベンジ ブルーレイ ダブルパック2011/02/25\5,676amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー2010/09/16\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー/リベンジ ブルーレイ ダブルパック2009/12/18\8,460amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション2009/05/22\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー べストバリューDVDセット <期間限定スペシャルプライス>2016/09/07\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー トリロジー DVD-BOX2014/06/25\4,630amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー2012/07/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】パラマウント100周年記念 厳選20作品 DVD-BOX <初回生産限定>2012/04/27\17,143amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー2011/04/28\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー ダブルパック2009/12/18\5,980amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー オプティプライムBOX <10000BOX完全限定生産>2007/12/19\5,400amazon.co.jpへ
 【DVD】トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション2007/12/19\3,980amazon.co.jpへ
 【HD DVD】トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション2007/12/19\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】トランスフォーマーレンタル有り
 【DVD】トランスフォーマーレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Transformers (Score)
新品:
7新品:¥ 6,700より   8中古品¥ 4,213より 

【CD】 トランスフォーマー・オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,580
2新品:¥ 2,200より   11中古品¥ 679より 

【CD】 トランスフォーマー
新品:¥ 1,080
6新品:¥ 1,296より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION