allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ(2006)

メディア映画
上映時間96分
製作国日本
公開情報劇場公開(トライネットエンタテインメント=タキ・コーポレーション)
初公開年月2006/12/09
ジャンルロマンス/ドラマ/青春
映倫PG-12
すべてはありのままで美しい
LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ [DVD]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 4,050
USED価格:¥ 1,121
amazon.co.jpへ

 Photos
LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフLOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ

【クレジット】
監督:川野浩司
製作:藤田義則
古屋文明
滝口雍昭
プロデュース:片山武志
矢部浩彦
プロデューサー:中林千賀子
三宅はるえ
原作:やまじえびね
『LOVE MY LIFE』(祥伝社刊)
脚本:金杉弘子
撮影:福本淳
美術:伊藤ゆう子
編集:森下博昭
音楽:noodles
音楽プロデューサ
ー:
安井輝
照明:市川徳充
整音:久保田敏之
録音:山田幸治
助監督:本間利幸
出演:吉井怜いちこ
今宿麻美エリー
高橋一生タケちゃん
平岩紙ユカコ
須賀貴匡アキラ
川合千春CDショップの客
寺泉憲エリーの父
秋本奈緒美千波さん
池内博之立花健吾
小泉今日子
浅田美代子冴子教授
石田衣良いちこのパパ
【解説】
 女の子同士の恋愛をおしゃれに綴ったやまじえびねの同名コミックを映画化。主演は吉井怜と今宿麻美。18歳の泉谷いちこは、ママの亡き後、男手一つで育ててくれた翻訳家のパパと2人暮らし。そんなある日、いちこは城島エリーという女の子に恋してしまう。思い切ってパパに紹介したところ、反対に“パパはゲイなんだ、それにママはレズビアンだった”と告白されてしまう。思いがけない展開に戸惑いつつも、いちこは愛や自分らしさというものについて改めて見つめ直していく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-10-27 03:04:41
辛うじてなって無かったが、10分は刈り込めた。本物の作家を使っても芝居が出来ないんじゃ意味が無い。吉井はあんなに走らんでも何時に着くと連絡すれば良かったんじゃない?半星。
投稿者:さとせ投稿日:2007-08-15 20:43:43
恋人同士である吉井怜と今宿麻美。父にカミングアウトする吉井だが実は亡くなった母もレズビアン、父もゲイであることが判明する。いつも一緒にいた二人だがやがて変化が訪れ・・・。
やまじえびねの同名の漫画が原作(祥伝社・評価2)。映画は原作道理に進む。長い病気から見事復活した吉井怜ちゃんとモデル出身の今宿麻美が漫画にはなかったベッドシーンをぎりぎりの線で見せてくれる。
投稿者:darlin投稿日:2007-01-25 19:55:44
【ネタバレ注意】

ある人からの紹介でこの映画を観ることになりました。正直最初は、同性愛の映画だし、あまり行きたくありませんでした。


でもこの映画を観ていろんなことが自分の中で変わっていきました。たくさんの人にこの気持ちを感じて欲しいと思いました。


というわけでこのようにコメントを書いている次第であります(^^)


まず、主人公の女の子二人があまりにもまっすぐに、素直に人生を歩んでいる姿が、私にとってはあまりにまぶしすぎて・・・。誰しも自分の人生の先が見えなかったりして、苦しんだり悩んだりすると思います。そういうのはいわゆるマイノリティと呼ばれてる同性愛者の方とも、そうでない私たちとも、何ら変わりはないのであって。


この作品は、ただ『人が、自分とは違う誰かを愛する』ことを描いてるだけなんだと素直に思いました。そして『自分の人生に素直になる』ことの大切さ、素晴らしさ、難しさも。


自分と全く同じ人間なんていない。なんでこんな当たり前なことに気付かなかったんだろうって思いました。この映画を観て、ミスチルの『掌』という曲を思い出しました。今まで生きてきた中で積み重ねてきた自分の価値観と違う価値観を認め合うことの大切さを痛感しました。もっといろんな価値観の人とふれあってみたいと感じました。それが自分という人間を成長させてくれると知ったから。


そして、人が人を愛するってこんなにキラキラしたものだっけって思いました。たとえ相手が同性であろうと、共に成長できる相手に出会えることほど素敵なことはないと思います。異性が恋愛対象である私ですら滅多に会えませんよ(笑)だから多数派も少数派も無いんだと思います。関係ないんですね、人を愛するってとても普遍的なことなんだなって。


私は今まで単館上映というものを観たことがなかったけど、これをきっかけに好きになりました。何事も遅すぎるということはないんだと思います。1人でも多くの人に気付いて欲しいです。認め合うことの大切さを。


同性愛者ではない人たちに観て欲しいです。絶対見方が変わります。


東京での上映は終わったみたいですが、今度は地方上映されるらしいです(・▽・)たしか京都、大阪、福岡、札幌だったと思います。詳しくはHP見てみて下さい。派手なだけな全国ロードショー系の映画よりずっと観る価値あると思います。


 

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ スペシャル・エディション2007/05/04\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION