allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007)

メディア映画
上映時間146分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/11/03
ジャンルドラマ/ファミリー
昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS三丁目の夕日/続・三丁目の夕日/三丁目の夕日'64 三作品収納版(Blu-ray)
参考価格:¥ 15,552
価格:¥ 12,031
USED価格:¥ 11,834
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:山崎貴
製作:三浦姫
亀井修
島谷能成
平井文宏
島本雄二
西垣慎一郎
大月昇
島村達雄
高野力
エグゼクティブプ
ロデューサー:
阿部秀司
奥田誠治
プロデューサー:安藤親広
山際新平
高橋望
原作:西岸良平
『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)
脚本:山崎貴
古沢良太
撮影:柴崎幸三
美術:上條安里
編集:宮島竜治
音響効果:柴崎憲治
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN
『花の名』
VFX:山崎貴
VFXディレクタ
ー:
渋谷紀世子
照明:水野研一
装飾:龍田哲児
録音:鶴巻仁
助監督:川村直紀
出演:吉岡秀隆茶川竜之介
堤真一鈴木則文
小雪石崎ヒロミ
堀北真希星野六子
もたいまさこ大田キン
三浦友和宅間史郎
(特別出演)
薬師丸ひろ子鈴木トモエ
須賀健太古行淳之介
小清水一揮鈴木一平
マギー
温水洋一
神戸浩
飯田基祐
ピエール瀧
小木茂光
小日向文世
吹石一恵
福士誠治
貫地谷しほり
藤本静
浅利陽介
小池彩夢
平田満
浅野和之
渡辺いっけい
手塚理美
上川隆也
【解説】
 西岸良平の人気コミックを実写映画化し大ヒットした人情ドラマの続編。前作終了時点から4ヶ月後の東京下町を舞台に、夕日町三丁目に暮らす面々の人間模様をノスタルジックに描く。監督は引き続き「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴。
 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川が黙って去って行ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らしていた。そこへある日、淳之介の実父である川渕が再び息子を連れ戻しにやって来る。そして、人並みの暮らしをさせることを条件に改めて淳之介を預かった茶川は、安定した生活と共にヒロミへ一人前の自分を見せられるよう、一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって執筆を始めるのだった。一方、経営が軌道に乗り始めていた鈴木オートでは、事業に失敗してしまった親戚の娘・美加をしばらく預かることになるのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
ALWAYS 三丁目の夕日(2005)第1作
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007)第2作
ALWAYS 三丁目の夕日'64(2011)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
645 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:グレコ投稿日:2013-05-11 17:39:40
ベタ度がコント並ですが、やはりウルッと来ちゃいます。
投稿者:こじか投稿日:2012-11-20 03:01:11
【ネタバレ注意】

予想に反して楽しめた前作。しかし案の定、ベタ展開とベタ台詞、無駄に長尺という悪いところがそのまま積もって出た感じ。続編とはこういうものか。堀北の東北弁だけ楽しめた。

投稿者:いまそのとき投稿日:2012-10-24 10:00:56
東宝コジラの復活。小日向の父。東大文学部同窓会。数寄屋橋の再会劇。小雪の大阪行き。六子の幼馴染。有楽町嵐を呼ぶ男。そして芥川賞騒動。前作の余韻をソツなく懐かしく纏めたが、とにかく甘ったるい。いくら思い出深いあの頃でも、もう少し苦く、しょっぱかったはず。VFK技術で蘇った東京タワー、都電、車、町並そして看板の数々。物語より見ごたえがある。
投稿者:jb投稿日:2012-09-16 22:21:44
なんだかなぁ。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-04 01:11:28
続編も相変わらず 鈴木オートに釘付け。 パワーアップしとる。
投稿者:bond投稿日:2011-05-08 01:32:48
あまりにも原作とのキャラのギャップが大きいが、それなりにいい仕上がりになってる。下町のありふれた話だが、ドライな現代では懐かしい匂いがして、泣けます。
投稿者:かっこう投稿日:2009-05-04 18:11:45
登場人物がいい人ばかりで心温まる映画。エピソードが多すぎる気もするけど、ごちゃごちゃした印象は受けない。鈴木の社長が同窓会で後輩と再会するエピソードがジンとくる(少々オチは見えたけど)。細かな会話とか、鈴木家は本当に温かくて面白い。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-12-27 23:36:13
良い話をたくさん盛り込んだのですが、どれも中途半端な感じでし、ちょっと感情移入しづらい作品になってしまった。CGはすばらしく、昭和のよき時代がうまくえがかれていると思った。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-11-22 09:09:44
冒頭の「怪獣映画」のシーンだけ観た。俺も今一番観たい邦画は、あの一作目の完全リメイクなんだよな。
投稿者:SUNSET投稿日:2008-11-22 00:27:44
【ネタバレ注意】

前作は六子の乗った帰省列車を見送る川原(土手)から、
今作は鈴木オート一行が繰り出した東京タワーから、
見つめる夕日は出演者や観客の心を見事に照らしている。
穏やかで優しいオレンジ色は、その日の安らぎと明日への活力を同時に運ぶ、
まるで魔法のような光だと感じた。

作品を読み「願望だ。現実は厳しい」と言い切る川淵に対し、
同じく作品を読んだヒロミが大阪行きを蹴って茶川や淳之介と再会する対比は、
脚本としては甘い感じだが、いかにもこの作品らしい所。
前作踏襲の内容だから広がりが無いのかと思ったが、
トモエが結婚を約束した相手と、橋の上での再会など意外な過去も描かれていて
その分、散漫になった感も有るが、手堅くまとめている。

一人の「出来事」に近所の者が集まり一喜一憂する横丁的なコミュニケーションや、
お金ではなく情愛などのメンタルの大切さなど、
ノスタルジーな表現の中に
時代に流されてはいけないものが描かれている点は好感だが、
マイナスとしてやはり吉岡の起用はミスキャストだし、
感動と言う面でも前作からは薄い。
同じ感じでの続編は、TVドラマの延長と言うかTVでも表現出来ると思うから、
遠慮するだろう。

投稿者:Marcel投稿日:2008-06-25 16:50:52
前作で、社長が車に乗る時に頭をぶつけないよう、小木茂光さんが手で自動車のフレーム上部を手でかばう場面がありましたが、続編ではそれが見られなかったように思います。昭和30年代にはそのような行動は一般的ではなかったので、今回の方が自然でしょうが、前作での演出が監督の意向によるものなのか、小木茂光さん御自身の判断だったのかが気になります。
投稿者:irony投稿日:2008-06-11 12:38:45
 現実はこうは行かない だから映画や小説なりのファンタジーがあるのよね 不忍池でボートって・・・別れる気マンマンです
投稿者:トウショウファルコ投稿日:2008-05-26 04:51:48
冒頭での堤真一さんが、ガレキでつまづくところ。しなって倒れる建物の衝撃に
少しタイミングが遅くなって、ワザとらしく体を揺らすおじさんが、ツボでした。

いやぁ、この監督のアングルが好きです。絵づくりと言いますか。
ティム・バートンのような毒々しい絵は苦手なんですが、オタクの一歩手前で
ファン心理を衝いている。イヤラシイほど、被写体を捉える角度を遊んでいる。
あの位置から飛んでいく飛行機を見たい、傘のついた豆電球をUFOのように
上から撮りたいとか・・・

始めて上った東京タワー。エレベーターのドアが開いて、一目散に外の景色を
見に行きます。エキストラさん達がいいんです。どれだけ、かつてのニュース・
フィルムを監督が観て研究したのかは知れません。それをエキストラに
注文していく監督の光景が窺がえます。あるシーンでは目に見えない程遠い所に
歩く人がいます。細かい拘りを求め、気付いてほしい監督のオタク心が微笑ましい。

前作からの安定感を維持している。来るべき現代を、何気に眺めている人達・・・
決して過去でもない昔というSFを、スクリーンに観る観客・・・
何だろう・・・自分は前作以上に、この映像に浸っている。ありきたりな物語に。

個人的に周防正行さんの次に、次回作が観たい監督かな。でも軽いんですよね。
『それでもボクはやってない』で、被害にあった少女が法廷で、何を聞かれても
泣くんですよ。劇中で作品自体を総崩れさせかねないシーンだったと思いますが、
崩さないんです。周防さんは。その域には全然まだまだですよね。より良い
理解者、感性のある相談者、いい脚本家と出会ってほしいです。

洗濯機、脱水するのにローラー式になってたんですよね。洗濯した物をまた濡らし
ローラーに掛けたなあ。ああなつかし。
投稿者:aaf投稿日:2008-05-06 18:09:39
前作の大ヒットを受けて作られたってことで、やはり無理矢理作った
作品って感じは否めませんね。
新たな人物を主役に置いて前作の人は脇役として画面の隅っこの方で
語られていれば物語の奥行きが増したのだろうにねぇ。と思います。

すでにどなたかが書かれていますがヒロインだった小雪の魅力が
前作は金だったのに突然銅になってしまって「あれ?」
って感じでした。
男性を誘惑して子供を押しつけたり、そうかと思えば子供にカレー
を作ってあげたり、心の指輪をはめてみたりとコロコロと猫の目の
ようにかわるヒロインの表情が今回は皆無です。なんで?

それと前作にあった東京タワーの出来る過程やテレビの熱気
冷蔵庫のネタなど面白可笑しく紹介していたのに今回はゼロでした
残念ですね。確かにどこまでがCGでどこまでが舞台なのか判別がつかない
映像は見事だと思いますけど そんなのは時代が進めばもっと凄い技術が
出てきます。技術は手段です。目的にしてはいけません。

役者の演技は上手だと思いますけど 作品の作り方があまりに
無難ではないでしょうか?
違う切り口だって出来たはず。続3丁目もかなりヒットしたそうですから
当然続編もって話が出てくると思いますが
次作は是非違う主人公で違う切り口でお願いします。
もちろん今までの登場人物も忘れずに 観客にニヤリと
させてしまう使い方をお願いします。
投稿者:むる投稿日:2008-03-02 00:39:29
【ネタバレ注意】

昔の古き良き時代を再現し郷愁感に浸れ、BGMや主題歌を聞くだけで目がウルウルとするところでは「ニュー・シネマ・パラダイス」といい勝負してます。
けど、この映画の見所のCGを使った昔の再現では、空港を飛び立つ飛行機や特急列車の「こだま」なんかは迫力があったものの、例えば、茶川が淳之介の父親と羽田空港で話すシーンなどはいかにもスタジオで演技したものにCGを張り合わせたのが見え見えで、もうちょっとどっかちゃんとしたとこでロケして欲しかったなぁというのが惜しまれるところでした。

投稿者:我餓了投稿日:2007-12-16 21:12:46
昨日DVDで前作を観た余韻がさめぬうち
本日劇場で本作を観てきました。
うん、いい!!!
チョッとサブストーリーが多すぎたり、ベタな
ところが多いという人もいるようですが
ベタをベタとして、しっかり描いてくださった、
そんな感じですね♪
劇場では会場が明るくなるまで席を立つ人が
いなかったことも、映画の満足度が高かった
ことを物語っていました。
おススメですよ☆http://cinecritic.exblog.jp/
投稿者:ノブ投稿日:2007-12-13 20:35:14
【ネタバレ注意】

2007年12月13日
「ALWAYS 続三丁目の夕日」(監督 山崎貴 146分)
話の内容は、昭和34年を舞台にして、芥川賞を目指す小説家とその前に住む自動車修理工場の家族や従業員、近所の人達が織りなす人情喜劇。
全般的に
皆いい人ばかり(詐欺をする男「アニキ」以外は本当の悪人はでてこない。詐欺の手伝いをした男も改心するし、淳之介を連れて行こうとする社長も最後には小説家を認めて引きさがる)、で、話も心温まる話(家族の絆・最後にはうまくいくラブストーリー)で、しかもレトロ調が加わり、本当にホンワカした雰囲気を醸しだしている(CGやセットを使って昭和30年代を再現しているが、自然とその世界に入っていける作りになっている「レトロ調にイヤミがない」)
自動車修理工場の奥さんが、昔の男(スーツ姿でキメている)に会った後、家に帰ってステテコ姿で寝ていて起き上がって屁をこいて去っていくという亭主のだらしない姿をみながら微笑む所とかボロイ色鉛筆しか持っていないでバカにした女の子の為に、東京タワーにのぼる為の貯金をくずして色鉛筆を買い、最後女の子と別れる時にそれをプレゼントとして送る男の子のエピソードとか、笑えたり、心温まったり、伏線に見事にオチがついていたりという演出が随所にあって最後まで楽しくみせる。
ちょっと気になったのは、社長が黙って引きさがればいいのに、車に乗った後「おカネよりも大切なものか」というセリフを言わせたり、小説家と戻ってきた恋人のストリッパーと淳之介(子供)が三人微笑ましく夕日の刺す新橋を渡っている時に淳之介に「三人でいるから幸せなんだよ」というセリフを言わせたりするラストの所がせっかくの良い雰囲気を台無しにしていた(それらのセリフが説明的でクドイ感じがしてボク的には鼻についた。)。
ボクが好きな感じの映画ではないが、心温まり、オモシロイし、それなりに良くできている作品http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:replicant投稿日:2007-12-08 02:11:49
【ネタバレ注意】

前作と今作と併せて1本と考えて良いでしょう。全編、後編という形で捉えた方がシックリきます。そういう風に考えれば、前作より泣けるとか、泣けないとか、感動パターンが同じとか、後半ベタ過ぎ!とか、“そんなのカンケーねぇ!”で御座いますよ。逆に、ノスタルジー町内に住む人々の物語、“三丁目の夕日”町のハナシ以外の何ものでもありませんから、良くも悪くも同じでないと困ります。ただ、前作から進化している部分もありました。今は失われつつある大人と子供の関係がキチンと描かれており、その関係は言い換えると、一億総中流となった日本人が忘れ去ったモノと言えるかもしれません。家に預けられた**の当初の発言や行動が今の多くの子供たちの姿と重なって見えるのはオイラだけでしょうか?夕日町の  そういう意味ではクレしんの“大人帝国”のようなアトラクション的意味合いが強かった前作よりも好感触でした。

まずはオープニング!良かったですねぇ・・・東宝でしか作れないシーンをガツン!と見せられて、胸を鷲掴みにされてしまいました(苦笑)。このトップシーンで前作には無かったスタッフの余裕(「アタシ、ハワイは二度目よ」みたいな・・・(笑))を感じましたね。その後、映画は観客の期待を裏切ることなく進みます。ハンドクリームとか、24色の色鉛筆とかのノスタルジー・ネタ が適度に配されていて、その手の積み重ねが否応なく観客の「あの頃は楽しかったなぁ・・・」的心模様を刺激します。それは美術にも徹底されていて、これは嫌味なくらい(笑)完璧でした!VFXで再現された当時の景色は「ああ、そうだった!そうだった!」と思わず声を漏らしてしまうほど良く出来ています。個人的には羽田空港がツボでしたわ!小学校の遠足で行った時のコトを思い出して、懐かしさが込み上げてきてしまいました。でも、こういう感情こそが、この映画の真骨頂とも言えるんですよね。

監督の山崎貴はストーリーを作り過ぎるきらいがあるのですが、今回も母親(薬師丸ひろ子)の再会シークエンスは全くの不要でした。写真ネタは一つで十分ですよ!というワケで、前作にあった戦争ネタですが、今回の方が自然でした。ただ、写真ネタが被ってるんで印象がばらついたのがもったいなかったですね。試写で分かるだろうから、再会シーンなんてカットしちゃえば良かったのに!

というワケで、次は東京オリンピック・ネタで作るんですかね?で、その次が月面着陸ネタ、次が万博ネタ、その辺までかな・・・・・(笑)

投稿者:リEガン投稿日:2007-11-28 16:00:03
沁み入る懐かしさと泣けるいい話がてんこ盛り。狸が蛍に変わったエピソードのように前作と何ら異なる印象はないが、昭和30年代前半の東京を味わう映画と割り切れば素直に楽しめそう。
投稿者:映画で元気投稿日:2007-11-11 15:06:52
前作が完璧だったから、それを超えることは難しいと思っていたから、そのわりにはよく頑張っていたと思う。
十分楽しめる秀作である。
ただ、前作と比べると、生活感、未来に向かうパワー、これらがずいぶんなくなっていると感じられた。それが昭和らしさを薄めている。
それに、前作と比べて、語りすぎのような気がする。
間を読む、行間を読む、そんなとろが前作は多く、それが感動を誘ったと思うのだが、今作は、登場人物が全部語ってしまい、議論してしまう。
小雪が、こだまのなかで、作品を読むシーンも、なぜ、映像だけでなく、文章を読み綴ってしまったのだろうかと思う。最大の失敗だと思う。
これで、小雪の美しさ、その恋の美しさが、台無しになった。
映像で、観客に小説の中身を想像させるだけで十二分だった。
脚本、演出、どちらも、すこし、心の中で、前作を引っ張りすぎた感がする。
二、三年後、の設定の方がよかったかもしれない。
それでも、必見か。
投稿者:投稿日:2007-11-08 23:04:46
まだ、高層ビルが無く、空が広かった東京・・
私が生まれるずっと前の、古き善き時代・・
レトロでノスタルジックな東京下町に、まるで、タイムスリップしたように、
映像がひろがり、当時の文化の違いを、実感できました。

銭湯、街の様子、当時の電化製品など、見るもの全てが、
とても珍しくて、興味深かったです・・。
(洗濯機から、衣類が、せんべいのように搾り出てきたのは、びっくり・・!)
ミゼットや家電などの、ほとんどが、全国からかき集められた本物だそうですね!

まるで、そこに、実在しているかのような当時の空港や東京駅や日本橋など・・
映像が美しく、VFXの技術も、凄いな・・と感じました・・☆

たばこ屋に、「美智子様、御懐妊・・」の張り紙がありました。
ちょうど、皇太子さまのお誕生前で、
日本は、高度経済成長期へと向かう時代背景だったのですね。

しかも、戦争の傷跡が、まだ、心に残る時代でもあったようでした。
則文(堤真一)が、同窓会から連れ帰った戦友と、
「自分だけ生き残り、幸せでいいのだろうか・・」と、
夜を徹して、涙ながらに語り合いましたが、
実は、その戦友は、亡霊となって会いにきた後輩だったのです。
亡くなった戦友たちへの哀悼の想いや、太平洋戦争で受けた心の傷は、
まだ、癒えていなかったようでした。

終戦から、10数年後の日本・・、
まだ、戦時中の苦しみや、物資の無い、つらい経験が人々の心に存在し、
この頃の人たちには、物のありがたさや、大切さがわかり、
家族が、ただ、共に、元気で過ごせるというだけで、
人が、人として、一日を無事に終え、
美しい夕日を、一緒に見ることができる・・・。
そういうささやかなことにも、きっと、
大きな幸福を、感じることのできる世代だったのでしょう・・・。

物を大切にし、思いやりと優しさをもって、助け合う、協力しあう、
そんな、ほのぼのとした人情にあふれた、三丁目の空間が、
観る者へ、癒しと安らぎを、与えてくれるのでしょう・・。

その当時の人たちの強い想いと、未来への夢と希望が、
国を経済成長へと導き、現在の豊かな日本を、
作り出してくれたのではないかと感じました。

トモエ(薬師丸ひろ子)は、丸い柔和な笑顔で、
細やかな心配りと、優しい愛情でいっぱいの、
昭和のお母さんを、見事に熱演していました。

六子と美加に、縫ってあげた黄色のワンピースを見て、
幼い頃、母に、洋服を縫ってもらったのを、思い出しました。
手作りのワンピースは、心がこもっていて、
とても嬉しかったのを覚えています。

鈴木オートは、現在、港区三田にある
鈴木自動車(メルセデスベンツ正規代理店)の南青山にあった修理工場が、
モデルとなっているそうですね。

竜之介(吉岡秀隆)の執筆活動に、一体となり、全面協力して、
芥川賞受賞や彼らの幸せを、下町のみんなで願い、応援していくなか、

温かいエピソードが、いっぱい、まるでオモチャ箱のように、ちりばめられていて、
(茶川竜之介とヒロミの純愛、淳之介との絆、鈴木家の家族愛、
則文と戦友、トモエと昔の婚約者、一平と美加、六子と武雄、などなど・・)

人と人とのつながり、絆の大切さが、自然に感じられ、
146min.・・時を忘れて、ストーリーに引き込まれました。
子供達が、みんな、しっかり家のお手伝いをしているところも、
印象に残っています。

大笑いしたり、感動が、胸にこみあげたり、涙がこぼれたり、
三丁目の広い空に・・いっぱいに、広がる美しい夕焼けと、
心温まる人たちの交流に、楽しいひとときを一緒に過ごせ、
観た後、清々しい気持ちになれ、happyな余韻が、心に響きました・・。
前作同様に、この続編も素晴らしく、私は、大好きです・・。

この映画を観た日本中の人たち、みんなの心に、
愛と希望の灯が、ともりますように・・・☆
 
投稿者:Longisland投稿日:2007-11-07 17:36:45
32億を叩き出した「三丁目の夕日」から2年、公開前日には前作が陸上波放送と万全の支援を受けた為か初週末興行収入前作の2倍強。(この調子なら50億はまず硬い、東宝目論見は100億超?だとか)公開初週水曜日の渋東は朝一にもかかわらずシニア&中年女性複数連れで5割の入り。その後観た『オリヲン座〜』(東映)に比べ10倍以上の入りは流石東宝&日テレ。

前作で感じた登場人物が多すぎでの散漫は本作で増長。はとこの少女や実父(小日向のいやみさがいい)六子の彼まで加わり輪をかけて登場人物が増加、人物描写が粗雑で駆け足の展開…前作を観ていればその辺の省略が理解できるも、本作初見の観客はどうなんだろう?1本の映画として不味いんじゃない?
その上「急行こだま」や「羽田空港」(GCでここまでできるんだよね〜っていう制作側の自己満足にしか見えず)意味があるとは思えない。
唯一羽田空港を飛び立つプロペラ機が前作のゴム飛行機とオーバーラップしていて前作との関連性を感じたが、キービジュアルが「東京タワー」から高速道路の陰になっていない「日本橋」て変更も…なんか地味。
前作が高度成長時代、貧しいけど「夢」と「希望」があった日本を丁寧に描いていたのに比べ、「金」や「人間の醜さ」が前面にですぎた感じ。
前作で全て中途半端だった(だから良かったんだが)登場人物のその後を馬鹿丁寧に描いた為 作品後半は感動盛り上げで泣かせるシーンがベルトコンベアーのごとく3(4?)連打…腰を据えて一つのエピソードに絞った方が良かったんでない?

蛇足だが、前作であれほど美しかった小雪嬢が、本作ではまったく輝いていなかったことに失望、なんでなんだろう? 「嵐を呼ぶ男」(日活)って丸の内東宝(東宝チェーン旗艦館)で上映したのか? 小さくて解んないけど映画館前看板にあった近日上映「独立愚連隊」Dir:岡本喜八って時代がちいとずれてない?

なんだか疑問と不満も多いが、エンディングロールの8mmを思わせる映像が一番泣けた(苦笑
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-11-07 12:20:17
【ネタバレ注意】

一作目について私は「タヌキに騙された…?」と表現したのだが、その騙され感は落語の人情噺に通じるところがあり、決して悪くはなかった。物語も巧みに重ねられていたと思う。
しかし、続編の本作品に私は結局入り込めず仕舞いだった。登場人物も前作ほどの弾けっぷりはなく、唯一エピソードらしいエピソードの「芥川賞」をめぐる話も展開がミエミエだっただけにつらい。

もっともそれは、前作で舞台となる昭和30年代初めの風景にすっかり慣れてしまったからかも知れない。前作ではその驚くべきVFX技術が描く昭和30年代の風物と物語が融け合い、不思議な浮遊感を醸し出していたが、この作品ではそうした感覚は乏しい。何より前作にあった「明日」を見据えていたあの時代の奇妙な明るさが、この作品にはない。
だからエピソードを「現代」に置き換えたとしてもさほど違和感がないようなものばかりなのだ。物語の浅さは、前作のような完結した小宇宙のなかであれば許せるが、現代にも置き換え得るお話になってしまうと、ただ単に「浅い」だけになってしまう。

さらにいえば、「VFXでこんなこともできるんだよ」という意思が前面に出すぎてしまった感がある。もう一度しっかり比較してみないと詳細はいうべきでないのかも知れないが、この作品では随分VFXの粗が目立つように思う。
前景と後景のピントがおかしいとか、背後を歩く人物にパターン?があり、動きがぎこちないとか。映像表現の罠に、世界を広げたが故に陥ってしまったのではないか。「三丁目」から外へ出るべきではなかったのだ。物語も映像も。

「ゴジラ」が登場する冒頭のつかみは、私的にはOKだった(苦笑)のだが、あえなく失速。上映時間も長すぎる。
幸運が重なった成功があったからといって、続編に期待すべきではない、ということか。

投稿者:movie_love投稿日:2007-11-06 00:53:40
この監督は前作、「リターナー」を撮ってるんだけど、進歩がないなあ。
前作よりも浅く人間ドラマに奥行きがない。
オープニングは笑える人と「なんで〜?」という人に別れて私は後者であった。
前作は確かにある程度「昭和」を感じさせてが本作では特に「昭和」を感じることも無い。
淳之介が大きくなってしまったのはしかたないのだがくだらんVFXに金を使う暇があれば淳之介の身長でも淳之介VFXで違和感を減らした方が良かったかもしれない。

堤真一の戦時中の仲間との同窓会は何だったのか?
薬師丸ひろ子の昔との恋人の再会は意味があるのか?
堤家の新しい居候となった女の子がどうやって打ち解けていくのか?
飛行機をVFXで見せる意味はあるのか?
こだまをVFXで見せる意味はあるのか?
路面電車をVFXで見せる意味はあるのか?
なぜラスト東京タワーから見る東京全景を写さないのか?
銭湯の中をなぜ写さないのか?
ダンサーの劇場内をなぜ写さないのか?
映画館の中(見てるシーンではなく)をなぜ写さないのか?

という具合で私などが本当に見たいものを見せてくれなくてどうでもいいもの
を見せてくれる。昭和であれ人間ドラマであれVFXはなくても見せれる、
感じれるもので、それにいかにVFXを有効活用するかが映画の見せ所なのに
本作では何がVFXを有効活用して見せてくれたのだろう・・・・

小日向文世が前作同様嫌な役柄を演じているがアクが強すぎて「それでもボク
はやってない」「HERO」「遠くの空に消えた」どの役柄も好きになれない。

初日公開は1作目の3倍のペースということで喜ばしいことだ。
しかし奥行きのない映画が観客に受け入れられるというのは見る観客のレベル
が下がっているということ。

それは「男はつらいよ」という名作が(失敗作もあるが)忘れ去られ「釣り
バカ日誌」の時代(時々良く出来てる作品もあるが)、うわべは楽しいが感じる、
思う、考えるということを不得手なものとして捉えていく時代になっていって
いるのであろう。
投稿者:きゃる投稿日:2007-11-03 23:44:02
東京国際空港(羽田空港)のプロペラ機、151系「こだま」の車窓など
感動モノのVFXには、大満足の映画に仕上がっています。
ドラマとしては、伏線がベタで先が読めてしまって残念でした。
テーマ曲の「花の名」の歌詞の中に「金より大切なもの」のヒントがあります。
スタッフロールで、飛んでくるゴム飛行機の意味は何でしょう?
投稿者:hanya投稿日:2007-10-31 23:03:15
初っ端から一気に連れて行かれました。
前作より深みが増した感があります。
緩急の振り幅は狭くなりましたが、その分、実が詰まってます。
役者さんたち皆が、この作品が好きで人が好きで演じているのだろうなあと思いました。
鈴木オートの人々が好きです。小道具やなんかの使い方や何気ない仕種なんかがすごくコミカルで面白かった。

ただ、すごく綺麗だし力作なんだけど、あまりに背景VFXに凝りすぎてないかな、というシーンもありました。あくまで背景はさりげなく、がいい。役者より背景が前に出たらいけないと思う。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞吉岡秀隆 
 □ 助演男優賞堤真一 
 □ 助演女優賞堀北真希 
  薬師丸ひろ子 
 □ 監督賞山崎貴 
 □ 脚本賞古沢良太 
  山崎貴 
 □ 音楽賞佐藤直紀 
 □ 撮影賞柴崎幸三 
 □ 照明賞水野研一 
 □ 美術賞上條安里 
 ■ 録音賞鶴巻仁 
 □ 編集賞宮島竜治 
【サウンド】
『花の名』
歌 :BUMP OF CHICKEN
【レンタル】
 【Blu-ray】ALWAYS 続・三丁目の夕日レンタル有り
 【DVD】ALWAYS 続・三丁目の夕日レンタル有り
 【DVD】「ALWAYS 続・三丁目の夕日」ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつレンタル有り
 【VIDEO】ALWAYS 続・三丁目の夕日レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,571
2新品:¥ 1,990より   18中古品¥ 365より 

【書籍】
■原作
【コミック】 夕焼けの詩 60 (ビッグコミックス)
新品:
2新品:¥ 566より   4中古品¥ 200より 

【コミック】 三丁目の夕日 夕焼けの詩 59 (ビッグコミックス)
新品:
2新品:¥ 566より   9中古品¥ 297より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (9) (ビッグコミックス)
新品:
2新品:¥ 545より   17中古品¥ 29より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (8) (ビッグコミックス)
新品:
2新品:¥ 545より   16中古品¥ 26より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (7) (ビッグコミックス)
新品:
10中古品¥ 67より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (6) (ビッグコミックス)
新品:
1新品:¥ 545より   11中古品¥ 92より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (5) (ビッグコミックス)
新品:
9中古品¥ 92より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (49) (ビッグコミックス)
新品:
14中古品¥ 41より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (48) (ビッグコミックス)
新品:
10中古品¥ 1より 

【コミック】 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (47) (ビッグコミックス)
新品:
5中古品¥ 315より 

■ノベライズ
【単行本】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 完全ノベライズ版
新品:
7中古品¥ 94より 

【文庫】 ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)
新品:
82中古品¥ 1より 

■映像関連書籍
【単行本】 ALWAYS続・三丁目の夕日オフィシャル・フォト・ブック (日テレBOOKS)
新品:
1新品:¥ 2,000より   8中古品¥ 396より 

Amazonで「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION