allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベニーズ・ビデオ<未>(1992)

BENNY'S VIDEO

メディア映画
上映時間105分
製作国オーストリア
公開情報劇場未公開
ジャンルドラマ/サスペンス
ミヒャエル・ハネケ DVD-BOX1
参考価格:¥ 11,970
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-09-03 22:00:00
要するに豚さんと少女は少年にとっては同じグレードなんだよね。ハネケの映画の中では主人公の心理も結末もわかりやすいからお勧めです。
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-01-10 22:07:15
う゛〜ん、やはりハネケ
投稿者:montag投稿日:2007-02-14 04:28:25
【ネタバレ注意】

隣に座っているモンスターに邪魔されて
まともに運転できないだけではなく、
しまいにはモンスターにハンドルをひっこ抜かれ
車が暴走し始めるという『悪魔の毒毒モンスター』のシーンを、
主人公の少年は繰り返し見ている。
もちろん、このシーンは少年の家庭の比喩。
ハンドルを失ってこの家庭は暴走し崩壊する。

殺される豚の断末魔の痙攣シーンも、
少年はビデオで執拗に巻き戻して見ている。
ビデオの中にしか「リアル」を見ることの出来ない
少年の心の崩壊が何度もさらけ出されるようで、
見ている我々は凍りつく。
少年には、ビデオ以外の現実世界は
現実として認識されていない。
床にこぼれた血を拭くこととテーブルにこぼれた牛乳を
拭くことが、少年にとって等価だということを
示す場面は、だから、限りなく怖い。

だが、この映画の怖さはそこで終わらない。
そんな風に壊されてしまった少年が家庭に復讐するラストシーン!

投稿者:Bava44投稿日:2006-12-08 01:12:29
【ネタバレ注意】

冒頭、豚を屠殺するビデオ映像(本物)から始まり、観客を引かせる。
主人公がビデオレンタル店で『悪魔の毒々モンスター』を借りているという笑えるシーンもある。

中学生の少年が女の子を殺して、それをビデオに撮るという、ハネケ作品でも一番ヤバイ作品だと思うが、
少年犯罪+ビデオドロームと単純に言ってしまうとハネケ監督に失礼だろう。
本作の優れたところは『屠殺映像を見ていた少年がテレビの入力を変えると、ニュースでコソボ紛争の映像が
流れている』といった演出をしている点だ。狂っているのは子供だけじゃない。そのような監督の意思を感じる。

そして何といってもラスト近くにあるエジプト旅行中のビデオカメラ映像を使ってのシーンが「映画芸術」として
最高ランクに位置するようなことをしています。(バッハの音楽がBGMとして流れる中で、貧しい庶民の生活と
苦悩する母の姿、そして教会。)勿論この部分だけを観ても何のことかは分からないだろう。しかし、映画全体の
救いの無い雰囲気のなかでは逆に意味が出てくるのだ。ストーリーや描写に妥協はない。それ故にハネケの才能を
見抜けずに墓穴を掘る人がいるのは残念だと思う。無論ハネケ自身も凡庸な追従よりも凡庸な批判を望むだろうが。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ミヒャエル・ハネケ DVD-BOX 12007/01/12\11,400amazon.co.jpへ
 【DVD】ベニーズ・ビデオ2007/01/12\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ベニーズ・ビデオレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION