allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

Gガール 破壊的な彼女(2006)

MY SUPER EX-GIRLFRIEND

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2007/02/10
ジャンルコメディ/ロマンス/ファンタジー
ボクノ元カノは
Great
Glamourな
史上最狂逆ギレ
Gガール!!
Gガール 破壊的な彼女 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 2,314
USED価格:¥ 798
amazon.co.jpへ

【解説】
 「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のユマ・サーマンが嫉妬深いスーパー・ガールを演じたラブ・コメディ。共演に「キューティ・ブロンド」のルーク・ウィルソンと「最終絶叫計画」のアンナ・ファリス。監督は「ゴーストバスターズ」「ツインズ」のアイヴァン・ライトマン。
 メガネにブラウンヘアの女性ジェニーの正体は、スーパーパワーでニューヨークの平和を守るスーパー・ヒロイン“Gガール”だった。そうとは知らず、設計会社に勤める冴えない男マットはジェニーと恋仲に。やがてジェニーから正体を打ち明けられたマットは、驚きつつも大喜び。順調に見えた2人の交際だったが、ジェニーの激しすぎる性欲と人並みはずれた嫉妬深さに恐れをなしたマットは次第に彼女から離れていく。そして、心優しい同僚のハンナに気持ちが傾いていった。しかしそんなマットの心変わりを嫉妬深いジェニーが受け入れるはずもなく、彼女はGガールに変身すると、マットとハンナの仲を引き裂こうと、破壊的な妨害工作を開始するのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
431 7.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:MAKO投稿日:2014-12-23 02:02:31
手足が長く、整った顔のユマサーマンが嫉妬に狂う様は
妖怪・モンスターじみて怖いな〜と思った。

童貞かよってキュートな悪役、マヌケな主役、
とにかく気持ち悪い友人など、愉快な登場人物が
飽きさせない。

何よりも一番はCrazy Bitchと啖呵をきる
アンナ・ファリスちゃんがGoodでした。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-23 22:55:52
バカバカし過ぎる。
投稿者:frevan投稿日:2012-08-19 16:32:20
スーパーガールであるユマ・サーマンはコミカル。彼女が特殊であることを除けば、どこでもありそうな人間関係の描画に意外とリアリティを感じる。
間抜けに描かれてるマットが最後にキメルのは良い。
ユマ・サーマンもアンナ・ファリスもかわいらしく、ハッピーエンドで終わるのは後味もよく◎。
投稿者:uptail投稿日:2012-06-01 09:49:31
演出:6
演技:6
脚本:6
音響:6
投稿者:namurisu投稿日:2011-11-14 16:49:53
描き込み5点。女のほうがよっぽど面白い。アホなミュータントよりも。恋愛も戦いだ。
投稿者:scissors投稿日:2011-07-11 08:57:31
これはうる星やつらのラムだな。
あれがネタ元ですと言われたらとても納得する。
投稿者:黒美君彦投稿日:2011-07-10 22:32:29
お色気系SFコメディ…と一言でいってしまえばそれで終わりという代物(笑)。原題が“MY SUPER EX-GIRLFRIEND”なので、冒頭から破局は予想できるけれど。ユマ・サーマンのGガールぶりは面白く、ヒロインでありながら、嫉妬深く怖い!というのがツボですね。
とはいえ箸にも棒にもかからない、というほどひどくもなく、それなりに楽しめる小品に仕上がっていると思います。ハンナ(アンナ・ファリス)は「Gガール」でなく何と呼ばれるのかな。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-05-03 21:29:19
【ネタバレ注意】

お馬鹿?なコメディなのにポテンシャル全開の彼女…はっきり格が違うような。
〜ただ周りの方がコメディは本職…そんな中での応酬は結構壮絶であります。

スーパーマンと同じ様な力を何故か学生時代に隕石からゲットした彼女〜ウィルの「ハンコック」じゃないが、ほぼ運命から逃れられないが故に人助けしてます〜助けられるのに助けなかった=殺人→それは嫌、的な。
故にストレス溜まりまくり〜眼鏡に髪ボサボサの学芸員…が中身は幸せになりたいマジメな女の子だったりするのだが、前の彼女と別れて半年、兎に角行け!って友達に嗾けられたルークにコクられて、もう彼女の中には、この女の子的な幸せは逃さない…絶対に…逃さない、って激しい意思しかありません(その中には可愛い仕草や表情、及び料理にコスプレまで含まれてます)。

ダブルデートの筈が3人で食事ってレストランでルークをアンナと2人きりにしたくない彼女、ロケットが地球に落ちるとかの報道に軍隊がなんとかするでしょ…とか全く動く気配なし(ある意味真剣勝負?のような)〜まぁ結局は出動するんだが戻った彼女の見たものは……ウーマ怖いです〜でブチ切れた表情(凄いです)…そして彼女がとる行動〜壮絶なんだが何故か笑えます。
ルークも元々長年思い続けた相手でもないので別れたくて仕方ない〜って計画の後は、スーパーパワーを持つ彼女の超恐ろしい復讐の日々が…

絶叫計画シリーズにウーマ・サーマンが飛び入りして全部持っていっちまった様な作品…高度数千メートルでセックスをするわ、そのまま車道に落下してゆくわ、騎乗位でベッドを壊すわ…つまりが多少品性に欠ける作品ではあるのだが、品性なんて知ったこっちゃない。別にハイソな訳でもないっての。それはそれは笑えます。

投稿者:電気ショック投稿日:2009-09-30 01:49:02
【ネタバレ注意】

 乱暴で嫉妬深くて支配的でも裏をかえせば自分を愛してるってことでしょ
彼女だけをみて、他の女性をみなければ心強いガールフレンドだと思うよ
こんな彼女なら結婚して髪結いの亭主になってでも支えになりたいです。


投稿者:ベッカー投稿日:2009-06-05 15:52:06
力を得たからといってネクラな人間が調子に乗るな、とのイヤな教訓も読み取れますが、最後はマルく収めてしまうので、それは付けたりに過ぎないようです。冒頭から学生寮レベルの下ネタまみれで、まず、独りで観るタイプのコメディでしょうね。
微笑を催す場面も若干アリ。胸元のボタンを外されていくと、下からデカイ「G」の文字が・・・。ここは「B」のニオイが強くて好きです。
ともあれ、メイキングで当事者たちが自賛しているほどの快作ではありません。
投稿者:まくらK投稿日:2008-08-22 17:20:48
【ネタバレ注意】

アンナ・ファリスがハイパー化したのでもええんやったら
ユマ・サーマンでもよかったんちゃうん。
若いほうがええか。ええのんか。

ルーク・ウィルソンてCSIのニック君のジョージ・イーズに
顔の造りから表情からソックリなんやけど
オーウェン・ウィルソンの弟やって?
全然違うやん!ふけてるし!
・・・・
コメディとしては、まああんなもんかな。
ハリウッドではあれがせいいっぱいか。
爆笑させてくれるような映画はないもんか。
ムダにエロい。
ユマの女優根性に敬服。

投稿者:歌王投稿日:2008-07-24 07:42:58
【ネタバレ注意】

ヒーローものとして新鮮味もなく、さらに下ネタまみれの前半があまりにも退屈なのがポイント下げてますが、お気楽コメディとしてまずまず面白いです。ユマの異常な嫉妬心があらわになる中盤以降は、アメコミヒーローものの亜流というかパロディ的な面白さが出てきます。中盤までは我慢して見ましょう。

しかしいかにB級作品とはいえ、このやっつけ気味な邦題はどうにかならなかったんでしょうか。韓流の手法を他国の映画に使うと、なぜだか十把一絡げ、粗製濫造というイメージになってしまうような…こういうのがあると、アタマ使わずに原題カタカナ表記のほうがマシと思えてきます。

見所は二人のヒロインの可愛らしさしかないので、そこだけ見てても楽しめます。しかし見た目からしてキュートすぎるアンナは当たり前としても、ムリめ美人系のユマがどうしてあんなに可愛く見えるのかが謎です。特に、仲直りの花をもらうシーンの表情とか最高で、やっぱすごい女優さんです。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-05-24 21:05:12
どうしてこういった思いつきで書かれたようなシナリオが映画になったのかが不思議。個人的には「エボリューション」より見所が少なかったと思う。半星だし、お勧め度も35点。
投稿者:さとせ投稿日:2008-05-17 20:41:48
ジェニーはGガールである。女に縁の無いマットは電車内でジェニーをナンパする。ジェニーは変人で破壊的でマットはジェニーの魅力にはまってしまう。しかし、異常なジェニーに懲り懲りなマットは彼女との別れを決意、ジェニーは狂ったようにマットの邪魔をするようになる・・・。
女版スーパーマンだと思って見ていたら中盤から後半にかけて展開が変わり復讐コメディに早代わりする。演出は中盤前半でワンパターンになりつつあったが展開を変えることにより最後まで持った。DVDで鑑賞したが5.1chはアクションシーンのみに効果がある。エンドクレジットもアニメを使用することで長さを感じさせない、特に笑えたのが、女の戦い時にサーマンにアンナ・ファリスが「そのでかい足で踏まないで」か何かを言った時、快作と言おう。
投稿者:irony投稿日:2008-04-22 17:35:45
【ネタバレ注意】

 健全な力が宿る訳じゃナイ(笑)まぁ学生時代のポジションがアレだから振り幅が大きいのだろうね その点男はある程度受け入れているというか諦めているのか・・・? 危険な情事のスーパーガール編みたいで一応ハッピーエンドなワケ アンナ・ファリス ルーク・ウィルソンあたりでまともなスーパーヒロインものじゃないと踏んでいたけど、これは傑作爆笑コメディです。

投稿者:ジーナ投稿日:2008-04-16 02:43:20
本当に女が強い作品が増えてきましたね(笑)
特に笑えるような描写はありませんでしたが、主人公と男友達の会話はリアルで面白かったかも。
くだらないコメディも嫌いじゃありませんが、さすがに終盤はアホくさくなり過ぎだったかな。
下ネタが多いのでお子様には見せられません。
投稿者:Flamingo投稿日:2007-03-19 04:16:40
ユマ・サーマンってどんどん美しくなってゆかれますね。。。
「BeCool」のユマ・サーマンもビューティフルでしたが、
Gガールのユマ・サーマンは強靭な中に美を感じました。
ルーク・ウィルソンは「キューティー・ブロンド」の印象が強かったので
この役は「はまり役」とは言えない感じがしました。
ハッピー・エンドの映画は大好き!
投稿者:tarecho投稿日:2007-02-04 12:27:38
笑えてテンポも良い。キャスティングもgood!
以下、プロダクションノートからの引用。

>>アイヴァン・ライトマンにとって、ジェニー役を演じられるのは、ユマ・サーマンただ一人しか思い付かなかったという。「この役をほかの女優の誰が演じられると思う? 実物のユマは特別な存在だ。素晴らしい女優であり、ゴージャスでもあり、『キル・ビル』と『キル・ビル Vol.2』で、激しいアクションも演じ切っているからね」。一方、ユマ・サーマンは、直感でジェニー役を引き受けて良かったと思った。「映画作りの中でも、コメディは本当に楽しいので、いつもやりたいと思っているわよ。ジェニーが神経質で傷つきやすい女性であると同時に、スーパー・ヒロインであるというアイディアが気に入ったの。ジェニーのような女性は、実際にこの世にはいないわよね。彼女は、いつも怒っているけれど、そんなジェニーを演じるのは、すごく楽しい。ライトマン監督は、マヌケに見える危険を冒すほど、ジェニーをいくらでも大げさに演じてもいい、と言ってくれたわ」
投稿者:kattachi投稿日:2006-12-21 14:43:48
【ネタバレ注意】

Gガールが正義の味方のヒーローなのに、性格的には問題があるところがケッサク。ウッカリ彼氏になってしまったウイルソンがどうにも情けなくてよい。「うる星やつら」を実写化したらこんなになるかもという映画。ちょっと大変でも、こんな彼女がいたらいいな。スーパーマンの裏話みたいで、こういう映画は大好きです。さすがベテランのライトマン監督。

投稿者:ASH投稿日:2006-12-11 19:04:16
【ネタバレ注意】

 アメコミや、スーパーヒーローものも隆盛を極めてくると、その主流から少し外れた作品を作ろうという意図が製作者側にも生じてくるわけですね。つまり、その手の映画の定石を観客は既知しているわけだから、この設定を拝借して正統なスーパーヒーローものとは違ったものを作ろうと。例えば、スーパーヒーローものと学園モノをくっつけた「スカイ・ハイ」とか。

 で、これは言うまでもなくスーパーヒーローものにラブコメの要素をくっつけたわけですよ。当然、そういう女性が相手だから、フッた時の仕返しが常人のソレとは比較にならんわけで、その破壊的なパワーがギャグとしてキチンと昇華されていると。で、感心したのがジェニーがなぜゆえスーパーパワーを身に付けたのか、その説明が実にさりげな〜く描かれていること(説得力? んなモン要らんよ)。

 英雄には悪漢が付き物なのもキッチリと踏まえていますね。でも、ベドラム教授は自称「超悪玉」で、実際、どんな悪いことをしているのか全然分かんないんですよね。で、教授がGガールをつけ狙う真意、これが愛するがゆえの憎悪なんです。男子としては、これは痛いほどよぉ〜く分かります。

 ジェニーとマットとハンナの3人がレストランで会食する場面が出色です。なぜか、ミサイルが飛来して壊滅的な破壊をもたらされる危機が迫ってきたとき、マットがジェニーに「誰かが何とかしないと…」と促すシーンは笑えます。ルークの眉毛の動かし方に注目! 上手いです。

 しっかし、ユマのコメディエンヌぶりっていいもんだね。Gガールの激しい騎上位でベッドが軋むときにラテン音楽を流すセンス、最高! あんなに動かされると中折れしないか? それと「絶叫計画」シリーズ以外で見るアンナ、やっぱりキュートだわな。ユマと並ぶと背がちっちゃいことが分かります。

 で、この映画、「女は強い」ということを痛感しますね。スーパーガールたちを見送った男どもは、完全に鞄持ちなのね。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 格闘シーン賞ユマ・サーマン ユマ・サーマンvsアンナ・ファリス
  アンナ・ファリス 
【レンタル】
 【Blu-ray】Gガール 破壊的な彼女レンタル有り
 【DVD】Gガール 破壊的な彼女レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION