allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

9.11への道(2006)

THE PATH TO 9/11

9.11 アメリカ同時多発テロ 最後の真実(テレビ朝日)

メディアTVM
放映日2007/01/14
放映時間20:00〜24:45
放映曜日日曜日
放映局WOWOW
製作国アメリカ
ジャンルドラマ

【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
ささきいさおハーヴェイ・カイテルジョン・P・オニール FBIテロ対策担当
家中宏ドニー・ウォールバーグカーク CIA工作員
納谷六朗ウィリアム・サドラーニール・ハーマンFBI特別捜査官
野沢由香里エイミー・マディガンパトリシア CIA上級分析官
原田晃ケヴィン・ダンサミュエル・バーガー補佐官
野島昭生スティーヴン・ルートリチャード・クラーク連邦テロ対策調整官
放送2009/09/13 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
319 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Hoppy!投稿日:2010-05-09 13:47:16
さてさて、こちらの作品はテレビで初めて観たのだけど、
よりリアリティに溢れてましたな。

事件をとりまく外交の事実やらが、とにかく国交としての難しさと、時間が迫ってくる切迫感が見物。

懐かしいような顔ぶれが・・・と思えば、ドニーウォルバーグ!
80年代末期のアイドルグループ歌手時代以来か?って、そんな好きなグループでもないので、嬉しい感はあまりないけど。
マークに負けず、似たようなw猿顔で頑張ってるなぁ、と。

さらに!24のあのゴリ女!シェリーパーマーが!おこがましくも、ライス長官役で出演!
シェリーパーマーだけに、なんか悪さしそうな展開がありそうでなさそうで・・・

いかなる時にいかなる判断が下せるか、人間というものがどういう者なのか、
中東の争いも含め、人間界の信仰やあるべき姿とは何か、色々考えさせる事があった。

割とドキュメンタリーとして展開していくので、もう少しドラマ性やらメッセージ性を盛り込めば
今後の平和記念碑としての作品となったのではないだろうか。http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:william投稿日:2009-10-08 22:45:02
登場人物を実名で使ったところでリアリティの高さは感じられたが、テロに対する恐怖はあまり伝わってこなかった。
投稿者:Matrix投稿日:2007-04-20 23:20:58
9・11以前の出来事は、あまり知らなかったのですが色々と繋がりがあり、FBIも懸命の捜査をしていた様子が伺われました。平和外交とのバランスとか、先制攻撃もやむなしとか、色々な立場の発言も聞けて、面白かったです。
 ただ、テロの本質というか、根本原因には迫りきれていないように感じました。ドキュメンタリーではなく、かなり脚色が勝っていて「911ボーイングを捜せ」などの映像と比べてみると核心に迫れるのかな?とも思えます。
投稿者:bond投稿日:2007-01-18 09:49:15
構成がしっかりしており、長さを感じず最後まで観れた。全編通して緊迫感が維持され、特に終盤のWTC激突で頂点に達する。米国諸機関同士のエゴが破滅を招いた。
投稿者:irony投稿日:2007-01-15 18:03:11
 4時間34分に及ぶこの作品は9/11独立調査委員会が93年の貿易センタービル爆破事件から9/11テロまでの政府の失態と各組織の協力体制の無さや民間航空会社のチェックの甘さそしてその対応への政府に対する勧告を描いた作品ですので内容的には凄く物足りない…何故テロを防げなかったのかというものしか描かれていないので個人的にはテロリスト達…彼等が何故反米なのかが描かれていないので作品的に深みが全くないのだ…彼等が口を開けばアメリカは死ねとか悪魔としか簡単な罵倒しか出てこない…アメリカの過去の外交政策とリンクさせれば非常に面白い作品になったのではと残念に思った…せっかく4時間34分と言う時間と労力を注いだのだから。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION