allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゴーストライダー(2007)

GHOST RIDER

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2007/03/03
ジャンルアクション/アドベンチャー/ファンタジー
拳(フィスト)にチェーン、魂(ソウル)に正義。

運命の鎖に繋がれたアナザー・ヒーロー。
ファースター 怒りの銃弾/ゴーストライダーTM [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 1,806
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
製作:アヴィ・アラッド
マイケル・デ・ルカ
ゲイリー・フォスター
スティーヴン・ポール
製作総指揮:スタン・リー
ノーマン・ゴライトリー
デヴィッド・S・ゴイヤー
E・ベネット・ウォルシュ
アリ・アラッド
リンウッド・スピンクス
原案:マーク・スティーヴン・ジョンソン
脚本:マーク・スティーヴン・ジョンソン
撮影:ラッセル・ボイド
プロダクションデ
ザイン:
カーク・M・ペトルッチェリ
衣装デザイン:リジー・ガーディナー
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:クリストファー・ヤング
音楽スーパーバイ
ザー:
デイヴ・ジョーダン
出演:ニコラス・ケイジジョニー・ブレイズ/ゴーストライダー
エヴァ・メンデスロクサーヌ・シンプソン
ウェス・ベントリーブラックハート
サム・エリオットケアテイカー
ドナル・ローグマック
ピーター・フォンダメフィストフェレス
マット・ロングジョニー・ブレイズ(青春期)
ラクエル・アレッシロクサーヌ(青春期)
ブレット・カレンバートン・ブレイズ
ローレンス・ブルース地のグレジル
ダニエル・フレデリクセン水のワロウ
マシュー・ウィルキンソン風のアビゴール
ギブソン・ノルティスチュアート
【解説】
 マーベル・コミックの人気キャラクターをニコラス・ケイジ主演で映画化したアクション・アドベンチャー。地獄の炎に包まれた天才ライダーと悪魔たちとの壮絶バトルが展開する。共演は「最後の恋のはじめ方」のエヴァ・メンデスと「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ。監督は「デアデビル」のマーク・スティーヴン・ジョンソン。
 危険なバイクスタントのショーで人気を博す天才ライダー、ジョニー・ブレイズ。そんな彼にはある秘密があった。17歳の時、病気の父親の命を救うため、悪魔メフィストと取引をして魂を売り渡してしまったのだ。自らの運命を悪魔に握られていたジョニー。そして彼が30歳の時、メフィストが再び彼の前に現れる。メフィストはジョニーに魔界の反逆者ブラックハートを捕らえるよう命じる。メフィストにより魔界の力を得て、ゴーストライダーとなったジョニーは、“地獄(ヘル)バイク”に乗ってブラックハート率いる悪魔軍団を追いつめていくが…。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
大塚明夫ニコラス・ケイジジョニー・ブレイズ/ゴーストライダー
佐藤あかりエヴァ・メンデスロクサーヌ・シンプソン
伊藤健太郎ウェス・ベントリーブラックハート
小林清志サム・エリオットケアテイカー
石住昭彦ドナル・ローグマック
川中子雅人マット・ロングジョニー・ブレイズ(青春期)
有本欽隆ピーター・フォンダメフィストフェレス
水内清光ブレット・カレンバートン・ブレイズ
放送2010/05/14 日本テレビ 金曜ロードショー
【関連作品】
ゴーストライダー(2007)第1作
ゴーストライダー2(2011)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1579 5.27
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 04:35:49
もっと若い俳優にやらせた方が良いと思う。
投稿者:クリモフ投稿日:2015-05-31 13:33:15
ニコラス・ケイジの(行き過ぎた)コミカルさを味わうには最高の一本。これを見ると、「ワイルド・アット・ハート」も地なんだなぁ、ということがわかります。
ピーター・イージーライダー・フォンダも出ています。流石ですね。見直しました。エバ・メンデスは良い乳です。
いったいどんなコミックかは知る由もありませんが、オタクのケイジが主演なのだから間違いない。この人にはもう好きなことをやり抜いてほしいです。
投稿者:長春投稿日:2011-08-07 15:34:58
【ネタバレ注意】

「悪魔との契約」で魂が奪われると言う話だから、メフィストに魂を奪われないように駆け引きする話かと思って見ていた。だから、途中までなんか腑に落ちなかった。中盤から「メフィストに魂を奪われ『地獄の警察官』として、『地獄から抜け出した悪魔』や『地獄へ行くべき人間』を処分する」という話だと分かった。そうしたら、面白く見れた。

悪魔は罪の意識がないから『地獄の警察官』の眼の力では地獄に送り込めないが、人間の魂と一体化した悪魔は人間の魂ごと『地獄の警察官』の眼の力で地獄に送り込めると言う結末も納得できた。

投稿者:なちら投稿日:2010-10-13 00:02:49
S・エリオット…カッコエェ〜!ただ立っているだけでも渋いんだよね。
噛みタバコをペッとやる姿なんか素敵すぎ。留まっていた理由も泣けるなぁ…。

知り合いにこの作品は受け入れられないっていう人がいるけど、自分は大好き!
ヘルバイクもカッコイイし、頭が燃えちゃってる骸骨なニコラスがムハハハハって笑うのもテンション上がる。

P・フォンダは絶対にS・エリオットを泳がしてただけでしょ。
P・フォンダが悪魔だよ?何でもお見通しに決まってるよ。
投稿者:terramycin投稿日:2010-07-14 00:51:02
B級映画のにおいがプンプンする序盤。

灼熱+骸骨=パワー。

敵を倒していく爽快感はある。
投稿者:william投稿日:2010-06-09 12:08:04
ホネホネロックになってしまうニコちゃんは、ある意味笑ってしまう。
何でもかんでもアメコミを映画にすればいいってもんじゃないね。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-06 15:33:13
主演のニコラス・ケイジがやる気満々の
「ゴーストライダー」
日本人には理解できないアメコミの真髄がここにあります。
http://mototencho.web.fc2.com/2007/gostr.html
投稿者:gapper投稿日:2010-01-14 22:49:47
 21世紀に入って多くなった、アメコミヒーロー物。

 Blu-ray で鑑賞。そのせいか、結構楽しめた。
 いつもはDVDなので、とても映像がきれいでGood。
 音楽もクリアで満足。

 しかし、ヒーローのゴーストライダー(ニコラス・ケイジ)があまりかっこよくない。
 むしろ、カター・スレイド=ケアティカー(サム・エリオット)の方がかっこいい。
 ロクサーヌ(エヴァ・メンデス)も美人という感じがしない。

 CGも実写とあまり融合性が良くないので、臨場感にかける。
 「ブレイド」のような自分を信じきったかっこよさ(見方によってはへんてこな)も無い。
 だいたい、あんな髪の薄くなったヒーローなんて・・・
 でも、楽しめた。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 23:26:21
ラクエル・アレッシ
投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-12-02 11:23:52
 
見忘れてたんでDVDにて鑑賞。

感想としてはまあ皆さんが書かれているとおりで、ストーリーが弱い。
主人公の成り立ち(父親の命を救うために悪魔と契約して僕となる)は面白いと思ったが、これは原作の手柄。
ヒーローモノはいかに強くて魅力的な敵役を出せるかがカギだと思うんだけど、この映画の敵役4人組、ものすごくカッコつけて出てきたのに、ものすごく弱い。ショッカーの戦闘員ぐらい弱い。だもんで危機感とかスリルがなく、最後まで盛り上がりに欠ける。残念。

ヒロインはかわいくてグラマーで申し分ないんだが、主人公が妙にノホホンとしたキャラ(ボヤーっとした顔のN.ケイジはミスキャストだと思う)で、何というか「一緒にいたいけど彼女の身に危険が及ぶから一緒にいれない…」という、アメコミヒーロー的苦悩が感じられないのがツラい。
ケアテイカーが実は…というのは良かったんだけど、出てきただけで終わっちゃうので驚かされる。おまえも行かなくてどうする。

そのかわり、画は実にいい。
スパイクつきの革ジャンにチェーンで決め、全身から炎燃やしながらガイコツ風ギンギラチョッパーにまたがるゴーストライダーの画は、いきすぎてマヌケでさえあるんだが、実にかっちょいい。CG技術バンザイ。
この画のかっちょよさだけで、見終わった後は「あれ、なんとなく面白かったな?」と思ってしまった。

続編作る気満々のラストだったし、ストーリーさえ練ればいけると思ったんだけど、いっこうに続編が作られないのはやっぱり一作目がコケたからか。
投稿者:BLADE投稿日:2009-04-18 23:17:37
何とも悲しい映画ですw
何でこんな映画作ったんだろう?
かっこいいのはコミックの世界でないのかな?
がんばって実写化したけど、平凡なストーリーといい、平凡な割には出演人が豪華という不思議な組み合わせ。
誰か、スタッフでもいいから、この脚本じゃ面白くないと言うべきだったろうねw
正直ゴーストライダーのかっこよさだけというw
素晴らしいねwアメリカでヒットしたのは、やはりコミックが支持されているからか。ある意味、ドラゴンボールといい勝負かもww
ピーター・フォンダと彼の吹き替えを担当した小林さんに拍手www
投稿者:TH投稿日:2008-11-29 22:20:44
私は44歳のバイク乗りですがこの映画はイイ!!
1 主人公のバイクスタントはニーブル・ニーブルですね。「ワルキューレの騎行」は、やはり「地獄の黙示録」ですかね。
2 ピーター・フォンダではないですか。ご存じ「イージー・ライダー」ですね。しかも、主人公の愛車は、キャプテンアメリカのレプリカではないですか。そっくりだけど、ちょっと違うね。
3 ゴーストライダーが街路を爆走する跡がシッチャカメッチャカになるところは「トルク」のY2Kの爆走シーンのはるか上をいってて笑えましたね。
4 サム・エリオットは「マスク」(緑色のマスクではありませんよ)でバイカーを演ってましたね。(彼は「ハルク」の軍人役とかより髪を伸ばしたアウトローっぽい役の方がしっくりきますねえ。「ライラ」でも似たような役を演ってましたね。ちなみに、彼はキャサリン・ロスの旦那で彼女は「明日に向かって撃て」のヒロインですね。)
バイク映画でウェスタンの風味もある(サムが口笛吹いて馬が走って来るところはちょっとかっこイイですね。)、欲張ってますねえ。
ニコラス・ケイジ、「ゴーストライダー」をやるってんでどうかなと思ってたんだけど、いやさすがはまってますねえ。
で、私的に点は高いです。
投稿者:ハッピーm投稿日:2008-11-19 16:01:02
【ネタバレ注意】

多々疑問の残る作品でした。 この作品、一言で言うならニコラス・ケイジ自己満足作品。  カッコ付け過ぎ、ポーズとり過ぎでしょう、、、アメコミだから仕方ないけど、やっぱり年齢的にも設定が厳しいかと。  少年時代のジョニーとロキシーは同じくらいの年頃。  成長するとなぜか10歳近く二人の年齢が離れてそうな感じ。  ニコラス・ケイジの髪は増やせてもホウレイ線は隠せなかったようですね。  作品に関しては宗教的な部分が多いのに説明がいまひとつ足りない感じ。  アクションはCGも十分、カッコイイです。  ヒロインも素敵! 美人でセクシー。  やっぱり後は主人公かな、、、次作がありそうな終わり方でしたが、悪魔がらみの説明をもう少ししてくれるといいですね。  それと年齢設定も現実的に、、、。

投稿者:歌王投稿日:2008-07-16 13:00:37
【ネタバレ注意】

役者も豪華で映像も一流なんですが、ちょっと煮え切らない感じ。特に、ケアテイカーと共闘か炎の馬もイイぞーと盛り上がってきたところで彼、突然退場しちゃうのには心底ガッカリだ。せめて技の一つも出せる程度の力は残しておけよと。

心理描写が薄く、「復讐に燃えるダーティーヒーロー」に見えない(最後にいきなり言われても…って感じ)のが、本作の弱点にして特徴。背景が似てる「スポーン」や「コンスタンティン」に比べてもだいぶ軽いんですが、まあこれはこれでアリでしょう。

炎のバイクが通った後はぺんぺん草も生えないとか、主人公の存在自体が大迷惑なのは、悪魔の手先っぽくて非常にいいですね。なのに善良な人の味方ってのは悪い奴なのかイイ奴なのかよくわからんけど、面白いからいいです。

あとニコラスはもちろんいいんですけど、別にこれ彼じゃなくても…むしろ若い頃の2人の役者のまま、全編行ってもよかったんじゃないですかね。ニコラスはケアテイカー役で、もっと活躍シーンを増やすとかさ。

投稿者:kath投稿日:2008-07-10 18:11:20
いまいちかなぁ。良心が見え隠れするけれどももっとキレ役であってほしかった。
投稿者:irony投稿日:2008-06-03 23:20:47
メフィストとの対決を期待したい 創造主への反逆・・・でも契約終了だからゴーストライダー解任?
投稿者:bond投稿日:2008-05-27 09:46:43
燃える骸骨はカッコイイのか?まあニコケイなので無難な出来にはなってるけど、バイクのエギゾーストサウンドは心地いいねー。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-26 01:49:13
【ネタバレ注意】

悪魔とか出てきちゃう映画ってどうも観てて自分との温度差が出ちゃうんだけど(ディアボロスとか 笑)これは大真面目な感じではなくユーモアを交えて展開していくから飽きずに観れました。
この作品のちらしからも密かに笑いのセンスは感じていたが(笑)
悪人退治は有難いけど何かと大迷惑なヒーローの行動とかたいそうなバイクなのに移動手段に利用してるだけだったり、ピーター・フォンダがバイクに負けない速度で馬を走らせたり(しかもそこで力使い果たすなよ・・・ってタイミングで退散するし 笑)何かと笑わせてもらいました。

でもニコラス・ケイジはどうなんだろう・・・。
髪の毛フサフサなのは思ったより違和感なかったし、意外とカッコ良かったんだけどやっぱりアメコミのヒーローにしてはチョット年齢が高すぎですね。
エヴァ・メンデスは相変わらずラテン系の色気漂う女性でしたが、本作では彼女よりも若かりし時代のロクサーヌを演じていた女優さんの方が目を引きます。

ストーリーはシンプルだし、変身?していく過程やダークな世界とクリアな美しい色調の対比など映像は素晴らしいと思います。
ただ・・・敵が弱すぎて拍子抜け。
クドいほど見せるバイクアクションとは対照的に悪魔との戦いは淡白。
もっと敵との戦いを見応えのあるモノに仕上げられていれば生粋のアメコミファンにも受け入れられる作品になっていたかもしれません。

投稿者:ASH投稿日:2008-04-07 22:20:43
【ネタバレ注意】

 エンド・クレジットで大々的に流れる「ライダース・イン・ザ・スカイ」。そーいえば、「ブルース・ブラザース2000」でもエルウッドたちが歌ってたよな。ゴーストライダーの伝説とは、西部の伝承なんでしょうね。よく知らんけど。

 宗教的なタームが多いため、信仰心が希薄な身には何がなんだかな部分もあるが、悪魔(メフィスト)に魂を売った男が、その見返りに不死身のゴーストライダーとなって、地上を地獄にしようとする堕天使をやっつける、てなお話じゃないの。なんだ、基本は簡単じゃんよ。

 原作のマーベル・コミックは残念ながら知らんのだが、ブラックハートの手下たちがびっくりするほど弱ちぃのは、おそらく、原作に登場する敵キャラをとりあえず出しておいたからなんだろうかね。要は、ライダーとブラックハートの戦いがメインなんだろうから。

 悪魔に魂を売るといえば、当然、十字路(クロスロード)だよ。映画にもシッカリと出てくるのよ。そういえば、スタントマンのことをデアデビル(Daredevil)と呼ぶことがあるよね。

 意図的なんだろうけど、ニコラス・ケイジ扮するジョニー、どこか子供っぽくってなんか憎めない奴。お話はシリアスなんだけど、ニコラスのお陰で全体的にコミカル。原作がそうなのかは知らない。鏡に向かってガイコツの真似をしたり、縫い針を「熱消毒しろ」と言われて手から炎を出そうとしたりと、なんか可愛いんだよね。そんなだから、ウェス・ベントリーの真面目な怪演がなぁ〜んか浮いちゃってるのよ。

 西部の生き残りみたいなサム・エリオット、カッコいいねぇ。ジョニーが愛聴してるのがカーペンターズの「スーパースター」というのも、なんか可笑しいね。

投稿者:さとせ投稿日:2008-02-24 19:31:47
サーカスのスタントライダーであるジョニーは父とタッグを組んでいる。ある時、父の癌を治すことを条件に悪魔に自分の魂を売り渡してしまう。悪魔は新しい地獄を作ろうと目論む息子を阻止するためにジョニーを差し向ける・・・。
SFXが素晴らしく、その綺麗な映像が眼に焼き付く。エヴァ嬢も美しく、さすがソニーピクチャーズのDVDである。内容は最近続々映画化されているアメコミだが、今回も成功している。
dtsの効果が凄くバックサラウンドが利きまくり爽快である。
ノヴェライズ(メディア・ファクトリー・評価3・5)は映画よりも面白く出来ていてお勧め。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-10-14 22:01:53
【ネタバレ注意】

いや、悪魔に魂を売り渡した(ってか騙された…父親への想い故に)青年が、クロスロードで地獄を知る…
超可愛い彼女は、まぁ可愛さは健在(+ナイスバディー)だが、どことなく皮肉屋な大人に育っちゃって。それが結構、粋だったりもするのだが。ワインを1人で飲むのも…まぁ魅力的なのだが、何で肝心な時にばかりメフィストが現れんだよ!

ロックスターばりに絶叫して観客を指差すケイジ…やはり格好良いです。オジーオズボーンでジャンプするし、ヘリコプターは…勿論ワルキューレと共に。

つまりが縛り首の親爺を助けたくば、強盗団に加われといわれた青年が、ひと仕事終えて戻ってみると今まさに親爺の刑が行われようとしている所、そこをボスが抜き打ち拳銃で心臓一発。「縛り首では死ななかっただろ?」って彼の彼女を人質に去っていった…って事ですかね?〜で、また彼の腕が必要になったときに現れて、彼女の命が惜しいなら、もうひと仕事して貰うと、騙されて向かった先で、彼女が実は既にボスの元から彼のターゲットの人質となっている事を知るのであった…って所(なわけない)は確かにウエスタン的なのかも?

あの色々と情報をくれる老人の正体は、明かす前に想像付くが、そういう瞬間が楽しいよ。「馬」を並べて駆ける男達…ケイジが簡単に相手を打ち負かしたりすると「弱い」って判断は如何なものかと。確かにヘリコプターも振り回される程、弱かったがね。まぁ炎で道路を破壊しながら、派手で所在バレバレな疾走も笑えるが、ビルの壁を破壊しながら登っていった日には…それを隣のビルから見て野次馬するメンデス…(一般人?)

夜に悪人が傍にいたら燃える髑髏男に変身する…ってルールが解った僕たちは、あの息子の夜明け待ち作戦とかにハラハラしながら彼を応援するのだが、まぁ伏線はあるのだが○△でも×□出来るし…そういう仕掛けも、まぁ楽しいけどね。レギオン化したら魂が体内にある状態なので必殺技が可能になる…とか。

兎に角、僕的にはツボ。結構長く会社のデスクの壁にポスター貼ってた(現在は、グッドシェパードとクローズド・ノート……/+ふうちゃんの紙風船[映画じゃないので突っ込まないで…])けど、結局行かずじまいで…なんか残念な気分ですね。遊び心満載のアクション勧善懲悪ヒーロー物〜グレイトです。

投稿者:藤本周平。投稿日:2007-09-24 00:06:21
ゴーストライダーはとても魅力的でしたが敵が弱すぎたのには笑えます。
投稿者:のど飴投稿日:2007-08-20 02:54:11
ゴーストライダーというキャラクターと物語の世界観はカッコイイが、ストーリーがイマイチ。

地獄だの、悪魔だの言ってる話なら「コンスタンティン」の方が良い。
投稿者:赤い彗星シャア投稿日:2007-04-01 21:31:16
【ネタバレ注意】

私こと「赤い彗星シャア」は「シン・シティ」「スパイダーマン」「Vフォー・ヴェンデッタ」とレビューを書いています。
 そうです。アメコミヒーローには目がないのです^^


 日本で一番有名で、なおかつ興行的に大ヒットしたアメコミヒーローは?と聞かれると、10人中8人〜9人が「スパイダーマン」と答えるのではないでしょうか?(スーパーマンだと思っている人には、ごめんなさい)


 では2番目は、、、
  
 スーパーマン? バットマン? X−MEN? ハルク??? デアデビルではないですよね(笑)

 人によってまちまちですよね?

 2番目の候補ができましたよ!
 そうです、「ゴーストライダー」です。

 今までこんなかっこいいスカルヒーローはいましたか?
 (黄金バットは日本の作品なので除く) 

 拳(フィスト)にチェーン・魂(ソウル)に正義なんてキャッチフレーズやバイクのディテールにこだわったところも男心(少年心)をくすぐります。

 格闘家並に6パックどころか8パックに割れた腹筋を見て「山本KID」よりもニコラス・ケイジの方が強いかも?と思うほど、肉体改造に取り組み、鍛え抜かれていましたよ。

 あと、増毛されたニコラス・ケイジの髪の毛を見て今日の映画チケット代1,000円分のもとは取ったと(今日は映画の日でした^^)


 ダークヒーローの割には背景が暗くないし、カーペンターズの音楽もGOOD!
 VFXも迫力あるし、何度も言いますがスカルがチェーンを振り回す姿は最高!!
 付け加えれば、「ナイトライダー」のキッドみたいに口笛を吹けばヘル(地獄)バイクが登場する〜 かっこ良過ぎるよ!!



 ただ、今のままでは女性、子供を無視した展開を言われても仕方ありません。

 続編ができるとしたら、女性、子供の足が映画館に向かうような改善が必要なのも事実でしょう!

 .蹈シーとのラブストーリーを詳細に!
 △發辰班秧討箸寮諺阿離┘團宗璽匹鮴垢蟾み、ジョニーの悲しみを前面に(復讐心があまり読み取れませんでした)
 「ヴァンヘルシング」「コンスタンチン」に出てくるようなグロい敵役ばかりなのでスパイダーマンの敵役程度に留める。(一緒に観にいった子が気持ち悪いを連発していました)
 づ役は憎たらしくて強くなくては、ヒーロー映画は成り立たないので、もっと強く強烈なキャラクターを。(ブラックハートの子分は何のために呼び出されたの?って言うぐらい弱かった)
 

 どうですか?これなら皆さんも続編が気になるのでは?

投稿者:tomovsky投稿日:2007-03-29 01:07:58
【ネタバレ注意】

内容はなんだかさっぱりわからん。でも、映画史上これだけかっこいいドクロは他の作品じゃ登場してないんじゃないかな?(実写映画に限るが。)何でバイクも燃えて、馬も燃えて、主人公たちも燃えないといけないのかその所は疑問が残るが(だって普通に人間の状態でもいられるみたいだからな)・・・。それでも、インパクトがあってよろしいではないかと思う。「デアデビル」の監督らしいから、許してやろうじゃないか。

投稿者:メンタイ投稿日:2007-03-21 20:57:33
敵はマヌケだし、弱いし、
アクションより魔術も方が多いからたいしたバトルシーンもないし、
だいたい監督が“デアデビル”だし・・・・

なのに・・・・ちょ〜〜好きです♪ヽ(〃^▽^)ノ

金かけたB級って大好きなんですよ!マニアックで!
だってまず、ダークヒーローの顔が
『ガイコツに炎』ですよ!手も足も炎!
バイク(これがまたカッコイイんだ!)も炎っ!!
黄金バットが燃えちゃった版!
今の日本じゃありえないでしょ!?フィギュアになりにくいから!
正直、もっとアクションっぽくてもいいのに〜とは
思うけど、この“行き届かない中途半端さ”が、
“ガイコツに炎”に滑車をかけた!って感じです。

ヲタ&マニアとして面白かったです♪http://mentaiman.com/
投稿者:リEガン投稿日:2007-03-16 17:13:21
レオン・ラッセルの名曲をカーペンターズが歌ってスマッシュ・ヒットしたのは70年代初め、中学生の頃だった。ヒーローを演じて自己陶酔に浸るには確かにピッタリ・ソングかも。映画はニコラス・ケイジの「黄金バット」でした。
投稿者:ワイハ好き投稿日:2007-03-13 12:09:58
お子様と女性客を100%無視して製作されている点が大変好ましい映画です。
バイクのディテイルはマニアを唸らせ、主人公はなぜかチェリービーンズとカーペンターズが大好き。ヒロインのメチャメチャ色っぽいところもマニアを惹きつけます。 (SF+オカルト+アクション)+西部劇!=この映画です。
しかも、エンドロールの挿入歌は「ローハイド」ですよ!
好きだなあ!こういう映画。
ハリウッドのオタクたちの「どうだ!」って顔が目に浮かびますね。
必見!!!
投稿者:映画で元気投稿日:2007-03-12 19:51:27
こけおどしのような敵、弱いなあ。
誰一人、仲間を助けられず、簡単に殺されていく、だから「危ない、危ない」とハラハラドキドキすることもない。
猪突猛進の青臭さは、中年のニコラスケイジには似合わない。なぜニコラスケイジなのだろう。
フェイスオフのニコラスケイジは無茶苦茶かっこよかった。落差がありすぎる。
ロマンスっぽいのがあったようなないような程度。
ハリウッド映画全般に言えることだが、とにかく、こと一騎打ちに関しては、日本のように時代劇でチャンバラをする、殺陣という伝統がある国と、ピストルでドンパチやるしかなかた国との伝統の差であろう、日本ものと比べると格段に迫力がない。
あっけないなあ、迫力ないなあ、何だこれって感じ。
総じて、うるさいだけ、つまらなかった。
投稿者:まくらK投稿日:2007-03-12 11:00:37
おぼえられへんかった
なにもかも。
何の目的で生まれ
何の目的で戦ってんのかわからん。
途中必死に夕食に誘っといて
行かない理由もわからん。
製作意図もわからんし、
こんなくだらん映画を
全国ロードショーして
もっとまともな映画を単館上映しかしない
映画業界のセンスも理解不能。
1点ももったいないけど押しちゃった!
投稿者:Edmon60投稿日:2007-03-12 01:37:03
ダークヒーローものが好きならそれなりに楽しめる内容。
ニコラス・ケイジは、「ケープ・フィア」のときのローバート・デ・ニーロみたいというか、もともとマッチョだったのがさらに絞り込んで体脂肪率一ケタ台という感じで、かなり気合を入れて体(役?)作りをやったようです。ファンの方は必見かな?
字幕について一件。”テキサス・レンジャー”が”騎馬警官”となっていて思わず画面につっこんでしまったが、現在も存続している組織なのだからこの翻訳センスはいかがなものか?
投稿者:ぺん投稿日:2007-03-09 08:00:55
ブルース・ブラザーズ2000で流れてた歌がエンディングで流れてたけど、
この原作って、古くからあるのかしら?元が良く判らんから、イマイチ
好きになれんかな。ツボが判れば、こんな僕でも面白く感じることも
可能なのかもだけど、調べる気がしません(汗)。
投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2007-03-08 21:24:44
庶民のお友達感覚のスパイダーマンやスーパーマンと違い
鎖を振り回し、駐車中の車やビルを破壊しながら爆走して
顔は燃えるドクロ・・・。こんな奴にあんなショボイ敵では
ちょっと・・。パート2やろっかなーみたいな終わり方。
投稿者:織田秀吉投稿日:2007-03-06 23:46:20
この映画は、なかなか面白かったけど、前半のバイクショーの事故のシーンで、ヘルメット取った瞬間にニコラスの顔がスクリーンにいっぱいアップになるのだが、あまりにニコラスの情けない顔のアップについつい映画館で吹き出しそうになって、必死に堪えるのがつらかった………(笑) 後、ハリウッドのCGにしては、ちょっと安っぽい感じのするところがあったのが残念………何か、日本映画の方がもっとCGをうまく使えた気がする………そして、ここ最近は、B級映画にしか出てないイメージが強かった、ピーターフォンダが久し振りに“ちゃんとした”映画で見れて、そういう面では満足したかな! だから4点!!
投稿者:ゴンゾー投稿日:2007-03-06 23:05:39
これは素晴らしい作品でした!!
ドクロ好きの俺だからかもしれないが、カッコイイ!!最高!! 
グッズも全部買い占めてやるぜ!!
あんなキャラクターをアメリカが作るなんてスゴイな!! 
スパイダーマンやロビンフットなんかよりよっぽどしっかりしてるわ!
また、あのヒロインのおねーちゃんのおっぱいに目が引き付けられました。
おっぱいばっかり気になって字幕に追いつけませんでした。
いや〜 ニコラス・ケイジもええ役もらいはったなぁ。
ゴーストライダー2があるなら、今度は俺が“地獄バイク”にまたがるぜ!!
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2007-03-05 12:16:55
やっぱりライダーつながりでピーターフォンダは出演したんですかね?
ヒロインの女に正体があんな簡単にバレるのはもったいない。
投稿者:紅竜投稿日:2007-03-03 23:03:29
原作は未読だけれども早い話、時代設定を現代として馬をバイクに置き換えた西部劇。ニコラス・ケイジは果たしてこの役に合っていたのかどうかの判断は置いといて、本作の主人公ジョニーは「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレのような威勢の良い啖呵を吐き、ポーズを決めるお兄ちゃん。しかもご丁寧にクロスロードで悪魔と契約する場面まで出てくる。ウォルター・ヒル監督作品が好きな人ならこの映画きっと気に入ると思う。
さらにこの手の映画につきものの、神の判断に全てをゆだねるという決着のつけ方ではなく、魂を売り渡した者なりに自分の力で落とし前をつけるという結末にもなかなかグッと来た。「魂売り渡しても心は渡さん!」の強引な決め台詞に思わず大笑い。
投稿者:satokunn投稿日:2007-03-03 22:58:47
良くも悪くもハリウッドか。見終わってこんなものかな。いまさらSFXで驚きはしないし、ストーリーはちゃらんぽらんで敵方が弱すぎるし、メフィストはサタンじゃないよね?パート2は勘弁して欲しい。
投稿者:BMG投稿日:2007-03-03 22:20:12
【ネタバレ注意】

ゴーストライダーの魅力はこの映画の魅力そのものだと思うし、実際ゴーストライダーはとてもカッコよかった。
敵との戦闘は、あっという間に終ってしまうし、脚本も今一だったかもしれないけれど、それで充分だったと思います。

投稿者:cagney投稿日:2007-02-26 11:32:17
 大スターが熱望した役をやるということで、あまり期待せずに見たのですが、これが無茶苦茶面白かったです。設定にはそれほど斬新さもないかもしれないですし、CG使えばなんでもできる現在の特撮技術を考えれば、燃えるガイコツ頭のビジュアルも驚くに値しないでしょうけどね。でも、血沸き肉踊り、久しぶりに感動した映画です。
 妙に若作りのニコラス・ケイジ氏も、なんとも情けない顔立ちがキャラクターにピッタリだと感じました。個人的にはアカデミー賞の作品賞、主演男優賞、助演男優賞(ピーター・フォンダ氏)はあげたいです(無理でしょうけど)。アメリカじゃ大ヒットしてるらしいから、「2」を作る時はぜひニコラス・ケイジ氏の続投も切望します。
投稿者:sabu投稿日:2007-02-23 06:02:39
アメコミという括りでの実写映画化ものは『スーパーマン』や『バットマン』を筆頭に今まで散々やり尽くされたもの。

近年でも『スパイダーマン』の世界的大ヒットを皮切りに、廃れつつあったアメコミ業界に再び灯が灯り、様々な題材のアメコミが実写映画化されて来た。
そんな中飛び出した今作。正直、やり尽くされた手法とシークエンス、設定、物語の内容の薄さとストーリーの単調さは見るに耐えないものがある。

個人的に言わせて貰えばニコラス・ケイジのただの自己満足としか思えない。
昔からアメコミが大好きで、自身もスーパーマンのクラーク・ケント役に志願したほどの彼。しかしその要望も見事に突っぱねられ、与えられたこの役を彼は無我夢中に演じている。しかし、それすら空回りしている所が、なんとも皮肉だ。

内容的には正統派の正義ではなくダークなヒーローという像を作っている。
しかしこれも、あれこれ小難しい設定により、主人公が本当は何をしたいのか?が分からず、感情移入も出来ない。
物語に悪魔や、契約などのオカルト的要素も出てきているのだが、正直、このへんのくだりもうんざりだ。説明不足により破綻するストーリーに、無理矢理とってつけたかっこいいアクションシーンが見事に浮いている。

目を見張る物と言えば、やはりVFXくらいしかない。最先端のVFXを駆使して作られたアクションシーンや登場シーンは見ものと言えるだろう。
しかし、ストーリーが破綻していたらせっかくのVFXも死んでしまう。

全米ではニコラス・ケイジの久しぶりの大ヒット作になったようだが、調子に乗って続編を作らないでくれよと、切に願う作品になった。
http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演男優賞ニコラス・ケイジ 「ナショナル・トレジャー」「NEXT」に対しても
【ニュース】
ロバート・デ・ニーロ&ジョン・トラヴォルタ共演サスペンス「Killing Season」、予告編2013/06/10
全米興行成績、2週目デンゼル・ワシントン主演「Safe House」が首位浮上2012/02/20
全米興行成績、R・マクアダムス&C・テイタム主演ラブ・ストーリー「The Vow」が大ヒット・スタート2012/02/13
ニコラス・ケイジ、日本が舞台の「ウィッカーマン」続編を希望か2012/01/30
ニコラス・ケイジ主演「ゴーストライダー」続編、メイキング映像2012/01/25
ニコラス・ケイジ主演「ゴーストライダー」続編、予告編2011/12/16
ニコラス・ケイジ主演「ゴーストライダー」続編、予告編2011/08/22
全米興行成績、「アバター」が圧巻のV7で、歴代興収記録更新に王手2010/02/01
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
DVDリリース情報:「ゴーストライダー」「アンフェア the movie」etc.2007/06/15
全米興行成績、フランク・ミラー原作「300」が2週連続の首位2007/03/19
全米興行成績、フランク・ミラー原作「300」が爆発的デビュー2007/03/12
全米興行成績、トラヴォルタ主演コメディが大ヒット・スタート2007/03/05
全米興行成績、「ゴーストライダー」がV2達成2007/02/26
全米興行成績、ニコラス・ケイジ「ゴーストライダー」が大ヒットスタート2007/02/19
全米興行成績、エディ・マーフィ主演コメディが首位2007/02/13
N・ケイジ主演「Ghost Rider」、予告編が公開に2006/05/24
ニコラス・ケイジ主演「Ghost Rider」、映像が初公開2005/12/21
N・ケイジ、「ゴースト・ライダー」が暗礁に?2004/11/10
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】「ファースター 怒りの銃弾」/「ゴーストライダー エクステンデッド版」2015/12/02\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「ゴーストライダー」/「ウィッカーマン」2015/02/25\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ゴーストライダー 1&2スペシャルツインパック スチールケース仕様 <数量限定生産>2013/09/18\5,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ゴーストライダー エクステンデッド版2010/05/26\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ゴーストライダー エクステンデッド版 <期間限定 今だけ2枚で5,980円(税込)キャンペーン>2009/02/25\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ゴーストライダー エクステンデッド版2007/08/22\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー エクステンデッド版2010/12/22\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー エクステンデッド版 <期間限定生産>2010/05/26\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2010/04/28\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2010/02/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション2009/06/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2009/02/25\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション2007/08/22\3,980amazon.co.jpへ
 【UMD】ゴーストライダー 劇場公開版2007/08/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ゴーストライダー エクステンデッド版レンタル有り
 【DVD】ゴーストライダー 劇場公開版レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION