allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

主人公は僕だった(2006)

STRANGER THAN FICTION

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2007/05/19
ジャンルコメディ/ドラマ/ファンタジー
男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。
主人公は僕だった [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,176
USED価格:¥ 400
amazon.co.jpへ

 Photos
主人公は僕だった主人公は僕だった主人公は僕だった主人公は僕だった

【解説】
 ひねりの利いた設定と巧みなストーリー展開で評判となった新人ザック・ヘルムの脚本を人気俳優ウィル・フェレル主演で映画化したハートフル・ファンタジー・コメディ。ある日突然、自分の人生が人気作家によって執筆中の物語に左右されていることを知った男が、自分の人生を取り戻すために奮闘するさまを、“小説の語り手”についての考察を絡めつつ、ユーモラスかつ寓話的に綴る。共演にエマ・トンプソンとダスティン・ホフマン。監督は「チョコレート」「ネバーランド」のマーク・フォースター。
 国税庁の会計検査官ハロルド・クリックは、規則正しく単調な毎日を送る平凡な男。ところがある朝、彼の頭にナレーションのような女性の声が聞こえる。それは断続的に聞こえるようになり、文学的な表現でハロルドの行動を的確に描写していく。どこかで自分を主人公にした小説が書かれていると疑い始めたハロルドは、“このささいな行為が死を招こうとは、彼は知るよしもなかった”という信じがたいフレーズを聞いてしまう。困惑した彼は、文学を専門とするヒルバート教授に相談してみることに。そんな中、国防費に抗議して税金の一部を滞納し続ける勝ち気なパン屋の女店主アナに心惹かれていくハロルドだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14107 7.64
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:er3535投稿日:2015-03-02 00:24:55
【ネタバレ注意】

予備知識もないままテレビ鑑賞。
トゥルーマンショー(すごく好き)みたいな話?とも思ったのですが、あの作品のような恐ろしさ、悲しみ、滑稽さ、のような物は感じられず、すごく中途半端な気持ちにさせられた。
あんなメチャクチャなエマが最後まともになってるのが何だかなぁ。勿体ない。ダスティン・ホフマンが、死んじゃうけど傑作〜みたいな事言った時は、一瞬この人ラスボスだったりしてね、と思ったのに、結局はエマは書き直すから、まぁなんだか現実的な着地で・・なんだかなぁ。。
この中途半端な気持ちは何か前にも心当たりがある、と思って作品情報を見たら、脚本が「マゴリアムおじさんの〜」と同じ方でした。
「マゴリアムおじさん〜」にも似たような感想を持った事を思い出しました。きっと彼の脚本は私には合わないのでしょう。

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2015-03-01 22:13:11
との問いに対する答えの一つ。メタフィクションは畳み方が難しいのですが、これはアリでいいんではないでしょうか。マギー・ギレンホールは昔のナンシー・アレンに似てるー。
投稿者:TNO投稿日:2011-11-01 13:44:02
人間コンピューター(この状態の映画での表現方法は奇抜だけど、どこかで同じような表現方法を見た。どの映画か思いだせない)のような全て計算されたレールを寸分の違いもなく生きる人物が、全く理不尽な"天の声"に全ての命運を託さざるを得なくなる。その目指すとろこは、果たして喜劇か悲劇か。この脚本の発想が素晴らしい。このカタブツがどうやって恋を成就させるかも、スパイスになっている。出演俳優で注目は、主演のウィル・フェレルでもダスティン・ホフマンでもなく、エマ・トンプソンだ。この人、この映画」では、開き直って病んだ作家を演じているけど、これがいい。従来の路線からは考えられない意外性の演技。年を考えて、今後は性格俳優として売って行こうと考えたのかもしれない。マギー・ギレンホールもはじけていていい。この人は、検察官みたいな畏まった役よりは、こういう役の方が合っていると思う。おっぱい見ないでと言われても、目はそっちにいっちゃいますわな。ホームレスに無償で与えた物品が全て経費で落とせるとは、米国は良い国ですね。
投稿者:Normandie投稿日:2011-05-15 16:21:47
真に洋画を理解する事は、宗教が日常的に定着していない日本人には難しいかも知れないと思える。
エマ・トンプソンとダスティン・ホフマンはさすが、いい意味でマギー・ジレンホールがとてもフレッシュに見えた。
投稿者:uptail投稿日:2010-04-14 20:42:54
マギー・ギレンホール
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-07 16:09:48
優れた脚本が
優れた役者を集め
幸運な結合を生んだ
「主人公は僕だった」は
嘘のようなフィクションが心地良い物語
http://mototencho.web.fc2.com/2007/strangt.html
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 23:12:13
ウィル・フェレル
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-02-21 16:50:09
【ネタバレ注意】

豪華なキャスト陣をはじめ、機械的で真面目人間の主人公が愛の溢れる温かみのある人間に変わっていく様は見ていてとても心が温まる。   それだけに気になるのがおそらく文学史には残らないだろう、ラスト。  結局、現実とリンクしている事に気付き、ラストは書き換えられるも、もっとひねりを利かせた説得力のあるラストにして欲しかった。  『死ぬ』結末をラストはこれしかない!と博士が断言するするほどの内容にはとても思えないのが残念だ。

投稿者:bond投稿日:2008-10-11 00:18:25
ありえねーと思うけど、まあいいでしょ。いつものウィル・フェレルの味が出てなかった。路線変更の前触れか。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-10-03 04:44:51
27分で飛ばして残りの20分だけ観たので、作品について何か決め付けるような事は書かないが、この程度の脚本で人生の何たるかを語られても私に取っては不快だし、だるかった。「マルコヴィッチの穴」の方がマシ。
終盤でヴァンゲリスの「海辺の少女」が使われてたのが印象的。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-10-02 01:59:44
うっすらファンタジーでゆるいコメディなので日曜の午後あたりに観ると最高かも♪
まず設定が面白いし、控えめな演出が作風に合っているし、映像センスやスタイリッシュなインテリアなど目でも楽しめるし、丁寧にひたすら退屈な主人公を描いている点が滑稽だし・・・とにかくゆるりと映画鑑賞したい時にオススメな作品です。

ただ、主人公以外のキャラに関しては描き方が粗いですね(汗)
ラティファ姐さんなんて居る価値さえないほど添え物的ですもん(泣)

でも、こういう悪い人間が出てこない映画というのは、10本に1本ぐらいのペースで観るとホッとしますね(笑)

キャストも味わい深く、特にウィル・フェレルに関してはこれまでで一番彼の魅力が堪能できる作品に仕上がっていると思います。
ついでに言うとマギー・ギレンホールもこれまでで一番キュートに見えますね。
他にもエマ・トンプソンの小汚い雰囲気やダスティン・ホフマンの無責任キャラ、会社の同僚?のキャラなども良かったです。

ファンタジックでありえない設定なのだけど不思議と感じられるリアリズム、ライトな作風なんだけど深みも感じられる・・・何ともじわじわ惹きつけられる作品でした。

最後にダスティン・ホフマンが小説に対する感想を述べていましたが、まさにそれがこの映画に対する総評だと思います。
褒めているかどうかは微妙なラインだけど(爆)

余談;とりあえず、牛乳にクッキーを浸させていただきます(笑)
投稿者:naoron投稿日:2008-10-01 08:25:16
いわゆるファンタジーコメディなので、話につっこみどころが多いのは仕方ない。でも画は綺麗だし音楽も良い。そしてなんといってもエマ・トンプソンが上手い!ギレンホールもぎりぎり(?)魅力的。カップルで観るには最適の映画では?
投稿者:irony投稿日:2008-09-30 23:57:30
【ネタバレ注意】

作家からしてみりゃ殺せないよね 空想の人物が実在してて書き起こした文字がその人物によってトレースされて行く まるでデスノート 誰も気付かなきゃいいけどさ 作家も後味悪いでしょ 助かった子供や跳ねてしまった運転手も実在するんだし恋人も哀しむだろうしね 死んでしまう結末で傑作と成り得たかは大いに疑問だけども主人公にしてみりゃ無味乾燥な人生が喜びに満ちる人生の契機となった奇跡の小説 とんでも設定を驚きつつ受け入れてしまう登場人物に違和感を感じてしまう ホフマンとラティファなんてほとんど驚いてなかった感じがした 傑作が惜しいとか原稿を落としたくないだけか? ホフマンなんて死ぬしかないなんて本人に断言してるしなぁ

投稿者:kath投稿日:2008-05-11 13:22:02
もっとコメディかと思ってた。そう思ってみていたので出だし不安だったが、ダスティンホフマンが登場するや安心感を持ってみれた。ヒューマンな要素が強く、いい映画だとともった。「お菓子で世界をよくしたい」が現実的でよかった。
投稿者:wicked投稿日:2008-05-09 22:42:42
思っていた映画と違いました。
もっとコメディ的要素が強いかと思っていましたが(ウィル・フェレルだし)、意外とドラマでしたね。

でも嫌いじゃないです。
文学好きの人に向いていると思いますね。

混沌としていそうなミス・パスカルのお部屋ですら殺風景に見せる、生活感を排除した舞台にこだわっていたからなのかもしれませんが、シカゴっぽさがほとんどなかったのがちょっぴり残念だったかも。

ウィル・フェレルが完全にコメディ脱却しちゃうのは嫌だけど、たまにはこんな役も個人的には好きです。

ダスティ・ホフマンとエマ・トンプソンはさすが!です。
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-03-24 22:52:18
小気味良い、佳作
投稿者:グレープジュース投稿日:2008-03-18 10:20:53
エマ・トンプソンがキャスティングされていたので借りたのですが、やはり彼女の演技に間違いはありませんでした。
追い詰められてかなり疲労している疲労感たっぷりの表情や、癖のある動作がこの上なく上手い役者さんだと思います。
顔で演技が出来る役者さんの一人です。
物語は喜劇か悲劇か、その二択は大きな分かれ目。
生か死かの重大な部分が分かった時の落胆と、その後の意識転換が諦めが良すぎてもっと苦しくて悔しい感情を剥き出しに暴れて欲しかったです。
下記にもありますが、無理矢理突き進む感じがどうもうーんって感じますね。
しかし、最後にハロルドが自分の運命を受け入れた後のエマのナレーションが素敵だったと思います。
不幸が幸せになってまた不幸になって、繰り返し揺さぶらるたびに何かを手に入れる。
それは普通を生きている私達も全く同じだと思いました。
自分の人生はナレーションなしの一つの物語。
いくつもの波を越えてハッピーエンドが待っている、ということでしょうか。


投稿者:なちら投稿日:2008-03-06 01:53:07
M・ギレンホールは好きな女優だけど、不美人だと思います。
だけど、この作品での彼女は、ハツラツとした健康美がとても輝いていて、
美しさというのは顔の良し悪しだけではないと教えてくれます。

W・フェレルに陰湿な嫌がらせをしたかと思えば、彼の為だけにクッキーを
焼いて優しさを見せたり、結構やり手!
ラブコメとして見ても、なかなか面白いです。
投稿者:SYCO投稿日:2007-08-27 06:06:52
【ネタバレ注意】

自分が主人公である小説のナレーションが、どこからとも無く聞こえてくるっていう発想はとってもおもしろく、主人公のウィル・ファレルが、なぜこんな事が起こるのかと、びっくりしたり、狼狽えたりする前半はけっこう笑いました。
なぜそんなことが起きるのかという理由が全く無視されて映画が進んでいくところが我慢できません。
こじつけでも、トンデモ理論でもいいから、何か説明が欲しい。
それを、『いいのよいいのよ、文学だから』で終わらせている。
そんなに、文学したいのなら、ファレルのような、おかしなオヤジを使わず、もっと美男子使えよっ、て言いたいところでした。
http://www.geocities.jp/obobsyco/

投稿者:居酒屋世界の進ちゃん投稿日:2007-06-05 02:53:50
起きる時間は当たり前。バスに乗る時刻、昼食を食べる時間、歯を磨く回数まで決めている主人公。
でも決めているだけで、決まってはいない。
「終わりを知って始まりを知る」
終わりを知って必死にり、変化する主人公は想定範囲でした。でも彼は意外な行動をとったのです。 俺なら感情的になり、泣き叫び、いっそのこと 「…します。」
その主人公がとった意外な行動とは・・・・・・・劇場の大きなスクリーンでご覧ぐたさい。
投稿者:Cocofrancisco投稿日:2007-05-28 03:15:34
「バス男」に続く駄邦題ですね(笑)。双方とも映画がいいので、タイトルで台無しにされてる感じで残念です。だいたいタイトル変える必要ってあるんでしょうか?
さて、映画自体は非現実的なストーリーのなのに、現実的に生きるってことを考えさせられる哲学的な作品。コメディっぽい展開だけど、ちゃんと内容も深くてこの手の映画としては上出来!と大満足の作品でした。http://blog.livedoor.jp/cocofrancisco/
投稿者:ビリジョ投稿日:2007-05-23 18:34:30
 「私とは何か」という哲学的な映画。見る者に「どう生きるか」「どう死ぬか」を問いかける。哲学をテーマにした映画は珍しい。
 当該小説に対する教授の評価のシーンが、少し説得力に欠けるというか、無理があるのが惜しい。 
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-05-22 10:41:53
【ネタバレ注意】

「ドラえもん、どうしよう…物語の主人公がボクなんだぁ、このままじゃ作者に殺されちゃうよ」「そりゃ大変だ、のび太くん、作者の先生にストーリーを変えてもらえるように頼みに行かなくちゃ。“どこでもドア〜”!!」

−と、着想そのものはドラえもんに出てきそうなレベル。もう少し形而上的?展開があるかと思ったのですが、いえいえどうして、単なるドタバタでした(苦笑)。
とはいえ、コミカルとはいえ大真面目に作っているので、逆にその大真面目さがバカバカしかったりして。
ウィル・フェレルはどこかブッシュを思わせるサル顔が意外に彼の国では人気を呼ぶらしいのですが、生真面目な税吏の役を好演。ダスティン・ホフマンはインテリ教授を楽しそうに演じます。
さすがなのはエマ・トンプソン。壊れかかった女流作家を演じますが、残念なのは彼女の書くストーリーが全くわからなかったこと。しかもあの結末でさえあれば文学史に残る大傑作になったというのですが、私にはあんな結末で大傑作になったとは到底思えない(苦笑)。
結局着想の域を出られないまま、「ボク、ドラえもん〜」のレベルに留まっちまった、というのが私の個人的な感想です。

もっともこの作品について深読みすれば、「文学作品の作者」=「神」ととれないこともありません。「始め」と「終わり」が神によって支配されているという直線的な歴史を内含しているキリスト教における、刻一刻移り変わる時間(クロノス)が、この作品では「腕時計」によって象徴されているともとれます。このクロノス的時間だけを生きていたハロルド・クリックに思わぬさまざまな出来事が起きるわけですが、こうした時間は「カイロス」と呼ばれ、このカイロス的時間によってクロノス的時間は断絶されます。そしてこの「カイロス」的時間に「神(=作者)」が関わってくるわけです。
その意味で、創造主たる作家を神に置き換えてみれば…という着想が底辺にあるようにも思えるのですが、そんな小難しい話ではなかなか観てもらえません。その結果「ボク、ドラえもん」になっちゃった、ということ、かな?(ドラえもんが悪いわけでは決してありませんよ、念のため)

投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-12 17:24:26
昨日、試写会で見てきました。試写会に行くのは初めてだったのでウキウキだったし、見に行くのが大好きなウィル・フェレルの主演作だったというのも嬉しすぎます!本作はアメリカで公開していた時から気になっていたし、予想できない展開に興味があったんです。なので見るうちにどんどん話しに引き込まれていきました。真面目な国税庁に勤めるハロルド(ウィル)がある日、自分の行動や考えを話す声が聞こえ動揺する。しかもその声は自分が近いうちに死ぬと言うのだ!そしてハロルドはどうしたらいいのかを相談したり、自分のやりたかった事を積極的にやるようになる。そこで彼は生きる事の素晴らしさを今まで以上に感じるのだが・・・。
 本作のメッセージは‘人生は自分の力でいつからだって書き直す事が出来る。’という事だと思います。
 主演のウィルの今までにないシリアスな演技と控えめな笑いがとても素敵でした!彼の俳優として確実に演技が上がってきている事が本当に嬉しいです。小説家役のエマ・トンプソンも面白いし、ダスティン・ホフマンも素敵でした。クイーン・ラティファもかっこいいし、ウィルの相手役を務めたマギー・ギレンホールもすごくキュートです!普通に考えればちょっと怖い話ですが、映画はクスクス笑ってしまうシーンと心温まる物語に仕上がっているので見ていて感動も出来ます。ウィルはギターと唄も歌ってくれたのでもう最高でした!ウィル・ファンはもちろん、たくさんの人に見てもらいたい映画です!きっとこの映画を見れば夢や愛の素晴らしさを改めて感じると思うし、クッキーも食べたくなると思いますよ(笑)!絶対オススメです!
投稿者:ilovesunshine投稿日:2006-12-15 01:50:26
大笑いはないけれどクスっとできる場面の多い映画で楽しめました。ウィル・フェレルの抑えた演技が光っています。特にダスティン・ホフマンとの掛け合いは良いですよ。脇を固めるギー・ギレンホールやエマ・トンプソンの演技も良いです。

大きな目的(良い小説を書く)為には人を殺してもいいのかとテーマは結構重いモラルの問題ですが軽妙に描かれていて予想以上のできでした。

でも日本では受けないかな?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ウィル・フェレル 
□ 助演女優賞エマ・トンプソン 
 □ 脚本賞ザック・ヘルム 
【レンタル】
 【DVD】主人公は僕だった コレクターズ・エディションレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION