allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カンバセーションズ(2005)

CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN

メディア映画
上映時間84分
製作国アメリカ/イギリス
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2007/02/03
ジャンルロマンス/ドラマ/コメディ
男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト
カンバセーションズ [DVD]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,800
USED価格:¥ 503
amazon.co.jpへ

 Photos
カンバセーションズカンバセーションズ

【解説】
 知り合いの結婚パーティで10年ぶりに再会したかつての恋人同士が、互いの近況を語り合いながら、戸惑いつつも次第に若い頃の感情を甦らせていくさまを、男と女の違いを浮き立たせつつしっとりとした雰囲気で描いた大人のラブ・ストーリー。画面を左右に分割したデュアル・フレームによるユニークな編集が全編で採用され、それぞれに男の視線と女の視線、あるいは現在と過去といった異なる映像が並列に映し出され、2人の揺れ動く心情を一層ヴィヴィッドに表現する試みがなされた。主演は「眺めのいい部屋」「鳩の翼」のヘレナ・ボナム=カーターと「サンキュー・スモーキング」「ブラック・ダリア」のアーロン・エッカート。監督はこれが長編2作目のハンス・カノーザ。
 マンハッタンのクラシックなホテル。ウェディング・パーティの会場で10年ぶりに再会した元恋人の2人。平静を装いつつも、交わす会話はどことなくぎこちない。やがて、お互いの心の中の探り合いが始まる。そして、パーティも終わりを迎える頃には、2人の距離は逡巡しながらも確実に近づいていくが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-08 19:14:30
二人の会話、二人の視点、二人の表情で現在の状況や感情を読み取る構成は斬新。

昔愛し合った男と女のセリフ、行動がとにかくリアルです。
過去を一緒に生きた者同士だからこそ言える事と言えない事・・・リアルすぎ。
きっと長く付き合った恋愛経験がある女性には共感できる女心が多々あると思いますし、昔愛した女と再会した経験のある男性には理解できる男心だと思います。
何を言いたいのか、どうしたいのか、何て言ってほしいのか、どうして欲しいのかが痛いほど理解できます。
第三者として男と女を見ると凄く簡単なんだけど、当事者になるとナゼ難解なモノになってしまうのだろう。

2分割画面は慣れるまで観にくいですが、慣れてしまえば二人の見ているモノや視線(カメラ)の動きが興味深いモノに変わると思います。
ラストの一人と一人が二人になるシーンはとても印象深い。

キャストに関しては、ヘレナ・ポナム・カーターとアーロン・エッカートのミドルエイジらしい体型がリアルでGOOD

大して仲も良くない人の結婚式に呼ばれたくだりは、かなりシニカルで笑えました。
もちろんガッツリ共感(笑)

おそらく再会する事が分かっていてその場にやってくる二人・・・なんてロマンティックでなんてスリリングなのかしら。
きっとその日まで少しでもキレイに少しでもイイ男に見えるように努力をしてきたんでしょうね。
実際の再会は、突然でロマンティックどころか素通りですがね(笑)

「未練」なんて言葉と無縁の人生を過ごしている方は、イライラすると思うので鑑賞は控えたほうがイイでしょう。

年齢と経験を重ねて慎重になってしまった女性にはオススメです。
投稿者:emiemi投稿日:2008-02-10 03:24:34
【ネタバレ注意】

非現実が現実になったときのリアル感がとてもセンチメンタルだった。
2分割画面のおかげで過剰な過去の説明もなく、
84分というちょうど良い尺に収まってラストまで引っ張られた。

最後の荷造りからの現実に戻っていく感じが、
深夜から朝に向けて明るくなっていく白々しい外の風景と相まって
すごくリアルで、たまらなく良かった。

投稿者:password投稿日:2007-12-12 20:06:12
ベテランだけあって主人公2人の演技が非常に上手く、ちょっとした中ダレをぐいぐい引っ張っていく。「画面デュアル」というのが売りのひとつなのかもしれないが、2人の会話そのものが洒落ているので、ちょっとトゥーマッチな感じがしないわけでもないけれど…
同じような経験をしたことがある人なら、2人の感情の揺れをリアルに感じられると思います。その痛々しさをそれほどシリアスにならずにさらっと描く。久々に楽しめたラブコメでした。
投稿者:aaf投稿日:2007-08-08 00:27:08
【ネタバレ注意】

低予算の映画ですね。殆ど主人公達のアップだけで画面が構成されて
います。でもその割にストーリに没頭させてくれますね。
2分割の画面はちょっと鬱陶しいですけどね。
なぜ別れたのか今ひとつ不明なのですがそのじれったさが
この映画の持ち味なんじゃないかと思います。
ですが「終わらせた恋のはじめ方」ってサブタイトルがあるものです
からどうやってドンデンがあるのかと期待してしまいました。
このサブタイトルはちっとねぇ・・・

ですので最後のタクシーに乗り込むシーンでは
なんとなくやるせなさって言うか いきなり現実にもどされて
しまって興ざめしたって感じです。

投稿者:なちら投稿日:2007-06-05 17:10:37
アーロン・エッカートって今まで興味が無かったけど、
ニヤケ顔の未練タラタラな男が似合ってて素敵じゃん!
分割画面も最初は戸惑うけどすぐに慣れるし、二人だけの世界を強調してて良いと思う。

ただ、彼女が彼の元を去った理由をもっと深く描いて欲しかったな。
投稿者:山為食堂投稿日:2007-02-20 18:35:52
最初から最後まで画面が2分割されていて、とてもみづらい。2分割しなければいけない理由もあまり感じられず、ストーリーもだらだらしていて見ていて疲れる。観客をばかにした最低の映画で、なんでこんな映画を配給するのか訳が分からない。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 審査員特別賞ハンス・カノーザ 
 ■ 最優秀女優賞ヘレナ・ボナム=カーター 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】カンバセーションズ 〜終わらせた恋のはじめ方〜レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION