allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

HERO(2007)

メディア映画
上映時間130分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/09/08
ジャンルドラマ
久利生公平、最大の危機。

2007年9月8日(土)日比谷スカラ座ほか全国ロードショー

HERO

(C)2007 フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社


 Photos
HERO

【クレジット】
監督:鈴木雅之
製作:亀山千広
企画:大多亮
エグゼクティブプ
ロデューサー:
清水賢治
島谷能成
飯島三智
プロデューサー:現王園佳正
牧野正
宮澤徹
和田倉和利
統括プロデュース:石原隆
ラインプロデュー
サー:
森賢正
脚本:福田靖
撮影:蔦井孝洋
美術:荒川淳彦
編集:田口拓也
音楽:服部隆之
VFXスーパーバ
イザー:
西村了
スクリプター:戸国歩
照明:疋田ヨシタケ
録音:柿澤潔
助監督:片島章三
足立公良
監督補:長瀬国博
出演:木村拓哉久利生公平
松たか子雨宮舞子
大塚寧々中村美鈴
阿部寛芝山 貢
勝村政信江上達夫
小日向文世末次隆之
八嶋智人遠藤賢司
角野卓造牛丸 豊
児玉清鍋島利光
松本幸四郎蒲生一臣
森田一義花岡練三郎
中井貴一滝田明彦
綾瀬はるか泉谷りり子
国仲涼子松本めぐみ
香川照之黛 雄作
岸部一徳桂山 薫
山中聡里山裕一郎
石橋蓮司大藪正博
ペク・ドビンキム・ヒョンウ
眞島秀和東山克彦
波岡一喜梅林圭介
長野里美柏木節子
イ・ビョンホンカン・ミンウ
(友情出演)
伊藤正之川島雄三
正名僕蔵井戸秀二
田中要次マスター
古田新太郷田秀次
MEGUMI河野桜子
奥貫薫芝山良子
鈴木砂羽黒川ミサ
山崎汐音芝山の娘
【解説】
 木村拓哉が型破りな検事に扮し、高視聴率を記録した大ヒットTVドラマの劇場版。レギュラー・キャストに加え、松本幸四郎、森田一義(タモリ)、イ・ビョンホンなど豪華競演が実現。本作は連続シリーズののちに放映されたスペシャル版の後日談となり、東京へ戻ってきた久利生公平がいつもの面々と共に巨大な陰謀がうごめく難事件に挑んでいく。
 東京地検・城西支部に戻ってきた久利生公平はある日、容疑者が既にその犯行を認めている傷害致死事件を任される。しかし、初公判で一転、被告は犯行を全面否認し無罪を主張するという事態に。しかもこの一件を担当する被告側の代理人は、刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣だった。また、この事件の背後には、久利生と過去に因縁のある大物代議士・花岡練三郎の存在があり、事件の判決が政界の贈収賄事件に深く関わってくるという。そして証拠集めに奔走した結果、事件の鍵が韓国にあることを突き止めた久利生は、事務官の雨宮舞子と共に韓国・釜山へ向かうのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
HERO(2001)TVシリーズ第1作
HERO(2006)TVスペシャル
HERO(2007)劇場公開版
HERO (第2期)(2014)TVシリーズ第2作
HORE(2014)スピンオフ・ドラマ
HERO(2015)劇場公開版第2弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
860 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-08 08:45:17
背伸びせず、ファン・サービスに徹した
良質の1本「HERO」
でも“映画”として成立させているのは
やはり豪華共演陣でしょうか
http://mototencho.web.fc2.com/2007/HERO.html
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2010-04-02 01:41:47
【ネタバレ注意】

この軽妙さ、というか、ときどき現実からブッ飛んでいってしまうほどの「軽さ」を、いちいち類稀な演技力で現実に引っ張り下ろす松たか子のすべての言動が楽しくてならない映画。
以下は「松」礼賛。
女優・松たか子の大ファンであるオレにとって、この芝居というか「会合」は、うますぎる松の演技を浮きあがらせるためのマネキン人形の寄せ集めだとさえ思われる。
映像的には、7人の検察官(と事務官)を対等に扱うため、垂直の構図と、真正面からのカメラが多用されるが、(木村拓哉を含め)割り振られた「決めポーズ」をこなしているだけの面々に対し、松たか子だけは一人、地に足のついた「演技」をやっており、そのおかげで、このぺらぺらした芝居のくだらなさに重力が発生し、何度も何度も、物語がステップする。
彼女がいなければ、話はスリップするだけだろう。
それほどまでに、松たか子はうまい。

ここでは、すでにオバさんじみた肉体の線を隠そうともしない松が(大きな腰や、丸みを帯びた背中)、着実に「不動の中年女優」の地位を築きつつあることが確認でき、それも大きな見所である。
多くの30代女優が「老けないこと」に執着するあまり、まともな中年の演技を身につけられないまま歳をとりがちだが、松たか子はそういう誤謬とは一切無縁だ。
山口智子は超えた、財前直美も超えた。
(そんなのはわざわざ超えるまでもないって?)

もちろん、脚本にはアラが多い。いきなり冒頭2分間で、ドスベリ状態になる。
木村の注文して受け取ったスペイン製のサッカー・グッズに「翻訳が付いていません」というので落胆するオチだが、木村はこのCMをそらんじることができるほどよく見ているという映像設定からすれば、いまさらその失望はおかしい。この時点で、もう観るのを止めてしまいたくなるほど、すさまじい狂いっぷりなのだが、松たか子が出てきてから文句なしに「演技」を堪能できるので、どうでもよくなってしまう。

(もちろん裁判シーンも多数のレビュアが指摘する「ゆるゆるぶり」だから、あんな立証で「懲役8年」の重刑をさらりと言ってのける裁判官に「極悪」のオーラが漂ってしまうのだ。物語的には間違っている。が、政治的には正しいのか?まあ、ラブコメにとっては、どうでもいいことだな。)

韓国ロケ不要という意見もあるようだが、「雨宮舞子(松たか子)が久利生公平(木村)と一緒に旅行できて良かったね」という重要なエピソード、当然「嬉しいのに顔には表さず、張り切ることで間接的に満足感を噛みしめる」という、まさに「演技派」女優の本領を発揮するにはうってつけのシチュエーションだけに、観てて内心「んんんん松うめぇなあ」の連発であった。
もちろん、日本語を話さないイ・ビョンホンも、この脈絡で適正に機能している(ハングルでこのボケ・カップルにエールを送るというのは気が利いている)。

休憩を要しないので、勝手に6点以上は、行ってしまう。

投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 21:58:07
小日向文世
投稿者:hitcinema投稿日:2009-01-15 18:52:18
【ネタバレ注意】

はっきり言って今ひとつ。

蒲生の言う通り、被告人はあのビルではなく事件現場近くの火事の現場には居たが、事件現場に居た明確な証拠は提示されていない。
検事が主人公なのに被告人の有罪立証がなされていないのはどうか?
それは裁判ものの肝になるはずではないのか?
TVドラマでは甘いところもあるがちゃんと描かれていただけに残念である。
また、”大物政治家の汚職よりも目前の傷害致死事件の方が大切だ”と言いつつも映画のクライマックスは政治家のアリバイが崩れたシーンになってしまっている。やはりもうひと山、被告人の有罪立証のシーンが欲しかった。
車を探す一連のシーンは不要でしょう。証拠として不十分なことは探す前から分ってるし。問題なのは、ラストの伏線が無くなるけど。

投稿者:ringoringo投稿日:2009-01-11 06:14:23
月9の枠(テレビドラマ)なら楽しめるのに・・・

映画となると・・・(●´・△・`)はぁ〜
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2009-01-04 16:53:54
【ネタバレ注意】

ハッキリ言うとこの映画よりテレビシリーズの方が面白かったです。脚本がかなりいい加減です。はじめに韓国ロケありきだし肝心の検察側立件も適当にぼやかして…これで監督はようメガホンとったな。笑ったのは韓国まで捜査に行って「事件当日ものである確証はありません」と言われ「そうきたか…」。えっ?それで終わりですか九利生検事?ひょっとしてダメ検事?ヤメ検対ダメ検?映画館で見なくてよかったぁ。

投稿者:Ryuichi投稿日:2008-08-31 23:47:05
2時間超の時間、飽きずに楽しく見ることはできましたが・・・やっぱりドラマかな・・・映画を見ているという実感を感じることができませんでした。
確かに豪華出演者ではあるのですが、もともとドラマであった作品を映画という媒体に置き換える必然性を感じることができませんでした。
おそらく・・・詰め込み過ぎなんでしょうね・・・
映画の場合、限られた時間で完結せざるをおえない関係上、全体的な調和を重んじつつ、削れる部分を削って、ひとつの作品に仕上がります。ドラマの場合、主たるストーリーは、直接的な関係のなくとも、視聴者の気をひけるシーンであれば、それらも混ぜ込むこともあります。
映画に比べ、ドラマが雑につくられているわけではありません。ときにクオリティの高いドラマもありますし、駄作の映画もあります。
ただ、この「HERO」という作品においては、ドラマ的なつくり方を、そのまま映画という媒体に持ち込んでしまったようで、画面を見つつも、映画を見るとき独特の緊張感を感じることができませんでした。
カメラの長回しなどドラマとは異なる映像をつくり、映画らしさを強調した「HERO」をつくってみてもよかったのかもしれません。
ただ・・・それだと、一般受けはしないのかな・・・http://vicky-ryu.spaces.live.com/
投稿者:エピゴーネン投稿日:2008-08-25 10:18:34
暇つぶしには丁度良いかも。

脚本の多少のミスは「フィクションだから」と流せるのですが…
映画の流れを堰き止めている韓国のシーンは削るべきだと思いました。
演出もテレビドラマとほとんど変わらない所がマイナスです。

政治家の汚職ではなく、あくまで会社員の命を奪った事件に立ち向かう
主人公の姿勢は評価できます。
投稿者:hayate9投稿日:2008-08-16 17:49:06
面白くないことはないんですけど、TV版のスペシャルでよかったのでは?
連続ドラマは1時間で事件解決だったので、スピーディな展開と役者陣のチームワークが楽しく毎回観ていました。
スペシャル版の山口支部(?)のも観ましたが、中井貴一しか印象に残っていません。・・・で、覚えていないのにこれ言うとアレかもしれませんが、吉野公佳がちょっと出てて、映画版でも何かそこから話が発展するかと思っていました。あれはあれでスペシャル版の中で終わっていたのでしょうか・・・。
投稿者:Longisland投稿日:2008-08-07 23:52:28
07年邦画興行収入.1(81億)それも夏興行が終わった9月公開。色々調べるに過去10年遡っても9月公開作品が邦画興行トップて無かった。07年前半苦戦が続いた東宝の救世主になった作品。

遅ればせながらDVDレンタル旧作半額を待って鑑賞。
TVドラマ未見で出演者への思い入れ皆無も、娯楽作品としてよく出来てるんじゃない。サブキャラの性格はTVドラマ未見としてはイマイチ理解が難しい、豪華な出演陣・あまり意味があるとは思えない海外ロケ・・・突っ込みたくなる箇所は多々あるも面白かった。
投稿者:ymo1191投稿日:2008-07-25 22:34:54
キムタクの役柄は主演のどのヒットドラマにも共通で、まったくの現代風青年ですが、武士の様な古風さが愛らしくファンを惹きつけます。共演の松たか子はキャリヤウーマンで、男社会で凛々しく仕事をする役ですが、キムタクには表面上ツンケンな態度でそれが三枚目風で親しく感じます。このドラマは勧善懲悪であって、司法、立法、行政の三権分立の社会で、それを司る役人にも、その個人の中に三権分立ができる理性を求めるドラマとなっています。裁判員制度も施行まで近くなっていますが、そういう意味でもキムタク演じる検事のように、力まずあきらめず、正しくありたいものです。自分の為に。ドラマの方はこれで全てが解決してない点が思い当たり、続編へのふせんが感じられる終わり方でした。http://blog.livedoor.jp/ymo1191/
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-16 17:57:02
TVドラマの映画版ってどの作品を観ても思うんだけど・・・TVのスペシャル枠でよくね?(爆)

ドラマ自体、最初から最後までキッチリ観ていた訳じゃないからチョコチョコ分からない部分もあった。
それは、観ていなかった私が悪いのでイイ。。
ただ、映画でやるほどの事か?
元々コミカルさが売りの法廷劇なんだろうけど、裁判自体に重厚さもないし調査自体もリアリティがなくてメリハリがないように感じました。
ツッコミだしたらキリがないし、面倒くさいからツッコまないけどテイストは完全にTV用だよね。
どうしてTVドラマの映画版って安っぽく見えるんだろう。
韓国ロケとかゴージャス感はあるけど、ストーリーの都合上なくてもイイ訳だし・・・。
コミカルの中にちゃんとした現実味があれば面白かったんだけどな〜

まあ、キムタクの「待てよ!」が聞けたからイイけどさ(笑)
ホリのネタみたいで笑えたし(爆)←おかしな話だけど。
映画版だからなのか八嶋さんとかキャラクターがパワーアップしてて、やりすぎな感じもした。
松たか子もうるさかったな〜

とにかく脚本も役者さんも(キャラクター)お祭り的なテンションだったように感じる。
投稿者:irony投稿日:2008-06-16 02:45:45
 婚約者以外全員マスコミって・・・ 裁判はしょうもないレベルのモノでした ハラダタイゾーがイケメンってかなり気を使ってますね 韓国行くなら何故チョナンカンを連れていかないんだろか? テレビドラマのスペシャル版ならいいかもしれんが映画でこの内容はちょっとね 因縁ってドラマ見てなきゃワカランぞ(見てたがすっかり忘れちまったけど・・・記憶力がヤバいなこの頃)
投稿者:aaf投稿日:2008-03-09 19:59:30
レンタルが始まったようなので借りて視聴しました。
もともとドラマの延長の映画なのですからそれについて
文句を言うのはヤボってもんだと思います。
知らずに映画館に行った人にはお気の毒としか言いようがない
ですが・・・そんな人もいないと思う。

肝心の内容ですが「久利生公平、最大の危機」ってキャッチは
あまりに大げさすぎますね。だいたいこの映画は緊張感がまるで
ありません。先が見えてしまっているので映画の単品として成り立って
いないのです。アンフェアの映画版と比べれば相当に内容はマシでは
ありますけどテレビ版を見ていない人はそちらを見て気に入ってから
見たほうがいいでしょうね。

それと脚本が130分という長丁場に耐えられるだけ練られていない
のが一番の問題ですね。60分なら問題なかったと思います。

あと内容とは無関係ですけど音声で他言語に翻訳してくれる
機械が1万ってのは安すぎますな(笑)
あれ欲しいです。

投稿者:グッドラック投稿日:2007-12-09 14:17:35
【ネタバレ注意】

昨夜仕事帰りに見て参りました。
昨年、自宅近隣にムービックスができて以来、
ナイトショーによく行くようになりました。
「アンフェア」、「王の男」、「デス・ノート」、
「レミーのおいしいレストラン」など、
今までは映画館では見なかった映画を見るようになりました。

さて、「HERO」ですが、見終わって車を走らせながら
10分以内で自宅に着く間、最初に何を思ったか?
「昔はこんな物語ばかりだった…」

「弁護士ペリー・メイスン」
「部長刑事」
脳外科医「ベン・ケーシー」

幼い頃上記のようなテレビを見ながら
法廷で論理的でしかも感動的な演説によって
無実を証明していく身だしなみのいい弁護士もの。

様々な難事件を部長刑事が7人の刑事を引き連れて
解決していく警察もの。

毎回、緊急でしかも困難な患者に冷静な姿勢でメスを入れ
大切な命を救う人間味豊かな医者もの。

幼い頃、私たちは彼らのようになりたいと思ったものです。

「HERO」を見て今の小学生や中学生はどのように思うのでしょうか?

下記はあるサイトのこの映画の批評の一部、
・「赤坂から三軒茶屋を246を走ると、
  少なくとも2箇所のNシステムを通過しなくてはなりません。
  写ってますよね…確実に。」

このように詳細な情報が蔓延しているために
ストーリーが現実的ではないと評価を半減させる人が
私が幼い頃より多いように思います。

「ラストシーンが最高でした」と満点をつける人
こんな人は昔より少ないように思います。

高校時代に麻雀の天才S君から「青ざめた馬を見よ」を
薦められて五木文学に惹かれていきました。
しかし、私の文学の原点は吉川英治の「宮本武蔵」であり、
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」です。
そしてこの流れは米国のアーサー・ヘイリーへと続きます。
五木寛之氏はこの世界に<情>を織り込んでいったような気がします。

さて、現在のようなネット社会に移行して行く中で
ほとんどの知識を、危ない情報までも指一本で
幼い連中が自宅の密室で得られる状況は本当にいいものだろうか?
この問題について以前から疑問に思っていました。

吉川英治氏や司馬遼太郎氏が描いてきた様々な主人公が
心の根底に存在している私のようなある意味古い人達と
ゲームやアニメ(手塚・宮崎以外?)の暴力的シーンが
売り物の画像で育った人達の違いは、
善悪の分別力、したい事とすべき事の判断力、
先生と呼ばれる人への尊敬心、親への尊敬心は
前者の方が大切にする傾向がある。

反対に後者は前者より計算高く、物事を合理的に、
且つ平等を基準に判断する傾向がある。
1,000万部以上を売った「デス・ノート」の主人公の生き様に
心惹かれた若い人はまさしく後者の範疇に当てはまる。
己の目的のためには自分の恋人や父まで殺めようとする夜神月、
まるで自分が神にでもなったような言動は、
家族や恋人への愛がまるで低俗なものと蔑むように思える。

まだ幼くて、様々な生き方や思いや考え方の相違に気づかない人達に、
主人公夜神月がどう映るのだろうか?

それに比べて今回の邦画公開映画館数最高の「HERO」の久利生公平は、
幼い人が見ても安心できる主人公と云える。

巨悪を成敗するより命の尊さを訴える一検事の姿は
体制にいつも反発するキムタクのイメージに当てはまる。

キムタクと松たか子との会話は、
男女7人のさんまと大竹しのぶを彷彿させるくらいに良くできている。
「アンフェア」のような仲間を裏切るストーリーが全盛の現代映画の中で、
こんなストーリーはかえって輝いて見えるのは
いつまで立っても幼い自分から抜け出そうとしない私だけだろうか?

ラストシーンは「卒業」の逆、つまりキムタクの当惑した苦笑い、
たか子の満面の笑みで終わって欲しかったな。

きっと、こんなふうに思うのは歳を取ったせいかもしれませんが…。

「感動したお奨め映画度 80点」
http://blog.goo.ne.jp/goodluckyuji713/

投稿者:マッシュ投稿日:2007-11-02 22:47:48
尋常じゃないくらいひどい
フジテレビも何考えてんだ。
大体豪華キャストとか言っても中井貴一とイ・ビョンホンは出てくる意味ないし。
ドラマ版から完全に抜け出せてないね。
投稿者:リEガン投稿日:2007-10-05 17:07:53
挙証責任は検察側にあるはずの日本の裁判だが、否認事件の刑事裁判を傍聴するかぎり、その原則に首を傾げたくなる時がある。周防正行監督「それでもボクはやってない」でも鋭く指摘されているが、実際には無罪を主張する弁護側が『やってない』ことを立証しなければならない。そしてそれは非常に困難。検察は証拠隠すしね。本作のように、警察を凌駕する捜査を行って真実を正し、正義を貫こうとする検事が存在すれば、逆に無辜の不処罰も確実に全うされて冤罪事件は格段に減るだろう。しかし、高慢で品性を疑う裁判官や検察官が存在するのが現実。夢物語に浸れる反面、虚しさを伴うTVムービーだった。
投稿者:バフ投稿日:2007-09-23 23:33:26
キムタクもくさい。 脇役たちもみんなくさい演技ばかり。 中井貴一なんてぜんぜん癌患者に見えないし、登場する意味もわからない。 裁判所の前の天秤を持った女神像をさも意味ありげになんども登場させるのも嫌味以外なにものでもない。 石垣島がどうした? 山口がどうだった? TVドラマを見たことを前提に作られているとしたら、もっと説明すべきだろう。 まったく雑なつくりの映画だ。 
投稿者:mon oncle投稿日:2007-09-23 12:34:09
人気ドラマの映画化は失敗に終わることが多いようだが、その理由としては妙にスケールアップしようとしたり、映画ならではの特徴を出そうとしてしまうことにあるんじゃないだろうか。
本作品はそのようなことに陥ることなく、無理なくドラマの良い部分を継承した結果、映画としても十分に評価できる傑作となったと思う。

タイトルからしてその片鱗が伺われる。『HERO』。そのまんまだ。実に清々しい。例えば『〜the Movie』のようなサブタイトルがついてない所に好感が持てる。

ただ、スケールアップも皆無ではない。韓国ロケの敢行、豪華なキャスティング。それらも映画化にあたっての必要最小限の「華」に押さえられていた。韓国ロケのシーンなどは事前には嫌な予感がしたものだったが、ラストへの見事な伏線となっていたのには感服。

脇を固める城西支部のメンバーのアンサンブルも、ドラマそのものを無理なく踏襲して心地よかった。一見、単にお笑いを取るだけに見えるエピソードも、鮮やかにメインストーリーに絡んで来ており、脚本の緻密さが感じられた。特に阿部寛の家庭のエピソードは秀逸。また室内のカメラワークもドラマを踏襲していたのも成功。

ただ、難を言えば松本演じる弁護士のキャラ設定か?法廷シーンでは辣腕ぶりを発揮しなかったし、弁護が被告人のためなのか弁護士のアリバイのためなのかが、曖昧だった。

そして、特筆すべきは主人公演じた木村拓哉だろう。山田洋次の元で役者としてランクアップして、ホームグラウンドに戻って来て見事な演技を見せてくれた。彼の演じる主人公を通じて、真のHEROを見た気がする。そして、この映画のタイトルの意味も、改めて感じた。これほどタイトルとテーマが一致した作品も珍しい。
木村拓哉。あんたが本当のHEROだ!
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-09-18 00:12:25
【ネタバレ注意】

えーっと。まあテレビドラマの延長線上ですからね。そういう意味では悪くないのかな、と。ただ私個人は何せ元祖連続ドラマシリーズを観ていないので、ドラマシリーズが好きな人はもっと違う見方をするんでしょうね、きっと。

ストーリーでいえば、すでに指摘されていますが、国道であればNシステムが必ずあるだろうなと思っちゃいますけどね。あとよくわからなかったのは韓国で雨宮が拉致されそうになったのは何故でしょう。犯人の男が何か雨宮の鞄?か何かに投げ込んだから?説明ありましたっけ。
ラスト近く、後半は何だか急に杜撰な流れになりましたよね。835人分の携帯、どうやって捜し出したんでしょう。不思議。韓国で車捜すより大変だと思うけど(苦笑)。そもそも警備員が4台しかない来客用駐車スペースに車を停めるなよ(溜息)。

とにかくキムタク度満開。検察もこんな検事像を描いてもらって感謝しないとね。国策捜査に明け暮れ、調活費(調査活動費)を裏金として使いまくり、ヤバくなると身内でも無理やり逮捕してしまうような組織だなんていう実際の姿を隠してくれますからね(嗤)。あはは。

投稿者:NYY投稿日:2007-09-12 07:07:13
フジTVドラマの映画化は興行成功・内容失敗が多いんで全く期
待してなかったんだけど、これは意外と良かった気がします。
特別に良い訳では無いんですけどね。
少なくとも、踊るなんとか線みたいな失敗の仕方はしてなかった。
 
キムタクは相変わらずカッコイイし、このキャラも相変わらずで
良いなあと思いました。
特捜部が政治家の収賄とか大風呂敷を広げたがるのに、この事件
はあくまで一人の会社員が死んだ傷害致死なんだ!とか、検察官
が立証義務を負うんだ!とかポイントは押さえてたと思います。
 
しかし、タモリはイマイチだった。
やっぱり政治家ってのは、もっと脂ぎっててデカイ顔してないと
ね〜。
タモリはスマートだし、悪い人に見えない。
弁護士も、もっと弁護しろよって感じ。
全然大物には見えない。
中井貴一と綾瀬はるかのシーンは不要。
タレントを出したいから作ったようなシーンはイ・ビョンホンく
らいで抑えとくべきだった。
 
傍聴席から皆いなくなっちゃうのも、やり過ぎ。
話題になる裁判では、マスコミはバイトをいっぱい並ばせて抽選
当てるんだけど、傍聴席全部がマスコミな訳が無いですよ。
 
一番気になったのは、松たか子がハングルで「私は優秀な検事だ
と思います」とか、松本幸四郎が「良い検事を育てましたね〜」
みたいに、良い検事良い検事って言い過ぎなこと。
ちょっとクドイ。
そーゆーのは、ワザとらしいセリフにしないで、観客に感じさせ
るくらいで良いの。
投稿者:BLADE投稿日:2007-09-10 21:18:34
個人的に文句のつけようのない出来だ。TV版の話題優先というわけでも
なく、しっかりと事件を作っている。何度も映る目隠しをして、天秤を
もつ像の意味の深さもいい。豪華すぎるくらいのキャスト陣。僕は
タモリさん目的で見ましたが、最後の法廷シーンしか出番がないのに、
あの存在感は、やはりタモリさんだな。代わりにわざわざ中井さんを
出す意味はあったのだろうかと疑問もあったが、ご愛嬌だな。
こういう地道に、徹底的に調べることの大切さ、楽しさといったら
ないです。
投稿者:まくらK投稿日:2007-09-10 17:07:42
(ウオータームーンの)ナガブチみたいに自分の企画でできるんではなく
まわりがよってたかって作ってしまう
日本の芸能界がさむい。
・・・・・・
だからタモリにマジなセリフは無理なんだって!
口とんがらせてモガモガ言うだけじゃん!
黒メガネの代議士なんて見たことねえ!キャスティングばかか!
大物(か?)出したらええっちゅうもんちゃうやろ!選べよ!
・・・・・・
「いい検事に育ちましたな」(だったっけ)
さむい。さむすぎる。
脚本のスキルがなさすぎる。中学生でももっとマシやろ
投稿者:yusei投稿日:2007-09-09 10:19:31
【ネタバレ注意】

なぜ,エンディングがヒッキーじゃないの?
あの曲とセットでHEROでしょう? 0点!

投稿者:YAH!投稿日:2007-09-09 01:59:58
【ネタバレ注意】

赤坂から三軒茶屋を246を走ると、
少なくとも2箇所のNシステムを通過しなくてはなりません。

写ってますよね…確実に。
全ての事件にNシステム活用するわけではないでしょうが
政治家の汚職が絡む特捜の捜査であれば確実に使う筈で…

しかし、Nシステムを使うとこの物語の根幹
(地道な捜査の積み重ねで真実を証明する)が揺らいでしまうので
無かったことにするしか無いんでしょうね。

あと、クライマックスの裁判シーンも証人の入室の仕方や
雨宮達が登場する部分に関して現実からの乖離が激し過ぎる気がしました。
(盛り上げる為の演出として仕方ないという部分を差し引いたとしても)

ある意味泣かせる話しですし、楽しい掛け合いもあり
決してつまらないわけでは無いのですが
SFでは無いので、もう少し現実に沿った設定にして頂けると
良かったかな…という感じです。

中井貴一さんに★2つで合計★5でお許し下さい。

投稿者:ぺん投稿日:2007-09-08 17:19:08
TV版が大好きだったので、公開初日に観てきた。初日の昼間の割には人の
入りは悪かったかな。
結論はと言えば、ちょっとガッカリ。木村も他も当時の感じにはなれない
みたい。6年も経てば、変わっちゃうの仕方無いんだけど、TVのままのHERO
が観たかったので残念。役者も時代の雰囲気も変化してるのに、通販は6年前
のままなのは、違和感がある。その時の風俗を全面に出すTVドラマの限界
を感じるところかも。悪く言えば、設定そのものが劣化してしまってるのか
もしれん。脚本も、無理に2時間枠に合わせたんじゃないかと思う程にぶつ切
りのエピソードの繋がりになっちゃった。
しかし、雨宮(松たか子)と久利生(木村)のコント風のやり取りは、やっぱ楽
しい。木村の相手役は松たか子が最高だな。検察署内のチームワークも楽し
い。こういうのを見ると、お仕事は苦行じゃなくて、本来はやりたいものな
のよ。あんな雑務みたいな仕事でも楽しいはずだ。

でも、ぶつ切り状態の脚本と設定の劣化が気になってしまったので、5点か
な。是非ともTV放映直後に映画化して欲しかったのぉ。
投稿者:aloha-maharo投稿日:2007-08-08 15:06:53
事前試写会の奇跡的な確率をくぐり抜けて当選し、一足早く映画HERO見せてもらいました。

TVドラマの時から圧倒的な人気を博していたこの作品が、映画の大画面でどのようなエネルギーで迫ってくるのか、期待と、もしかして、かけ声倒れではないのかという一抹の不安も感じながら会場に足を運びました。
が、そんな心配もどこへやら、映画が始まると、アッという間に映画の世界に引きずりこまれてしまい、席が端の天井席という超見にくい席だったにもかかわらず、すっかり息つく間もないほど、熱中して入り込んで見ました。
木村拓哉演じる久利生公平をはじめ、次々と登場する豪華で確かな俳優陣の演技力。ストーリー展開の見事さ。この映画に関わったすべてのスタッフの良いチームワークがしっかりかみあって始めて出来上がったなんだろうな〜ということが画面からビシビシ伝わってくる心暖まる、満足できる作品でした。
涙を流して爆笑し、感動につつまれてさらに何度も泣きました。コミカルに、神妙に、軽く、また深く、重く、荘厳に、心のひだに繊細に分け入って「人としてどう生きていくのか」深く問われ、考えさせられる作品でした。
本当に感動しました。いい作品でした。
どうぞ公開を楽しみにしてください。まちがいのない作品だと思います。
ラストシーン、最高でした!
【レンタル】
 【Blu-ray】HERO (2007)レンタル有り
 【DVD】HERO (2007)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION