allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007)

PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END

メディア映画
上映時間170分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナビスタ)
初公開年月2007/05/25
ジャンルアドベンチャー/アクション/コメディ
パイレーツ・オブ・カリビアン:ブルーレイ・4ムービー・コレクション(期間限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 8,640
価格:¥ 5,736
amazon.co.jpへ

 Photos
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

【クレジット】
監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:マイク・ステンソン
チャド・オマン
ブルース・ヘンドリックス
エリック・マクレオド
脚本:テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
キャラクター原案:テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
スチュアート・ビーティー
ジェイ・ウォルパート
撮影:ダリウス・ウォルスキー
視覚効果:ILM
プロダクションデ
ザイン:
リック・ハインリクス
衣装デザイン:ペニー・ローズ
編集:クレイグ・ウッド
スティーヴン・リフキン
音楽:ハンス・ジマー
出演:ジョニー・デップキャプテン・ジャック・スパロウ
オーランド・ブルームウィル・ターナー
キーラ・ナイトレイエリザベス・スワン
ジェフリー・ラッシュキャプテン・バルボッサ
ジョナサン・プライススワン総督
ビル・ナイデイヴィ・ジョーンズ
チョウ・ユンファキャプテン・サオ・フェン
ステラン・スカルスガルドビル・ターナー
ジャック・ダヴェンポートジェームズ・ノリントン
トム・ホランダーベケット卿
ナオミ・ハリスティア・ダルマ
デヴィッド・スコフィールドマーサー
ケヴィン・R・マクナリーギブス航海士
リー・アレンバーグピンテル
マッケンジー・クルックラゲッティ
デヴィッド・ベイリーコットン
キース・リチャーズ
マーシャル・マネシュ
ヴァネッサ・ブランチ
【解説】
 世界中で大ヒットを記録したシリーズ3部作の完結編となるアクション・アドベンチャー。海の中へ消え去ってしまったジャック・スパロウの行方や、強大な陰謀に立ち向かう海賊たちの戦いが壮大なスケールで描かれる。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイといったおなじみの主要キャストに加え、アジアの名優チョウ・ユンファが新たに登場。
 デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊たちは、最後の望みである“伝説の海賊”9人を招集し、世界中の海賊たちによる全面対決に挑むことに。しかし、その9人のうちのひとりが生死不明のジャック・スパロウだと判明。やがて、ウィルやエリザベスたちは、溺死した船乗りが囚われているという“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”にジャックがいると確信し、救出に向かうのだが…。
<allcinema>
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
平田広明ジョニー・デップキャプテン・ジャック・スパロウ
平川大輔オーランド・ブルームウィル・ターナー
弓場沙織キーラ・ナイトレイエリザベス・スワン
壌晴彦ジェフリー・ラッシュキャプテン・バルボッサ
柴田秀勝ステラン・スカルスガルドビル・ターナー
大塚芳忠ビル・ナイデイヴィ・ジョーンズ
森田順平ジャック・ダヴェンポートジェームズ・ノリントン
村松康雄ジョナサン・プライススワン総督
高乃麗ナオミ・ハリスティア・ダルマ
横島亘トム・ホランダーベケット卿
高宮俊介マッケンジー・クルックラゲッティ
佐々木梅治リー・アレンバーグピンテル
放送2010/04/04 テレビ朝日 日曜洋画劇場 救出編の銘で放映
放送2010/04/11 テレビ朝日 日曜洋画劇場 逆襲編の銘で放映
放送2011/05/29 テレビ朝日 日曜洋画劇場 救出編の銘で放映
放送2011/06/05 テレビ朝日 日曜洋画劇場 逆襲編の銘で放映
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
27156 5.78
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-14 23:38:09
このシリーズはつまらんと文句垂れつつ、ジャパンプレミアへ。
生ジョニーを拝めたのは良かったが、武道館の硬いイスでつまらん映画を3時間見せられ、ワシの怒りは頂点に・・・。
投稿者:UFO投稿日:2013-11-11 22:17:42
面白くない。
投稿者:jb投稿日:2012-07-31 11:55:13
つまらなかった。
投稿者:nedved投稿日:2011-11-11 02:04:57
ジョニー・デップ
投稿者:akiakiakikochan投稿日:2011-04-06 01:22:36
ジャック・スパロウ不在のシーンが多すぎ。
戦闘シーンにおいてはウィルとエリザベスが中心なんですね。
主役はあくまでこの二人なのかもしれないけど、
二人がかりでもジャック・スパロウの存在感には叶わない。
何だかごちゃごちゃした戦闘シーンばかりで観ていて疲れた。。
投稿者:terramycin投稿日:2010-06-29 21:26:16
話が長いので(前回からも含めて)、もう一度見返した方がよいのかもと思った。

話が3話と長くなり、登場人物の関係性(敵味方)が分かりづらい。
話の展開がコロコロ変わり追いついて理解するのが大変。

次作に期待。
投稿者:william投稿日:2010-05-06 20:59:56
何これ…?
今までの2作品はまあ良かったとして、このショボイ3作目で終わりって意味不明。
2作目までで完全ネタ尽きてたってことね。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-04-20 18:22:30
長い割りに中身がぼやけててわかりづらかった。1作目からの雰囲気がいいのだから、もっとシンプルに単純に楽しめる作品にしても良かったと思います。
投稿者:scissors投稿日:2009-08-05 08:28:47
ここまで酷いとは思わなかった。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 03:57:28
つまらなさに怒りを覚えた初の作品。
今までの2作をそれなりに楽しんできたし、この完結編もやはり期待してた。
…それがここまで期待を裏切られるとは(>_<)

そういう意味では記憶に残る映画。

エリザベスが一昔前まではただのお嬢様だったのに、いっぱしの海賊面してるのはどうかと思うし、ましてや海賊王って!?

チョウ・ユンファの演じてたキャラも魅力ないままリタイヤ(>_<)

特に俺が腹立たしいと思ったのは、ウィルとエリザベスのふざけた結婚シーン。感動もしなけりゃ笑えもしない…。

エンディングでは10年たっても全く老けてないエリザベスに違和感!!

ん〜、子供向けってわりには残酷なシーン盛り沢山だし…(そもそも冒頭からホロコースト!)

と、色々書いたが要するに好きじゃないんだ。
こればっかりは好みの問題かもしれんからファンの人は許してな!!
投稿者:シネフリーク投稿日:2008-11-28 18:15:19
【ネタバレ注意】

やはりこのシリーズは1作目が「ある程度」面白かっただけで、あとはダメ。

根っからの映画好きを自認し、しかもアドベンチャー大好きの私が「デッドマンズ・チェスト」では途中あまりにつまらなくて寝たくらいだから、今回も期待はしていなかったが、三部作のまとめでしかも3時間近く費やしている割に話は分かりにくいし、ジョニデの魅力も発揮されていないし、、終わり方もつまらないファンサービスを入れて台無しにしているし。。

第一作以降、ジョニデのミーハーファンが激増し、このPOCシリーズはそんなおこちゃまジョニー・ファンのための映画になってしまった。
昔からの狂信的なジョニデ・ファンはこんな映画のJDには満足していないのでは?
興行的には日本でも上がらなかった「スウィーニー・トッド」のほうがはるかにジョニデらしいし、面白い。「リバティーン」もそう。
基本的にキワモノに出てこその役者なので、アイドル化したら魅力半減だよね。

映像もCGがあまりに「CGです!」と表に出ているのでリアル感が全くなく、劇映画と言うよりはアニメを見ているような感覚を覚える。やっぱりディズニーのオコチャマ映画なんだなぁ。

これでまだ懲りずに「4」も作るという神経が、今のハリウッドの凋落ぶりを如実に表している。キーラは出演しない、と表明したが当然でしょう。こんなシリーズに出続けたら女優イメージが下がるだけ。

アドベンチャー映画で「インディ三部作」を超える作品は出ないだろうな、と改めて感じる次第。

投稿者:irony投稿日:2008-09-01 00:39:09
 前作のデッドマンズ・チェストはあまりにもつまらなくて途中で放り出してしまったがやっぱりどうでもいいような作品になっていました 一作目で打止めにしとけばよかったのに・・・ナンでベケット卿は最後ほうけてしまったんだろ?
投稿者:bond投稿日:2008-08-19 11:03:34
前作から時間経って観たので、話がわかりにくい。っていうか、話自体はつまんないんじゃないか?ヒットしたからって続編やりゃーいいてもんじゃない。デップはどういう思いで出たんだろう?
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-18 20:59:30
【ネタバレ注意】

全く予備知識なしで観たのでチョウ・ユンファの海賊姿にビックリし、父親として登場したキース・リチャーズに驚愕しました。
ジョニデがキースを参考にジャック・スパロウのキャラクターを確立させたのは有名な話ですが、そのジャック・スパロウを意識してキースが役作りしているのが笑えました。
本家本元である彼の登場のせいでジョニデ(ジャック・スパロウ)の魅力が半減してしまいましたが(爆)

ストーリー的には、シリーズで一番惹かれない内容(意味がよく分からない)だったかな。
コロコロ展開が変わるし、その度にお祭り騒ぎしている感じで作り手との間に温度差が生じてしまいました。
映像的にはスケールの大きさも感じられましたし、砂浜に海に空に光と美しさも際立っていましたが、とにかく長すぎたかな・・・というか長いわりにまとまり感がないのが問題だったのかも。
主役がジョニデからキーラ・ナイトレイに移ったようなストーリーもちょっと残念。
個人的に、この作品は「クールでお茶目なジャック・スパロウ」を観る映画でしたから・・・。

とりあえずこの作品は、オーリーがどんどん素敵になっていくシリーズって事で(笑)
そうすれば納得の最終章です(爆)

投稿者:スマーフ投稿日:2008-05-15 21:17:46
【ネタバレ注意】

もはや1作目の雰囲気はだいぶ薄れてますね。

期待が高まり続編となるとストーリーも設定も凝ったものにまるのはしょうがないんでしょうね。
個人的には1作目のようなディズニーならではのあの軽快で見た後すっきりな感じが好きでした。

確かにジャックは主演ではなくなってるし、エリザベスが海賊王になるのもなんか・・だし、こんな結末でちょっとがっかり。

投稿者:紅弥(べにや)投稿日:2008-03-22 12:39:00
【ネタバレ注意】

 第1作目の「呪われた海賊たち」で一応、ヒットしたら続編が創れるようにしておいて、世界的なメガヒットとなったので、続編が製作される事になりましたが、肝心のストーリーに関しては、これといった続編の構想もアイデアもなかったと思います。明日にでも結婚しそうな勢いだったエリザベスとウィル2作目のオープニングで半年後になっているのか?ウィルが逮捕されるなら半年もかからなかったでしょうに。
 3作目で、世界中の海賊集まってリーダーを決める時に、海賊の経験もないただのお嬢さんのエリザベスがなるなんて、いくら娯楽映画とはいえ酷すぎると思いました。戦闘の経験のない素人がリーダーだなんて、勝てるわけがないのに。とにかく、一作目の「呪われた海賊たち」は、ディズニーという大資本の下に製作された、ストーリも面白かったし、役者もみんな適役で良かったけれど、あとの続編2作は、ディズニーのけたはずれの制作費に頼っている駄作です。ストーリーがどんどん破綻していく。
 また、わたしはジョニーのファンですが、「ワールドエンド」の公開前のTVスポットでさかんに「主演ジョニー・デップ!」とMCが流れていましたが、ストーリーとして観た場合、「呪われた海賊たち」では、エリザベスがさらわれて、投獄されていたジャック(ジョニー・デップ)を逃がす交換条件としてウィルはエリザベス救出を協力してもらうために(ジャックは自分の船を奪還するために)ジャックの脱獄の手伝いをするのです。本来ウィルがいなければ成立しない話で、主人公はジャックではなく、ウィルなのです。
 アカデミー賞の「主演男優賞」にノミネートされましたが、わたしは、今までどの出演作品でも、独自の解釈によって役柄を造詣してきたジョニーは、「呪われた海賊たち」でも、今まで誰もイメージしえなかった斬新な海賊役に
観客のみならず、アカデミー賞選考委員たちも幻惑されたのだと思っています。ただしくは「アカデミー助演男優賞」なのです。

投稿者:ghost-fox投稿日:2008-02-05 23:08:39
前作も酷かったが、典型的なシリーズ化失敗作
投稿者:kopi投稿日:2007-12-23 23:54:24
海戦シーンは迫力があります。
ただ…意外と話が複雑だったりして、備しさや味わいの趣き深くすぐれていることに十分な理解ができないような気にさせる映画。
懲りすぎた感が否めない。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-12-21 14:37:26
相変わらずあっという間に終わったけど、あまり盛り上がりがないまま終わってしまいました。
投稿者:ギガドン砲投稿日:2007-12-07 02:33:17
【ネタバレ注意】

前作のデッドマンズチェスとがまったくと言っていいほど面白くなかったので、今回はあまり多大な期待はしていなかった。
それが功を奏したのか、そこら辺はよくわからないけど結構面白かった。
3部作の最後としてはマトリックスやロードオブザリングよりは自分は好きだ。
ジャックとエリザベスはやはりくっつかなかったし、ある意味ウィルとエリザベスもハッピーエンド的なくっつきかったじゃなっかたし。
復活してすぐ消えると思われたバルボッサが大活躍っと、そこら辺はいい意味で裏切ってくれた。
しかしながら、??部分が多いきがした・・
裏切った裏切られたの部分がわかりにくい。
チョウ・ユンファはな何のために登場したのか?
ジャック・スパロウの妄想(?)劇みたいのは必要あったのか?
あげたらきりないけど・・・・

投稿者:きゃる投稿日:2007-08-10 00:36:04
【ネタバレ注意】

(1回目)
見ごたえのあるアクション映画に仕上がっています。
映像の点では「スケールが大きい」ので劇場で見て正解でした。
ストーリーも、ロマンを追いかける海賊達がよく描かれています。
まだ続くのでしょうか、今回のテーマはウィル・ターナーが主役。
笑いをとるジャックは、寅さん的なキャラになってしまうのでしょうかw

(2回目)
ストーリーの面白さがやっとわかりましたw
やはり主役はジャック・スパロウ、彼の生き様が描かれているんですね。
「カリプソ」って海の女神だってことは分かっていたのですが、
実は海に生きる男たちの幻想が生み出していたものだったんですね。
男のロマンと海の恋人、3部作通して、ジャックの決め顔がいいです!

(3回目)
やはりこの作品も字幕のほうがいいです。
絞首刑の少年とウィル・ターナーの息子が似ている?
ということを言われて、しっかり見比べてきましたが
別の男の子でしょう。後者がふくよかです。
3回観ても面白い、お気に入りの作品になりました。

投稿者:なちら投稿日:2007-07-31 19:41:08
大渦に突入して戦闘するシーンは圧巻です!ものすごい迫力!勢い余って婚姻の誓いを挙げてしまうのも面白かった。
それに、二人の運命があんなに切ないものになるとは思っていなかったので、ショックと同時に凄い興奮した!こういう展開、嫌いじゃない。
2がイマイチだったから3は期待していなかったけど、ホント劇場で観て良かったなぁ〜!
投稿者:のど飴投稿日:2007-07-24 20:06:14
1作目は壮大な大海原や、白い砂と椰子が茂る孤島での撮影でとても異国情緒溢れる映像になってましたが、今回は世界の果て(このころは世界が真っ平らだったからか)の大瀑布や、氷河、大渦、難破船の入り江など、作り物ばっかりで異国情緒が失われてしまったのは残念です。ハムナプトラの二の舞ですね。
ただ一級エンタテイメント作品であることは間違いありません。頭を空っぽにして楽しめます。ジョニー・デップもサービスしまくりで。

今回いろんな人が味方になったり敵になったりとコロコロ変わります。ジャック・スパロウは自分のためなら平気で仲間にウソをついたり裏切ったりする孤独で自己中なヤツですが、そういった海賊の性格がウィルやエリザベスにも伝染してしまったようで。

マトリックス、スターウォーズに登場し見事に作品をブチ壊してくれた「評議会」がまたまたでてきたときは「またかよ」と思ってしまいました。なんでこんなに評議会が好きなんだろ?

一応全ての登場人物に終息が訪れましたが、結局ジャックは何も解決してないような。私が考えるにジャックは嵐のようなヤツで、ある日突然やって来ては秩序をめちゃくちゃに乱し、また嵐のように去っていく。登場人物のほとんどはジャックさえ居なかったら平穏無事な暮らしを送っていたでしょう。
投稿者:vestar投稿日:2007-07-17 23:36:18
【ネタバレ注意】

かなり期待して観に行ったのですが・・・
一作目、二作目の方が良かったですね。
一作目はジョニーデップのジャックスパロウが衝撃的でした。
二作目はスケールアップが良かったです。
が、この三作目は・・・
まず、内容詰め込みすぎです。
大人が観ても???となる点があります。
子供が観たら尚更でしょうね。

次にジャックスパロウの役所が弱かった気がします。
で、その弱さをカバーしようとして幻覚のジャックスパロウが一杯出てきましたがこれでは逆効果かと。
もう少し巧くキャラを立たせて欲しかったです。

後はチョウユンファを起用した意図が分かりませんでした(笑)

悪くは無かったのですが一作目、二作目に比べると・・・と言う感じですね。
http://vestarl.blog92.fc2.com/

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-07-14 18:06:26
【ネタバレ注意】

滑り込みでしょうか?〜台風接近…にも拘わらず、ハリーポッター先行上映にも拘わらず、結構入ってましたね。しかも皆「お約束」を知ってるので、エンドロールで立ちません…ってすげーメロドラマな展開。

あのウィルが鍛え上げた名剣が、巡り巡って最後に仕事をします。
ってか、ジャックが幻視するんで、ドラッグムービーな部分も…
しかしあの船を逆さにするってシーンは笑った…ってか、結構、笑い所、泣き所があるので複雑な人間関係と思惑が解らなくても飽きないね…このシリーズは。
エピソード6だとすると、これは兄妹が結ばれる(しかも最終的には哀しい運命…)メロドラマかもですね。お転婆キーラ、超格好良いです。

それにもまして、とんでもない存在感を放ったのがキース・リチャーズです。何?〜あの格好良さは?〜つまりジャックの格好良さは「本物」のマネだった訳(勿論、演技的にはジャックの真似をしているんだろうが)…あの大人なジャックがガキ状態ですよ。母親は干し首化されてるし。
しかし怪しい映像…大殺戮大会〜残虐…果ては脳みそ舐め…って本当にディズニーも凄いですね。

投稿者:sususu投稿日:2007-07-04 12:18:57
【ネタバレ注意】

ワールドエンド。2作目が暗い陰鬱な印象だったので、やや心配したが3作目はなかなか健闘していたのではないか?やはり脚本が弱いのと、ジャックスパロウが今一つ冴えないのが残念だ。映像はCG多用とはいえ、なかなかの見もの。フライングダッチマンの乗組員のデザインが気に入らないので2作目同様閉口したが、ストーリーの完結としては、苦肉とはいえ、さまになっていたと思う。
多くの人が指摘しているように、尺が長すぎる。その割りに内容が無いし、奥深さも無い。つまり2作目、3作目は尺を詰め、1本の作品にすべきであった。2作に引きずるほど深い内容が無いということだ。そして3作目を彷徨えるオランダ人となってしまったターナーとエリザベスの父親の救済劇とすべきだったね。

投稿者:メンタイ投稿日:2007-07-02 08:37:50
話題の超大作として申し分ない娯楽作なんだけど、
“マトリックス”と同じような3部作構成に感じた。

1作目は“ハイレベルの娯楽作!”
2作目は“それを越える傑作!そして無理矢理3部作へ!”
3作目は“過去の謎や問題点の説明が長い作品”

もちろん面白かったんですが、ちょっと長かったっす。
それにジャックが主人公じゃなかったんですね(^0^;)
http://mentaiman.com/
投稿者:ロッキー投稿日:2007-06-26 10:45:20
【ネタバレ注意】

この前観に行った、「(イナゴ少女現るw)リーピング」以来の駄作。何が海賊やねん、何が・・・という内容。くだらない。イマジネーションも何もあったもんじゃない。幼い子供の発想のまま、何の構成もなく映像化した感じだった。海賊が生き返るとこは、まるでドラゴンボールレベル。くだらん。マトリックスもそうだったけど、三作目でそれ以降先なない場合はどうしてもこういう結果になってしまうのか。金返せ。3時間という時間も・・・。

投稿者:eddie投稿日:2007-06-17 22:53:41
5部作くらいにするはずだったのを3部作にしてしまったのでは、と疑いたくなるほど「あれも、これも」の込み入りすぎた展開。これは1回見ただけではわからないな。

まあ、この映画は「Pirates Of The Caribbean」であって、「Jack Sparrow」ではないんだから仕方ないが、話がデイヴィー・ジョーンズとカリプソの方へ行ったり、エリザベスとウィルの方へ行ったり、ブーツストラップ・ビル(William Turner Sr.ですね)へ行ったり、はたまたスワン総督、ベケット卿、ノリントン提督の方へ行ったり、とめまぐるしく、前作までは完全に主役を張っていたジャック・スパロウの存在感が薄いのが残念だ。

タイトルの「Pirates Of The Caribbean」とは、実はエリザベスとウィルのことだったのだな、というのはわかったが、詳細については、DVDが発売されてからでも、繰り返し観て理解するしかないようだ。

評価はそれからにしたい。
投稿者:エディー投稿日:2007-06-17 21:37:50
【ネタバレ注意】

この手の映画は娯楽映画ですから・・・あまり深く考えすぎずに
観るとうのが見方だと思います。
アクションだけでも楽しめますよ。

とは言っても確かに複雑に展開する話には追いつくのは大変かと。

ちなみに個人的な解釈で。

・ベケット卿が最後にプッツンというのは、今まで順調に自分の
野望に向かってきたエリートが、予想外の窮地に突如襲われ
何も出来なくなってしまった!という解釈ではどうでしょう。
フライング・ダッチマンが登場して「無事だったのか」というセリフから
実は敵になっていたという展開から顔つきが変わってのシーンで予見。
途中見逃したからわからないシーンではありません。

・海賊は船を襲います。つまり東インド貿易会社にとっては一掃すべき相手です。

あと「超ネタバレ」で

・ヒロインの父親を生き返らせなかったのは、ティア・ダルマがあえて
バルボッサとジャックをどうしても生き返らせたかったのが理由。
つまり自分(カリプソ)を解き放つために必要だったから。
バルボッサには最初からのことを約束させて生き返らせたはず。
なのでバルボッサの行動を最初から観ていればカリプソ開放のために
動いているのが良くわかります。

っとほとんどのみなさんが知ってる内容だと思いますが、
ちょっと気になるコメントもあったので載せてみました。楽しむ映画ですから・・・

投稿者:あいちゃん投稿日:2007-06-14 11:35:20
【ネタバレ注意】

途中少しクラッと眠くなってしまって、一部見逃しましたが。あのベケット
卿が最後にプッツンしたのはどうゆう訳なんですか?
なんだか肝心の所を見逃したみたいで、落ち着きません。
罵倒覚悟でお返事お待ちしております!

投稿者:映画で元気投稿日:2007-06-09 18:14:40
様々な批評を読んだ上で、覚悟して観にいきました。
「分かりにくい。」との批評から、注意してみていましたので、結構、話は分かりました。
海の果てまでの旅も、ファンタスティクで、シンドバットを思わせます。
不合理な世界の描き方も、私の感性を超えていて、面白かったです。
ファンタスティックで、夢とロマンの冒険のストーリーとして、誇りと品格のあるドラマとして、余韻も残る作品となりました。
エンディングロールの後のワンシーンを観ないで帰った人と観た人とでは、余韻はずいぶん違ったものになると思います。がんばって、エンデングロールの終わりまで見ましょう。
私は、大満足です。
ネタバレになるといけませんので、詳しくは言いませんが、ずいぶん、深いメッセージのある作品だと思います。
投稿者:Ryuichi投稿日:2007-06-03 19:51:40
【ネタバレ注意】

 シリーズものによくありがちな第3部でした。
 前作に比べ、アクションシーンは派手になり、これはこれで楽しめたのですが、最後のまとめ方がなんとも強引だったような・・・伝説の海賊9人と東インド会社との戦いというより、結局、"第2部のストーリーのまとめ”で終わってしまったように思えます。
 ひとつの話として上手く仕上げている第1部、ストーリーの幅を広げ、次につなげる第2部、広げてしまったストーリーを収拾することに終始してしまう第3部、どうもマトリックス的な3部作になってしまったように思えます。ただ、この作品に限らず、第2部まで見た人は第3部まで見てしまわないと落ち着かないものであったりはするのですが・・・

http://vicky-ryu.spaces.live.com/

投稿者:T2投稿日:2007-06-02 09:15:22
【ネタバレ注意】

 みてきました前評判高きワールドエンド。でもあまり期待させるのはよくないですね。ギャップが・・・。私的にはデッドマンズチェストの方が自然に
受け入れられたと思います。絶対「2」の方がよかった。正直「分かりにくい」というのが感想でしょうか。ターナーが死んだと思ったら生きてたり、
「2」でいなくなったジャックはどうやって探し出すのか?と期待してたら
マヌケな登場だったり。。
頭にきたのが、後で知ったんですが映画館でもらった「もう一度観たくなる」読本。これを家に帰って読んでると「本編はエンドロールが終わるまでじっくりと鑑賞・・・・」って書いてあり、エンドロールを最後まで観ないとストーリーの一部を見逃すようなことを書いてありました。もしかして長ーいエンドロールの後にまだなんかあったんでしょうか。普通エンドロールの途中で退出しちゃいますけど。「エンドロールが終わる前に映画館を出られた人はもう一度劇場に足を・・・」って書いてあって、親切にもその読本には200円OFFの
特別優待割引券がついてました。セコイ儲け方だと思いました。ますますガッカリしたのは私だけでしょうか・・・。

投稿者:weasel投稿日:2007-06-02 00:57:40
【ネタバレ注意】

確かに迫力ある。けど3時間そればかりでもう勘弁してくれと最後の方は思いました。
あまりにも多すぎる「?」の数に驚かされました。中でも一番気になるのが
・生き返ることができるものとそうでないものとの差は?
という疑問です。あれだけぽんぽんよみがえらしておいてヒロインの父親は見送ってやれと言うのはそりゃ酷だよ。
まぁでもつっこみどころが満載なので友達と楽しんでみる分には良いかもしれませんね。
最後にこの映画は映画館で見なければそれこそ何の価値もない映画です。

投稿者:赤い彗星シャア投稿日:2007-06-01 23:28:02
【ネタバレ注意】


・パイレーツ・オブ・カリビアン「呪われた海賊」
 ・パイレーツ・オブ・カリビアン「デッドマンズ・チェスト」
 
 これらの映画を劇場で観てあとも、レビューは書かなかった。  

 
 そして今日、6月1日の映画の日に、シリーズ待望の完結編
 ・パイレーツ・オブ・カリビアン「ワールド・エンド」を観た。



 私は、映画鑑賞が趣味なんですが、
  【ホラー(スプラッター、オカルトを含む)】
  【ファンタジー(ファンタジー冒険物を含む)】が苦手です(>_<)

 ファンタジー映画は、「ハリーポッター」「ロード・オブ・ザ・リング」「ナルニア国物語」「エラゴン」など数え上げればきりが無いほど日本で上映されてきたが、私の食指を動かす映画は無く、実際に感動したものもない。

 ホラー映画に至っては、鑑賞する気にもなれない。

 これは、私の嗜好の問題かもしれませんが、2つのジャンルの共通点は、私のこころに響くものがない点である。
 言い換えれば、このジャンルの映画からインスパイアされるものがない。
 (ホラー映画、ファンタジー映画ファンの皆さん、本当にごめんなさい(_ _)   あくまでも私個人の感想ですので、、、(_ _) )



 【パイレーツ・オブ・カリビアン】シリーズも、大まかなジャンルで別ければ、ファンタジー系の映画である。
 しかも、ディズニー映画でもあるし、、、なんだか乗る気が、、、


 ただ、ヒットメーカーであるジェリー・ブラッカイマーが製作していたので、シリーズ2作品を劇場で観ました。

 (ジェリー・ブラッカイマー作品では、【ニコラス・ケイジ主演のザ・ロック】なんて私の映画鑑賞史上トップ10位以内に入るアクション映画の名作です^^)




 そこで本題、念願の完結編である本作の感想です。
 (ネタバレがあるので、これから先は注意してください)




 【ジョニー・デップ】しか【ジャック・スパロウ】を演じることが出来ません!!!


 素晴らしい存在感です。
 しかも男から見てもカッコイイ!!!


 ジャック・スパロウは、どこかロックンローラーの雰囲気がすると思っていたら、ジョニーデップがジャック・スパロウの役作りに参考としたのは、

 あのイギリスロックシーン伝説のバンド

 「ローリング・ストーンズ」のギターリスト【キース・リチャーズ】を参考にしていたとのこと♪


 どこかロックな香りがして、カッコイイはずです^^


 このシリーズ最大のサプライズは、その【キース・リチャーズ】が、ジャック・スパロウの父親役で映画に出演したことではないでしょうか?

 それほどのインパクトがありました(^o^)丿♪

 このシーンだけで映画鑑賞料金のもとは取りましたよ^^




 シリーズを通して、ジャック・スパロウのほかに強く印象に残ったのは、オーランド・ブルーム演じる「ウィル・ターナー」ではなく、キーラ・ナイトレイ演じる【エリザベス・スワン】でもない。


 それは、【ジャック・ダヴェンポート】演じる【ノリントン提督】です。

 
 シリーズ1作目の「呪われた海賊」では、提督に昇進し、エリザベス・スワンにプロポーズ

 シリーズ2作目の「デッドンマンズ・チェスト」では、ジャック・スパロウを逃がした罪でお尋ね者となり、浮浪者同然の姿でブラックパール号で雇われる。
 人生の再起をかける【ノリントン】は、ディヴィ・ジョーンズの心臓を手土産にケベット卿に取り入り

 本作品「ワールド・エンド」で再び提督に返り咲くが、その激しい浮き沈みを経験しながらも彼は、エリザベスへの愛を貫きます。

 最後も、「私たちの人生は重なることなく、常に絡みあっていた」と名言とエリザベスに悲しいキスを残し、彼女のために命を落としました


 なんという美学でしょう!今の純愛映画も真っ青です

 このシリーズで一番、ほろりときたシーンでした




 「ファンタジー系」も侮れない、「ホラー」も食わず嫌いはいけないと、考え方を改めようと思うきっかけの映画でしたよ




 できれば、
 【パイレーツ・オブ・カリビアン4】の続編だけでなく、

 【パイレーツ・オブ・カリビアン  ビギニング】

 【ジャック・スパロウ】なんて映画が観たいです


 もちろん、主演は【ジョニー・デップ】演じる
 【ジャック・スパロウ】でね(*^^)v

投稿者:ふじこ投稿日:2007-06-01 20:24:52
観ていて楽しめなかったのは私だけか・・と思っていました。
途中まで眠くて仕方なかったし、最後の方は迫力こそありましたが、狡垢い福銑爐辰憧兇犬董
ユンファがあっけなさすぎで残念。
私ももらってたテキストを読んだおかげでちょっと理解しやすくはなったけど・・。

ジョニー・デップはじめ出演者の方々、お疲れ様でした〜という感じですね。
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2007-05-31 18:11:42
上映時間が長すぎと指摘しれてましたがアクションなどのごまかしで
辛くなるほど上映時間はきにならなかったけれどもストーリーが
わかりづらくキャプテン・サオ・フェン(チョウ・ユンファ)の存在自体が意味してなかったなど色々と意味してないところがあった
ジャックスパロウ(ジョニーデップ)も出番は決して多くなく存在感があったかどうか疑問だろう

デッドマンズチェスト比べると評価的がかなり下がる
投稿者:紅竜投稿日:2007-05-30 11:07:53
【ネタバレ注意】

海賊映画第3弾。
副題が At World's End。でもワールドエンド(世界の果て)が舞台になるのは全体の3分の1程度。あとはデイヴィ・ジョーンズを支配下に治めた東インド貿易会社と海賊たちの一騎打ちのお話がメインとなる。「パイレーツ・オブ・カリビアン 南海の大決闘」、もしくは「パイレーツ・オブ・カリビアン 愛・旅立ち」とかの副題がふさわしいと思える内容だった。

最終作(?)という事でシリーズの主人公達もそれぞれの生き方を最後それぞれに選択するのであるけれど、東インド貿易会社の連中を大人の世界、海賊たちを子供の世界に生きる人たちに例えれば、本作のラストは子供もいつかは大人になる時が来る、という事を描いているのかもしれない。
主人公の1人、ウイル・ターナーも子供の心を持ち続けながら大人になるという道を選択する。もちろんそれ相応の犠牲は払う事になるのだが。


新キャラ、サオ・フェンを演じるチョウ・ユンファ。
最後の決戦が始まる前に映画から早々と脱落(..降板じゃないですよ。)、思わずお疲れさんの一つも言いたくなるような長い長いクライマックスが終わってからようやく「そう言えばユンファ出てたよな。」と改めて思い出してしまった次第。

投稿者:aszem投稿日:2007-05-28 21:49:34
ポップコーン・ムービー如きに、いちいちいちゃもんは付けたくは無いけど、これは酷い。

クライマックスの戦闘シーンを取ったら、ゴールデン・ラズベリー物。

シーンとシーンを繋ぐ事象がスッポリと抜けていて、理解不能な展開。

前作までを考えると、凡そ執るとは思えない行動や発言をする主要キャラクター達。

各キャラクターの背景が全く描かれておらず、展開に「疑問」と言う水を頻繁に挿す。(デイヴィ・ジョーンズとティア・ダルマの関係描写はいくらなんでも飛ばしすぎ)

登場人物を増やし過ぎた事で、誰に視点を置いていいか解らないばかりでなく、主人公であるジャックの(ユーモアな)個性も泡の如く・・・。

単作で終わる筈だった1作目が予想外にヒットしたおかげで、続編の為に無理やり拵えた大きなペテンが3作目で剥がされた感じ。

まあ、「ブラッカイマー印」の作品に過度な期待をした自分も悪いが、それを度外視しても、作品構成と言う言葉など存在しないか様なぶっ飛んだカオス状態な内容は近年稀に見る程惨い。
投稿者:まくらK投稿日:2007-05-28 11:41:16
誰が何のために今の行動に出てるのかさっぱり不明。
タコ親父が人間の手下て。
ガキの言いなりになるラストアクションシュワじゃないんだから
やっちゃいかんでしょう。
ストーリーもひでえ。いったい誰が主人公なの?
ジョニデはキースリチャーズが出た時点で小物扱い。
おねえちゃんでっかくなったのにカニ吐いて終わりて。
イカも死んでるし。
つぶし続編の典型。
僕もツレがいなかったら帰ってました。
投稿者:OSRS投稿日:2007-05-28 11:19:37
最初と最後を見るとウィル&エリザベスの物語?っていう感じです。
今回はジャックの目立った活躍はなく脇役に見えてしまいました。
(逆にバルバロッサが目立って結構いい人に見えました)
ジャックにはもっと大暴れしてほしかったです。
話を広げてしまったせいか最後まで消化不良という感じです。
投稿者:Longisland投稿日:2007-05-28 01:02:48
ハリウッドメジャー大作、先行レイト、全然興味&関心無いものの突然思い立って深夜の六本木東宝シネコンへ。
前作・前々作を一応観ているだがあまり記憶無く…(色々な伏線)繋がりがよくわからん? 
なんか聞いたことあるような役名やフレーズが飛び交うも、誰だったか?何だったか?関係が思い出せず。

作品冒頭登場するチョウ・ユンファは魅せるものの、主役ジャック・スパロウ登場までの繋ぎで残念、実質登場時間は30分弱?

中盤(1・2記憶無観手にとて)緩慢な進行、しかし後半の海上戦闘は流石に迫力満点。

思うに本作ディープファンは満喫できる内容も、初見&あまり思い入れない観手には難解な作品、2時間半超はちと辛い。
劇場で配布されたテキストは本作を理解するうえで役に立った。
投稿者:alex4942投稿日:2007-05-27 23:18:57
【ネタバレ注意】

1も2も大好きで、3に大いに期待して観てきましたが、正直ガッカリしてしまうほどつまらなかったです。

他の方も書かれていましたが、内容が理解できない&意味が分からない場面が多々。

もちろん感じ方は個人によってまちまちだとは思いますが、私は途中で席を立って帰ろうかと思いました・・・

投稿者:satokunn投稿日:2007-05-27 21:50:48
はでですねー。さすがハリウッド映画です。見所満載・ハラハラドキドキ
で楽しませてもらいました。がっ!!内容がさっぱり理解できない。
今回の主人公はウィルなのかな?ジャックはただの脇役みたいだけど。
ジョニーディップはもう一回やりたいといっていたけどただたんに役者が
楽しんだだけの映画かな。面白くないとはいいませんが・・・
投稿者:ぺん投稿日:2007-05-27 12:18:14
当初からの予定調和型の映画なんで、今更そんなことに文句つけるのは野暮
というか、寧ろその予定感が堪らない感じの作品に仕上がってはいる。
んだけど、2作目に比べると、パワーダウンしとるね。オーランド・ブルーム
が弱いんだな。デップのシーンが1,2と比較すると少なくなると、こうなる
のね。アクションシーンもちょいと少なめなのが寂しい。シリーズ全体と
して、9点で、本作のみだと7点。っていうか、4作目も作られるのかしら?
投稿者:nr-akiko投稿日:2007-05-27 10:16:19
公開初日のレイトで鑑賞。大ヒットしているはずなのに、書き込み少ないですね。ひょっとして結構多くの方が「????」なのでは・・

私はブ〜〜〜〜でした。大好きな1からすると、大失速。ゴテゴテと物量作戦って感じで・・主役の3人よりも、ジェフリー・ラッシュが一番輝いて見えたのが皮肉でした。長くて疲れたび〜http://blog.goo.ne.jp/anupam
投稿者:BMG投稿日:2007-05-25 23:51:51
【ネタバレ注意】

まずこの映画を見るならば絶対に映画館で見たほうがいいと思います。それほど凄かった。三部作の映画になると続編が出るたびに金がかかって、より迫力のある映像が拝む事が出来るのですが、それ以上に登場人物たちの人間模様がこの映画を実に味のあるものにしていたと思います。しかしその人間関係が話を非常にややこしくする原因になっていたとも言えました。ウィルとサオ・フェンとの駆け引きやジャックやバルボッサに隠された思惑、海賊達の固い結束など見ている人を話しに引き込む場面があれば、急にエリザベスが死んだサオ・フェンの代わりに船長をさせられたり、ウィルのお父さんが正気を失って暴走したりなど、話が突飛すぎる場面があり、それらがこの物語から我々観客を一歩遠ざける結果となっていたと思います。
でもこういった突飛さを見て楽しむ事が出来るのならとても素晴らしい事だと思うし、そうした事が目的でこの映画は作られたのだから、登場人物の行動が突飛すぎて、笑えなかったとしても、この映画を批判する理由には、ならないと思います。例え批判するとしても私は、この映画がとても面白かったと思えました。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ メイクアップ賞Martin Samuel 
  Ve Neill 
 □ 視覚効果賞Charlie Gibson 
  John Frazier 
  ジョン・ノール 
  Hal T. Hickel 
□ 特殊視覚効果賞John Frazier 
  Charles Gibson 
  ジョン・ノール 
  Hal Hickel 
□ ワースト助演男優賞オーランド・ブルーム 「PIRATES OF THE CAROB-BEAN: AT WIT'S END」
□ 作品賞 
 □ 女優賞キーラ・ナイトレイ 
 ■ コメディ演技賞ジョニー・デップ 
【ニュース】
「パイレーツ・オブ・カリビアン4」監督・主演コンビでハメット原作「影なき男」をリメイクか2010/10/21
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
MTVムービー・アワード結果発表2008/06/02
全米興行成績、「インディ・ジョーンズ4」が好スタートで首位2008/05/27
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」が期待通りの大ヒット・スタート2008/05/26
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2008/05/07
第80回アカデミー賞、結果発表2008/02/25
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
英国アカデミー賞、結果発表2008/02/12
アカデミー賞ノミネーション発表!2008/01/22
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2008/01/17
DVDリリース情報:「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」「女帝[エンペラー]」etc.2007/08/27
全米興行成績、「レミーのおいしいレストラン」が初登場1位2007/07/02
全米興行成績、スティーヴ・カレル主演コメディが首位2007/06/25
全米興行成績、「ファンタスティック・フォー」第2弾が初登場首位2007/06/18
全米興行成績、「オーシャンズ13」が初登場1位2007/06/11
全米興行成績、「ワールド・エンド」が首位を死守2007/06/04
全米興行成績、「ワールド・エンド」が爆発スタートも記録更新ならず2007/05/29
全米興行成績、「シュレック3」が記録更新デビュー2007/05/21
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」、劇中映像&予告編2007/03/20
「パイレーツ・オブ・カリビアン3」、キース・リチャーズの父スパロウが初お目見え2006/12/21
キース・リチャーズ、「パイレーツ〜」続編への出演は幻に?2005/09/20
「パイレーツ〜」続編、共演者がキース・リチャーズの出演を明言2005/07/12
チョウ・ユンファ、「パイレーツ〜」続編参加が正式決定2005/07/08
チョウ・ユンファ、「パイレーツ〜」続編に出演2004/12/17
キース・リチャーズ、「パイレーツ〜」続編への出演が現実に?2004/10/21
デップ、父親役にキース・リチャーズを熱望?2004/05/06
「パイレーツ・オブ・カリビアン2」&「3」?2003/10/22
「パイレーツ〜」、早くも続編の製作が決定2003/07/17
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン:ブルーレイ・4 ムービー・コレクション <期間限定生産>2017/06/21\8,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド MovieNEX2013/12/18\4,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン 公開10周年記念 ブルーレイBOX <3000セット限定生産>2013/08/02\12,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン/ブルーレイ・トリロジー・セット2011/04/20\9,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (1枚組)2011/04/20\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド2007/12/05\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン:DVD・4 ムービー・コレクション <期間限定生産>2017/06/21\6,000amazon.co.jpへ
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド <「アリス・イン・ワンダーランド」 ポストカード付き/初回限定生産>2010/04/02\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド2009/11/18\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド DVD + microSDセット2009/11/04\3,200amazon.co.jpへ
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット <初回限定生産>2007/12/14\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc スペシャル・エディション2007/12/05\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドレンタル有り
 【DVD】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION