allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シュレック3(2007)

SHREK THE THIRD

メディア映画 Anime
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース=角川エンタテインメント)
初公開年月2007/06/30
ジャンルコメディ/ファンタジー/アドベンチャー
おとぎの国のバトル・ロイヤル!
次の王様は誰だ!?
シュレック3 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,684
USED価格:¥ 4,056
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:クリス・ミラー
共同監督:ラマン・ホイ
製作:アーロン・ワーナー
製作総指揮:アンドリュー・アダムソン
ジョン・H・ウィリアムズ
原作:ウィリアム・スタイグ
原案:アンドリュー・アダムソン
脚本:ピーター・S・シーマン
ジェフリー・プライス
クリス・ミラー
アーロン・ワーナー
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
声の出演:マイク・マイヤーズシュレック
キャメロン・ディアスフィオナ姫
エディ・マーフィドンキー
アントニオ・バンデラス長ぐつをはいた猫
ジュリー・アンドリュースリリアン王妃
ジョン・クリーズハロルド国王
ルパート・エヴェレットチャーミング王子
ジャスティン・ティンバーレイクアーサー
エリック・アイドルマーリン
エイミー・ポーラー白雪姫
マーヤ・ルドルフ髪長姫
チェリ・オテリ眠れる森の美女
エイミー・セダリスシンデレラ
ジョン・クラシンスキーランスロット
イアン・マクシェーンフック船長
ラリー・キングドリス
レジス・フィルビンメイベル
声の出演(日本語
吹替版):
濱田雅功シュレック
藤原紀香フィオナ姫
山寺宏一ドンキー
竹中直人長ぐつをはいた猫
橘慶太アーサー
大沢あかね白雪姫
星野亜希シンデレラ
光浦靖子髪長姫
(オアシズ)
大久保佳代子眠れる森の美女
(オアシズ)
【解説】
 おとぎの国を舞台に、緑の怪物シュレックとその仲間たちの冒険をパロディ満載で描く人気ファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第3弾。今回は王位継承をめぐり、後継者を探す旅に出るシュレックたちと王位奪取を画策する悪役たちが未来をかけたバトル・ロイヤルを繰り広げる。監督は長編アニメ初メガフォンとなるクリス・ミラー。
 “遠い遠い国”で幸せな生活を送っていたシュレックとフィオナ。だがある日、ハロルド国王が病に倒れてしまい、なんとシュレックが後継者に指名される事態に。しかし王様なんてまっぴらごめんのシュレックは、もう一人の正統な後継者“アーサー”の存在を知ると、いつもの仲間と共に彼を探す旅に出る。また、フィオナのオメデタも知らされ気もそぞろなシュレック。やがて、一行はアーサーに対面。しかし、彼は頼りない軟弱な高校生だった。一方、王国では、王位を狙っているチャーミング王子が、おとぎ話の悪役たちをけしかけ、国を制圧しようとしていた。フィオナは他の姫たちと“プリンセス5”を結成し、迎え撃つのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
シュレック(2001)第1作
シュレック2(2004)第2作
シュレック3(2007)第3作
シュレック フォーエバー(2010)第4作
長ぐつをはいたネコ(2011)スピンオフ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
421 5.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2011-01-19 02:30:20
もうグダグダ感満載で、これ以上続編はいらない…。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-07-15 16:26:24
CGの出来はたいしたものですが、ストーリーが今ひとつで、話がばらばらの感じでした。1が面白かったので、続けてみてますが、もう限界のような。
投稿者:藤本周平。投稿日:2009-04-08 14:10:50
はっきりいって楽しめなかったです。このシリーズの醍醐味であるテンポの良さが一つもなかったし、どこを楽しんでいいのかもわからなかった。やはり3にもなるとそろそろマンネリ化?
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-02-08 21:20:59
どうなっちゃうの?って、ハラハラ感が消え失せた。
それは、フィオナのルックスに慣れた…ってか諦めた(納得させられた?)…故やも知れず…
ただコネタなギャグ(の連続…って言って良い)は中々に秀逸で笑えます。
「死ぬのは奴らだ」?…何でやねん?
知った曲が突然流れたり、唄われたり…まぁそんな突拍子の無さを楽しむって見方も有ります。何で「愛はかげろうのように」?〜まぁイミグラントソングは燃えますかね。

おとぎ話の悪役達が結託して遠い遠い国を急襲…主人公な奴等が拉致されたりするのだが…このまま脇役の王国になるかも?って思う人がいないだろう…ってのが、そもそも予定調和な結末を読まれている。それも「コント」として楽しめば問題はないんだけどね。

そしてアーサー王伝説?…実はDVD特典の「紙芝居」が結構面白い。ラストの対決が舞台仕立てになってるのも結構凝ってます。シュレックの夢が醒めたが、まだ夢だった…とか、魔法でドンキーと長靴を履いた猫の体が入れ替わったりね。そもそもアーサーがダメダメなのが学園ドラマ的に面白いし(ランスロット?いるいる)悪役を勧誘に行って逆に脅され、ミュージカルのリハーサルをやるチャーミング王子?(じゃないだろ?)も「らしい」ですね。ルパート・エヴェレットだし。

前作までは結末にハラハラするストーリー→が本作はコントの連続?になって且つ豪華なキャスト…オーシャンズ12ですか?
何かラストは子供も出来てホームドラマ化してます。
投稿者:フゥ投稿日:2007-12-30 16:20:25
お姫様たちが一致団結して戦い始めるシーンは面白かったのにすぐ終わっ
ちゃって残念。
全体的にダラダラしてます。
4、5も作る気なんでしょ?大丈夫か?

光浦の「ちゃみちゃみぃ〜」が耳に残ります。
投稿者:ちゃき投稿日:2007-12-17 22:35:45
あれだけCMを打っておいて、大騒ぎしたわりにはあんまり面白くなかったというのが正直なところ。シュレックファンじゃなければ、分からないところも多い。私ですらそうなんだから、あんまりシュレックに興味がない人が見たら、さっぱりつまんないんじゃないかな。

とにかく話が単調。なんかアメリカで売れる鉄板な話をすべて持って来て、切り貼りしただけという印象しかなく、シュレックにあった世間に挑戦的なネタとか、つぼをついておもしろい演出やら小ネタがまったくと行っていい程なかった。

プリンスチャーミングに焦点を当てたのがそもそもの間違いで、それを高校でいじめられている子供に一泡ふかせるという設定がそもそもつまらない。いじめっ子の演説が数回あったけど、はいお疲れさん!という印象しかなく、インパクトゼロ。いつまでシンデレラストーリーというか、弱い子がどこかの王様になる話に興味があるのかと。そういうのはディズニーに任せればいいんだよ。それをしてこなかったからシュレックは人気があったのに、そこがわかってないっていうか、既存のファンがそっぽむくのも当たり前だよなぁと。だからピクサーに任せておけばよかったのに、ドリームワークスもバカだよなと。


まあ、期待を含めた話はこれくらいにして、マイク・マイヤーズをはじめとする声優陣は今回もよかったです。悪くなりようがないんだけれど。で、最後エンドロールを見てビックリ!え?ジャスティン・ティンバーレークが!そして誰?と思ったらあの、弱い子アーサーだった!なんてことでしょうか。前回2のレビューでジャスティンの扱いについて、面白いことがあったんだけれど、ここに来て彼を起用してくるとは!!そしてよくよく考えてみれば、彼とプリンセスフィヨナとのからみはなかったんじゃないの?っていうことは仕事の現場でも、ジャスティンとキャメロンが一緒になった可能性は薄いんじゃない!?とまたまた変な妄想が出ちゃいました。(知らない人のために言っておくと、昔二人は付き合っていたのね)それくらいかね?

あとはドンキーとシュレックの子供がかわいかったかな。あとシュレックの子供の悪夢がちょっとトレイン・スポッティングっぽくて、もし狙っていたなら面白いなと。

そんなわけで、2回は見ないです。前のやつは日本語吹き替えで見てみたいと思うけどね。
(2007/12/16)http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:wicked投稿日:2007-08-06 22:39:10
シリーズも3作目となり、相当予算を組んでるんだろうなぁ・・・しっかし、面白くなかった!

アメリカのキャンパスライフをいかにも揶揄するようなシーンなど、細部のこだわりは面白かったけど。

前作で、ジョン・クリーズとジュリー・アンドリュースの2人だけが一緒に吹き替えをやったというのをドキュメンタリーかなにかで見たのだけど、俳優陣が全く意気投合してない感じが映画を通して確り伝わってしまい、ちょっと白けます。

映画自体も、1作目から、伝えたいことが結局余りにも王道過ぎるというか、道徳の時間みたいで、そこにひねりが足りないので、細部で遊んだりしても映画全体の印象としては今ひとつボケてしまうような。

2は割と面白いと思ったんだけど、3はビデオスルーでもいいくらいだと思います。お子様向けするとも余り思えませんし・・・。
投稿者:メンタイ投稿日:2007-07-09 11:00:15
このシリーズはいつも“そこそこ”で、
ドリームワークスがムキになってシリーズ化してんのかという印象があり、
それはあながち嘘じゃないと思うのですが、たいして期待しないで観たら
いやいや、面白かったっすよ。結構笑いましたね、おいら的には。
3作とも吹替え版で観てるせいか、濱ちゃんの声がマッチしてきた。
上手いかどうかは別にしてね。
欲をいうなrた、もっと姫達の戦いが観たかったな〜♪http://mentaiman.com/
投稿者:ASH投稿日:2007-06-30 15:34:28
【ネタバレ注意】

 残念ながら、大爆笑には至らず。しかしながら、相変わらず選曲のセンスがいいので場合によっては楽しくなる。王様のお葬式ではかなり大々的にポールの「死ぬのは奴らだ」が流れる。他にはツェッペリンの「移民の歌」がほんのちょっとと、ハートの「バラクーダ」。

 よくよく考えてみると、ジョン・クリースとエリック・アイドルという、モンティ・パイソンの2人が揃っているということなんだな。2人が一緒にと登場するシーンはないんだけれど。

 チャーミング王子が、お伽噺の悪役たちを引き連れて遠い遠い国を攻撃するシーンには、恥ずかしながら結構興奮した。やはり空からの攻撃というものは、映画的にはカッコいいもんなんだな。

 猫派としてはプスに目がいくのだが、声を当てたバンデラスは芸達者なやつだ。ドンキーと唄う歌はスライ&ザ・ファミリーストーン。ジンジーが過去を回想するフラッシュバック、笑える。

 しかし、キャメロンとジャスティン・ティンバーレイクを共演させた真意は? といっても、フィオナ姫とアーティの2ショットは殆どないけど。

投稿者:Flamingo投稿日:2007-06-22 18:15:27
【ネタバレ注意】

試写会で吹き替え版を鑑賞しました。吹き替えとは思わせないほど
マッチしていました。女子高生言葉やヒップホップ言葉など、適所で
マッチして使われ、違和感なく見れました。
個人的には、プリンスチャーミングのことを「チャミチャミ」と
呼んでいたところにハマってしまいました。
ハロルド国王も最高におもしろい!
白雪姫が例のソプラノで熱唱していう途中に 豹変して、ヘビメタ
熱唱に変わったとき、なぜか引き込まれました(笑)
あの曲は 「スクール・オブ・ロック」で ジャック・ブラックが
バンの中で歌ってた曲ですよね?
CGは格段に技術力アップでした。本物との合成?と思わせるほどの
出来栄えでした。
今度は吹き替え版ではないのを劇場で見ます。

投稿者:きゃる投稿日:2007-06-21 20:40:41
【ネタバレ注意】

笑わせるところほとんど予告編で見せちゃっています。
いつもやられっぱなしのチャーミング王子に同情してしまい、
アーティーだかアーサーだか、その辺のお兄ちゃんが
王位を後継してよかったのか悪かったのかw
木の床や石の壁の質感、背景などはレベルアップしていました。

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-05-24 12:51:38
全米公開3日間で、この時点で歴代3位となる1億2100万ドルの興行収入をあげたという(アニメーション作品ではこの時点で歴代トップ)。
この手のアニメ作品に特段思い入れはないが、まあそれなりに楽しかったということで。
幽閉されてしまったフィオナ姫が、眠り姫や白雪姫、シンデレラらと一緒に脱出を図るアクションシーンは面白かった。
ただ主人公を含め、続々編まで来ると少々毒が抜けてしまった感がある。本来怪物(シュレック)がもっていた毒々しさが、親しみ深さに変わりつつある。でもそれじゃあせっかくの「シュレック」が勿体ないような気がするのだが。

ストーリー展開はきわめて予定調和。もう少しひねりが欲しいところ。
家族連れで楽しく観られるアニメです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ アニメーション賞 
【ニュース】
「シュレック」シリーズ・スピンオフ・アニメ「長ぐつをはいたネコ」、最新予告編2011/10/07
「シュレック」シリーズ・スピンオフ・アニメ「Puss in Boots」、フル・トレーラー2011/06/21
「シュレック」シリーズ・スピンオフ・アニメ「Puss in Boots」、ティーザー・トレーラー2011/03/08
全米興行成績、「トイ・ストーリー3」が期待通りのビッグ・オープニングで首位デビュー2010/06/21
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が新作陣のつまずきに助けられV32010/06/07
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「カンフー・パンダ」が好発進2008/06/09
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
英国アカデミー賞、結果発表2008/02/12
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2008/01/17
アカデミー長編アニメ部門のエントリー作品12本が明らかに2007/11/09
DVDリリース情報:「ゾディアック」「東京タワー」「シュレック3」etc.2007/08/21
全米興行成績、スティーヴ・カレル主演コメディが首位2007/06/25
全米興行成績、「ファンタスティック・フォー」第2弾が初登場首位2007/06/18
全米興行成績、「オーシャンズ13」が初登場1位2007/06/11
全米興行成績、「ワールド・エンド」が首位を死守2007/06/04
全米興行成績、「ワールド・エンド」が爆発スタートも記録更新ならず2007/05/29
全米興行成績、「シュレック3」が記録更新デビュー2007/05/21
全米興行成績、「スパイダーマン3」余裕のV2も今後に不安残す2007/05/14
【レンタル】
 【Blu-ray】シュレック3レンタル有り
 【DVD】シュレック3レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION