allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リーピング(2007)

THE REAPING

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2007/05/19
ジャンルホラー/サスペンス
イナゴ少女、現る。
リーピング [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,060
USED価格:¥ 600
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」のオスカー女優ヒラリー・スワンクが主演したオカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の悲劇的な死が原因で信仰心をなくした元宣教師のヒロインが、小さな町で起きた不可解な現象の解明に乗り出すが…。監督は「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス。
 かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解明してほしいとの依頼が舞い込む。調査を始めたキャサリンは、この町で起きている事件が旧約聖書の“10の災い”にそっくりなことに気づき、やがてそれが科学では解明できない現象であることを悟るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
734 4.86
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2013-04-10 12:14:21
よくできてるのに…。めずらしくBDのレンタルがあるのに…。H・スワンクの顔が一番怖い。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-11-29 04:08:10
【ネタバレ注意】

アナソフィア・ロブ目当てで借りたけど、彼女の出番は殆ど無し。終盤のクライマックスは捻りが効いてて良かったけど、真新しさは殆ど無い作品。サタンの仕業に見せ掛けたトリック殺人を期待するのは日本人だけか? 星二つ半。

投稿者:ビジョン投稿日:2010-05-20 22:35:41
【ネタバレ注意】

「テラビシアにかける橋」で興味を持ったアンナソフィア・ロブが出ていたので視聴。映画のジャンルや役処が違うから当たり前だが、テラビシアとはかなり印象が違った。こちらでは生き残れて良かった(笑)

しかし少女が悪魔ではなく天使だったのなら、あの10の災いは一体何だったんだ?

投稿者:ハッピーm投稿日:2010-04-19 09:40:03
【ネタバレ注意】

それなりに楽しめた。  キリスト信仰の天使、サタン信仰の10の災い。  赤い川は人間の血だったし、蛙も空から降ってくる。 気持ち悪さは満開だけど、中にはドラマもしっかりある。  ヒラリの背景もそれなりに描かれていたからラストへの伏線も分かりやすい。  第一子を失った彼女に、サタンの後継者を残すこと自体が彼らの本当の目的だったという事なのか?   実は天使だった女の子と、サタンの男児を一緒に育てるの?  満足度は低そうだけど、続きが見たいな。 

投稿者:william投稿日:2009-12-29 20:33:13
兎に角、虫、虫、虫!
虱にゴキブリ、蝗に蠅、蛆虫。ゲテモノ好きには堪らんでしょうな。
ただ、虫ばっか使いすぎてホラーとしてはイマイチ。作っているうちに方向性見失った感じ。
投稿者:BMG投稿日:2009-07-24 22:21:28
【ネタバレ注意】

最後のオチは、嫌いじゃあなかったけど、いかんせんテンポがよすぎて、あっという間に終わってしまった感がある。この子役は憎めないなぁなんて思っていたら、案の定実は、ええもんでしたってオチだったので笑えたwww

10の災いって点に関しては、ハムナプトラのほうがよく描けていた部分もある気がする。あっちは、10個全部出したわけではないけど、それなりに迫力があったとおもうんで。

投稿者:irony投稿日:2008-06-25 09:01:25
【ネタバレ注意】

 神と悪魔が人間を使って遊んでるとしか思えない・・・信仰心を無くした女性が信仰心を取り戻すストーリーなんだけど、サタン崇拝者は相克が故に天使には手が出せない ならば元聖職者に天使を始末させようというお話
サタンは狡猾なので第一子を亡くした女性に子孫を残せる第一子を接近させ(天使は授精の場面を見てるんだけどね・・・まだ人間の部分が強いが故に見逃した?それとも思毋の情からくる心の隙)保険を掛けておいたと・・・本当の信仰心を試されるのはこれからだ んで子供の名前はダミアンかい?

投稿者:bond投稿日:2008-06-24 09:55:03
なんか、昔似たような映画あったような気がするが、一応どんでん返しはあり。謎めいた少女役はぴったり。
投稿者:さとせ投稿日:2008-06-23 22:16:23
謎の病気が蔓延する小さな町に来たキャサリンは不可解な出来事を調査するが・・・。
真っ赤に染まった川、イナゴの大群のSFX等見所は多いがそれはパニックとしてであり、オカルトとしてはちょっと退屈か?
DVDで鑑賞したが5.1chの効果は爆音が凄く大作感溢れるシネスコが奥行感を出している。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-23 01:48:20
【ネタバレ注意】

カエル、虫・・・どちらも大の苦手な私にとってはサタンよりも恐ろしい描写の数々だった。
カエルが降ってくる・・・イナゴに覆われる・・・うじ虫が湧く・・・シラミが這う・・・久々に画面から目を逸らしましたよ(爆)

メインのオカルトですが、悪魔やら天使やらと聖書を持ち出す宗教臭い映画は好きじゃない私(オーメンは除く)・・・でも、こういう系の作品群の中ではなかなか楽しめたほうかも。
まず、チープになりがちな映像(カメラワーク?)が凝っていたし、ストーリーもドラマチックだったので飽きずに鑑賞できました。
ヒラリー・スワンクの葛藤や母性、苦悩などもしっかり描かれているので物足りなさも感じませんでしたね。
ちなみに今まで観てきた中で、一番ヒラリー・スワンクがキレイに見えた作品でした。

特にオススメできる対象が見当たらない作品ですが、キレイなヒラリー・スワンクに興味がある方はどうぞ(笑)

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-03-26 21:33:09
どーして急にいい関係になっちゃうのぉって思ったら・・・ラストが予測できてしまった。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-02-25 10:46:50
 
結構期待して観たんだけど・・・
アメリカ人のキリスト教に対する感覚を理解できていないという
のもあるだろうけど、一つ一つの怪奇現象がどうもぶつ切れで、
恐怖感の盛り上がりに欠ける。イナゴのCGはすごいと思うけど。
ぶっちゃけじっと観ているのに努力が必要だった。
クライマックス、「神の怒り」つってホントにドッカンドッカン
隕石が降ってくるシーンは、あまりにもそのまんまで笑った。

オチも悪いけどありがちっす。
投稿者:コハダ投稿日:2007-10-13 19:38:23
ホラー好きならこのていどの散漫さは許容範囲でしょう。
ヒラ姐、今回はブロンドのインテリ学者にふんし、腐敗しない死体・カエルの雨・家畜の異変など奇現象に挑んでガンバリます。
でも、イナゴ少女が豪快に暴れまわる映画が観たかったな…。
投稿者:BAMBOOps投稿日:2007-06-02 13:16:22
・神と悪魔。実は戦いを制したのは...
・何より邪悪なのは人間。
投稿者:リEガン投稿日:2007-05-24 17:35:28
イラスト・デザインと『イナゴ少女現る』のコピーが秀逸。「宇宙家族ロビンソン」の映画版はひどかったけれど、スティーヴン・ホプキンス監督嫌いじゃないのにな。イナゴ少女はリンダ・ブレアより可愛かった。
投稿者:たのきゅう投稿日:2007-05-24 09:12:27
【ネタバレ注意】

宗教をテーマにした映画ってだいたいこういう落ちで終わる。多分少女が悪魔ではないと途中で気づいた(笑)。「スケルトンキー」もそうだったけどルイジアナの風土・風景は一昔前のアメリカだね。

投稿者:ロッキー投稿日:2007-05-23 13:08:23
【ネタバレ注意】

お金と時間を返してほしい・・・そんな作品や。ヒラリー・スワンソン主演やから期待したけど、演技どうこうというより、聖書を基にした映画で面白かったためしがないことを忘れてた。何が「イナゴ少女現れる」やねん? 最後にちょっとイナゴの大群が登場するだけやん。しかも怪奇現象がなんで起こったんか、まったく解明されずにわけわからん隕石が落ちてきて終わり。あほらしい。腹立つ映画や。テレビのコマーシャルに完全にだまされたわ。この映画の評価は完全に0点やけど、最低でも1点しかないからしゃあない・・・。

投稿者:ASH投稿日:2007-04-22 11:01:44
【ネタバレ注意】

 バッタ(イナゴ?)の大群が襲ってくる映画なの? それとも、モチーフは「虫愛づる姫君」?(アリャ毛虫か)。予告編なんかだと、アナソフィアがダコタ・チックになっている! やっぱり第二のダコタだ(と、勝手に決定)。

 ウィリアム・ラグズデールぅ? 随分と懐かしい名前だなぁ、オイ。

 ということで、超期待!

【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】リーピングレンタル有り
 【DVD】リーピング 特別版レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION