allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

幻影師アイゼンハイム(2006)

THE ILLUSIONIST

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ/チェコ
公開情報劇場公開(デジタルサイト=デスペラード)
初公開年月2008/05/24
ジャンルサスペンス/ミステリー/ロマンス
すべてを欺いても
手に入れたいもの、
それは君。
幻影師 アイゼンハイム [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 7,980
USED価格:¥ 1,665
amazon.co.jpへ

 Photos
幻影師アイゼンハイム幻影師アイゼンハイム幻影師アイゼンハイム

【解説】
 ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説を「レッド・ドラゴン」「25時」のエドワード・ノートン主演で映画化した幻想ミステリー・ロマンス。19世紀末のウィーンを舞台に、身分の差ゆえに一度は諦めた初恋の女性を巡って、一人の天才幻影師が自らの奇術を駆使して時の皇太子に果敢に立ち向かう姿を、妖しくも格調高く描き出す。共演はポール・ジアマッティ、ルーファス・シーウェル、ジェシカ・ビール。監督はこれが長編2作目の新鋭ニール・バーガー。
 19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。イリュージョンが見せ物として隆盛を誇る中、天才と評され絶大な人気を集める幻影師、アイゼンハイム。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルドが観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招いたアイゼンハイムは、彼女が幼なじみのソフィと気づき動揺する。かつて2人は互いに愛し合いながらも、階級の壁の前に引き離されてしまったのだった。そんなアイゼンハイムは王宮に招かれた際、皇太子の前で挑発的な態度に出る。これに逆上した皇太子は、自らに仕える警部ウールにアイゼンハイムの追い落としを命じるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
759 8.43
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2015-12-31 09:40:57
素直に観ればこんなに痛快な作品はないよ。いい気分で年越し出来そう。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 06:05:16
覚えてない。
投稿者:Normandie投稿日:2014-03-14 23:21:08
19世紀末のウィーンで繰り広げられる幻影師の人生を賭けた闘い〜
俊英の監督ニール・バーガーの巧みな演出と脚本、
より深い演技者としての第二幕を掲げたエドワード・ノートン、
地味ながらもいい味を出している警部役ポール・ジアマッティ、
時の権力者を惜し気もなく演じるルーファス・シーウェル、
献身的にアイゼンハイムを支えるマネージャー役のエディ・マーサン
など個人的に贔屓な俳優ばかり。
スティーブン・キングが繰り返し見たい映画として絶賛し、その年のベスト10に入れことは納得の出来栄え。
絵画を思わせる映像美と一瞬の青空、あのラスト、この製作に携わった彼らの三つ巴のMagicが素晴らしいです。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-04-27 13:28:45
19世紀末のヨーロッパ、ウィーン。ガス燈。薄暗い客席に幻惑の舞台。ミステリーというにははるか遠く、謎めいたトリックで締めた。これはロマンスだったのかという仕掛けか。いつもながら、ポール・ジアマッティを見るとなぜか緊張が緩む。主役は個性派エドワード・ノートン。最近作品に恵まれてないなぁ。ここまで美術に拘り、いい素材をもってして収束しないオチだった。
投稿者:noir fleak投稿日:2013-01-04 08:41:45
【ネタバレ注意】

可哀相ではないか。彼こその無実の罪を着せられて、あげくは、、、、と書けばネタばれになってしまう。
この警部役の人はいろいろな映画に出ているが、こんなにすごい声の持ち主とは知らなかった。エール大卒。名優になりつつあると思う。

投稿者:namurisu投稿日:2012-04-08 14:13:39
推理を楽しむ映画ではないし。企画がさっっぱり解らん。J・ビールのナイスバディも幻〜!
投稿者:blumental投稿日:2011-08-30 14:40:56
面白かった。同時期製作された、「奇術師フーディーニ」や「プレステージ」に比べてずっと良い。
投稿者:nedved投稿日:2011-01-11 01:05:27
エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ ジェシカ・ビール
投稿者:gapper投稿日:2010-12-16 23:18:38
 エドワード・ノートンのイリュージョンストーリー。

 良い悪い別として ILLUSIONIST を幻影師という造語当てはめているのは、昔からの映画らしい手法だ。
 なかなか面白い作品だが、肝心の幻影に関してはさほど効果が出ていない気がする。
 それは、実のところ話のメインではないからだ。
 これは、一介の家具職人の息子と侯爵令嬢の恋愛ストーリーだった。

 その二人に皇太子と警部を対比させ、結局ウール警部(ポール・ジアマッティ)がワトソン的に引き立て役と解説を担う。
 ただ、キーとなる木製のカラクリペンダントが実現不可能なものでかつCGがバレバレなのが気にかかった。
投稿者:アポリア投稿日:2010-11-03 10:46:31
騙される事の快感、とでも言おうか、それ以上は書きませんが、観て『存した』と思う映画ではありません。最後の謎解きのフラッシュバックがなんとなく『ユージュアル・サスペクツ』に似ていたかな。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-08 01:27:52
エソワード・ノートン&ポール・ジアマッティ&ジェシカ・ビール
投稿者:uptail投稿日:2010-06-17 09:05:52
エドワード・ノートン
投稿者:bond投稿日:2010-05-28 09:29:23
【ネタバレ注意】

やられた、パターンなのにオチ読めんかった。傲慢な皇帝から逃げるには、完全に存在を消すしかない。クールなノートン良かったね。

投稿者:ジーナ投稿日:2010-05-15 03:26:26
皇太子と幻影師が一人の女性をめぐるラブストーリーをサスペンスタッチで描いた作品です。
恋愛パートに関してはロマンチックさに欠けますが、身分や政略結婚などベタな要素が効いていますね。
19世紀後半の細部まで行き届いた美術セットや上流階級のみやびやかで美しい衣装などコスチューム劇としても満足度の高い世界観でした。
オチが想像できないわけではありませんが、サスペンスとしてもそれなりに楽しめましたね。
ただ・・・完全にトリックを明かしていないのはズルいでしょ。
全てのトリックがキッチリ描きこまれていれば、もっとスッキリ終われたハズです。
それが無理ならもう少し丁寧にラストの種明かしだけでも見せてくれたほうが良かったのでは?
死者との交信やアイゼンハイムを崇拝する民衆などオカルトっぽさが入っているのもテイストに変化が出て良かったと思います。
サブキャラの配置も絶妙で、特に警部の存在が大きくストーリーに貢献していたと思います。
彼の人物背景や葛藤がこの作品にドラマを吹き込んでいたと言えるでしょう。

キャスティングも見応えたっぷりで、滑らかな演技で魅せるエドワード・ノートンと深みのあるポール・ジアマッティの表情が見事でしたね。
ルーファス・シーウェルも野心に満ちた悪をあざやかに一貫して演じてくれました。
気品のある演技で令嬢をこなしたジェシカ・ビールも良かったですが、もう少し女のもろさや煌びやかな美しさを感じられると良かったかな・・・。
なんか彼女って骨格とガタイの良さのせいか強くたくましいイメージが先行しちゃうんですよ(爆)

気分さわやかな後味と芸術的でファンタスティックな映像、警部からの視点とナレーションを入れる事でキリッと引き締まったストーリー、テンポの速さや素晴らしい音楽など全ての要素が一つに上手く溶け合った作品でした。
「プレステージ」や「奇術師フーディーニ」に比べるとキャストのわりに知名度が低いですし演出に派手さもないですが、予想以上の面白さを感じられるお得な作品だと思いますよ。

とにかくエドワード・ノートンの繊細な手さばき&指使いに酔いしれましょう(笑)
投稿者:dadada投稿日:2010-05-11 22:05:14
クライマックス。めくるめく謎解きフラッシュバックの中、徐々に警部の表情にニヤリと笑顔が浮かぶ。観ているこちらもニヤリ。
オチそのものがどうこうよりも、この畳み掛けがお上手。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-13 12:42:56
曲者俳優エドワード・ノートン久しぶりの主演
「幻影師アイゼンハイム」には
驚きのマジックもさることながら、
格調高い時代背景と演技派の技が冴える通好みの一本
http://mototencho.web.fc2.com/2008/illusoni.html
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2010-01-23 23:52:37
【ネタバレ注意】

オチにがっかり。

投稿者:NYY投稿日:2009-04-26 10:55:07
【ネタバレ注意】

これは評価の分かれそうな作品だけど、サスペンスかつ身分差ラブ
ストーリーになっていて、ボクは好きです。
ジェシカ・ビールをもっと映して欲しかったな〜。
 
エドワード・ノートンが奇術だかフォースだかを使って劇中の観客
達を騙してると見せかけて、見てるこっちも・・・
実際どうだったかは、よく分からないんだろうね。あれだけの腕が
あるならば、そーゆー可能性もありうると警部が思った。
 
男がどんな手を使ってでも手に入れたいもの、それは初恋の女だか
ら。
食べ物の恨みと同様で、男の初恋の恨みってのは恐ろしいからね〜
w。
ハプスブルグ家だか吉野家だか知らんが、ダルマみたいな顔のチン
ケな皇太子がジェシカ・ビールを殴ったのは、万死に値する振る舞
いだったと思うよ。そーゆー意味で警部の考えは当たってるかも知
れない。
初恋の女の為ならば、自分の持ちうる全てのものを使ってアイツを
潰すべきだよ。男たるもの、戦わなきゃいけない時ってもんがある
からね。
 
ノートンは飄々した微妙な存在感でいいね。ヒゲもなかなかカッコ
よかった。
あと、ミカンが直ぐになる木は良いね。

投稿者:なちら投稿日:2009-03-07 13:15:40
【ネタバレ注意】

令嬢が亡くなった後に、死者と対話するイリュージョンを始めるってのが不気味だよね。
アイゼンハイムは幻だったとしても、彼女と一緒にいたいんだなー、なんて思い込まされちゃったよ。

女友達を殺したり、皇帝退位計画を企てる様な図々しい皇太子が自殺してしまう点は意外だった。
令嬢を殺したと暗示にかかり、操られた警部に追い詰められたんだね。
凄いなアイゼンハイムは。

騙された事が嬉しそうな警部が印象的で、爽やかなエンディングのラブストーリーでした。
令嬢殺しで捕まった人も、解放されてるといいけど…

投稿者:ghost-fox投稿日:2009-01-25 22:43:21
してやられた!
投稿者:aaf投稿日:2008-12-11 02:00:58
なんだかつまらない。
映画としては良く出来ていると思うし脚本も良いと
思う。町並みや演出も綺麗で美しい。

だけどやっぱりつまんない。

原因はVFXを使った綺麗な手品にあると思う。
あれをみたところで観客は誰も「凄い」なんて
思わないしCGなんだろう?って冷めてしまっている。
だから高揚感がないんだよね。

もっと泥臭く舞台裏もみせてくれた方が面白かった
と思う。どうせ見ている側は手品ってわかっている
わけだしね。

映画としては完成されているけどつまんない
作品だった。
投稿者:Longisland投稿日:2008-07-02 00:56:57
米国人俳優を使いながら欧州映画の雰囲気が感じられる秀作。舞台上で繰り広げられるイリュージョンはCG無しだったら凄いんだが(笑
世紀末ウィーンの雰囲気、ポール・ジアマッティ、ルーファス・シーウェル、ジェシカ・ビールって地味なだけど高い演技力俳優が素晴らしい。
投稿者:yumayuma投稿日:2007-03-11 03:03:59
アメリカでは、なかなかの高評価を得たらしいのに…。
なぜ、いまだに、日本公開の情報がないのでしょうか?!
エドの新作が観たいっ!!!
【ニュース】
全米興行成績、「最強のふたり」ハリウッド・リメイク版「The Upside」が好スタート2019/01/14
「最強のふたり」ハリウッド・リメイク版「The Upside」、予告編2018/10/04
全米興行成績、ベストセラーYA小説原作SF「ダイバージェント」が大ヒット・スタート2014/03/24
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「ダイバージェント」、最新予告編2014/02/05
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「Divergent」、フル・トレーラー2013/11/14
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「Divergent」、ティーザー・トレーラー2013/08/26
シェイリーン・ウッドリー主演ティーンズSF「Divergent」、ティーザー・トレーラー2013/08/23
全米ベストセラーYA小説『Divergent』映画化企画、監督はニール・バーガーに2012/08/24
全米興行成績、ブラッドリー・クーパー主演サスペンスが初登場首位2011/03/21
ベストセラー・サスペンス『ブレイン・ドラッグ』映画版「Limitless」、予告編2010/12/17
DVDリリース情報:「レイチェルの結婚」「イージー・ライダー [BD]」「日本沈没 [BD]」etc.2009/08/14
DVDリリース情報:「ビクトル・エリセ DVD-BOX」「幻影師 アイゼンハイム」etc.2008/09/15
「幻影師アイゼンハイム」監督最新ヒューマンコメディ「The Lucky Ones」、予告編2008/07/15
「ナルニア国物語」シリーズ、第3弾は「The Illusionist」の監督を抜擢か?2007/03/09
アカデミー賞結果発表2007/02/26
インディペンデント・スピリット賞結果発表2007/02/26
米国撮影監督協会(ASC)賞は「トゥモロー・ワールド」に2007/02/19
スティーヴン・キングの2006年映画ベスト102006/12/21
全米興行成績、マーク・ウォールバーグ主演作がV2達成2006/09/05
ミルハウザー原作、E・ノートン主演「The Illusionist」予告編2006/07/06
ミルハウザーの短編がE・ノートン主演で映画化へ2005/01/14
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】幻影師アイゼンハイム2008/11/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】幻影師アイゼンハイムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION