allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダイ・ハード4.0(2007)

LIVE FREE OR DIE HARD

メディア映画
上映時間129分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2007/06/29
ジャンルアクション/サスペンス
ダイ・ハード MEGA-BOX(ナカトミプラザ・フィギュア付)(6枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 27,000
価格:¥ 18,000
USED価格:¥ 12,399
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ブルース・ウィリスが大スターへと飛躍するきっかけとなった人気シリーズ12年ぶりの続編となるサスペンス・アクション。デジタル制御された全米のインフラ機能を襲うサイバー・テロの脅威に、不運なアナログ刑事ジョン・マクレーンが立ち上がる。監督は「アンダーワールド」のレン・ワイズマン。
 アメリカ独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に、何者かが全米のあらゆるインフラを監視するシステムにハッキングを仕掛けてきたとの情報が入り、ブラックリストに載るハッカーたちの一斉捜査が開始される。一方その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、久しく顔を見ていない娘ルーシーに会うため、ニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。しかし、意に反してルーシーの冷たい対応に気落ちするマクレーン。おまけに、たまたまそこにいたばかりに、上司から、近くに住むマットというハッカーをFBI本部まで連行せよ、とのヤボ用まで仰せつかるハメに。不承不承マットのアパートへと向かうマクレーンだったが、それは、またもや始まる不運の序章にすぎなかった…。
<allcinema>
【関連作品】
ダイ・ハード(1988)シリーズ第1作
ダイ・ハード2(1990)シリーズ第2作
ダイ・ハード3(1995)シリーズ第3作
ダイ・ハード4.0(2007)シリーズ第4作
ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012)シリーズ第5作
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aザ・シューター/極大射程 (2007)
[002]A硫黄島からの手紙 (2006)
[003]Aクラッシュ (2004)
[004]Aディパーテッド (2006)
[005]Aプラダを着た悪魔 (2006)
[006]Aネバーランド (2004)
[007]Aデジャヴ (2006)
[008]A父親たちの星条旗 (2006)
[009]A300 <スリーハンドレッド> (2007)
[010]Aラッキーナンバー7 (2006)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
34283 8.32
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-02-12 06:41:55
別れた妻との一人娘ルーシーに冷たくされたマクレーンはハッカーのファレル連行を命ぜられる。
ファレルを拘束し連れ帰ろうとした瞬間に銃撃を受けた為に応戦。
どうにかファレルをFBI副部長ボウマンの元へ連れて行くが、7人のハッカーたちが24時間以内に殺害された事を知る。
敵はサイバーテロ組織率いるガブリエルでかつてボウマンの同僚だった。
コンピュータを使って街を攪乱させパニックに陥った全米を救う為にマクレーンが行動を開始するのだが・・・。

12年振りの新作で前作がダイ・ハードとしては今一つだった為期待せずに見たが、此れが素晴らしい出来。
まるで原点に還ったような展開とアクションに見入ってしまった。
カークラッシュはもとより、戦闘機を出動させたりはこのシリーズ特有のスケール感を感じさせファンなら納得出来る1本に仕上がっている。
DVDでの鑑賞だが広大なシネスコは今までどおりで、dtsがアクション性を後押ししていた。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 21:23:56
作る必要あった?
投稿者:rain_bird投稿日:2013-10-10 14:39:17
どうでもいい事なんだけど、途中で応援に来てジャマ扱いされる役人、二人目が「Chuck Summer」って名のってるトコ、何度聞いても「お客様〜」って聞こえる。

派手なアクション大歓迎。マギー・Q、M:I:靴茲螢灰奪舛諒がいい!
投稿者:ピースケ投稿日:2013-09-15 15:38:01
マクレーンとマットのでこぼこコンビ具合が良いんじゃない。
投稿者:scissors投稿日:2012-06-19 19:13:29
アクションは派手なばっかりでリアリティぜんぜん無い。
脚本はチープすぎてお子様用TVドラマみたい。
敵のボスがティモシー・オリファントってのも軽すぎるし、マギー・Qとのキスシーンなんていらないだろ。

これ製作費のわりに興行成績も微妙だったんだね。
こんな内容じゃ仕方ないか。
投稿者:なちら投稿日:2011-06-15 17:25:21
B・ウィリスは何に出演してもマクレーンに見えてた時期があったけど、
久々の新作ではもうマクレーンに見えないや。ツルッパゲと貫禄のせいかな?
寂しいがいつまでも白のタンクトップと半ベソじゃ、イタいジジイになっちゃうしね。
娘がホリーの様に都合良くマクレーン姓へ戻ってみたり、シリーズを思わせる要素がちゃんとあるからまぁ良いよ。

たださぁ、マクレーンの寂しい離婚後話は聞きたくなかったなー。食事はいつも一人って…。やめてよ。
投稿者:ジェームス投稿日:2010-07-28 16:38:43
面白いことは面白い。がハイテクに詳しくない僕にはサイバー・テロを扱ったストーリーは分かりづらい部分もあった。
投稿者:gapper投稿日:2010-05-16 22:41:28
 ウィリスが坊主になっての大活躍の作品。

 ファイヤーセルというインフラ全てを混乱に陥れると言う最悪のシナリオで、全米の預金データを狙う悪党をズタボロになりながらやっつける。
 3で質を落としてかなりの時間を経ての作品で、車でヘリを落とすなどかなりのアクションシーンである。
 1や2と並ぶレベルだ。

 ウィリスの作品は、気軽に楽しめるのが好感を持てる。
 この種の作品が、最近は少ないように思う。
 このコンセプトは、考えればTVに取られてしまったもので映画では割に合わないというのが一般的な考えで、大作や問題作、感動巨編と言うものに走りがちだ。
 そこを遭えてやるには、一つ一つの質を上げなければならない。
 いわば、白鳥の湖面の水かきだ。

 私が、古い映画が好きなのも、この辺が理由だ。
 見るほうに気を使わせない、これが一番かも。
 初期設定が日本語で、そのまま見たがDVDオリジナルを見たが、野沢那智版も収録していた。
 知っていたらこっちを見たのに。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-04-11 23:03:19
あいかわらず派手な作品です。シリーズではずれがないのもすごいと思います。今回はサイバーテロでアナログデカとの戦いは見ごたえがありました。だだ、今回は敵の描写が中途半端で、単純なアクション映画になってしまったのが残念でした。
投稿者:terramycin投稿日:2010-03-29 20:41:46
今回の敵は全てのシステムにハッキングし、利用してしまうというとんでもないやつらであり、物語である。

アクションシーンは見ごたえあり。
F35との戦闘は無茶苦茶だなあ。

マギーQが魅力的である。
投稿者:Hoppy!投稿日:2010-01-25 20:09:37
なんとも痛快な漫画みたいな作品でしたね。

かなり序盤戦からスピーディに進んで面白かったのだけど、大迫力になり進むほど、悪者が追い詰められすぎててせつない。

マクレーンはコメディタッチな余裕があって、ザ・ブルースウィルス。
びっくりなアクション。かなり車、飛行機、との闘いとか、すごい。そんなうまくいくわけないしwと思いながらも、うまく行かせるのがブルース。
彼はいつも一人でこなす、一人でやりきるタイプだから、きっとうまくいくんだろうね。なんて。

24のジャックバウワーのキーファーとの違いを考えながら観てました。

キーファーはちょっと必死に真面目すぎて余裕がないし、誰かに何かを頼む事多いから、ヘマされてウマクいかなくて、
罪着せられたりと、ブルースよりも不幸な一日になってるよなぁw

いつかこの二人が共演する対テロ軍団との映画を観てみたいもんだ。http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:william投稿日:2010-01-09 16:03:45
久々に登場。だけど快作!
CGに頼らない、媚びない作り。
またこんな感じで作ってもらいたいな。
投稿者:ringoringo投稿日:2010-01-07 14:18:24
今回もガンガンと色んな物をぶち壊してましたね・・・

このシリーズが段々と悪い印象になっていくのは僕だけでしょうか・・・

投稿者:uptail投稿日:2010-01-07 11:18:50
ジャスティン・ロング
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 23:08:17
ブルース・ウィリス
投稿者:sayakamizu投稿日:2009-12-02 15:38:46
そりゃ、CGじゃ死なねぇな。映像作家と映像オタクの違い。−100星。
投稿者:TNO投稿日:2009-10-30 22:52:13
マクレーン刑事は、常に手探りでおどおどした感じだった一作目と比べたら貫禄充分で、これでもかこれでもかと何度も窮地に陥っても余裕で事に臨んでいる。娘もいつのまにか大きくなっていた。単純に楽しめた、−のだが、全てが上手く行きすぎだ。一作目の普通の刑事が大事件に巻き込まれるというコンセプトが、新鮮だったのだが、スーパーヒーローに成長してしまっては、他のアクション映画との差別化は図れない。いつからジェームズ・ボンドになってしまったの?という感覚。マギーQの美貌とアクションには惚れた。
投稿者:tanukun投稿日:2009-10-18 21:10:06
「1」はよかったネー
「2」はもっとよかったネー
「3」は最悪だったネー
1と2の共通点は・・・
ド派手なエンディングと妻とのハグ、かな。
途中までは良かったケドも。何となく終わってしまった・・・残念残念。
やっぱり妻ホーリーとゲスなレポーターは、いつもいて欲しいものです。
4.0はどう?って?
想像よりずぅっと良かったです。
投稿者:B級文化人投稿日:2009-06-08 11:47:41
ナカトミプラザからテロリストを一掃したロスの英雄ジョン・マクレーン刑事
彼をモデルにしたスーパーヒーローが誕生した、まさにそんな印象
ピンチがピンチに見えないのはそういうわけだ
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-23 05:30:33
全く印象に残らなかった。
これなら作らなかった方がいいのでは!?

好きな方はごめんなさいm(__)m
投稿者:nomopage投稿日:2008-09-21 18:12:06
理性を働かせてはいけない。理屈抜きで、ただ、ただ、ただ楽しめばよい。
自動車をヘリコプターにぶつけて落す、なんてアイデアは抜群。
投稿者:aaf投稿日:2008-09-05 19:42:31
面白かったなぁ。理屈なんていらない。
ダイハードはこうであるべきとか殻を勝手に作った
意見が見られるどけ この面白さの前には無意味だね。

車は派手に壊すし建物までお釈迦にして戦闘機まで
「ありえねぇー」
と笑いながらつっこませているだけでこの映画の勝利だよね。

次作は是非娘を刑事してください(笑)
親娘で不幸ってのも面白そうだ。
投稿者:irony投稿日:2008-08-17 02:45:09
【ネタバレ注意】

 戦闘機がミサイルって・・・在り得ないダロ・・・。

投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-14 03:04:38
運が悪い不死身のヒーロー『ジョン・マクレーン』刑事はご健在♪
アクションはこれまでのシリーズでも一番の派手さ(あり得なさ)でした。
緊張感ある展開もこれまでにはないテイストだったかな?

・・・が「ダイ・ハード」らしいコミカルさに欠けていたのが残念。
マクレーンがブツブツブツブツ言いながら、それでも誰かのために戦うという図式が今回味わえませんでした。
痛いときは、情けないほど痛がるマクレーン刑事が好きだったのにな〜(笑)
自分の運命を悟っているマクレーンの態度というのも面白みはありましたが、広がりがなかったですね。
ハッカー役のジャスティン・ロングとの関係も「ダイ・ハード3」のサミュエル&マクレーンのような軽口合戦には至らず、まるで父親と息子のような温かみのある関係なのもチョット拍子抜け。

「ダイ・ハード」の続編として鑑賞しちゃうとガッカリしてしまう要素もあるので、独立したアクション映画として観る事をオススメします。
投稿者:bond投稿日:2008-08-12 09:21:28
シリーズ4にしても全くパワーダウンする事なくアクション映画の王道的仕上がり、痛快、傑作、気持ちいい。これなら5までいけるぞ。
投稿者:投稿日:2008-07-24 20:16:52

         や り す ぎ  ! !


でもやっぱり好きっす。

もう少し付け加えると、オリジナルの醍醐味は、残るテロリストはハンスを含めてあと何人、と数えながら、それがゼロになる瞬間を見届ける、という点にもあったと思う。2(一気にゼロってのはちょっと違う)や3にはそれがなかったのがちょっと物足りなかったのが、本作でそれが復活している。

そういう意味で、娘の台詞、"Dad, now there are only five of them."にはかなりヤラれた。お前、一作目結構好きだろ、と声をかけたくなってしまった。
投稿者:投稿太郎投稿日:2008-04-24 15:01:47
【ネタバレ注意】

おなじみの不死身のマクレーン刑事が老体に鞭打ちながらおじさんパワーで、
パソコンお宅の若者を引き連れて、バッタバッタと敵を倒していく姿が痛快でした。
年齢も価値観も違う二人は、お互いのギャップに戸惑いながら、
協力し、助けあいながら次から次ぎへと問題を解決してゆきます。
そしてやがて、仮想世界で生きていた若者は現実世界で成長してゆき、
その成長を、マクレーンおじさんが叱咤激励しながら無理矢理に助けます。
若者と熟年の乖離やハイテク情報化社会に埋没する若者、
そして、その情報化社会の盲点などの社会問題を取り込んだ大変面白い作品でした。
このようなメッセージ性があるからこそ、
派手なアクションシーンが生きて、楽しめる作品になるのだと思いました。
マットに携帯を借りて電話をしようとするマクレーンに、
盗聴されているからかけてはいけない、と言われたマクレーンが、
携帯を投げつけて壊してしまい、それを見ていたマットが諦めたように呆れるシーンが、
団塊世代で電子機器音痴の上司のトンデモ行動に振り回される部下のようで、
二人の決定的な違いが良く現れていてとても面白く印象に残りました。

投稿者:namurisu投稿日:2008-04-06 22:58:57
ルーカス曰く。「アクション映画でのCG使用は限界にきた」
このバカ監督に聞かせてやりたい。
投稿者:ieyasu投稿日:2008-03-19 01:36:50
ハリウッドのこの手の映画には結構飽き飽きして食傷気味だったのだがこの映画は期待通りに楽しめた。この映画を観るとアクション映画もシュチュエーションとアイディアと演技力が鍵であることがよく分かる。ダイ・ハードは(3以外は)その点をスピーディな展開の中にちゃんと手を抜かず盛り込んでくるところがえらい。しかも大人のおじさんが男らしいヒーローでいいじゃないか。この映画を楽しむのにあんまり難しく考えても意味はないなあ。
投稿者:BLACKBIRD投稿日:2008-03-08 00:46:00
12年ぶりの続編で今までの3作が好きだったので観に行きました。
たぶん昔どおりのダイハードだったのですが、昔のようにノー天気には楽しめなかったです。自分が年をとったからか、時代が変わったからかわかりませんが、敵を殺して歓声をあげるマクレーンに昔のように共感できませんでした。
そんな難しく考えて観る映画じゃないことはわかっているのですが、
昔のままのダイハードを観たくて劇場に行ったことは確かなのですが、実際観てみると、ダイハードと言う映画のスタイルが、21世紀にはあわないのかもとまで思ってしまいました。
同じアクションなら「ボーン」シリーズのほうが、よっぽど今の時代にあっていると思います。
投稿者:BLADE投稿日:2008-02-24 03:22:19
すごい!映画館で見ればと後悔してしまった。僕としてはアクションとか
派手な映画は映画館で見るようにしてるのですが、悩んだ結果見なかった
けど、後悔だな。

もう、最近の映画は肩が凝る映画が多すぎる気がする。ダイハードのような
単純にアクションを楽しめる映画も少なくなってきた。そんな現代の状況に
ようやく帰ってきた感がある。もう、企画倒れが続いて10年ぐらいかかって
作られたそうだけど、単純で派手な映画。不死身なのは、もうどうでも
いい。

やはり、評価の通り誰かしらシリーズに出てた人を脇役でもいいから
出しても良かったと思う。不死身というキャラでマクレーンを選んだと
いうことだろうね。ゼウスにしろ、ホリー、警察官、マスコミの人、
コッブ警部、ランバート、ポランスキー等など。どこに出させるか
難しいキャラだらけだけど、ホリーだけでなくて他の人にも台詞として
だけでも登場させてくれれば、シリーズファン的にも嬉しかったかも。。。

でも、SKN(そんなの〜)ということで、ただただ不死身のマクレーンが
面白かった。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-01-31 00:00:11
【ネタバレ注意】

つまりが1作目にあるような知的な趣きはない。
まだ2作目や3作目の犯人の方がトリッキーだね。(一応、全米機能停止の理由が…って所は踏襲か?)
1作目(または2作目)のようにクリスマスで舞台が一箇所、1人で戦う訳でもない。
いやスピーディに大騒ぎな軽さは有るんだが「これは3作目よりダイハードだ」
何といっても「年頃な娘」が(敵は5人よ…って武闘派っぽいが)ナイス。で、相棒がまたトボけたキャラで大活躍。最後は娘との交際を認めたくないが認めそうな勢い…何も起こってないけど…アルマゲドンじゃないが。
1作目(または2作目)の奥さんじゃないが家族の為に命を張る…ってのもダイハード(=マクレーン)だね。のっけから銃撃戦だ!爆破する、ヘリを落とす、戦闘機と戦う…無茶苦茶だけど。
まぁ実際、何度も殺されかけるのだが、しぶとく生き残って、妙に付き合ってくれる相棒やら相棒の友達(サツは嫌い…でもちゃんと居場所を伝え、電話を繋ぐ所がケビン・スミス?)の助けを借りて、犯人(結構な狂人)に追いすがり…反撃を食らって絶対絶命…ってスピーディな終わりは3作目の様な蛇足感はないね。
まぁスタイル的にはトムのMIシリーズに近いものがあるが、なんといっても主役はマクレーン…散々ボヤきながらも逃げません。唯ひたすら突き進んで、食いついたら離れないしぶとさ…ザッツ・ダイハード!
いやダイハード2の方が1作目より好きな人は間違いなく満足出来る(かな?)ド派手なアクション・エンターテイメント・ムービー。

投稿者:藤本周平。投稿日:2008-01-13 16:48:12
このシリーズ大好きです。毎度毎度ハラハラします。今回もブルースの独り占めでした。
投稿者:イドの怪物投稿日:2008-01-06 20:30:41
正直面白かった、けれども、竜頭蛇尾な印象は否めない。
このシリーズは面白いだけでなく良く出来ていたシリーズだったと思うが、これは明らかに「007」化症候群に陥っていると思われる。 そろそろ止めた方がブルース・ウイルスという役者のためにもなると思うが。
投稿者:ASH投稿日:2008-01-06 16:07:02
【ネタバレ注意】

 久しぶりに、アクション映画の醍醐味が存分に堪能できる傑作じゃなにのさ。この際、「ダイ・ハード」シリーズがどうのこうのというのは措いといて、我らがマクレーンの活躍を楽しむというのが正解だって。

 序盤にある、街中で一斉に交通事故が起こる様子を俯瞰で捉えたシーンには、身震いがしたよ。アメリカに限らず、国家というものが実は脆い体質だということがよく分かる設定もイカしてるよね。システムの崩壊は、国家の死を招くと。FBIもどうしていいのか分からなくなってしまうというのも、なんだか恐ろしい話なんだよ。

 しかし、一番怖いのは自分がどこにいるのか、瞬時に分かってしまうということ。確かに、GPSなどは便利なものだが、使い方次第で恐ろしいものにもなるということだよな。そこら辺は「エネミー・オブ・アメリカ」でも描かれていたが、まあ、現実にはここまで進んではいないでしょうが、プライバシーというものがこれじゃ存在しなくなりますよ。

 ハッカー青年、マット役のジャスティン・ロングが大フューチャーされた作品ですね。いかにもナードな男が、この一件で逞しくなっていく様が痛快でした。「デジタル界のジェダイ」で登場するケビン・スミスの客演も最高! 40過ぎて親と同居し、地下室には「SW」や「猿の惑星」のグッズで溢れかえっているけど、もしかしてスミスの私物だったりなんかして。あの後頭部のハゲは自前か? それにしてもこの映画、ナードな人たちの生態がやけにリアル。雑然とした部屋や、PCの前で飲み食いしてたりとかね。

 メアリー・エリザベスは、さすがにマクレーンの娘というだけあって鼻っぱしが強いじゃじゃ馬娘を好演。出番が意外と少ないので、彼女のファンには物足んないかも。マギーQの女忍者っぷりもカッコよかった。僕にはQは、そうだなぁ…工藤静香?に似てた気が…。

 クライマックスの高速道路のループで繰り広げられる戦闘機とトレーラーの対決は、近年最高のアクションが見られると思います。CGの多用を好ましく思わない人も多いようですが、僕はあまり気にならなかった。てか、もっとやってくれってもんでしたよ。アクション大作は派手でないと。

 マットがタレるウンチクが笑える。典型的な「X世代」なのよ。CCRってそんなにダサいかねぇ…。あの世代にとっては、やっぱりパール・ジャムなのか…。

投稿者:あっきー投稿日:2007-12-18 00:20:40
ストーリーは悪くないのですが
あまりにも「ドカン!ドカン!」やりすぎましたね・・・
これは好き嫌いがはっきり分かれる作品でしょう!!

 ↓ 「映画レビュー」やってま〜す! お気軽にコメントをどうぞ!!

http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:ちゃき投稿日:2007-12-06 12:27:38
恥ずかしながらダイハードシリーズを見るのは初めてです。

印象としては、なんだか24とかを意識しすぎているのは?と思ったり。打たれ強くて絶対死なない感じと、サイバーテロにローテクが挑むという構図ですが、政府がことごとく後手後手に回っているところとか、そんなことはないだろうと思ったり。

でも派手に撃ち合う、ぶつかる、跳ね飛ぶ、壊れる、落ちる、爆発するというローテクな要素は十分網羅されていたし、エンターテイメントとしてはよいのではないでしょうか。

個人的には最近成長株のmacでおなじみのジャスティン・ロングのギークぶりがよかったと思います。技術達者な若者が自分の興味を優先させて、知らず知らずのうちに巨大テロに参加していた、という設定はありがちですが、よかったと思います。最後に勇気をふりしぼって銃を撃ち「お前もやるじゃないか、助けてくれてありがとう」的展開もお約束かと。

でも楽しかったです。みんな厳しいなぁ。歴代シリーズファンには言いたいことがあるかもですね。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:さち投稿日:2007-11-27 19:25:53
普通
投稿者:デンタルミラー投稿日:2007-11-27 01:44:03
サービス過剰な状況に適応できない人ってさ。

投稿者:aldechino投稿日:2007-11-25 21:25:09
あまりにも非現実的すぎて、見ていてしらける。もう作らないほうがいい。
投稿者:kopi投稿日:2007-11-22 00:36:46
 ジョンマクレーンがクールに成長している。どことなく余裕を感じさせ、もはや悟りの境地といった感じのマクレーン。ふてくされていた1作目からの年月を主人公を通して感じてしまった(風貌からも感じるが…)。
 ダイハードには他のアクション映画にはない独特のリアリティがあったのだが、後半の戦闘機との対決には少々気抜けしてしまった。「なんてアホなパイロットだ」と…。
 でも、やっぱり面白い。娘の彼氏に凄むという親父くささもいい感じがでていた。
投稿者:特機隊投稿日:2007-11-21 00:01:19
アクション映画としては良いんだが、ダイハードとしては全然物足りない。
CG使いまくったアクションで誤魔化せるのは、せいぜい素人観客だけで、本当の映画好きは無理。
あの年であそこまで体を張ったアクションは、さすがブルースと言えるが、車やヘリや戦闘機をド派手に爆発させるワンパターンなアクションばかりでなく、刑事らしく知力と体力を使った銃撃戦がもっと欲しかった。
1〜3にはそれがあったが、4にはほとんどなく、最初の15分しか楽しめなかった。
悪役(ボス)にも魅力がなかった。今までのようなビッグネームの俳優じゃないし、最後まで一騎打ちの勝負をせず、マクレーンから逃げてた臆病者だった。
A・リックマン、W・サドラー、J・アイアンズに並ぶ名優を連れてこないと。
監督・制作・脚本・キャストまで、あらゆる点で不足な点が多すぎる。
ブルース一人が頑張っても空回りするだけだ。
投稿者:pineapple投稿日:2007-11-19 18:35:44
【ネタバレ注意】

アクションの一つ一つは面白そうなのに、実際見てみると疑問符が付いてしまう内容。
何がつまらんのかな、と考えてみたら、話に展開が無くて、演出にもメリハリが無いんだな。

終始同じようなテンションで、マクレーン刑事は常に場当たり的で受身一本。
まったく攻めとらんのですよ。敵方も3作目も受け身な展開だったけど、サミュエルの存在感と展開の抑揚はあった。

投稿者:yamato投稿日:2007-11-18 10:44:04
娘役の子、鈴木杏に似てる。
マギーQ 、よく見ると伊東ゆかり似?

FBIのボウマン・・「コラテラルダメージ」でテロリスト役のイメージが強く
説得力に欠けるなぁ・・。
投稿者:dadada投稿日:2007-11-18 05:52:42
アクション実写映画でのCG多用は嫌い。アニメ観ているわけじゃないんだから。
この映画のクライマックスは、やり過ぎ感有。アナログ刑事がデジタル犯罪者に立ち向かうお話のクライマックスが、デジタル頼りってのも違和感。そんでもって、戦闘機とトレーラー以外のハイウエイの車が、きれいに並んでるだけで動いていないなんて手抜きもよろしくない。
クライマックスまでは、それなりに楽しんでたけど、ここでちょっと興醒め。
最近のハリウッド・アクション映画には、同じような感想を持つことが多い。
投稿者:くろひょう投稿日:2007-11-17 04:18:56
あー、めちゃめちゃオモロかったで!

自分にとってはシリーズ最高の出来。この作品をこき下ろすヤツは何が楽しみで生きてるの?って言いたいわ。だいたい一作目を神格化しすぎている輩が多すぎ。舞台を限定しろだの、巻き込まれ型じゃないといけないだの、マクレーンの個性がどうのとか、固定化された「ダイ・ハード」というブランドを有難がる時代でもないんじゃないの?ブルース・ウイリスも年取るわけだし。

作品の出来自体、シンプルというか単純明快さに徹したシナリオ・演出に非常に好感がもてた。マクレーンも余計なことごちゃごちゃ言わないし、余計な登場人物も出てこない。体制側の人間は無能さに徹しているし、悪役もいいじゃんか!(大物俳優である必要なんかまるでなし) 忍者女も猿飛佐助も見せ場は十分。何より、国家機能を乗っ取った犯人たちのこれでもか攻撃にお腹パンパン!アクションの三次元化・立体化にこだわりまくったワイズマンの演出もノリノリで、特にトンネル内に両側から一般車両を突撃させるアイデアは秀逸。車でヘリを撃墜し、発電所をガスで爆破、あげくに大型トレーラー対最新式ジェット戦闘機の無差別異種格闘技戦までありのフルコース料理。コレステロール多すぎだよなー。え?どっかで食ったことあるものばかり?そんなのあったりまえじゃん!屁理屈こねてないで、つくったやつのサービス精神を無邪気に味わえよ!
投稿者:メタル好き投稿日:2007-11-09 18:58:16
4作目ということで心配していましたが全然良いです。あっという間の2時間でした。
個人的に最後は2のように派手に締めてほしかった。
投稿者:SUNSET投稿日:2007-11-06 17:26:15
サイバーテロを題材にした時点でかなりのハードルを越えないと
中途半端になってしまうだろうなぁ…と思いつつ観ましたが、
的中してしまいました。
TVCMで流れているヘリを車で「撃ち落とす」豪快なシーンを、
どうハイテクに絡めて行くんだろう…と期待してたのですが…
投稿者:新・映画の都投稿日:2007-10-28 02:55:27
2・3よりも面白いし、迫力があった。レン・ワイズマンがこのシリーズがとても好きで自分なりのダイ・ハードを撮ったという気持ちがとても伝わった。ダイ・ハードシリーズは今後も多分作られると思うが、個性的な作家に作らせるとまだまだ進化がありそうだな。ヘリに突っ込むパトカー、トンネル内での車の空中回転シーン、あの高速での戦闘機との壮絶なバトルでのトラック傾くシーン等はCG使っていないんだって。
投稿者:スマーフ投稿日:2007-09-18 07:58:10
素直に面白かったです。

IT社会なこの世の中に、めっちゃアナログなマクレーンがガツガツはむかって行くのがすごく気持ち良かった!女にも手加減無しなところもスカッとしました。
強気な娘もいい感じでした。
投稿者:よちよち投稿日:2007-08-15 02:56:21
賛否両論みたいですけど、個人的にはとても面白かったです!
前3作をよく覚えていなくて比較できないって言うこともあるんですけど、微妙なユーモアも混ざっていて、ハッカーのちょっとおたくな彼もすごくいい味出していたと思います。
終盤に進むにつれて、不死身??って思うほど現実離れしたアクションの見せ場が続きますが、それでもくいいってみてしまいます。
割とシリアスなシーンでも、ユーモアが入っていて、全体的に古いダイハードを継承しているなと思いました。
続編は希望しませんが、4作どれも面白いので、そういう意味での裏切りはありました。
個人的にもう一度みたいです。
投稿者:きゃる投稿日:2007-08-12 23:06:14
(1回目)
カーチェイスにしても、カメラが暴走車の周りを1回転する、
映像表現イリュージョンを見せられているような気がします。
CGなんだろうけど、きっと発想がすばらしいんだと思います。
心の通い合いも、シンプルだけど熱くこみ上げるものあり。
傷だらけの英雄、自分にも年頃の娘がいるので、感情移入しました。

(2回目)
2回観ると、たいてい新しい発見があるんですが、
この作品に関しては、それがまったくなし。
2時間分、しっかり記憶に残っているんです。
それくらい、初見でしっかり見ることができたということは
とても分かりやすくつくっているんでしょうね。
投稿者:エイリアン投稿日:2007-08-11 02:18:54
マクレーン刑事の印象が変わったのが残念だけど、映画として面白かった。
投稿者:Ryuichi投稿日:2007-08-05 19:47:29
最近、見た映画の中では、一番、素直に楽しめました。
素直なアクション映画というのでしょうか・・・ここ数年、こういうタイプの映画が減ってしまったように思えます。
IT化が進む世の中を反映し、現在のアクション映画の主人公は、必然的にITにも強くなり、洗練された知的な主人公になってしまいました。
映画のマクレーンは、ITが苦手なおじさんですが、こういうアナログ人間の持ち味を上手く表現し、80年代後半から90年代前半にかけてのアクション映画全盛期を思い出させてくれました。
過去において、いつの間にか食傷気味になってしまったアクション映画の醍醐味を、再び、感じさせてもらえました。
タフなところを除けば、普通のおじさんであるマクレーンだからこそ、変化し続ける世の中にあって、アクション映画の本質を今に伝えてくれているのではないでしょうか。

http://vicky-ryu.spaces.live.com/
投稿者:ノータック投稿日:2007-07-26 21:24:14
もう1回劇場で見たいと思う作品。過去のシリーズと比べて面白くないとか結構いますが、第1作目の出来の良さは奇跡です。そこのところを履き違えると、楽しめるものも楽しめないのでは。マクレーンは少なくとも過去3つの修羅場をくぐってきたのだから、それなりに成長しとるわけで、この最新作でナカトミビルの時みたいに、すねすねしてたらアホかと思います。スマートにサクサクいっちゃってええでしょ。アナログをなめんなよ!的にわざと画像をざらつかせているところが好き。クライマックスの乗り物対決は大爆笑です。
投稿者:blackdiamond投稿日:2007-07-23 03:15:49
異常なタフすぎに違和感あり、そんなバカな、死んでも
おかしくないだろうと思いつつ速い展開で話がすすみ
難しいことを考えず、みれば楽しく観れる作品です。
しかしダイ・ハードらしさは、きっちり引き継いでいます。
観るなら映画館でみたほうがいいでしょう。
投稿者:痛い迷走投稿日:2007-07-15 14:00:35
なんなんだ。このパワー。一気に突き進むゴリゴリ押し。そんなアホなと思いつつ。とにかく面白いぞっと。映画館に行くしかない。映画館でしか見てはいけないかも。バカなら楽しめるはず。マクレーン万歳
投稿者:ぺん投稿日:2007-07-15 01:04:37
一作目を観たときの感動を再びと期待して観ましたが、期待を外さない感じ
で良かった。一作目の頃は、カメラの方が動き回ってるようなアクションっ
て少なかった(ロボコップ位?)けど、現代のど派手なアクション全盛時にど
う魅せてくれるかと思いましたが、一作目よりも更に職人的なカメラワーク
でドキドキハラハラで、とても良かった。ま、荒唐無稽な設定やシナリオは
この際目をつぶります(汗)。アクション期待してお金払ってる訳だし。
ただ、荒唐無稽なシナリオとは言え、非常に現実的な部分は繰り抜いてて、
現代の高度情報化社会の業腹な部分は抜き出せてたかな。ターミネーター3で
は、計算機能力が分散化してメインコンピュータの概念が無くなってたって
話だったけど、本作のように情報や処理は限られた場所に集中してるって話
の方が現実的だし、それを極一部の人が操っていることに怒りと不安は感じ
る。
他人のキー操作で、自分の生活を左右されたくなかったら、マクレーン刑事
のような、デジタル音痴になれってことかしらね。
投稿者:O.投稿日:2007-07-14 17:15:36
【ネタバレ注意】

今迄のコメント通り、「過去の登場人物と功績」「マクレーンらしさ」「巻き込まれ感」を期待しすぎると、あれ?って思うかもしれないけど、それを抜きにすれば、十分面白いです。おすすめです。

ただ、あのキメゼリフが最後に出てきたりとか、結局犯人の目的はまた「金」だったりするのは(スケールが違うけど)、ダイハードらしさを出そうとするために無理が見えるかも?
個人的には誰かの予想通り「4.0」ということで、この話の続きがありそうな気もしてます。ガブリエルがFBIから姿を消した空白の数年の理由に、実はさらなる黒幕がいるとか。
あとはボスにもう少しジタバタ悪あがきしてもらいたかったなぁ。死んだと思ったら生きてたとか。

とりあえず、次回は世界規模を期待(笑)

投稿者:ふじこ投稿日:2007-07-14 15:46:32
久々ダイ・ハードってことで楽しみにしてました。
とてもド派手で驚きました。
面白かったし退屈はしなかったけど、あんなにタフすぎるとちょっと違和感ありました。
戦闘機が出てきた時は、ちょっとやり過ぎじゃないのか・・ってことで笑いが込み上げてきました。
でも“俺は何でこんな目に遭わなきゃいけね〜んだよ〜”的巻き込まれ感が薄く、ジョン・マクレーンらしさに欠けててちょっと残念。
でもブルースさん、頑張ってるなぁ〜。
年月を経て髪の毛はすっかりになってしまったし、この際あと1本、“5”くらいまでは観てみたいですが・・もうしかし、これ以上派手にはできそうもないですよね。
投稿者:歌王投稿日:2007-07-11 00:19:24
【ネタバレ注意】

なんだか暴走特急+ターミネーター3って感じの味わいですが、アクション大作として見れば十分に面白いです。ただダイハードシリーズとして見ちゃうと…というところですね、やはり。
何が足りないって、ユーモアが決定的に欠けてます。監督のセンスなのかわからないけど、3作目まではブラックなもの含めてやや過剰なほどにあったユーモアが、本作ではほとんど陰をひそめちゃってます。ダイハードのおもしろさって、マクレーンを中心とした無茶苦茶なユーモアにあるんじゃないかと思うんですが、今回はそれがとにかく物足りなかった。
まあ、車でヘリや戦闘機を落としちゃうなんてのは、極上のユーモアではありますけどね確かに。

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-07-10 11:27:40
【ネタバレ注意】

面白かった、という声を否定する気はさらさらないし、純粋にアクションものとして観る分には、決して退屈しなかった。
でも、毎日のように数多生み出されるハリウッド製のアクション映画はほとんどそうだし、「ダイ・ハード」シリーズの特長やブルース・ウィリスらしさ(というかジョン・マクレーンらしさ)が出ていたか、というと話は別になる。

すでに言い尽くされた感があるが、「事件に巻き込まれた感」「絶体絶命感」「とぼけた味わい」みたいなものはこの作品ではきわめて薄い。
不死身の英雄と化した主人公を私たちは観たかったのか?
ブルース・ウィリスがランボーになってしまうというのはどうなんだ?
早く逃げ出したいのに、自分しかいないから戦う羽目になり、ぎりぎりの場面で一か八かの賭けに出て九死に一生を得る。殺したくはないが、それしか方法がないから殺す…、そんな等身大の“親父”マクレーンが、少なくとも私は好きだったのだが、この作品では特殊部隊もかくやと思わせる活躍を、積極的に見せてくれる。
そこには私の好きなトボけたマクレーンの姿はない。

ストーリーや芝居にはさして関心ない、ド派手なアクションが観たい、という立場からするとヘリや戦闘機撃墜といった破天荒なシーンは十分楽しめるとは思うけど。
面白くないことはない。けれど…、なのだ。
ブルース・ウィリスは頑張っていると思う。とはいえ、さすがに彼も「ダイハード」の頃の30代前半と比べれば相当に無理があるかな〜。

投稿者:シネマ子投稿日:2007-07-10 00:06:11
難しいことを考えず、楽しく観れたので満足♪です。

ありえないくらいB・ウィリスがタフだし(弾のほうがよけてる?)、スケールアップしてるなー、と感心。

それと何よりJ・ロングが良かったです。

映画館で『エド〜ボーリング弁護士 に出てたあのコがこんなに出世しちゃってー!!』とまるで近所のオバサンのような気持ちで観てました(笑)
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-07-08 23:59:03
 
貧乏人なのでレイトショーで鑑賞。
辛口の評価が多かったので覚悟していたが、いやー面白かった。
「ダイ・ハードシリーズの4本目」であることにこだわる人からすると
「1作目と較べて・・・」とマイナス評価になっちゃうかもしれないけど、
1作目は奇跡みたいなもんなんで、較べるだけ野暮だと思う。
今作は息をもつかせぬ展開と、椅子から何度も腰を浮かせるハードな
アクションの連続で129分を一気に見せる大アクション映画。
もっとCGっぽいかと思ってたけど、生身のアクションの凄さ、
痛さをちゃんと感じさせるのがこのシリーズならでは。
ボスの倒し方とかね。
まあ、戦闘機まで出すのはいくらなんでも悪ノリしすぎと思ったが・・・

3作目では顔も出なかったホリーや、一作目の「・・・おうちに帰って」
というセリフで泣かせたルーシーちゃんも再登場。M.E.ウィンスレット
「ファイナルデッドコースター」の時よりも綺麗になってたなー。
「ギャラクシー・クエスト」以来のオタク役・J.ロングも好演。
もうジジイになったウイリスも頑張ってる。TIMEX WATCH。

絶対に劇場で観るべき映画なので、もう一度見に行こうと思う。
投稿者:IM投稿日:2007-07-08 21:40:03
これまでに積み上げてきたブルース・ウイリスじゃなくジョン・マクレーンのイメージが踏襲されてないじゃないか!
そりゃぁアクション映画としてはそれなりに良かったんだが何もダイ・ハードシリーズじゃなくても良かったんじゃないだろうか。
投稿者:ZERO投稿日:2007-07-08 08:18:35
【ネタバレ注意】

大好きなシリーズの4作目。かなーり楽しみにしてました。
結構楽しめました。ブルースウィリスは結構がんばってたし、イメージ的にもあまり変わってなかったので良し。年齢もあまり感じませんでしたね。
前半のハッカーの部屋での銃撃シーンは最初の盛り上がりでなかなか。
銃声なんかは特に良く、迫力あります。
トンネルシーンなども恐らく?CGだけでなくうまく出来てると思いました。
全体的には合格点でした。
ただシリーズが好きなだけに、いくつか、残念、おしいなぁーと思うところも。

まず、マクレーンが巻き込まれる理由がないところ。まぁ不運なだけといわれてしまえばそうなんだけど・・(笑)
マクレーンが行かなくてはならない、そこに居なくてはいけない、犯人との接点が何かある、等の理由が欲しかったです。

相棒役はなかなか良かったですが、もう少し魅力が欲しかったかな。それと、過去の登場人物がぜんぜん居ないのもちょっと。過去の戦歴を語る部分もなかったし。やっぱ、途中でテロリスト(FBIらも)たちが「あのナカトミの!!マクレーンか!!」(テロリスト一同、ビビル)「なんでぇーもう過去の人だろ。老人に何が出来る?」とか欲しかったなぁー。

コミカルな掛け合い、マクレーンの愚痴など少ない。マクレーンがちょっとおとなしすぎるかな??あと実際のブルースウィリスは煙草やめたんでしょうかね??いつも大変な状況の中でひと息入れて一服が結構良かったのに今回なかったので。

そしてサイバーテロ。スケールの大きな作戦ですが、やはり裏での計画が多いので事件自体の迫力、インパクトに欠けるかな。また犯人のボスは、魅力が弱い!もっとカリスマ性がある人でお願いしたいなぁ。

と、ダイハードという視点で考えると残念な部分がいっぱいですが、
十分楽しめました。出来ることなら5もがんばって欲しいね。

まだまだがんばってくれよーマクレーン君。(笑)

投稿者:BMG投稿日:2007-07-07 14:26:19
もうじいちゃんなのによくやるよ、本当に大丈夫かと思いながら、見に行ったのですが。よく頑張っていたと思います。おもんないと思っている人もそれくらいは、評価して欲しいです。
個人的には、ジャスティン・ロングの演技も気に入りました。
投稿者:メンタイ投稿日:2007-07-07 06:43:32
何も考えずに楽しかった!
そりゃね、“ダイ・ハード・シリーズ”か!?って言われたら
“リーサル・ウェポン・シリーズ”も同じなわけで
これを『進化』という言い方すればアリかなと。
物足りなさも多少はあったけど、大きなスクリーンで観るには
十分な娯楽作でした。
ジャスティン・ロングがいいね!
“ジーパーズ・クリーパーズ”の皮だけ男ですよね?
成長したなぁ〜〜♪いい相方っぷりでした♪
http://mentaiman.com/
投稿者:satokunn投稿日:2007-07-05 22:19:57
しかし、これがダイハードか。まさしくダイハードだね。
不死身の男マクラーレン!!すごすぎるぜ。
映画的には観客にいかに喜んでもらえるかサービス精神たっぷり
何も考えずに観るのが一番
しかし何でも壊せば良いものではないと思うが?
戦闘機が街を破壊するのはやりすぎだよねー
女性は絶対に殴ってはいけない!!いくら残虐な女でも
まっ面白かったから良しとするか。
5があるとするとマクレーンは55歳くらいか?
前の人が書いたけど宇宙しかないのかな?

投稿者:ヨシアキ投稿日:2007-07-05 17:58:19
【ネタバレ注意】

もうこれはダイ・ハードシリーズでは有りませんね、不死身のジョン・マクレーンを使用したゲームですよ。なるほど、評判が良いのはシリーズを知らない若者ばかりの様ですね。話も、何処かで見たシーンのオンパレです、面白いと思ったシーンは、CMでやっているヘリ撃墜とF35のシーンだけでした。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-07-05 17:12:33
TVスポットを見るだけで全然違う作品に見えてしまう。ダイ・ハードの看板が有るのと無いのとでは予算も興行価値も倍近く違うという事か。WOWOWを待つ。

追記 08-8-17(日)
ダイ・ハードに求められてる期待値は満たしてると思った。もちろん突っ込み所は山ほどあって、最たる物はあの決着の付け方。
投稿者:ichiro投稿日:2007-07-05 13:09:52
前3作と比べて明らかに脚本がちゃち。娘を誘拐されて助けに行くという王道を選択したようだが、あまりに陳腐。まあ、人間誰しも失敗はあるしね。
投稿者:ペルゼウス投稿日:2007-07-03 20:11:49
【ネタバレ注意】

面白かったが、これは「新・ダイ・ハード」と言うべき映画で今までのシリーズとはまったく思想を異にする。
今回ジョン・マクレーンはあまりジョークを飛ばさない。「怒り」が前面に出ている。家族のためのテロリストと戦ってきたが、家族は崩壊。残されたのは娘とも和解できない孤独な生活。むろん家族を思う気持ちはあるが、マクレーンは米軍の兵士のようにまず国のために戦っている。理不尽な戦いでもやらねばならぬとイラクで戦う兵士の事が映画を観るアメリカ人やブルース・ウィリスの中にはあったに違いない。戦闘機が、兵士がところせましと現れ、戦場と化したアメリカがそこにある。

もはやテロと戦う男の目に溢れるものは何か使命を求める求道者のようであり、あの飄々とした味はどこにもない。女相手でも敵であれば情容赦なく殺すし、娘が敵の手に落ちた時でも以前なら「おい、娘だけは助けてくれ!」と泣き言まがいの事も言ったかも知れない男は、今回は「助けに行くから待っていろ」と冷静に言い放ち、次々に敵を「倒す」のではなく「殺しまくる」戦士。ラストの対決でも決めての台詞は軽快に弾む事はなく、重苦しいくらいだ。ついてくるオタクの若者にも「同じ地獄をくぐった仲間」と言い、まるで同じ兵隊仲間が励ましあうようなさまである。

これからも続編は作られるだろう。またブルース・ウイリスはマクレーンを演じるだろう。しかしそれは今までとまったく異なる物語になる。もうアメリカも、マクレーンも戦わなくては生きて行けないのだから。

投稿者:sususu投稿日:2007-07-03 13:04:09
【ネタバレ注意】

3作目は見逃しているので正当なシリーズ評価は出来ませんが、1作目に遥かに及ばず、佳作であった2作目にも完全に負けでしょう。脚本がまずダメダメです。サイバーテロがテーマですが、どこかで見たような演出が続きます。そうエネミーオブアメリカ。もうこの映画が公開されてから10年近くたつというのにいまだにこれを繰り返すのか・・といううんざり感があります。アパートでファレルがPCをいじくっているシーン。マトリクスを連想してしまう。ファレル役はキアヌリーブスにどことなく風体が似ているのが面白い。そういえば映画中盤にトレーラーを奪いマクレーンが追いかけるシーンは「スピード」そっくりじゃないですか!ちなみに犯人の親玉がFBI(NSAだったっけ・・どうでもいいや)の元職員て・・まさにスピードのホッパーじゃないか!戦闘機に攻撃されてもそれを撃破し墜落仕掛けの戦闘機に飛び移りなおかつ助かる・・・。マクレーンがスーパーマンになった瞬間でした・・(マトリクス2を連想)と思ったら、犯人のアジトが目の前って・・なんじゃこの設定・・。この映画で一番笑いが出た場所でした。1作目に迫るものをもう一度作りたかった・・というBウィルスのインタビューにちょっとだまされたかな?

投稿者:ビリジョ投稿日:2007-07-02 19:15:35
面白かったが、マクレーンが面白くなかった。
投稿者:紅竜投稿日:2007-07-01 17:59:48
シリーズ四作目にもなると作り手も観客は勝手知ってると思ったのか何気ない日常に潜むテロの予兆みたいな前置きのようなシーンはなくなって、いきなり事件が起こるのですね。銃撃に次ぐ銃撃そして時々状況説明..と派手な見せ場がのっけから続くので得した気分で鑑賞していましたが、その分サスペンスの要素は薄れてさすがに中盤でダレて来ました。
しかし後半の怒涛の展開で失点挽回。愛する家族のためなら、高層ビルだろうが旅客機だろうが破壊して全然OKというダイハードシリーズの根底に流れていたムチャクチャな家族愛の精神が復活。
この要素は三作目には最後まで観られなかったもの。
観客を飽きさせない今風の映画に作り変えても、一、二作目にあったテイストは多少残してはいます。
ドラマ部分にケレン味が足りないのがやや残念。テロリスト一味がマクレーンの素性を探る場面に過去の事件の事が全く触れられていないので、てっきり誘拐された彼の娘の口からマクレーンの輝かしい戦歴が語られ、それを聞いたテロリスト一味が大いにビビる...といったシーンが用意されているのかと期待していたのですが。
投稿者:まくらK投稿日:2007-07-01 10:34:27
【ネタバレ注意】

4作もやるとああなっていくんはあたりまえ。
如何にムチャなピンチを生身で切り抜けていくか、
それ(だけ)が基本のコンセプトなんやから。
続けるという事の無理は目をつぶって、出来た作品に
「無茶すぎる」とケチつけるのは違うと思う。
しょせんジェットコースターなんやから。
勘違いして全然楽しめない作品になりさがった
カリブの海賊なんかよりよっぽどいさぎよい
エエ映画やと思うけどなあ。
・・・・・
ターミネーター3に続く女性タコなぐり映画。
しかもアッチはロボットやけど
コッチは生身の女性。
すげえ。女子供にも情け無用だぜ!!
子供はちがうか。

投稿者:ローランド投稿日:2007-07-01 07:43:16
 消火栓を破壊して、その噴水の力でヘリコプターをやっつけ
たり、自動車を空中に跳ね上げてヘリコプターに衝突させたり、
その墜落したヘリコプターに搭乗していた人間がたいした怪我
もしていないでケロッとしていたり、 国防省の戦闘機が街中で
ミサイルを発射して破壊の限りを尽くしたり、そんなのありか?
と思えるシーンの連続なんだけど、ま、これも映画ならではの
表現手段、どういうふうに気持ちよい結末に持って行ってくれ
るのかなって観てました。

 だが、なんの工夫もない物理的破壊によるカタルシスに
寄りかかっていただけ。拳銃を突きつけられたピンチをどうや
って逃れるかとおもったら、いっぽん背負いだって・・・・・。
一作目の工夫が懐かしいですね。

 それでも眠くはならないし席を立とうという気にもならな
かったのは、ハッカーの人物描写が良かったせいなんで、
この真田広之似を主人公にした、「ダイハード」シリーズではな
い別の映画にすればよかったような気がします。

 コンピューターに興味のない人間にはつまらない映画なので
はないでしょうか?。
投稿者:tocky1213投稿日:2007-06-30 23:22:42
内容的には良くも悪くも、正統なハリウッドアクション映画。
ただ、今作はマクレーンの力不足というか老いが目に余ります。

いろんな人に頼りまくりなマクレーンやアクション後の疲弊
しきったマクレーンは正直見たくなかったですが、老いた
マクレーンでも、「仕事」をきっちりやり遂げる姿は立派です。

ただ、エンタメ映画として、この出来はどうでしょう。

マクレーンらしい急速な問題解決のための進化も一応描かれている
のですが、「頼るというより利用する」演出をしてくれたら、みんなも
絶賛の映画になった気がします。
投稿者:ロッキー投稿日:2007-06-30 22:31:45
このシリーズは1〜3とも面白かったので、今回も期待して観に行ったが、まあまあかな。たぶん、40代以上の人が観たら、より痛快だったと思う。マイケル・ジャクソンが黒かった時なんて知らない世代にとっては、もう一つピントが合わないかも。ただし、相変わらずの泥臭いスーパーヒーローぶりは健在。これでもかというぐらいピンチを見事に切り抜けていく。あまりにも上手く行きすぎて、なんでやねんと突っ込みたくなるところもあるけど、全体的にみて、単純に楽しめると思う。この映画は疲れたときにぜひお薦め!
投稿者:ブル510投稿日:2007-06-30 15:25:54
●良かった点…ホント、何も考えずに理屈抜きで楽しめる。ここまでやるか!のオンパレード。シリーズ中、一番スタイリッシュかも。
●気になった点…ハイテクがテーマだから、話の流れが掴みにくい。悪役が、少しステレオタイプ?

観て一言…ここまできたら、『ダイ・ハード5』の舞台は宇宙しかない!?
投稿者:alicia投稿日:2007-06-30 12:04:25
大絶賛のコメントが多いですが、私は全然ダメでした。当日料金1800円で見る人はおそろしく後悔するでしょうね。ほんとうに途中でうんざりしてきます。こんなに長く感じた「ダイ・ハード」は初めてです。いくらジョン・マクレーンが不死身といっても、破壊場面のアクションは念の入れすぎというのか、ひどく現実ばなれし過ぎで、かすり傷しか負わないマクレーンに次第に腹が立ってきます。最後の大型トラックと戦闘機のアクション場面に至っては、まるでマンガです。時間経過とともに「これって、別にジョン・マクレーンの話でなくてもいいじゃん」と思うようになります。レン・ワイズマンはこのシリーズの狂信者みたいですが、
投稿者:たのきゅう投稿日:2007-06-29 13:58:09
単純な展開でそこそこ楽しめた。そこで推測!「4.0」のゼロとはスタートの意味。マットとル−シーが結婚して子供が生まれ誘拐される→爺ちゃんになったマックレ−ン刑事が登場→犯人が潜伏しているのは遊園地→場所柄銃は使えない為にマットからデジタル知識を駆使した応援を仰ぐ→傷を負い犯人と格闘しながらも追い詰める→孫の居場所を聞き出せないまま犯人は自爆→ICタグが付いていた箱に閉じ込められたのが幸いし救出→助け出された孫が一言「じいちゃん、がんばったね」→マックレ−ン刑事が最後に「俺は世界一ツイてないけど世界一の幸せ者だ」→エンド・ロール・・ってのはどうでしょう(笑)。
投稿者:モービルムービー投稿日:2007-06-26 00:54:16
【ネタバレ注意】

 先行ロードショーで見てきた。ドはでなアクションはビッグスクリーンで見るに限る。「ありえないだろう」ってアクションは映画ならでは。ジェット戦闘機のシーンなんかすごいよ。
 ただね、見終わってから考えるに、今作の演出にいまいち「?」を感じちゃう。
「1」はビル内の人質の1人として自分がやるしかないし、他の警官は手出しできなかった。「2」は飛行機に乗っている奥さんのため逃げ出せないし、敵の仲間だったとしても鎮圧するための兵士が出てきてた。「3」では犯人に指名されているし、NY市警の仲間たちがバックアップしてくれていた。
 ところが「4」ではたまたまの話で、あえてマクレーンでなきゃだめって気さえしない。ましてや、他の警官やFBIって何してるの?主人公1人の活躍はいいけれど、状況からするともう少し他の仲間たちの活動を見せたほうが、よりマクレーンの活躍がすっごいって感じれたんじゃないかな。
 でも、面白いことは間違いない。あと2回は見に行きそう。

投稿者:Happy-Lucky投稿日:2007-06-25 04:00:48
1作目よりは落ちるけど、後の下らない2とか3より断然上でしょう。
物語の単純さが、最近のアホみたいに入り組んで凝りまくった映画なんかに比べて、すこぶるよく出来上がっています。
基本はこの単純さで、それでよくみせれることが重要なんですね。
2とか3は1を意識し過ぎて、ドツボにハマっていたのに、今回のはまったくその辺を考えずに作られているところがGood。4って考えずにも観れましたもん。
娘役にウィンステッドを持ってきたところなんて、笑えます。絶対死なないオヤジに死ぬ運命の決まった娘なんやもん。
久しぶりに映画館でウキウキ気分になれました。
映画の尺もそれなりだったしね。
投稿者:ブロンディ投稿日:2007-06-24 21:13:31
 ただのアクション映画として観るならそこそこなんだろうが、作ったやつは「ダイ・ハード」の4作目だって事がわかっているのかねぇ?1に歓喜して十数年、その後シリーズを重ねるごとに満足度は落ちる一方だが、まあ良くやった方だと我慢した。しかしこの4作目は許せない。

3から12年・・・サイバーテロを扱った海外ドラマやアニメ等、今やその手の交戦を映像で見慣れたこの時代に、ただキーボードをぺちぺち打つだけで、深い読みも緊張感もなく後半までダラダラと・・・テンション上がらないよ。派手なアクションシーンは少々あるものの、いつものようなクスッと笑える絶体絶命からの危機脱出シーンも無いし。敵連中とその親玉は薄っぺらで魅力が乏しく、味方FBIの中途半端な扱いもこれまたお粗末。個々の人物及び出来事の関係など、いわゆる「あいだ」の部分がちっとも面白くない。事件の規模に対しを軸を定めずバランスを崩すなら、緻密な計算を含んだタイトなストーリーにしてくれ。制作陣の仕事内容はよく知らんが脚本っつうのが悪いのか?

シリーズ最悪の出来だ・・・頼む!無かった事にしてくれ。
投稿者:た・ぴ・お・か投稿日:2007-06-24 02:50:25
 おそらくは1作目をリアル・タイムでは観ていないだろうと思われる若年層から、上は70近くの老夫婦まで、実に幅広い年齢層の観客が先行上映に訪れていた中、12年ぶりにオヤジパワーが縦横無尽に炸裂する痛快な娯楽大作だった。

 『ロッキー』と同様、この作品も1作でやめておいた方が良かったと思っていたが、今回は前2作を上回るド派手なアクションの見せ場が満載で、個人的には前2作を遥かに上回る出来だと思う。1作目のあの緊迫感と緻密な構成には及ばないものの、ちょっと違う方向を向いていこういう『ダイ・ハード』も悪くない。

 やはりブルース・ウィリスは下手に性格俳優を志向するよりも、マクレーンのような単純明快なキャラクターが似合っている。そして、50歳を越してなおあれだけの体当たりの演技が出来るとは、役作りへの徹底ぶりには頭が下がる思いだ。http://www.tapioka1002.com
投稿者:sabu投稿日:2007-06-22 00:25:08
ブルース・ウィリスが出ているド派手なアクション映画は全部ダイ・ハードでいいんじゃないか?と思わせるような作品だった。いや、これは決して悪い意味ではない。

そもそも、ダイ・ハードシリーズの最大の見せ場はド派手なアクションに他ならないことは確かである。しかし、それに隠れるように存在していた、抜群のキャラ設定の面白さと、上手いドラマ展開と哀愁というのものも、このシリーズに必要不可欠な要素であり、現に前3作ではそれがあますことなく描かれていたと思う。

しかし、この4.0ではアクションシーンのド派手さだけが妙に際立ってしまい、肝心のストーリーは粗が目立つという結果になってしまったことは否めない。ただ、そこに映し出されたのは紛れもなくジョン・マクレーンだった。あの飄々とした語り口、どんな恐怖にも臆すことのない立ち振る舞い、常に愚痴を漏らす粋な親父・・・。そんな彼を再びスクリーンに蘇らせてくれただけで、僕は星4つをあげたい。

今回はサイバーテロと闘うのだが、やはり序盤からのアクションシーンの応酬は凄いものがある。登場人物のキャラ設定をアクションシーンのみで語らせるという手法はとても分かり易く古典的だが、いちいちキャラ説明を入れてると観客がダレてくるだろう、と思しき理由で無駄を一切排除。結果、とてもスマートになったと思う。親子愛も描かれていることは確かだが、本当に凄まじく浅い。とてもマクレーンらしい。ラストの敵の倒し方も派手さはないが、なんだか斬新だった。結局最終的には「正義は勝つ!」「愛の力は素晴らしい!」ってことで一件落着。ここまでされるとむしろ気持ちがいい。

近年公開した『ティアーズ・オブ・ザ・サン』という映画が実はダイ・ハードの続編として当初は企画されていた。最終的にはダイ・ハードには似ても似つかないようなシリアスな戦争映画に仕上がったが、僕はこれが『ダイ・ハード4』なんですよ、と言われたら納得してしまうかもしれない。それくらい、ウィリス+アクション=ダイ・ハードという方程式が僕の中ではしっくり来てしまう。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:マーサ19投稿日:2007-06-19 22:47:29
【ネタバレ注意】

12年ぶりだったのですね。
特に1は面白かったですね〜。
「4.0」最高に面白い!
試写会で見て来ました。思わず皆に言いたくなりました。
もう始まってからスグ、身体からアドレナリンが出始めました。
久々アクション見ましたが、最初から最後まで行き着く暇もなく、
ずっとワクワク!
是非大きな画面で見てください!
ブルースウイルスも相変わらずタフですし年齢を感じない!
悪役の役者もいいんだな〜。
CCRもぐっど♪

投稿者:mimido投稿日:2007-02-23 21:46:24
今作撮影の為に昨年末のロス市内は大渋滞になりヒンシュクだったらしい…それだけに、是非とも期待を裏切らないでほしい!
投稿者:moviemania1999投稿日:2007-02-21 03:13:10
●予告編見る限り、今回も『3』と同様に野外での活躍ぽいけど・・・取りあえず期待してます。『4.0』の意味はなんなんしょ?音楽がマイケル・ケイメンでないから違和感がありそう。http://blog.livedoor.jp/moviemania1999/
【ニュース】
ジャスティン・ロング&エミー・ロッサム共演インディ・ドラマ「Comet」、予告編2014/10/28
ジャスティン・ロング主演コメディ「Best Man Down」、予告編2013/09/05
全米興行成績、ブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード/ラスト・デイ」が初登場首位2013/02/18
全米興行成績、青春ゾンビ・ロマコメ「ウォーム・ボディーズ」が快心の首位デビュー2013/02/04
全米興行成績、「ダークナイト ライジング」がV3達成2012/08/06
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
第9回ゴールデン・トマト・アウォーズ発表2008/01/22
2007年allcinema ONLINEユーザー投票集計結果発表2007/12/28
全米興行成績、ディズニー製作ファンタジーが初登場1位2007/11/26
DVDリリース情報:「ダイ・ハード4.0」etc.2007/09/07
「ニューヨーク1997」リメイク、監督候補にレン・ワイズマンか?2007/08/03
全米興行成績、「トランスフォーマー」が好スタート2007/07/09
全米興行成績、「レミーのおいしいレストラン」が初登場1位2007/07/02
全米興行成績、スティーヴ・カレル主演コメディが首位2007/06/25
「カジノ・ロワイヤル」のM・キャンベル、暴走列車のアクションを監督へ2007/06/08
「ダイ・ハード4.0」、フルトレーラー2007/04/04
ブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード4」、予告編2006/12/18
「ダイ・ハード4」、「アンダーワールド」監督を起用か2006/05/31
「ダイ・ハード4」、監督候補にリュック・ベッソン?2005/11/22
ジョン・マクティアナン、「ダイ・ハード4」?2002/12/06
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ダイ・ハード MEGA-BOX <ナカトミプラザ・フィギュア付 500セット数量限定生産>2015/12/18\25,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード ブルーレイコレクション2015/10/07\6,657amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード ブルーレイBOX <初回限定生産>2013/11/22\6,657amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード レガシー・ブルーレイ・コレクション <初回生産限定>2013/07/03\10,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX <初回生産限定/ダイ・ハード/ラスト・デイ スペシャル・ディスク付>2013/01/23\6,657amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード4.0 特別編2013/01/23\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード4.02012/10/12\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード4.0 2枚組 ブルーレイ&DVD&デジタルコピー <初回生産限定>2012/04/21\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX <初回生産限定>2011/11/23\7,124amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード4.02010/08/04\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイ ディスク BOX <初回限定生産>2007/11/07\17,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ダイ・ハード4.02007/11/07\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード DVDコレクション2015/10/07\4,993amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード クアドリロジー DVD-BOX <初回限定生産/ダイ・ハード/ラスト・デイ スペシャル・ディスク付>2013/01/23\4,752amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード4.0 <期間限定生産スペシャルパッケージ>2013/01/23\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード4.02012/10/12\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ブルーレイお試しパック 『ダイ・ハード4.0』 <初回限定生産>2010/12/03\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード4.02010/06/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード4.0 <2枚組/期間限定出荷>2009/11/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード クアドリロジー DVD-BOX <初回限定生産>2008/12/17\7,200amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード4.02008/10/16\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ダイ・ハード4.0 特別編 <初回限定生産>2007/11/07\3,800amazon.co.jpへ
 【UMD】ダイ・ハード4.02008/11/07\933amazon.co.jpへ
 【UMD】ダイ・ハード4.02007/11/07\2,848amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ダイ・ハード4.0レンタル有り
 【DVD】ダイ・ハード4.0レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION