allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

監督・ばんざい!(2007)

メディア映画
上映時間104分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル=オフィス北野)
初公開年月2007/06/01
ジャンルコメディ
映画を愛する全人類に捧ぐ

ウルトラ・バラエティ・ムービー
監督・ばんざい! [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,926
USED価格:¥ 2,580
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 北野武監督が脚本・編集・主演も兼ねて映画への想いを凝縮した異色コメディ。ひとりの映画監督がお得意のギャング映画を封印、様々なジャンルの作品に挑むもののことごとく頓挫を繰り返していくさまを、巨匠へのオマージュや自虐的ギャグなどを織り交ぜ奇想天外に描く。共演に江守徹、岸本加世子、鈴木杏。
 ギャング映画を得意とする映画監督キタノ・タケシ。彼はある時、“ギャング映画は二度と撮らない”と宣言してしまい、これまで撮らなかったタイプの映画に挑戦することに。そして、小津安二郎風人情劇、昭和30年代もの、ホラー、ラブ・ストーリー、時代劇、SFなど、片っ端から色々なジャンルに挑むが、いずれも中断に追い込まれる始末。そこで監督は、困り果てた末、ふとした閃きで一本の映画に取り掛かる。それは、金のためなら何でもやるサギ師の母とその娘が、政財界の大物・東大泉の御子息らしき男に財産目当てで接近するというもの。しかし、その時、地球には危機が迫っていた…。
<allcinema>
【関連作品】
素晴らしき休日(2007)同時上映
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
532 6.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:UFO投稿日:2013-11-06 22:11:52
なんだかなぁ。
投稿者:jb投稿日:2012-07-24 20:55:49
しっくりこず。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-07-07 18:26:38
映画館で見たとしたら、なんとも空しい気持ちになるかもしれませんが、レンタルDVDであれば、まあ、こんな作品がたまにはあってもいいんじゃないかなって感じです。
投稿者:こじか投稿日:2010-05-20 23:28:19
武映画ファンとして一番作って欲しくなかった種の映画。
リセットされるまでこの一連が続くことは覚悟してますが、
傑作や奇をてらったことを考えずに
もっと肩の力を抜いていいんじゃない。
投稿者:きらきら投稿日:2010-02-03 10:29:49
質感は「ソナチネ」を撮ったあとの「みんな〜やってるか」に似てますかね。
「TAKESHI’S」が快作だっただけになにを撮っていいかわからなかったというのは本心でしょうね。

とりあえず頭に思いつくことをあまり精査せずに作って並べる。
笑えないのは本人も承知済み。
つまらないのも同様。

それでも撮ることをやめないでいるのは、傑作狙いで制作ペースが落ちていきどんどんと腕が落ちていった他の映画作家を見ているからか??(笑)
つまり本作はリハビリ映画かな?(笑)

なにはともあれ北野武がこうして映画を撮ることができているということ自体がかろうじて日本映画が健全さを保っていることのひとつの表れでもある。
もうなにを撮っても既視感ばかり感じるのだろうが、それでも撮り続けてほしいな〜。
※点数は保留です。
投稿者:uptail投稿日:2009-07-28 13:31:45
鈴木杏
投稿者:ポオ投稿日:2009-06-28 11:52:30
前半やるなと思わせてのあの落としっぷり、結構おもしろかったけどなぁ。後半のくだらなさこそ「ビートたけし」の真髄ですよ。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2008-11-08 02:21:17
まったく笑えないギャグ映画、モンティ・パイソン・スタイル、つまり人物の切り抜き写真が、平面的に飛び交うようなチープな絵をCG経由で多用している。
壇上でマイクにおでこをぶつけたり、階段でこけそうになったりと、ベタベタで古いギャグが多く、存在自体が寒い江守徹&井手らっきょの2人が大活躍(つーか悪ふざけ)、そこへビートたけし(orビートたけし人形)がジメジメと陰気に絡む。

DVD付録のインタビューで、北野武いわく、これは観客に「諦めさせる」映画だ、「『しょうがないな』、『このヒト、ダメだ』って思わせる」映画だと述べているが、その狙い通りである。だが、そんな狙いが成功しても“失敗作”の印象を強めるだけなのが、困った点だ。
いわば、ずる賢い悪ガキが、テストでわざとヒドい点数を取ろうとしているようなものだから、注文通り「0点」をつけてやれば、大喜びすることだろう。
しかし、2回目以降じっくり見直すと、だんだん面白くなってくる。というのは、手間ひまをかけているせいだと思う。やはり職人的なのである。

大々的にフィーチャーされた鈴木杏の「ダサ可愛さ」を特記しておきたい(ただし、「女優が目立つ映画は総じてダメ映画」という法則もあるが)。
甘めの7点。一番辛く評価して5点(まあ4点ということは、ありえない。さらなるクズ映画のために余地を残す必要もあるし)。
投稿者:bond投稿日:2008-09-20 17:42:48
前半は映画のパロディとして観れたが後半はぐちゃぐちゃ。時間のムダ。
投稿者:NYY投稿日:2008-05-20 07:11:14
うわー、これは失敗してるw。
笑えるところもあるんだけど、全体的にパンチ力が足りない。
特に、後半は見てて辛かった。
前半は微妙に面白かったから、そのままギャグで突っ走れば良か
ったのに・・・ 
惜しいと言えば、惜しいんだけど・・・
 
あれもダメ、これもダメって、無い物ねだりしてる子供みたいに
色んなものを否定しちゃって、結局何も残らなかったような・・・
何をやってても既視感を感じて、いまいちノレないのが現代で、
分かる部分もあるんだけど・・・
そーゆー感覚って、今時の観客の視点に近いと思うけど、作り手
がやっちゃうのは疑問。
ベタなものが成立しないのが現代ならば、ネタ化すべきだけど、
そのネタの踏み込みが足りない感じがする。
自分を壊すのは別に良いけど、作品を壊しちゃダメだと思うよ。
娯楽にも芸術にもなってない。
 
確かに『セカチュー』も『三丁目の夕日』も下らないけど、そー
ゆー下らない物を否定するなら、本当に面白いのは、こーゆーも
んだぜーってのを見せるべき。
他の物を否定してるくせに自分が滑ってるのは、もっと下らない
と思う。
 
ま、ツタヤ半額で借りたから、200円分くらいの価値はあるか
な〜w。 
結論的に言えることは、やっぱりギャング映画撮ったら?ってこ
と。
北野映画ファンとしては、最近2作の失敗は見てて辛い。
それ以前の『みんな〜やってるか!』以外の10作は全てそれぞ
れに傑作なのに、何でこんな風になっちゃったの?って感じ。
 
伊武雅刀のナレーションは、なんか良かったw。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-03-24 03:03:49
北野武は宮崎駿と同様、全盛期を過ぎてから作風が「難解」に傾斜し始め、その評価の低さに懲りずにその混迷をますます深めて行っている(訳が解らなくてもメガヒットが続いてる宮崎の方がマシかも)。本作も部分的にはしょうもないギャグで笑える所もあるが、半星でさえあげる気にはならない(あげてはいけない)代物だった。作ってる間、楽しんでいながら鬱も入ってたであろう監督に聞きたい。「大丈夫?」と。
投稿者:投稿日:2008-01-24 21:22:43
だれかが水木しげるのユーモアについて、「あれは確信犯だ」と言っていた。
例として出された漫画のひとコマには、ラオ屋が笛を「ぺー」と吹くところがあった。
たしかに笑える。単純に。どうという説明は出来ない。ただ「ぺー」なのだ。
そんなどこかしらひょうきんなおかしさは、以外にロシアの「キンザ・ザ」にも
見られた。原始的ともいえる、人間の血の奥深くに、こういうひょうきんさは
ずっと流れているのかもしれない。
そういう同じものを、「監督・ばんざい!」は持っている。
いや、持っているどころか、最初から最後まで凝縮してあるからすごいのだ。

付け足しで。「TAKESHI\'S」では、マージャン屋のオヤジ役の人が光っていた。
プロの役者ではなく、さる大企業の会長さんらしい。
今度の映画では、東大泉のバカ息子役の人が気になってしょうがない。
すごい徹底したボケ役だ。・・・あの人、誰ですか??http://d.hatena.ne.jp/GoN/
投稿者:袋小路投稿日:2008-01-14 00:13:29
 壊れた映画を作ろうという確信犯なので何を言ってもしかたありませんが、なぜそんなことをするのかということが問題です。
 好意的に考えれば自分が好き勝手に作り出した映像への解釈が一人歩きしてきて、巨匠という評価に変わり映画の意味が重たくなってきているため、あえて批評をするのも馬鹿馬鹿しい愚作を作ろうとしていると見えますが、そんな状況は観客にとってはどうでもいいことで、北野武を壊そうとしていることに私は興味はわきません。解体の過程をうまく映像化すればフェリーニのような魅力ある解体ショーになりますが、場末のコントでは金と時間の無駄です。テレビでお笑いが思うようにできなくなっているので映画でうっぷん晴らしをしているのでしょうか。露悪的な映画など金をかけて無理に作る必要はないのです。
 駄作3部作(らしい)は過去の実績に押しつぶされそうになり、正面から映画を撮れなくなった監督がそれをごまかそうとしてアリバイ作りをしているのです。俺はこれから新しいことをするための準備をしているとでもいいたげに。きっと作らないという選択が怖くて出来ないのでしょう。
 それでも北野武の再生は期待しているのですが。
投稿者:コハダ投稿日:2007-11-12 23:46:44
わたしは好きですよ。
「自意識過剰から逃れられない、だから徹底しちゃえ」それがこの人のスタイルでしょ。そんな映画作った人いません、だから良し。
前作より「お笑い」と「イメージ再帰」にこだわって作ってるので見やすかったです。セカチューから百万光年離れた反時代・下品・自嘲・諧謔‥大いにけっこう。
投稿者:悲しみジョニィ投稿日:2007-10-03 12:33:24
一番得意としている「ギャング映画」をもう撮らない、
と宣言したタケシ監督の次回作の苦悩を映像化。

撮る事が出来るのと
撮る意志があるのは別の話だ。
あれこれ、と様々な題材で「作ってみた」映画の導入部は
どれも秀逸。
だが作る気がなければ完成するはずがない。
昭和30年代をどうしても伝えたければ
悲惨だろうが撮っているだろうし
内田有紀のかわいさに心底惚れ込めば
一本取れる撮れると思う。

どれも気が乗らず進み出した物語は、、
タケシ監督が一番最初に作り出していた映像…
コント仕立てのナンセンスストーリー。
何をすれば分からなくなって、初心に戻って
最後は解散総選挙「ばんざ〜〜い!」http://johnyk.jugem.jp/
投稿者:メンタイ投稿日:2007-07-13 07:05:38
メチャクチャです。おもいっきり。
構成もクソもないです。無駄に狂った作品です。
けど、北野武であり、ビートたけしな作品です。
モロたけしのギャグっぽいとこは大笑いしたし、
崩しすぎたギャグは思いっきり引いちゃったのもあります。
映画というより、映画の破壊を観に来た感じでした。
これに対しては高得点をつけては失礼。
讃えはしませんが、ここまで壊した後の次回作が楽しみになりました。http://mentaiman.com/
投稿者:かっこう投稿日:2007-06-27 23:59:38
【ネタバレ注意】

スランプの監督が色んなジャンルに挑戦するっていう設定はすごく面白いと思うんだけど、ナレーションで説明されるボツになった理由に納得がいかない。なんだか無理矢理感がある。「コールタールの力道山」なんて、十分一本の映画になりそうなのに・・・。後半、コントかっ!っていう流れも、それはそれで面白かったんだけど、色んなジャンルに挑戦する前半と単なるコメディとして進む後半との印象がチグハグではある。館内からはかなり笑い声が聞こえた。ラーメン屋のシーンが一番うけたか。寒いギャグも多いには多いが。

投稿者:quadraphonic投稿日:2007-06-21 23:20:35
キチガイが映画をつくるとこうなる、という見本。
いや、キチガイを装ってるだけの小心野郎が監督しただけか。

途中までは「こんな映画を途中までつくったが失敗」みたいなハナシでよかったんだけど、途中から意味不明なギャグとか意味不明の映像とかオンパレード。ストーリー無し。
しかもそのギャグが、いつもテレビでみるたけしの例のアレ。笑えない。

タチが悪いのが、世界のキタノは笑わそうと思ってギャグ映画にしていない、ということだ。
「ホラホラ、こ〜んなに破天荒な内容だよ」「今までのオイラをブチこわしたんだよ」「だれかオイラを褒めて」というたけし特有の、二言目には「オイラオイラ」ってのがミエミエ。
内容に関しては批判的なものも出てくるだろうが当然、深読みした映画通みたいな勘違いしたヒトが評価してくれるのをわかっていて、その上でこの内容にしているのだ。
はっきりいって、観客を満足させようとしてつくってない映画なんてカス以下だ。
世界のキタノは、1800円払って自分の映画をみてくれる人のことを本気で考えたことがあるのだろうか。

一回、徹底的に「アンタの姿勢は間違ってる」と面と向かって言ってやる気骨のある映画評論家とかいないのかなあ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-06-06 11:54:36
決して熱烈な北野武作品ファンとはいえない私だが、彼が独自の表現力をもっていることは認めざるを得ない。
この作品に関して北野武監督は、これまでの自分の作品でつけられたイメージをいちど徹底的に壊してみたかった、と発言していたが、まさにその意気で作られている。だが同時にそこに痛烈に感じるのは、彼につきまとう自己破壊衝動だ。

二律背反的だが、過去の自分を壊したいという衝動は、過剰な自意識の裏返しであり、過去の自作へのそこはかとない愛情の裏返しでもある。
同時上映の『素晴らしき休日』では『Kids Return』(96年)が登場し、この作品では『座頭市』(03年)、『菊次郎の夏』(99年)のタイトルが台詞に登場する(他にもあると思うが何せ熱烈ファンではないので…苦笑)。
このように、その時々の作品に対する思い入れは相当あるのだが、彼は敢えて偽悪的に自作を茶化してみせる。それは「巨匠」と称されるようになった彼独特の「照れ」のようなものだろう。

監督の孤独が表現されているとのLongislandさんの指摘は的確だと感じた。タケシ人形には空虚な心情に加えて、メディアなどで「巨匠」などと呼ばれる自らの虚像を象徴させているように思える。

作品は後半、またまた破壊衝動がなせる業(わざ)か、前半のスピーディなテンポを敢えて壊していて、その分失速感があるのは否めない。だが、「壊れている」と評してもらいたい本人の意向とは逆に、この作品は北野武が、決して壊れてなんかいないことを示した感がある。

撮りかけては中止を繰り返すいくつもの作品もどきは、どれもいちどは企画された作品だという(ホントかな?)が、そろそろ時間が限られていることを意識した監督が、この際「この程度の映画ならオイラはいつだって撮れるんだぜ」という矜持を示したように思えた。いってみれば見本市のようなものか。
逆にいえば、この作品は北野武による「もっと面白い映画撮れよ!」という映画界に対するエールにほかならないのだ。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2007-06-04 14:17:20
公開2日目に見に行きましたが客席には7,8人しか居ませんでした。みんな見る前にどうしてわかるのかな?いやな予感は的中、とんでもない駄作でした。これがカンヌに選ばれた監督の作品か?たけしは天才でもなんでもない。ただの芸人だと思う。言い換えるなら有能なプロデューサーなんだろう。シーンによって画面のクォリティに差がありすぎる。CG等外注分はひきつけるものがあるが本人が撮ったと思われる部分は非常に味も素っ気も無い画になっている。元々日本人は海外の映画祭を過大評価しすぎで、ベネチアで受賞して以来たけしは海外向けに映画をつくっている。彼の作品で評価できるのはキッズリターン位だと思う。暴力映画は一番お手軽な手法だし誰でも撮れる。というかそれ専門のスタッフが各監督に供給しているようなもんだし。つまり、たけしではなく、たけしのスタッフが撮ったといってもいい。収獲は江守徹と鈴木杏がコメディが出来るということがわかった事位か。江守のシーンだけは笑ってしまった。
投稿者:ぺん投稿日:2007-06-03 19:39:36
【ネタバレ注意】

ある年の元旦スタートのラジオ番組を10年間聴き通し、著作の殆どを読み
尽くし、監督作&出演作を全部観倒した大北野ファンの僕としては、内容は
どうであれ、10点(汗)。
エピソードの羅列だけで映画にしたいのかしらね。そう言った意味では、
「菊次郎…」のようにロードムービーにすれば良い訳だけど、一度やった
ものはやりたくないのかな。前作の「Takeshis」は、北野ファンだけに
向けて作られた感あるけど、本作は、若干他の観客にも向けてるところが
あるね。でも、同日に松本の「大日本人」も観たけど、客の入りは本作が
大敗(1/5位かな)だった。
4つのエピソードのうち、設定的に一番キツイものをメインに据えたのが
北野っぽいね。今まで使った事も無いCG多用してるところが、嫌味っぽい
というか、CGをバカにしながらも、最近の手法を物色してると言うか。
もう一本位、実験的な映画を挟むかも知れんけど、前作比べると随分と
まとまってきてるので、次回や次々回が楽しみ。

投稿者:Longisland投稿日:2007-06-02 00:26:05
ギャング映画を封印した監督が様々なジャンルの映画を撮ってゆくのだが次々と挫折、何故ここ企画が駄目なのか伊武雅刀のナレーションが絶妙で爆笑! 小津・ホラー・恋愛・昭和回帰物等々一見お手軽そうに見える各々のクオリティーは滅茶苦茶高い。特に小津風『定年』昭和回帰『コールタールの力道山』の2本はスピンオフ作品として完成してほしいぞ〜。ところが中盤からは変な母娘を中心に江守徹・井手らっきうが怪演、いつものギャグ物へ…北野作品お約束とはいえ、多くの観客がこの中ダレ、丁寧に積上げた積み木をぶっ壊す流れに失望するんだろうな〜。でも今回は比較的失速感薄いのがせめてもの救い?

一北野作品ファンとして愚考するに、芸人として映画監督として絶対的な地位を確立し、12本中1本しか興行的に成功しなくても次回作は撮れ、例えバッシングされようとも表情一つ変えずに受け流せる…しかしその心は空虚で誰にも理解されない。そんな天才しか知りえない心情を劇中度々登場するタケシ人形に投影したのではないか。 そう考えれば冒頭で空っぽな中身を執拗に最新医療器具で描くシーンやアクションシーンの意味がわかるような気がする。

一部では現代の邦画に対する皮肉との評もあるが、私はフェリーニの『81/2』に通じる天才クリエーターの心情を吐露した孤独な極めて個人的で内省的な映画だと感じた。イタリアの巨匠は『81/2』ラストで歌って踊り「映画は祭だ、共に生きよう」と叫んだ、しかし北野監督の三池崇史風(笑)ラストは、他人との共存を望めない高尚クリエーターの苦悩と孤独の爆発に思えた。
投稿者:tanukun投稿日:2007-05-27 00:19:19
【ネタバレ注意】

北野武は天才である。芸人としても、俳優としても、監督にしても。いつもそう思ってきた。持論では「芸術は血」だと思っているが、そのことを裏打ちさせる人物の一人である。

今回は完成披露試写会で観る機会を得た。この手の催しはマスコミによる撮影など、嫌が上にも場内を盛り上がらせる。その日もそうだった。舞台挨拶では、監督のほか、江守、吉行、松坂、岸本、内田といった面子も揃い、特別披露された、日本初公開となる3分間作品の上映に続いて本編は始まった。

舞台挨拶の余韻も手伝ってか、場内は笑いの海であった。三谷映画のような笑いと、伊丹映画のようなテンポ、そんな感想だ。しかし盛り上がりは終盤一気に失速した。井出が(悪いのではないが)登場してからはストーリー性は無し、構成も滅茶苦茶。「何かやってくれるだろう」という淡い願いは最後まで叶えられることなく終映を迎えてしまった。途中までの勢いという名の「振りかざした刀」をどこに振り下ろせというのだ。その思いが「つまらん」という感情に拍車をかけた格好となった。

むしろ、否、せめて、得意のギャング映画がやっぱりよかったノダ、とか、“ドールス”のようなゲージュツ的な結末の方が良かったノニ・・・。と思うのは私だけだろうか。

ただ、北野監督は“その男、凶暴につき”以降、これまで12作(短編除く)を手がけてきたが、賛否が真っ二つに分かれる作品が少なくない。その意味でもさまざまな人々が下す感想が楽しみではある。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】監督・ばんざい!2017/09/27\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日2007/11/11\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION