allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フリーダム・ライターズ(2007)

FREEDOM WRITERS

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2007/07/21
ジャンルドラマ
昨日までの涙が、インクになる。

それは、一人の新米教師と、一冊のノートが起こした奇跡の実話。
フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 991
USED価格:¥ 458
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 同名の全米ベストセラーを基に、荒廃する高校で、問題を抱え未来の見えなかった生徒たちと一人の女性教師が起こした奇跡の実話を映画化した感動ドラマ。主演は「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク。監督は「マディソン郡の橋」「フィッシャー・キング」などの脚本を手掛けたリチャード・ラグラヴェネーズ。
 1994年、ロサンジェルス郊外のウィルソン公立高校。ここに理想と情熱を持って赴任してきた若い国語教師エリン・グルーウェル。しかし、2年前のロス暴動以来、激しさを増した人種間の対立は、彼女が受け持つ教室にも影を落とし、生徒たちはラティーノ、アフリカン・アメリカン、アジア系など、人種ごとに徒党を組み一触即発の状態。銃やドラッグがはびこり、その日を生きるのに精一杯で誰も将来のことなど考えようともしなかった。そんな生徒たちを相手に授業の進め方に苦心するエリン。ある日彼女は、生徒全員に日記帳を配り、何でもいいから毎日書くようにと提案する。やがて、徐々に本音を綴るようになった生徒たちは、次第にエリンに心を開き、そして自らの内面とも向き合い始めるのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
759 8.43
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:タミー投稿日:2017-08-02 23:17:55
なんて気持ちいい映画なんだろうか。
先生が生徒たちにナチスの話をし始めた辺りから、カタルシスが延々続く。
なんだかコレ、いくらなんでも出来すぎなんじゃないのと思うと、実際のクラスの写真がしっかり用意されていて安心した。

生徒たちの成長&和解の物語が気持ちよすぎて、その他の話(他の先生たちとの対立、主人公と夫とのゴタゴタ)がどうでもよくなってしまうのが唯一の難点。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-09-19 16:46:27
荒廃したハイスクール。担任教師と人種の違う生徒たちとの絆。明快で説得力がある。暴力の発端が恐怖心から来ていることを一つ一つ分かり易く説いていく。オスカー2度に輝いた教師役のヒラリー・スワンク。流石に役柄のチョイスがうまい。私生活をを犠牲にし、教材を買い与えたこの教師に対しては異論反論多々あるだろう。しかし、真っ向から教育現場に向き合ったその熱意には頭が下がる。残念なのは、実際は生徒たちの心の葛藤が複雑に絡み合ったはずだが、映画はそのあたりあっさりし過ぎてて、描き足りてないと感じた。ある意味、人種間にある垣根というのは、ホントはそれほど高いものじゃないのかもしれない。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-08 08:27:54
子供の悲惨さは、大人の醜悪さの表れ。「フリーダム・ライターズ」は師弟愛を美談にすることなく現実的に描いている。
http://mototencho.web.fc2.com/2007/freewri.html
投稿者:あくび★投稿日:2009-04-21 13:06:28
一瞬「デンジャラス・マインド」のリメイクかと思ったけど、やっぱ違うみたいですね。
ヒラリーのダンナさん役を演じたパトリックが好きなので
観てみようと思ったんですが、
深いストーリーで考える事が多かった。
毎日生きるか死ぬかの危険と不安にさらされながら生きてる生徒の悲しみや
不安がとても伝わり、平和ボケ日本に生まれただけでも1つの幸せなのだと・・。
生徒のみんなもすばらしい演技で良かった。

・・・パトリックの出番は少なめだったけど・・・。(゚うェ´゚)゚。
投稿者:aaf投稿日:2009-01-09 02:27:28
面白かった。こういう映画って学校の教材にして欲しいよね。
人種による抗争がどういうものか具体的に教えてくれる。
ミスGが生徒にゲームをさせるところが圧巻だった。
自分の家族や仲間が殺されて、他の人種を恨んでいる生徒達。
だけど敵と思っていた人も全く同じ苦しみを体験していた。
自分たちだけじゃなかったんだ。と

そこに気づかせる先生が凄いね。

日本は単一民族だからそういう経験がないけど
子供が少なくなって他の民族からの移民を受けざるを
得なくなる時がきっとくる。
その時このミスGや生徒達と同じ思いを将来の日本の子供達
も抱えることになるのかも。

すでに韓国人は嘘つきだ。反日教育をしている。
在日韓国人は韓国に帰れ。
って不満がネットにくすぶっている。今はまだ小さいけど
その内大火になった時、私たちはミスGのような
バランス感覚を持つことが出来るのだろうか?

黒人の優等生が言っていた
「先生は私を黒人の代表とでも思っているのだろうか?」
この台詞が印象的だった。

人種で判断して勝手に思想を決めつけそして見下す。
これを大人が子供にしてしまったらどーなるだろうか?
結局向かうべきはホロコーストへの道になるのかもしれない。

で、日本ではホロコーストの教育ってされているのだろうか?
私が小さかった数十年前にはなかったが・・・
知ったのは手塚治虫先生の漫画だったし、
アンネの日記も読んだことがない。今更って気もするからだ。

是非ともこの映画を見て考えて欲しいものだ。
投稿者:bond投稿日:2008-11-21 11:28:29
ありがちなハイスクールハートウォーミングだが、実話であり、うまくホロコースト絡めて感動できる。ああいう先生が増えるといいね。
投稿者:irony投稿日:2008-08-23 20:40:00
【ネタバレ注意】

アメリカの金八先生のスケールアップ版みたいな物語りだったなぁ

投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-12 02:30:18
実話ベースの教育ドラマ、、はいっ!来ました!!大好物が!!!(笑)

シンプルで展開が早いのでチョット物足りない感じもしますが、徹底的な人種差別(区別?)、劣悪な家庭(生活)環境で生き抜かなければならなかった生徒たちの過酷な現実がよく伝わってきます。
実際の出来事でしょうが、「アンネの日記」のかぶせ方も最高でした。
日記を書くという行為を案外すんなりと生徒が受け入れた事が唐突なのと日記を先生に読んで欲しいと思う生徒の多さに違和感はありましたが、生徒たちをまんべんなく見せている一方で重点をエバに置くなどバランスのとり方は巧かったです。
熱心な新米教師とベテラン教師の温度差も絶妙でしたね。
芯が強く前向きな女性像がヒラリー・スワンクにピッタリでしたが、クセのある神経質な教師を演じたイメルダ・スタウントンのハマりっぷりも見事でした。
(ストーリー上)夫の存在感もなければ、夫役パトリック・デンプシーの存在感も薄いのがとても残念。
学校でのドラマも描く一方で家族ドラマも丁寧に描いていれば「陽のあたる教室」に近い重厚感を味わえたかも・・・。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-08-10 21:44:47
特に印象に残ったのは「アンネの日記」を読みだした女の子が途中で「アンネはヒトラーをやっつけるの?」と聞き(それに対してミス・Gは「ダイ・ハードじゃないのよ」)、読み終わって「アンネが死んじゃったじゃない!アンネも先生も大嫌い!」とミス・Gに怒鳴り込む所。生徒たちの当時の教育水準を上手く表わしていたと思う(私はまだ「アンネ」を読んだ事は無い)。
作りは雑な所もあるが、観て良かった。
投稿者:グレープジュース投稿日:2008-06-21 02:21:16
他人を
否定することは誰にでもできる。
他人を
評価することは誰にでも出来る。
他人に
求めることは誰にでも出来る。

そん中
他人を認め
無償の愛を与えた
この実話は
素晴らしい事実だと私は純粋に思える。

所詮夢のお話だと
鼻から諦めてかかる人間より
所詮変化を望めないと
決め付ける大人より
自分に降りかかる犠牲にも気づかずに
無償で求め続けた彼女は
とても輝いて見えた。

子供時代に大人から学ぶ事は沢山ある。
それも全て環境が左右するし、見捨てずに傍に居てくれる存在は必要。
望んでその環境にいるのではない彼らだから
変われたのだと思う。
望んでその場所に居るのなら
変えたいとも思わない。
こうして口先、手先だけで言葉を並べるのはとても簡単。
そんな中進み出たミスGは
「素晴らしい。」
むしろ、その一言以外を言える人がこの世の中に居るの?
他人の悩みは小さく見えるが、
その痛みは本人しか感じられない。
それでも動いた彼女はすでに偽善も越えていると思う。
たった一握りの変化でも、
しないよりはずっと素晴らしい。
出来ないと決めつけたり、
否定や評価しかしない人間よりずっと。

安心して観れた作品。
それと、
ヒラリースワンクの演技に間違いはない。

投稿者:ghost-fox投稿日:2008-02-21 22:28:41
良い話だが、なぜか嘘臭い
投稿者:glamfreak投稿日:2008-01-07 18:04:20
この映画の嫌味のないところは、教師が自分の人生経験を語るでもなし、家庭訪問をするでもなし、自分の教科を逸脱しないまま、生徒たちを開眼させていく点にある。

加えて言うと、とかく不安を抱えていると勉強に身が入らないものだが、生徒たちの不安の原因を消せないまま、勉強に対する意欲と成果だけが育っていくのも、かえって希望がわく。

そして何よりも素晴らしいのは、誰に言われることもなく、生徒たちの中から工夫や努力や自立が生まれ、大人はそれに手を添えるだけという、理想の地点に到達するところだ。

だって現実世界では、不安は魔法のように消えはしないし、勉強はあとからあとから迫ってくるし、大人が高校生のためにできることには限りがあるから。差別撤廃目的の学校再編成が成功したほうの時代にL.A.で通学し、今、四苦八苦している高校生の親となった身としては頼もしい作品だ。

映画を見ていると、ホームルームを見ている錯覚に陥るが、G先生の教室は、この生徒たちが日に1時間、いや、下手すると週に数時間しかいられない場所で、あとはバラバラに“戦場”へ散っていく。

短い予告編やプロモーションからは、ホロコーストや日記が劇的なきっかけになったように感じてしまうが、それに至る紆余曲折や、一見、本筋とは関係なさそうな創意工夫が一筋縄ではいかない「教育」という魔物をまとめていく様子が、丁寧に描かれているのも現実的でいい。
投稿者:bakudan投稿日:2007-12-11 08:40:27
【ネタバレ注意】

この映画は実話で主演のヒラリー・スワンクが一般のロードショーには向かないと分かってて製作に加わったところが僕には魅力だった。

教師の一途さや子供たちが心を開き改心するところはさておき、アウシュビッツにいた人たちや記念館の映像が真実を物語っていて非常に良く映った作品だった。
75点をつけた。

投稿者:まさみち投稿日:2007-10-02 22:34:31
現在教育現場に立つ人、親、そして子供もぜひ観て欲しいです。ただ詰め込んだり押しつけたり無理強いすればゆがみが生じるのをよく分かってる先生で、実際に問題になってる事を1つ1つ解決していくし、とくにいいと思ったのは生徒と友達になってるところかな。立場で話す事も教える事もしないで楽しむことばかり考える教育。小さい子も大人もやりがいを感じたり興味を持てば伸びるんですよね。ヒラリー・スワンクって初めて観たけどいい女優ですね。
投稿者:投稿日:2007-08-22 01:35:53
【ネタバレ注意】

 素晴らしい作品である。女性教師の圧倒的な情熱により生徒たちの人生を変えたその過程がリアルに描かれ、感動を呼ぶ。実話に基づいているということが、その感動をさらに深いものにする。

 エリン(ヒラリー・スワンク)の創意・工夫に満ちた授業に感心させられた。
 こんな魅力的な授業をしてもらったら、どんな生徒でもついていくだろう。
 彼女と出会ったことで多くの生徒が負の循環構造から抜け出すことができたのなら、それは素晴らしいことである。

 生徒にとってのいい先生の1つの理想像であろう。いい教育を与えるためにブラジャーの売り子までやって資金を稼ぐ。そこには打算・功名心などかけらも無い。
 
 18歳まで生きることが目標。大学進学なんて夢のまた夢。

 そういう酷い状況にいる生徒たちにもう少しましな夢を持ってもらおうという彼女の熱い気持ちに、心が動かされる。

 エリンになりきったヒラリー・スワンクの演技が素晴らしい。
 父親(スコット・グレン)がエリンに「お前は俺の誇りだ」といったときの彼女の表情は、演技を超えていた。

 実際のエリン先生のインタビュー映像を見ると、その暖かい、明るい雰囲気と豊かな表情に魅せられてしまう。
 彼女は映画化に際し、ヒラリー・スワンクの主演を熱望し、ヒラリーも脚本に感銘を受け出演を熱望したという。そして出演が決定した時は、電話してお互いに嬉しさで泣いたという。
 情熱溢れる類まれな二人の女性が出会うことにより、このような素晴らしい作品が生まれた。二人に、心から感謝したい。

 生徒役の俳優一人ひとりがいい味を出していた。ラストにエリン先生を囲んだ本当の写真が出るが、まるで彼らが映っているようだった。
 きっと、彼らも共感を持って演技したことだろう。

投稿者:ぺん投稿日:2007-08-16 01:43:48
【ネタバレ注意】

コーチ・カーターの時の思ったんだけど、MTVが教育者の実話映画を作るって
どうしてなのかしら?僕の記憶では、他にもMTVが教育者映画の製作担当しと
るよね。教育から遠いところで仕事してるような気がするんだけど(笑)。

実に面白いお話で、荒んでると言われるアメリカの教育現場を知るには良い
機会になりうるのかしら。ま、異国の現実は判りえないかも知れんけど、と
りあえず、アメリカ人が何を理想にしているのかは判るのかな。で、この映
画で、問題に挙げているのは人種問題。この問題をアンネの日記を通してホ
ロコーストを学習させるとこがポイントなのかな。ホロコーストを学んだこ
とよりも、ホロコーストを学ぶに当たっての教師との信頼関係の構築がポイ
ントなんだと思う。ここが一番感激するところかな。お話的には凄い面白い
サクセスストーリーなのだけど、ミスG役のヒラリー・スワンクが巧すぎるの
が映画的には、ちと問題かも。特別な偉人にしちゃったのは、教育の普遍性
に欠けると思われる。強すぎるし、教師っぽ過ぎる。そう言った意味で、ス
ゥイングガールズやウォーターボーイズの竹中直人の凄さを思い知る感じ。

投稿者:ushigome投稿日:2007-07-19 16:06:00
一つの学校を舞台にして,
新しい教え方を認めさせようとする新米教師と,
旧来の教え方を守ろうとするベテラン教師が対立する物語.
教育委員会の委員長を前に,
それぞれの訴えを述べる二人の教師の様子は,
まるで裁判所の判事を前にした二人の弁護士のようだ.
この二人の訴えに対しては,
まず校長が,次に教育委員会の幹部が,
そして最終的には委員会の委員長が裁きを下すのだが,
その三段階に分けられた裁きの形式は,
まるで本物の裁判における三審制のようだ.
学校の生徒たちが,この「裁判」における原告だとすれば,
被告は,その生徒たちに旧来のやり方を押し付けようとする学校,
そして新米教師は,生徒たちの利益を代表して,
学校側代表のベテラン教師と戦う原告側弁護士だ.

「原告」である生徒たちを一つにまとめ,
その支持を勝ち取ることによって
「裁判」を勝ち抜こうとする新米教師のやり方は,
本職の弁護士みたいにうまい.
それもそのはず,と言うのも,この新米教師は,
もともと弁護士を目指していたのだった.
「子供が裁判所に連れて来られる頃にはもう手遅れだから,
弁護士ではなく教師になって,
学校教育の段階から子供たちを救ってやることにした」
みたいなことが本人の口から語られる.
教師になった理由としてはかなり立派に聞こえるのだが,
その反面,まるで
「弁護士にはなろうと思えばいつでもなれた」
「なれなかったのではなく,ならなかったのだ」
とでも言い切ろうとするかのような口ぶりに反感が湧かなくもない.
それについては今これ以上述べないとして,
この人のやっていることがどうも弁護士じみていて,
時に教師らしからぬように見えるのは,こうしたわけなのだ.

弁護士としては有能なこの人物も,
教師としては必ずしも評価されない.
この人のやり方でまず問題があるのは,
バラバラだった生徒たちを一つをまとめようとする時の,
そのやり方だ.
この教師は,生徒たちがそれぞれに抱えている
暗い過去や辛い体験などを互いに告白させ,
互いに同情させることによって,
クラス全体の一体感を生み出そうとした.
しかし,そうして生み出された一体感が,
互いの傷をなめ合う負け犬のような,同病相哀れむ的な,
どこか不健康な所があるのは否めない.

この教師のやり方で,次に問題があるのは,
担任をつとめるクラスの生徒たちが次の学年に上がろうとした時,
学校の規則に逆らって担任を続け,
生徒を手放そうとしなかったことだ.
これは生徒の私物化に他ならない.
「この生徒たちは私にしか担当できない」みたいなことを,
この教師は言うのだが,それは悪い意味で本当なのであって,
と言うのも,この生徒たちは,
この教師しか受け入れないような狂信的な人間に
変えられてしまっていたからである.
だからこそ,この教師が担任を続けることにした時,
生徒の側の反応は非難ではなく喝采だったのである.
この教師は,生徒たちのいわば教祖になることによって,
生徒たちを完全に支配していたのだ.

教師と生徒と言う割り切った関係が,ここにはない.
仕事にのめり込みすぎる点が,この教師の欠点として挙げられる.
そのために仕事と生活の区別がつかなくなって,
結果,離婚されてしまうのは,この教師の自業自得なのだ.
一言で言うと,この教師はプロではない.
プロなら,仕事は仕事としてある程度割り切れるはずだし,
生徒を私物化したりもしないはずだ.
そうしたプロにあるまじき行為を同情的に,
むしろ共感を持って描いた点に,この映画の嫌らしさがある.

この教師は,弁護士には向いていたかもしれないけれども,
教師としては失格だった.
生徒の中に,自己採点でFをつける者がいて,
この教師が,そのいじけた姿勢を叱責する場面があるのだけれども,
その叱責する当人にも,
教師としてどうかと言う採点を与えるとするならば,
Fよりも更に一つ下のGになるだろう.
この教師がミスGのあだ名で呼ばれているわけは,
単に名前がグルーウェルだからと言うだけではない.
http://blogs.yahoo.co.jp/ushigome_tokyo
【レンタル】
 【DVD】フリーダム・ライターズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION