allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

プリズン・フリーク<未>(2006)

LET'S GO TO PRISON

メディア映画
上映時間89分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルコメディ

【解説】
 元囚人が、自分に有罪判決を下して投獄させた判事に恨みを晴らそうとするものの、当人が亡くなっていたことからターゲットを彼の息子に定め復讐するリベンジ・コメディ。
 刑務所とシャバを行ったり来たりのジョンは、釈放後に自分を有罪にした判事へ復讐するつもりでいた。だが、いざその機会が巡ってくると、判事はすでにこの世を去っていたのだった。そこで、復讐の矛先を判事のドラ息子ネルソンに定めるジョン。そして、まんまとネルソンを罠にハメて刑務所送りにし、自分もわざわざ再入獄。同室になり、様々な手を使って復讐を開始する。しかし、ネルソンは予想に反して次第に逞しくなり、ついにはジョンと対決することになるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ハッピーm投稿日:2008-04-07 02:55:49
【ネタバレ注意】

特別何が凄いという作品ではないけど、ついつい見入ってちょっと笑っちゃう面白さの作品でした。
間抜けな罪を繰り返す主人公と世間知らずなお坊ちゃんの一騎打ち。
ジョンは外の世界では間抜けなことばかりなのに、刑務所の中では『世の中』を知りつくし、ビーダーマンをいじめる、、、でも面白いのはそのビーダーマンが成り行きで刑務所の中のボスになってから。
黒人のボス、バリーのソフトなゲイ役が良いダシになってるし、馬鹿素直で小鹿のようなビーダーマンがただのお坊ちゃんから『世の中』の生き抜き方を身に付けて変わっていく様子がこの作品の見所だと思います。
ラストはコメディならではのエンディングだけど、作品中でジョンが自分とビーダーマンを例えた『ロミオとジュリエット』になぞらえて刑務所から脱出する方法はこの作品では良かったです。  小さな笑えるネタが始終散りばめられていながら、ガッツリコメディでない感じが好きです。  個人的にはビーダーマンが最初車の中で掛けてる曲にノリノリなのに歌詞が分からなくて軽く間違えたり、鼻歌でごまかしたり、語尾のとこだけ歌うシーンが好きです。   彼の性格を良く表してるし、リアルに日常にあるシーンで笑えました。  

投稿者:kath投稿日:2008-01-15 21:00:26
最後まで見てしまった。主演俳優のなんだかすっとぼけた表情が印象的。
【レンタル】
 【DVD】プリズン・フリークレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION