allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アン・ハサウェイ/裸の天使<未>(2005)

HAVOC

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・DVD発売
ジャンル犯罪/青春/エロティック
アン・ハサウェイ/裸の天使 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 2,650
USED価格:¥ 2,309
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-06-11 21:48:31
【ネタバレ注意】

アン・ハサウェイがなにゆえこのような青春ソフトエロに?と思ったが10年以上前の作品ということで納得。20代前半ならこの醜態(?)も若気の至りで許されましょう。

最近の鈴木その子か、はたまたマイケル・ジャクソンかみたいな過剰な色白フェイスは個人的にあまり好みではないのだが、本作においては健康的な、ちょびっと日焼けしているお顔立ち。なので意外に豊満なお胸と相まって、弾力的でスポーティな色気を画面上にさらけ出してくれています。彼女のファンであればチェックしがいのある、コレクターアイテム系の作品でしょう。

投稿者:McQueeeeeN投稿日:2013-08-28 01:03:48
びっくりするくらい、面白くなかった..。
濡れ場もちゃんと見せないし、なにひとつこの映画から学ぶものはない..。
バカばっかり登場する映画..。

いまどき、こんな映画を作るスタッフがいたとはね..!!
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-24 11:04:50
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★
みなさんと同意見ですが、邦題はサイテー! レベル低し。

アン・ハサウェイ
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-04-14 19:07:45
私もアン・ハサウェイのヌードとベッドシーンにそそられて観賞。内容的にも悪くなかったがもう一つ何か欲しかったし、エリックがドキュメンタリーを撮影してる設定も功を奏して無かった。
投稿者:ヘナチョコ投稿日:2008-06-06 00:15:58
おそらく、この映画をみる人の90%ぐらいのひとと同じ動機でみたんだけど
以外といっては何だが、結構しっかりした内容だった。
ちょっとアメリカン・ヒストリーXぽかったけど。

尺が短い分、ちょっとストーリーが走りすぎだけど
あまり濃すぎず、自分としてはちょうど良かった。
投稿者:ASH投稿日:2007-03-22 18:42:17
【ネタバレ注意】

 邦題はまったくの的外れなんだけど、あのアン・ハサウェイが劇中でヌードを披露しているということにあやかって(?)こう付けられたんでしょう。で、この邦題からは甘いラブ・ロマンスのような映画を想像しちゃうけど、実際には破滅的な青春を描いたヘビーな映画なんだよね。

 僕はどちらかといえば青春映画とは他愛のないお話の方が好きなんだけど、コレはそのまったくの真逆でかなり辛口な青春映画に仕上がっていて、観ていて相当に辛くなる。しかし、途中からは息苦しいまでの緊迫感が続き主人公の行く末がどうなるのか気になり最後まで目が離せなくなる。チャラチャラした高校生たちのLA文化を描いたお気楽な映画だとばかり思っていたら、いい意味で裏切られた。

 LAの高級住宅街に住む主人公のアリソンは、何不自由なく暮らしてはいるが、その平穏ぶりが退屈でたまらないという贅沢な悩みを持っていて、不良グループとつるんだり、夜な夜なパーティに明け暮れたりでその憂さを晴らしている、そんな女の子。

 その彼女が、ある日イーストLAを根城にしているヒスパニック系ギャングの青年のヘクトルと出会い、自分とは違う世界に住む彼に惹かれてゆく。退屈を持て余していた彼女にしてみれば、殺伐とした世界に生きるこの粗野な男に魅力を感じるのは想像に難くない。彼女は何かと彼の元を訪れるようになり、親友のエミリーと共にギャング団のパーティへ出向いたことから運命が変わってしまう…。

 アリソンの行動に共感ができるか、できないかでこの映画の評価は変わってしまうんだろうが、僕には充分に説得力のある行動に映った。裕福な暮らしなんだから甘ったれるんじゃない!、と言いたいところだが、何の苦労もなくぬくぬくと育ったお嬢さんには、どこかしら危険なアバンチュールを求めたいという欲求があるのかもしれない。お陰で、とんでもない目に遭ってしまうという話は、実際にもよくあることだし。

 アリソンらが所属するPLCというグループのドキュメンタリーを撮っているエリックという同級生が出てくるのだが、アリソンの心情はこのカメラに向かって語られてゆく。この手法は上手いと思った。そう、それはまるでティーン版「セックスと嘘とビデオテープ」といった趣。アリソンの母親役でお懐かしのローラ・サン・ジャコモが出ていることから、おそらく意識してたんでしょうね。

 このエリックだが、どうやらアリソンにほのかな想いを寄せているらしく、ふざけて彼を誘惑したり、虚勢を張った発言をしているアリソンの本当の部分をズバリと言い当ててしまう。AV女優よろしく、乳首をさすってエリックを誘うアリソンがエロい!! エリックも目のやり場に困っちまうてのもよく分かる。しかし、あのピンッと勃った乳首には参ったよ…。

 従来のお嬢様イメージを払拭したかったのか、アンの体当たり演技がすごいのよ。フェラはするわ、酒は呑むは、コカインは吸うはで、「一体どうしちゃったの?」という感じ。ヘクトル役のフレディ・ロドリゲスとの濡れ場では形のいいバストを惜しげもなく見せてくれる。でも、この映画、濡れ場だけで話題になるにはもったいない。アンはなかなかシッカリとした演技を披露しているんだよね。脱ぎ損なんかじゃないよ。

 親友のエミリー役はビジュー・フィリップスで、彼女も劇中では綺麗なヌードを披露してくれます。他には脱がないけどシリ・アップルビーが脇役と綺麗どころが揃っているし、男優陣も学園映画でよく見かける連中がたくさん出ている。それにしても、ロドリゲスは本物のギャングにしか見えん。

 もう一度邦題の話に戻るけど、「天使」というよりは「小悪魔」といった方が正しいかも。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アン・ハサウェイ/裸の天使2012/05/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】アン・ハサウェイ/裸の天使2010/05/26\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】アン・ハサウェイ/裸の天使2007/04/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アン・ハサウェイ/裸の天使レンタル有り
【広告】