allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

オープン・ウォーター2(2006)

OPEN WATER 2: ADRIFT

メディア映画
上映時間94分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(ショウゲート=ポニーキャニオン=トルネード・フィルム)
初公開年月2007/07/28
ジャンルサスペンス
たすけて!

あれから2年…
海にはもっと怖い“実話”があった!
悪夢のヨットクルーズ。
これは、海で起きた最も悲惨な出来事
オープン・ウォーター2 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,097
USED価格:¥ 738
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 実話を基に、ダイビング船に忘れられ大海原に取り残されてしまった夫婦の運命をスリリングに描いて大ヒットした「オープン・ウォーター」の第2弾としてドイツで製作された海洋サバイバル・サスペンス。今度は大型ヨットでクルーズに出た男女6人の若者たちが、単純なミスから危機的状況に陥る恐怖の一部始終を描く。監督はCMやミュージック・ビデオなどで活躍するドイツの新鋭ハンス・ホルン。
 メキシコ湾のマリーナから6人の男女を乗せた大型ヨット“ゴッドスピード”号が沖へ向けて出帆した。さっそく思い思いにクルーズを満喫する6人。やがて、一人が海に飛び込んだのをきっかけに、皆次々と後を追って海へと飛び込み始めた。そして、あっという間に6人全員海の中。ところが、最後の一人が梯子を出すのを忘れていた。甲板までは数メートルもある大型ヨット。そのことにようやく気づいた6人は、目の前に漂うヨットを水面から呆然と眺めるしかなかった…。
<allcinema>
【関連作品】
オープン・ウォーター(2004)第1作目
オープン・ウォーター2(2006)第2作目
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-04-08 00:32:26
人気作の続編。男女6名が大海原にヨットで繰り出し遊泳するも、甲板に上がる梯子を出し忘れヨットに戻れず。以後脱出までの苦闘を描く。緊迫感は高い。

何箇所か強引な展開がありマイナス材料。(同日に観た)『実験室KRー13』を"無慈悲"とするなら、本作は"無情"になろう。
投稿者:さとせ投稿日:2011-11-19 22:13:31
海に遊びに来た男女6人が海中に取り残されてしまう。どうにかしてデッキに登ろうとするがそこにあるのは疲労と絶望だった・・・。

実話を映画化したらしいが実際にありそうなため真に迫る怖さ。
ヨットに只一人残った赤ん坊が泣いているがどうにも出来ない親の心理や如何に。94分というランニングタイムも演出が良いため全然長く感じない。
DVDでの鑑賞だが広大なシネスコ映像が海の全景を感じさせ5.1chが更に効果を演出していた。
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-11-12 20:41:01
「本当にあった」みたいなワンヒントなパニックもの。
アホ騒ぎで、自分の船に戻れなくなったアホどもは
スチュエーションとしての掴みはばっちりですが、底からのパニックが
海の上である事も含めて、演出が単調で盛り上がらない。
パニックの方法もいきなり(相談もなく)何かをはじめて、他の誰かが
潰すという、わざとらしくへたくそ。
こう言った、スチュエーションでのパニックは、低予算で出来る反面
演出の上手い下手が出てしまい、これは明らかに下手。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-11-11 02:15:42
海を舞台にしたサバイバル&パニック映画の第二弾です。
前作のオープン・ウォーターもどこまでが事実でどこからが脚色なのか微妙でしたが、今回の続編も大海原に放り出されたキッカケや状況だけをヒントに脚本を作っていった感じです。

ちなみに、クルーザーで誕生日のお祝いなんて事に全く縁のない私には全くもって「身近な危険」ではなかったです(笑)
前作を観た時もリアリティがありそうで無いな〜と感じましたが、今作に比べれば前作のスキューバのほうがまだあり得るかも!と思い直せました(爆)

しかし、この作品は設定が良くなかったですね。
大きな設定以外にも、海が怖い女性を旧友のくせにクルージングに誘う奴らも変だし、、子連れで参加した女も女ですよ。
他にもナンデそれ捨てちゃうの?!とか細かい部分に疑問符が浮かんでばかりでした。

それから、サメの危険が全く生かされていないのも理解できないカナ・・・。
最初からサメのいない区域って事なら納得ですが、サメの存在を臭わせておいて放置ですからビックリですよ。
そういった綿密さが今作には無いので、不安感や不気味さを味わいたいならやはり前作のほうがオススメです。

さほど若くも無い男女6人が主な登場人物なのですが、なぜ年齢設定を若くしなかったのかが最大の疑問・・・。
正直、「いい歳の大人が水着でキャッキャキャッキャするんじゃないよ」「いい歳の大人ならモメてないで冷静に考えなさいよ」ってストレスを感じちゃうんですよ。
これが10代後半からハタチそこそこの若者ならハシャいでても考えが足りなくても気にならなかったと思うんですけどね(爆)
結構な大人なので望みを失くすのがだいぶ早い事にツッコみたくなりますし、もっと助かるためにやる事あるでしょうが!子供居るんでしょうが!!と怒りモードになってしまうんです。
6人も居るのに誰一人として共感できる人物が居ないってかなり凄い事ですよ(爆)
キャラクター性や登場人物の関係性は良かったので、年齢設定だけが何とも惜しかったですね。

時間が経つにつれ気心が知れた仲間たちに生まれる不協和音はベタながら楽しめました。
個人的には、罵り合いとかつかみ合いがもう少しあっても良かったぐらいです(笑)

とにかく設定を練りに練った入念な脚本だったら及第点以上にはなったでしょう・・・勿体ない。
投稿者:bond投稿日:2010-10-03 10:54:06
大きいヨットに素人が乗るとこんなハメになる。冷静になれば早く戻れたはず。ラストは結局母親だけ助かったのか、全滅だったのか?半端な表現。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-19 08:27:46
【ネタバレ注意】

この手の続編はつまんないっていうのが定番なので全く期待してなかった。
前作にはかなりの衝撃を受けたものだが、この2の予告を見た段階ではぶっちゃけ海に取り残されるのが2人から6人に増えただけでストーリーに変化は無さそうな雰囲気だったのでかなりの駄作を想像してもいた。

まず船に戻れない理由がまぬけ、前作は大海原のど真ん中に放置されるという不幸な設定だったが、今回は梯子を下すのを忘れただけというすげー初歩的なミスから船に戻れないだって!?

そして途中で流血!
これは血の臭いに誘われてサメ達がむらがってくるんだな!?ありきたりやな〜!と思って見たらサメはほとんど出てきません。

前作とは全然趣向を変え、シチュエーションは同じながらどっちかというと恐怖より人間模様にスポットをあてた作品になってた。
これが予想外に面白く、結構楽しめたんよね(*^。^*)

登場人物たちの死に方を始め、ストーリー全体的にチープさをプンプンさせながらも、B級映画として及第点の人間ドラマを見せてくれていたと思うわ♪

最後もB級テイスト満開の『えー!?』な方法で助かる(ここは個人的に好きな場面だが、もっと早く気付けよ…)一応ヒロインのエイミー。そこからエンドクレジットまでの怒涛の5分ちょい、この作品は想像を絶する結末を迎えるのだ!

なんと、エイミー泳げます!
つーか、途中で挿入されてた回想シーンで昔泳げていたらしいのは分かっていたが、ダンの救出のため命を顧みず飛び込むエイミー!彼女の泳ぎは抜群にうまいのです!

『ライフジャケットを疲れきってたミッシェルに譲ってあげなさい!』(-_-;)
『死にかけのご主人にも譲ってあげなさい!!』(-_-;)
『単身陸をめざして旅立つローレンに譲ってあげなさい!!!』(-_-;)

最後に怪しげなメキシコ人の操る船に発見されるゴッドスピード号。その上にはエイミーとダンが…

ってダン死んでますがな(ー_ー)!!
生きてたらメキシコ人に速攻で助けを求めるはずだし、何より雨の中デッキに寝かせたままのはずがないので、ここは死んだと判断して良さそうだ。
とすると

飛び込んだエイミー…『全く意味無し!』

そして陸を目指したローレンは…『生死不明!』
ってか、あの状況ではほぼ100%助からないだろうと思われるが、そこは『察してくれ』って事かな。個人的にはあの人には助かってほしかったな〜。

ちなみに実話に基づいた話らしいが、俺の想像では実話は

《みんなでダイビングに行った時にうっかり梯子を降ろし忘れて、めちゃ焦った事があったよ(*^。^*)テヘ》

くらいで映画は完全なオリジナル脚本と思っている。

だって…これが実話だとしたらみんな相当なバカだよねぇ((+_+))

※安易にサメを出さなかったスタッフの英断に敬意を表して☆1つ分はサービス♪

投稿者:くるりん投稿日:2008-05-22 07:19:42
何を見ても、あの予告の「愚か者達の〜」「パニック〜」が頭に響いて
笑ってしまいました。

なんていうか、もっと早く助かるような感じがしないでもない。
投稿者:kopi投稿日:2007-12-27 14:17:31
あれ?登れちゃった。あれ?助かっちゃった。
リアリティがあると言い切れるかな?
投稿者:ライオンちゃん投稿日:2007-08-02 12:11:13
いやー、笑いました。不謹慎ながら。予告編見て。
ヨットから全員海に降りちゃって、上がれなくなるっていうシチュエーション。
笑えないけど、笑っちゃいますよね。

制作費○○億円の超大作もいいけど、こういう単純明快なストーリー&低予算、かつ、これでどうやって話をひっぱるんだ?っていう設定。
こういう映画も大アリだと思います。
前作の、観終わった後の何とも言えない余韻。やるせなさ。あーいうの、また期待しちゃいます。
早く見たい。
投稿者:パオナム投稿日:2007-06-01 12:17:10
原題も「OPEN WATER 2: ADRIFT 」となんかあたかも続編を名乗ってますが、関連性は間違いなくなさそうだし、何よりドイツ製作というのが怪しいです。(しかも公開するのが銀座シネパトスだし)
いい作品に仕上がっているとは思えませんが、ちょっと見てみたいですね。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】オープン・ウォーター22007/12/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】オープン・ウォーター2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION