allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋するマドリ(2007)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(シネカノン=オフィス・シロウズ)
初公開年月2007/08/18
ジャンルロマンス/青春
初めての一人暮らし。
偶然が運命の出逢いを運んでくれた。
恋するマドリ プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]
参考価格:¥ 6,300
価格:¥ 13,800
USED価格:¥ 2,647
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 都会に暮らす3人の男女が、引っ越しをきっかけに奇妙な偶然で結ばれ次第に心を通わせていく姿をさわやかに描いた青春ラブ・ストーリー。主演は人気急上昇中の若手、新垣結衣。共演に「NANA」の松田龍平と「バベル」の菊地凛子。監督はこれが初長編映画となる大九明子。
 美大生のユイは一緒に暮していた姉の結婚を機に、2人で暮らしていた部屋を引き払い、小さな部屋へと引っ越すことに。初めての一人暮らしに期待と不安が入り交じるユイ。そんな中、忘れ物を取りに元の部屋に戻ったユイは、そこで新たな住人、アツコと出会う。彼女はなんと、ユイが引っ越した部屋の元住人だった。2人は奇妙な偶然にすっかり意気投合、大人びたアツコにユイは憧れの感情を抱き始める。一方ユイはバイト先でも、今度は自分の部屋のすぐ上の階の男性、タカシと偶然の出会いを果たす。そして、次第にタカシに好意を持ち始めるユイ。そんな矢先、ユイはタカシに行く先も告げず突然姿を消した恋人がアツコであることに気づいてしまうのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-12-19 21:05:58
ガッキー達が空港へ向かってからの中途半端なトンデモぶりは韓国映画人にも笑われる出来。
投稿者:かっこう投稿日:2010-05-30 11:20:03
主演の新垣結衣は顔のアップも多く、その可愛さを十二分に楽しめる王道的アイドル映画。
変な人すぎるタカシはとても好きにはなれない。社会性なさそうだし。後半の展開はやや強引な気が・・。
投稿者:錬金術師投稿日:2009-01-24 15:54:24
ガッキー、きゃわゆい。
かわい過ぎる。
声もたまらん。
投稿者:Longisland投稿日:2007-09-04 09:30:14
アカデミー賞で話題になった女優を使い、小洒落た雑貨屋さんタイアップ、新人タレント初主演、最近映画に進出のPR会社が製作委員会に名を連ねる…なんぞ色々な大人の事情が見え隠れする作品。 

本作品のターゲットから見事に外れている40代♂としては、あまりにもご都合主義の設定、こいつら半径10m以内でしか人間関係構築できないのか?
(スポーツ系PR会社の関係なのか)意味無いプロレスラー登場…と突っ込みたくなるものの、新垣ファンやおしゃれな家具好き、おしゃれな恋愛を夢見る婦女子には共感できるんだろうね〜。

思うに『バベル』で菊池凛子がブレイクする直前にキャスティング、その先見の明は認めるも、いかんせん映画は公開までに時間がかかることと、あのレベル女優で話題が引っ張るのは無理。

流石にPR会社が製作だけあって宣伝は(この規模の作品としては)派手だったけど。新人女性監督作品としては及第点も、劇場でわざわざ観るほどの映画ではないでしょ。 
投稿者:南平岸投稿日:2007-08-18 22:44:25
新宿で観ました(最新鋭のシネコンは、快適そのもの!)。
女性客が多かったです。
ガッキー(新垣結衣)が、同性にも支持されている証拠ですね(もちろん、松田龍平ファンの女性も多かったのでしょうが)。
(1)エンディングに新垣自身が唄う「メモリーズ」が流れ、その歌詞を反芻してみて、本作の主題がよく分かりました。
初恋が苦い失恋に終わっても、(違う街へ引っ越して気分を変えて)それを乗り越えてゆく女性の成長物語なのですね。

(2)そんな青木ユイ役は、初主演映画としては難しい設定だったと思いますが、ガッキーの演技、お見事でした。
今回は、清涼飲料水やスナック菓子など、各種CMで演じられる「はじける笑顔の体育会系女子高生」キャラとは正反対、「大人の恋愛に一歩踏み込んだ美大生」役でしたから。
しかし、その御蔭で、「笑顔」を封印した新垣は、とっつきにくい位に冷たい印象を与える「クール・ビューティ」だということが分かり、新たな魅力発見でした。

(3)ラスト。桜が満開の季節、中目黒から引越しするユイ(新垣)が、自らを励ますように「にっこり」と独り言を呟くシーンは名場面でした。
反面、アツコ(菊地凛子)の父親(世良公則)が登場してからの展開が、やや強引で安直な印象でしたが・・・

http://popup16.tok2.com/home2/souki0307dousoukai/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 新人賞新垣結衣 「ワルボロ」「恋空」に対しても
【サウンド】
『メモリーズ』(エンディングテーマ)
編曲 :松岡モトキ
唄 :新垣結衣
作曲 :つじあやの
作詞 :つじあやの
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】恋するマドリレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION