allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー(2005)

SKETCHES OF FRANK GEHRY

メディア映画
上映時間84分
製作国ドイツ/アメリカ
公開情報劇場公開(ワイズポリシー)
初公開年月2007/06/02
ジャンルドキュメンタリー
彼はまるでクチュリエにように 巨大建築物を仕立てあげる。
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
参考価格:¥ 4,935
USED価格:¥ 7,350
amazon.co.jpへ

 Photos
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリースケッチ・オブ・フランク・ゲーリースケッチ・オブ・フランク・ゲーリースケッチ・オブ・フランク・ゲーリー

【解説】
 大胆かつ奇抜な建築フォルムを次々と生み出してきた天才建築家フランク・ゲーリー。彼の親友であり“建築は素人同然”と公言する映画監督のシドニー・ポラックが、これまで決して明かされることのなかったそのあまりにも独創的な創造の秘密に迫る貴重なドキュメンタリー。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Longisland投稿日:2007-06-18 02:27:30
最近はすっかりプロディユーサー業と俳優業に専念『インタープリター』なんて腑抜けた(過去作品に比べてね)作品の監督なんかもあったが…ポラック監督がお友達のポストモダン建築(脱構築主義建築っていうらしい)巨匠フランク・ゲーリーを題材にしたお手軽ドキュメンタリー。
まあお互いに人生終盤、ともに名声を得た老人同士が仲良くするのはいいがそれを映画にされてもね〜。小生意気で口数多い東洋人スタッフを『若い人が一生懸命に仕事するのを評価する』云々って言われても共感できず。
確かにスペインのグッゲンハイム美術館なんか息をのむほど美しいいのだが、大学教授?がちょびっと触れてたけど既存の街並みと違和感あるんでない?建築にまったく素人の私は違和感覚えまくりの90分。
劇中ブランデーグラス片手にバスローブ姿で登場する胡散臭い映像作家はジュリアン・シュナーベルってバスキアの監督だったのね(笑

ル・シネマ初週週末は全回満席だったらしいが、3週目の日曜日最終回は3割ほどの入り。ターゲットが限定されている作品というか内容がお粗末だからこんなもんですかね。

本作はソニークラシック作品、ティファニー協賛、配給はワイズポリシー・ジェネオン・カフェグルーヴ、ル・シネマ単館公開…なんだかよくわからんな。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版2007/11/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】スケッチ・オブ・フランク・ゲーリーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION