allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エバン・オールマイティ<未>(2007)

EVAN ALMIGHTY

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルコメディ
エバン・オールマイティ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 9,980
USED価格:¥ 712
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ブルース・オールマイティ」でブルースのライバルだったエバンを主人公に、今度は彼が箱船を作るという無理難題を神から突きつけられ悪戦苦闘するコメディの第2弾。
 “世界を変えよう”を公約に掲げてみごと下院議員に当選したエバン・バクスターはTVキャスターの仕事を辞め、一家でヴァージニア州の郊外へ引っ越してくる。そして、早速ベテラン議員ロングから大役を任されるなど幸先の良いエバン。ところが、公約を実現したいと神に祈った次の日から状況が一変、神がエバンの前に現われ、ノアのごとく箱船を作るよう告げられる。こうしてエバンのもとにはどこからともなく動物たちや船の材木まで集まり、否応なしに船を作るハメに。さらに、エバンはヒゲも髪も急激に伸び始め、容姿がノアそっくりになっていく。やがて、洪水が起きるという日に箱船が完成。しかし、誰もが冗談と思った矢先、ダムが決壊し、本当に洪水が発生してしまう…。
<allcinema>
【関連作品】
ブルース・オールマイティ(2003)第1弾
エバン・オールマイティ(2007)第2弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-08-14 06:16:34
【ネタバレ注意】

『ブルース・オールマイティ』のスピンオフ作品だが、何気にこちらの方が楽しめた…というか意外なほど面白い映画だった。
コメディ作品の中では最高峰に好きな作品になってしまったよ(~o~)

モーガン・フリーマンの演じる神様のセリフもこっちの方が重みがあった。

あとは個人的にジム・キャリーよりスティーブ・カレルの方が好きっていうのもあるかも。

ラストの洪水のシーンは納得したし、感動するしで最高だった。
もちろん突っ込み所も満載だが、それはほらコメディだから(笑)

投稿者:あくび★投稿日:2009-04-21 12:30:21
わたしは好きです。
バクスター一家を演じてる役者さん(子役も含めて)好きな人ばかりだったし、
動物いっぱい出てきたので(´・ω・`;)
もちろんまぁ面白かったと思ったからなんですが。
ただ、ラストが若干「うーーーーーーん・・・」でしたが。
スティーブの芝居が面白くて
やっぱいい役者さんだなぁ・・と。
ミスリトルサンシャインのときの役も良かったしなぁ。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-11-15 20:14:45
容姿の変貌や動物たちなど「ブルース・オールマイティ」に比べると現実味が薄れていますね。
よく言えばファンタジックですが(爆)

スティーヴ・カレルの控えめだけど芸の細かい笑いはイイ感じ。
このいたって真剣ですけど何か?って姿勢がたまりません(笑)
コテコテのコメディアンが好きな方には物足りない役者さんかもしれませんが、ユルい笑いが好きな方には何ともクセになる俳優さんですよね。
特に、ダンスのときに口ずさむリズムが最高!(笑)
お茶目な神のモーガン・フリーマンも安定感があってGOOD
相変わらず白いスーツが似合います♪

全体的に派手さもありつつ、笑いどころもありつつテンポも良いのですが、盛り沢山のCGも違和感があったりと、、もう一歩な印象を抱いてしまいました。
でも、暗い気持ちの時や何かに迷っている時に鑑賞すると元気を貰える作品かもしれません。
アメリカのコメディにありがちな下品な笑いも無いので家族で鑑賞するのにも問題ない内容でしょう。

とにかくイイ息子たちですよ。。。
投稿者:bond投稿日:2008-09-16 10:12:23
成し遂げる事は大事。ある事を願えばそのチャンスが与えられるとはいい言葉かも。スティーヴ・カレルって目が怖い。
投稿者:irony投稿日:2008-09-14 15:13:28
まぁ、オモシロかったよ カレルのキャラクターを生かした笑わせ方 前作もそう言えばキャリーのキャラを考えたギャグだったような・・・。
投稿者:ハッピーm投稿日:2008-07-03 15:11:00
【ネタバレ注意】

テンポの良いコメディで、ジムキャリーほどでもないけど舞台並みの大げさなスティーブ・カレルの演技は面白かったです。  何がむちゃくちゃって、ノアの箱舟を再現するにあたって聖書どおりの7日間世界を飲み込んだ洪水ではなく、郊外のダム決壊による地域的な洪水だったにも関らず、そこに住む野生の動物以上の環境の違う動物まで来た事。 鳥なんて、飛べるのにわざわざ来なくても良いじゃない?  パンダやキリン、ライオンとか明らかにダム決壊で被害の無い地域の動物なんかはわざわざ洪水に会いに来てるようなもの。。。  そこに辻褄の合わない違和感を感じました。 どうせこんなに集めてるならもっとじっくり動物達も見せてくれても良いのに。 この際、コメディだし神様が箱舟を作らせる、、という無理難題は気になりません。  奥さんを説得するシーンなんかはさすがモーガン!説得力ある、と感心。  全体的にコメディとして面白いかと思うので、真面目に見ちゃいけないですね。 

投稿者:Flamingo投稿日:2008-06-02 04:47:49
劇場公開中止だったんですね。コメディーとしては普通に楽しめたし、
モーガン神のおっしゃる一言一言がなるほどと思えるものでしたが、
まあ、こじ付けといや〜こじつけですが、でもちゃんと筋が通ってる
んですよね。614や、ノアの箱舟の話は、ちょっと日本人には
なじみが薄いかなと思います。だから劇場公開しなかったのかな?
コメディーにしちゃあちょっと宗教色の強い感じがしました。
最後に砂に書いたARKって Noah\'s Ark「ノアの箱舟」の意味ですよね?
投稿者:grups投稿日:2007-12-10 19:20:00
変なところで笑うサクラのような人がいて、かえって興をそがれましたが、ブルースよりは笑えました。そんなバイトってあるんですかね?  旬の人の、妙に重量感ある演技を堪能しました。
投稿者:ASH投稿日:2007-09-18 19:42:42
【ネタバレ注意】

 しかし、モーガン・フリーマン扮する神様の話芸に感心。箱舟を作るというバカげた行いをエバンにやらせる説得力。当然、旦那がいきなり箱舟造りに没頭し始めたら、奥さんとしては子供を連れて実家に帰るだろうに、そんなエバンのトチ狂った行動を納得させるだけの説得力。神様って、本当にこじつけが上手いんだなぁ。

 エバンが鳥の大群に追われるシーンに爆笑! こういう、アタフタする役を演じるとスティーブ・カレルは本当に上手い! 一応、「ブルース・オールマイティ」の続編(というかスピンオフ)という扱いだが、僕はこっちの方が好きだ。ジョン・グッドマンの悪役なのか、そうじゃないのか分からないような役柄もナイス。大洪水の迫力も最高!

投稿者:つな投稿日:2007-07-19 12:00:04
劇場公開中止だそうです。
もったいないです。
投稿者:森マサフミ投稿日:2007-06-25 11:47:57
制作費1億7500万ドルは、前作『ブルース・オールマイティ』の倍以で、史上最もお金のかかったコメディーと言われています。きっとたくさん登場する動物のシーンにお金がかかったのでしょう。

でも世界的に認知度の高いジム・キャリーに比べ、遅咲きコメディアン、主演スティーヴ・カレルが、アメリカはともかく日本でどこまでウケるか疑問。

アメリカでも評論家にこきおろされ興行的に大苦戦は必至。「史上最もお金のかかったコメディー」ということで、せめて話のタネに見てやって下さい。http://ameblo.jp/lennon19651204
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト前編・続編賞 
□ これから公開のサマー・ムービー賞 
【レンタル】
 【Blu-ray】エバン・オールマイティレンタル有り
 【DVD】エバン・オールマイティレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION