allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

酔いどれ詩人になるまえに(2005)

FACTOTUM

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ/ノルウェー
公開情報劇場公開(バップ=ロングライド)
初公開年月2007/08/18
ジャンルドラマ/伝記
どうにもならないことだらけ
でも、太陽はまた昇る…。
酔いどれ詩人になるまえに [DVD]
USED価格:¥ 1,980
amazon.co.jpへ

 Photos
酔いどれ詩人になるまえに

【解説】
 ミュージシャンや映画人など多くのアーティストがリスペクトする反骨の無頼作家チャールズ・ブコウスキーが自らの作家修業時代を基に著わした自伝的小説を「ドラッグストア・カウボーイ」「クラッシュ」のマット・ディロン主演で映画化したシニカル・ドラマ。監督は「キッチン・ストーリー」で注目されたノルウェーの俊英ベント・ハーメル。
 アメリカの田舎町。“自称”詩人のヘンリー・チナスキーだったが、原稿は出版社に相手にもされず、食うために働くものの、いつも酒で失敗してすぐクビになってしまう。そんなある日、彼はバーでジャンという名の女と出会う。三日後には彼女の家に転がり込み、金のない2人は先のことなど何も見えない、酒とセックスだけの日々を送る。しばらくすると、チナスキーは仲間と競馬に入れ込み始める。そうすると、あっという間に小金がたまるチナスキーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:UFO投稿日:2013-11-08 18:59:46
普通に観れる。
投稿者:jb投稿日:2012-07-25 21:55:01
ハマってたと思う。
投稿者:william投稿日:2011-04-06 01:54:59
やっぱりアーティストってこういうものなのかなぁ…。
堕落の中にある美学。
マット・ディロンの渋い声での独白が、更に良いスパイスになってる。
投稿者:なちら投稿日:2008-01-29 17:18:26
M・ディロンは凄い。
何の希望を見出せない人間でも、瞳の奥にはギラついた輝きがあり、
絶対に譲れない物を持っている様子をそれは巧みに演じてみせてくれる。
日雇い労働の職安で酒を飲んで追い出され、
爺さんと二人で太陽を仰ぐシーンのやるせなさ!武骨さは最高だよ!
これからもなるべく沢山の彼の作品を見たいと思うし、応援したい。

ブコウスキーについては明るくないけど、映画を通じてもっと知る事が出来たら良いと思う。
投稿者:syuriken投稿日:2007-10-03 20:19:58
【ネタバレ注意】

良かった!
堕落した生活の中でも譲らないもの。
それは書くこと。
持たざる者たちが生み出すアートはいつも言葉。

低い評価をつけてる人も居ますが、俺からしたら信じられない。

確かにスマートな生き方をしてきた人には「面白く無い映画」だろう。
不器用で捻じ曲がった人間にはたまらないはず。
原作の「factotam」がそうであるように。


投稿者:Longisland投稿日:2007-08-30 23:58:37
タイトルから解るよう、全編酒とタバコをガンガンくらう醜い中年男女のダメダメぶりがこれでもか、これでもか、延々と描写されている。 同様な作品に『バーフライ』(87年…もう20年前か)ミッキー・ローク&フェイ・ダナウェイなんてあったな〜。
自分の才能だけを信じて書きつづけ、飲みつづけるいいかげんな男をマット・ディロンが好演、なんぞ薄汚く嫌悪感を観手に与えそうだが、なんとなく温かい目で見守りたくなる。比較するのもなんだが、同じような役柄なのに前出のミッキー・ロークは単なるクズ男にしか思えなかった…人徳か?演技力の差?

話は変わり、最近なんでこの映画が、こんな客層(年齢・性別・人数)で、こんなに入っている(反対に入っていない)んだ〜と当惑する機会が増えた。 
本作品もいくらレディースデーだとはいえ公開2週目平日昼間銀座テアトル満員だぜ。日本にマット・ディロンファンがそんなにいたのか? チャールズ・ブコウスキー読者ってそんなに多いのか? 本国でも100万ドル以下成績だったらしいし何故こんなに劇場にお客さんがいるのか理解できん。
投稿者:気まぐれ飛行船投稿日:2007-05-15 03:28:55
こういう邦題になりましたか、ブコウスキーだけに。酒は強くないので酔いどれの気持ちはわからんが、とりあえずエイドリアン・シェリーを追悼しに出かけよう。
それからこの映画に出てるマット・ディロンとフィッシャー・スティーヴンスとマリサ・トメイの3人は、84年の『フラミンゴ・キッド』で共演してるんだよね。青春スター時代のマット・ディロン出演作では一番好きだった。というより苦手なロン毛じゃなかったからだが。
3人とも「あの映画の時はさぁ」なんて現場で盛り上がってたんじゃないか。そんなカメラの後ろ側を想像しながら観てみるとしよう。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】酔いどれ詩人になるまえに2008/02/27\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】酔いどれ詩人になるまえにレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION