allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クローズZERO(2007)

メディア映画
上映時間130分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/10/27
ジャンルアクション/学園
映倫PG-12
クローズZERO スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,944
USED価格:¥ 1,248
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:三池崇史
企画:濱名一哉
プロデューサー:山本又一朗
アソシエイトプロ
デューサー:
岡田有正
富田敏家
堀之内郁哉
ラインプロデュー
サー:
原田耕治
共同プロデューサ
ー:
佐谷秀美
原作:高橋ヒロシ
(秋田書店 少年チャンピオンコミックス刊)
脚本:武藤将吾
CGIプロデュー
サー:
坂美佐子
撮影:古谷巧
美術:林田裕至
編集:掛須秀一
長坂智樹
音響効果:柴崎憲治
音楽:大坪直樹
音楽プロデューサ
ー:
古川ヒロシ
照明:高坂俊秀
録音:石貝洋
助監督:西山太郎
出演:小栗旬滝谷源治
やべきょうすけ片桐拳
黒木メイサ逢沢ルカ
桐谷健太辰川時生
高橋努牧瀬隆史
鈴之助田村忠太
遠藤要戸梶勇次
上地雄輔筒本将治
伊崎右典三上学
伊崎央登三上豪
波岡一喜
沖原一生
武田航平
鈴木信二
橋爪遼
増本庄一郎
渋川清彦
山口仁
辻岡正人
岡あゆみ
佐田正樹
斎藤歩
大東俊介桐島ヒロミ
小柳友杉原誠
渡辺大阪東秀人
深水元基林田恵
松重豊牛山
塩見三省黒岩義信
遠藤憲一矢崎丈治
岸谷五朗滝谷英雄
高岡蒼甫伊崎瞬
山田孝之芹沢多摩雄
【解説】
 高橋ヒロシの人気コミック『クローズ』を鬼才・三池崇史監督が完全オリジナル・ストーリーで実写映画化したバイオレンス・アクション。不良学生ばかりの男子高校を舞台に、学園の頂点を目指して激しい抗争に明け暮れる男たちの熱き生き様を、壮絶なケンカ・バトルと共に描き出す。主演はTV「花より男子」「キサラギ」の小栗旬、共演に山田孝之、やべきょうすけ。
 最凶・最悪の不良学生たちの巣窟、鈴蘭男子高等学校。幾多の派閥が勢力争いを繰り返し、いまだかつて鈴蘭を制覇・統一した者はいなかった。現在も、芹沢多摩雄率いる最大派閥の“芹沢軍団”を軸に、群雄割拠の状況が続いていた。そんな鈴蘭にやって来た3年の転入生、滝谷源治は、本気で学園の制覇を狙っていた。一匹狼を貫く源治だったが、ふとしたことから鈴蘭OBのチンピラ、片桐拳と出会い、次第に友情を深めていく。やがて拳は、自分が果たせなかった鈴蘭制覇の夢を源治に託すようになるのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
クローズZERO(2007)第1作
クローズZERO II(2009)第2作
クローズEXPLODE(2013)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
646 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ジェームス投稿日:2014-05-12 00:53:38
シリーズ最新作が封切られ人気があるようなので観てみた。最初から最後まで飽きさせない三池崇史の演出は見事である。でも、こういった映画は僕の性には向いてなかった。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-19 14:23:36
スーツマジックならぬヤンキーマジック・・・あるかもしれん。
投稿者:bond投稿日:2010-04-05 10:12:39
【ネタバレ注意】

原作は知らないが、ハリウッドのギャングもんを極めてちっこくした映画。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-05 20:42:25
【ネタバレ注意】

兇魎僂帽圓海Δ藩兇錣譴燭里如△匹Δ擦弔泙鵑覆い世蹐Δ覆,隼廚い覆らDVDで見たら意外と良かった。

小栗旬も悪くはなかったが、それより山田孝之がカッコよかったな。ラストは芹沢多摩雄を応援しちゃったよ(*^。^*)

所々、要らんシーンがあるのが残念。
人間ボーリングとか、黒木メイサの歌とか…ね。

投稿者:藤本周平。投稿日:2009-05-31 22:53:09
三池作品にしては結構よくできた映画だった。ただ、映画の出来はおいといて自分にはやはりヤンキー映画は似合わないと確認させられた。
投稿者:NYY投稿日:2009-05-21 22:14:50
【ネタバレ注意】

原作は知らないけど、なかなか楽しめた。学校のトップを目指すっ
てアホ丸出しの痛い世界なんだけど、とても微笑ましかった。
ボクも16年くらい前に、都市部の下町のガラの悪い公立中学に行
ってたもんで分かる世界だ〜w。
あ、ヤバい、血が騒ぐ。派閥? あったな〜、どっちに付くかで悩
んだり懐かしいw。あの頃、世界は狭くて人間関係が濃かった。
今思うと、あの頃の喧嘩は、その後の人生では2度と味わえない程
の楽しいお祭りだった。
 
クライマックスの雨の中での決闘は、七人の侍みたいでナイス。
全く爽やかなことしてるね〜。この好青年共が!w。
バイク軍団が参戦したんで、黒木メイサも歌で参戦ですか?
 
オッサン、ジャケットくれるなら、ズボンもくれよって思ったけど
そーゆーオチか。あれは日本的で良いやり方だった。
不良少年達も日本では、喧嘩はしてても通じ合ってて本当は仲良し
なんだよねw。
 
これの続編って、まだやってんのかな? 見てこよう。

投稿者:kinenchyu投稿日:2009-05-06 22:32:00
原作を知ってる人が見る作品だったんですね。
投稿者:william投稿日:2009-03-28 00:21:17
歌のシーンは何の意味があるの?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-10-02 03:59:21
【ネタバレ注意】

ビー・バップ世代に取っては懐かしさを禁じ得ない作品だった。キャスト陣では山田がハマリ役で、助演男優賞モノだった。
作品自体の事を言えば、長い!他には山田のマブダチと高岡の区別が途中まで付かなかったので、途中で何で髪型や小栗への口の利き方を変えたのか分からなかった(笑)。あと黒木メイサが作中に溶け込んで無かったし(歌もね)、遠憲は撃たれたやべが海から上がって来る事は分かってたんだから、待っていたのは万が一に備えての思いやり?

投稿者:irony投稿日:2008-09-29 17:25:45
とりあえずリンダマン、最強ってことでOK? 原作は既読だけどオリジナルな脚本なワケね 春道はでてこんけど電車男が出てた、しかもこれがなかなか堂に入ってる 原作ファンの小栗がこれまた生き生きと熱演してました

 三つ編み高校生にヤクザが出入りする高校となかなか見られる風景ではありません

投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-05-15 09:36:34
 
原作は未読。
どうせ女の子向けのアイドルヘナチョコ不良映画だろうと思って観たら、
これは面白い。すっげえ面白い。すいませんでした。
「ウォリアーズ」しかり「けんかえれじい」しかり、ゲンコツ対ゲンコツ
のケンカ映画って、なんか本能スイッチを押されてワクワクさせられる。

主演の小栗旬の本気さがいい。こんないい役者さんだとは知らなかった。
山田孝之の怪演もすごい。脇役もきっちりキャラが立ってパワフル。
登場人物に存在感があるから、クライマックスの大乱闘も燃える。
まあ黒木メイサの歌はいらなかったけどさ。

恋愛とか内省とかウダウダしてばっかりの日本映画に、久々に誕生した
エンタテインメントの快作。ホント面白かった。
投稿者:ヘナチョコ投稿日:2008-04-05 00:59:40
抗争、暴力がメーンの内容だが、
全くグロさがなく、爽やかに見れるのは好感もてた。
原作を知らないので、各キャラクターの関係があまり把握できなかったが
十分楽しめた。
投稿者:放置映画投稿日:2008-01-11 05:09:50
昔見た「ビーバップ・ハイスクール」には楽しんだ記憶がある。題材的に合わないということはないはずなので、やはり現時代的背景と年齢による嗜好変化もあるのだろうが、それにしても時間が長く感じた映画だ。あ、一番の原因は、三池が描くキャラクターに人間性も監督の思い入れも全く感じないという過去作品からの先入観が大きいのかもしれない。

後半クライマックスの乱闘シーン。
スローモーションやカットバック等を駆使し、20分にも及ぶアクションシーンが平板になるぬよう努めている跡は見えたが、いかんせんただ殴る蹴るが延々続くだけではハリウッドアクションが氾濫している現代においては、何の高揚感もなく妙に淡々とした印象。人間の狂気も殴打の痛みもない、まさに漫画の中の世界。

ただこういう映画も、昭和ノスタルジーという観点で一般には受け入れられるだろうなとは思う。
投稿者:かっこう投稿日:2007-12-23 23:42:19
【ネタバレ注意】

ただケンカだけでのし上がるワケではなく、人望でもって仲間を増やすってことに重きをおいている面白い設定。それぞれがそれぞれに魅力的なキャラ。だが、多分原作ではキャラがたっているんだろうたくさんの登場人物たちを、残念ながら映画の短い時間ではさばききれていないように思える。1年生や2年生は省いてもいいかも。解説役になってる1年生たちには少々うけた。チンピラの片桐は良かった。かっこ悪くてカッコイイ。ケンカシーンは結構激しく見ごたえあり(厳しい人もいるかも)。最後、鈴蘭制覇に関するリンダマンの言葉は味があってよい。なるほどね。

投稿者:Longisland投稿日:2007-11-15 01:05:01
深い映画史的知識に裏づけされたコメントを寄せられている「黒美君彦」さん「はこまる」さんの好意的な(つうか思わず見たくなるような)コメントを読んで、過去三池監督とは違い興行収入が中々落ちないことに興味を覚え午後のCQNへ。10代後半から20代女性の複数連れ中心に50%の入り(公開3週目としては立派)

おもしろいじゃん。 原作は未読っうか知らないけど学校という組織のトップを目指す設定、メイン&サブキャラの個性的でいて魅力的な設定が、そんでもって演者がいい、直接的な性描写皆無、これ以上現在の日本映画・青春映画に何を望めばいいんだ〜というほど完璧な作品。
本作品の魅力について前記お二人が的確に表現されていて付け加えることありません、あえて語らせてもらえば「誰も死なない」ところが立派! 後半のかなり長いケンカシーンも色調を変化させたり、騎兵隊の登場(映画的例えね)があったりと味付け(演出)を換えることで長さを感じさせない。

重複しますが 良い子の皆さん、悪い子の皆さんもあんなケンカしちゃだめだよ。 マジ死ぬから。
投稿者:ビリジョ投稿日:2007-11-06 15:41:30
 個々の集団の意味づけがはっきりしない。その人がなぜそのグループに所属するのか理由がよく分からないまま物語が進行する。そもそも、グループAとグループBとの違いが無きに等しいので、その曖昧さが観る者を不安にさせる。曖昧さに流れがちな昨今の若者としてはこれが自然な在り方なのだろうか。
 そういえば、「民主党」という意味づけのよく分からない曖昧な集団が大きな議席を獲得していることなどを想起させる。「公明党」「共産党」といった、あまりに意味づけのはっきりした集団を敬遠する風潮を、この映画も具現しているのかもしれない。
 しかしながら、よく意味の分からないまま集団となったグループは、結びつきが弱いのではないかと想像する。容易に集まるのと同様に、容易に崩壊するのではないか。その意味では、ラストに「卒業」という集団崩壊の契機がきちんと提示されたのは良い点だった。高校における集団とは実は一過性の集団に過ぎず、彼らがそのことに気づくのには時間がかかる。

 もう一つ気になった点が、教師や親といった大人の存在感の希薄さである。(ヤクザは出てくるけども。)彼らを抑圧しているのは対立グループなどではなく、実は大人たちである筈なのだが、この映画は故意にか無意識にか、そのことを捨象している。それでいいのだろうか。うるさい大人を切り捨てて、子供同士でケンカに耽溺するのが、彼らには心地よいのだろう。心地よさだけを追求する、そんな映画もアリだとは思う。私はそれは、少し違うと思うけれども。
投稿者:さち投稿日:2007-11-03 21:07:37
すばらしい
投稿者:ズンタ投稿日:2007-11-02 10:38:54
【ネタバレ注意】

三池作品としては、まあまとまってたかな

海老中トリオとリンダマン、坂東が出てるので原作と繋がりはあるが
別なクローズに仕上がってた


ただラストの黒木メイサの歌はちょっと....
もともとスパイス程度の出演なので歌にかぶせなくてもよかったなあ
合コンシーンのみぐらいでよかったかも

小栗もいいんだけど、なのより山田が凄い
あの虚ろな眼差し はまってました

そういや映画館で源治ヘアーの奴いたな(笑)

投稿者:きゃる投稿日:2007-11-01 23:16:36
なんで暴力という非生産的行為が映画の素材になるくらい受け入れられるのか、
スポーツとも、アートとも違う「喧嘩」の美学は、実は人間の本性でしょうか。
まあ、そんなことはどうでもいいですが、
原作のコミック「クローズ」を読んでいるので、オリジナルのストーリーとはいえ、
強いリンダマンがうれしかったり、元気な1年の中に春道を探したりしました。
投稿者:psycomu投稿日:2007-10-28 13:06:08
かなり面白かった
殴り合いのキレも良くて、最近のハリウッドアクションに食傷気味な目にはとても新鮮
基本的に悪人が不在な各々のキャラクター設定も好みですね
原作マンガは読んだこと無いですけど、読みたくなってきますねぇ
投稿者:ぺん投稿日:2007-10-28 03:54:44
全体としては、Vシネぽっくってとっても良い感じ(笑)。とは言え、劇場公開
用ってことで、小栗、山田が主演ってことが、ちょっと心配だったんだけど、
蹴りのキレや山田のプロレス技のキレが結構良かった。多少早廻ししてるん
だろうけど。
最近は、アクションシーンがクンフー的で食傷気味だったので、ステゴロ(素
手喧嘩)のアクションが意外に新鮮な感じ。贅沢言えば、ラストは、黒木メイ
サのカットの挿入無しでアクションだけにして欲しかったかな。
投稿者:はこまる投稿日:2007-10-28 00:56:25
製作MATA・YAMAMOTO(笑)三池ワールドという約束事を無視しても、活劇映画、そして青春映画としても秀作だと思います。観ていて往年のゴールデンハーベスト印の映画を思い出しました。
舞台は一応学校であり、海外では誤解を招きそうな描写が続きますが「アジア映画」としてもこの内容なら充分通用するでしょう。かつて『マッドマックス』を観た日本の子供達がオーストラリアにかなりビビったように、アジアや欧米の子供達もこれには驚くこと必至だと思います。ひょっとしたら日本にはヤクザの養成学校があると思われるかもしれません。

そして、この映画をスクリーンで観る者は映画スター「小栗旬」の誕生の瞬間を目にすることとなるでしょう。素晴らしい役者の誕生です。
彼は同じ三池監督の『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』(07年)ではタランティーノと桃井かおりの息子(笑)という難しい役を演じ、伊勢谷友介や安藤政信になぶり殺しにされていましたが、本作では堂々の主役。期待に応え見事な輝きを魅せています。今年の新人男優賞は当確でしょう。
館内はほぼ満員、若い女性がやけに多いと思ったら、ナルホド既にご存知だったのですね。雨の中のタイマンシーンで、濡れる前髪をかきあげる仕草にヤラレタ方も多かったのではないでしょうか。暗闇で「映画」を観ていると、何年かに一度こういう「スター」が生まれる瞬間に出会うことができますが、本作は正にそれを目撃できる映画となっています。

また、原作マンガは読んだことがありませんが、オープニングの入学式でのバトルロイヤルから好調。強面の兄ちゃんたちが血まみれになり、ボロボロになりながら最後まで一気に突っ走って行きます。クライマックスが少し『パッチギ!』みたいになりますが、「魂(ソウル)系」の井筒のおっちゃんと「即物系」の三池監督は若干ニュアンスが異なっており、これはこれでかなり妖艶な「映画美」に昇華しています。
珍獣レベルにまで突き抜けた様々なスタイルのヤンキーたちが出て来て退屈させませんが、それらが大挙して暴れまわるのだからもう言うことはありません。童貞描写も完璧。電車男がかなり強いのには館内拍手喝采でしたよ。

上映終了後、前を歩く中学生達の歩き方が、やけに肩を怒らせガニ股歩きになっていたのを目撃!嬉しくなりました。でもホント、君たち危ないからあんなケンカ真似しちゃ絶対ダメだよ。間違いなく死ぬから(笑)

繰り返しますが、2007年秋、必見の日本映画です。
投稿者:リEガン投稿日:2007-10-27 13:47:19
三池崇史監督には珍しくストレートな拳闘アクション。わかりやすい。小栗旬はじめ、山田孝之ややべきょうすけなどの俳優陣が実に魅力的だ。黒木メイサのエピソードだけがちょっと辛かったかな。原作コミックが読みたくなった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-10-07 17:20:22
相変わらずの三池ワールド。狂気と暴力に溢れてはいるものの、実は正統的な青春映画として成立している。
こうした作品は勢いがすべてなので、リアリティーとか演技とかは二の次(苦笑)。ブラックな笑いもそこここに散りばめてあって意外に?面白く観ました。小栗旬をはじめとする若者たちの熱演はなかなかではあります。
これだけバイオレンスがあって誰も死なないという不思議な物語。よい子の皆さん、真似はしないようにしましょうね。死にますから。
【ミュージック】
【CD】 「クローズ ZERO」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,880
4新品:¥ 2,635より   28中古品¥ 143より 

【書籍】
■原作
【コミック】 新装版クローズ(9)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   14中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(8)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   22中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(7)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   16中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版 クローズ(2)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   45中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(22)(完結)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   12中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(21)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   10中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版 クローズ(1)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   43中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(18)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
2新品:¥ 648より   13中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(17)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
2新品:¥ 648より   15中古品¥ 1より 

【コミック】 新装版クローズ(16)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
新品:
1新品:¥ 648より   16中古品¥ 1より 

■映像関連書籍
【ムック】 クローズZERO OFFICIAL PHOTO BOOK (AKITA DX SERIES)
新品:
9中古品¥ 1より 

Amazonで「クローズZERO」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION