allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クローズド・ノート(2007)

メディア映画
上映時間138分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/09/29
ジャンルドラマ/ロマンス
私と彼女を結ぶ、
世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
参考価格:¥ 6,480
価格:¥ 2,900
USED価格:¥ 837
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:行定勲
製作:島谷能成
安永義郎
細野義朗
村松俊亮
宍戸健司
プロデュース:春名慶
企画:春名慶
エグゼクティブプ
ロデューサー:
市川南
プロデューサー:甘木モリオ
アソシエイトプロ
デューサー:
山内章弘
臼井央
原作:雫井脩介
『クローズド・ノート』(角川書店刊)
脚本:吉田智子
伊藤ちひろ
行定勲
撮影:中山光一
美術:都築雄二
編集:今井剛
音楽:めいなCo.
音楽プロデューサ
ー:
北原京子
主題歌:YUI
『LOVE&TRUTH』
VFXプロデュー
サー:
篠田学
衣裳デザイン:伊藤佐智子
絵:下田昌克
照明:中村裕樹
録音:伊藤裕規
助監督:大野伸介
出演:沢尻エリカ堀井香恵
伊勢谷友介石飛リュウ
竹内結子真野伊吹
永作博美可奈子
板谷由夏山崎星美
田中哲司鹿島
サエコ池内ハナ
中村嘉葎雄喜一郎
黄川田将也夏目涼
篠井英介瀬川
粟田麗君代の母
山口愛水原君代
石橋蓮司中沢正道
【解説】
 雫井脩介の同名小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督、「パッチギ!」の沢尻エリカ主演で映画化した感動ラブ・ストーリー。引っ越し先で置き忘れられた一冊のノートを偶然手にしたことで、その後の恋と人生が大きく変わっていくヒロインの姿を巧みな構成で描き出していく。共演は伊勢谷友介と竹内結子。
 女子大生の香恵は、引越し先のアパートで、前の住人が置き忘れた1冊のノートを見つける。ある日彼女は、バイト先で万年筆を買いに来たイラストレーターの石飛リュウと出会い、次第に心惹かれていく。そんな中、後ろめたさを感じつつも、ついノートを開いてしまう香恵。それは、真野伊吹という小学校の女性教師が書いた日記で、生徒との交流や、隆という男性との恋の悩みなどが綴られていた。読み進めるにしがたい、伊吹先生に憧れを抱き始める香恵。次第に伊吹の恋とシンクロするように、香恵もまた石飛への想いを募らせていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
733 4.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2017-02-17 00:22:15
【ネタバレ注意】

おそらく、ラストで校舎からいっせいに紙飛行機を飛ばすシーンから映画の筋を考えたのですね。
それはやってもいいのですが、途中があまりにお粗末。
原作の堀井香恵は少し「天然」ですが、愛すべき性格で頭もよい。映画のヒロインは全然似てなかったです。

ではどうしたらよかったか。
ヒロインが隆のアパートで星美さんから「意中の人」を教えられても、星美さんは隆にはヒロインの来たことは教えない。隆がヒロインのアパートにこなければ、ヒロインは隆の個展のパーティーに出席するでしょう。ご要望どおりマンドリンを演奏する。
パーティーが終わったら、そっと日記を渡せばよい。むろん、日記の最後のページは破られていない。
伊吹先生は、息吹賞のアイデアでも書いた紙を折って窓から校庭に飛ばせばいい。子供が拾えば、当然伊吹先生の書いたものだとわかるでしょう。

こうすれば、脚本の破綻もなく、「感動のラストシーン」につながるでしょう。フツーの人ならできると思うが。

投稿者:とむ@香港投稿日:2011-02-13 18:15:41
【ネタバレ注意】

終業式の日に亡くなって、何故日記があそこにあるんだろう。
最近(遅まきながら)逆転裁判にハマっているので、思わず叫んでしまった。

そればかりが最後の場面で頭に残って、全てが台無しでした。
べたなストーリーながらもナルホドと思いながら見ていたのですが。

面白いですか?・・・別に。http://twitter.com/#!/tomoyuki1205

投稿者:bond投稿日:2010-04-02 09:58:33
エリカ様も映画ではいいんだけどなー。いい話で爽やかなのだが、何故か泣けなかった。ハリウッド映画を混ぜてなぞった感じ。
投稿者:きらきら投稿日:2009-05-31 21:36:42
これはちょっとキツイぞ……。
ビデオで見たが、何度リタイアしたかわからないもの。
なんか「ファンタジー恋愛モノってこんなものだろ」とでもいうかのように、常套的な演出が延々と続く。
すべて段取りっぽい。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2009-05-02 22:53:43
年代は2006〜2007年と現代の設定ながら、非常にノスタルジックな雰囲気に溢れた作品。それがこの作品の評価の分かれるところだと思います。別の方も書かれていますが、今の日本にはまずあり得ない世界を描いているので、それをリアリティのない絵空事と受け取るか、かつては間違いなくあったであろう世界の再現を楽しむかで、全く評価は違ってくると思います。僕は後者です。このゆったりとした雰囲気と美しいロケーション撮影に魅了されました。ロケーションに使われた京都の町並みを歩きたくなりました。
ただ、時間が少し長いのと、編集の段階でカットされたことにより、親友の恋人・鹿島の存在が全く意味を為さなくなってしまっているのは、ちょっといただけないです。これは編集の能力の問題ですね。

役者陣では、伊吹先生役の竹内結子がやはりいいですね。下手な女優がやったら全くリアリティのない役になってしまうところを、見事に爽やかに且つさらりと演じてくれています。この人はこれからどんな役を演じてくれるのか、楽しみです。
投稿者:NYY投稿日:2008-07-10 19:08:12
【ネタバレ注意】

ベタなとこもあるけど、意外と良かった。
昨日、夜中に1人で見てたら、なんかノスタルジックな気分にな
って、ウルウルしちゃった。
これは、劇場で見たかった。
 
謎解きとしては、早い段階で読めてしまうんだけど(そもそも、
最初に日記が見つかった時点で想像できる。)・・・
そこに、ただ一人気付かない天然なエリカ様の「性格の良さ」を
楽しむ作品w。
って面も少しはあるんだけど・・・
読めてしまった結末へと向かう、竹内結子の儚げな存在感を味わ
うための作品だと思う。
大人になった自分が記憶の中で美化しちゃってる、小学校の頃の
優しかった女の先生や、その頃に見てたような気がする風景とダ
ブって、いー感じだった。
 
愛しの竹内結子は相変わらず素晴らしい。
実に素晴らしい。
エリカ様が勝てないのは当然でしょうね。
「私じゃダメですか?」って?
ダメです。           (σ_ ̄) ホジホジ
 
学校で日記書いていたのに誰がアパートに持ってったの? とか、
荷物を整理する時に気付かなかったの? なんて、野暮なことは
言いません。
そーゆーことは普通は無いんだけどね、もしかすると、稀にある
かも知れないもんねw。
 
万年筆マニアとしては、書く時にあんなにシャーシャーと音のす
るペンは、硬くて書きづらいと思うよ。
通は、もっとヌメヌメに調整するもんだよ。
エリカ様の使ってたオレンジ色のデルタのドルチェ・ビータ(甘
い生活?)のミディアムの方を、ボクも持ってるけど、あのペン
は太いとこは良いが、ペン先がちょっと硬い。
デザイン重視のイタリア製って感じで、お勧めできません。
って、万年筆使ってる人は、1%以下らしいから、あんまり
意味の無い話でしたw。
 

投稿者:Cinema☆万歳エンゼル投稿日:2008-05-27 02:18:25
【ネタバレ注意】

.
ものすごい完成度。

行定監督の上品な空気が隅々まで行き渡る。

何というか、昭和とも違う、
いい感じの懐かしい空気とでもいうのか。
ノスタルジック?

彼氏のトリックというのか何というか、
上手い効果ですよね。

伊勢谷友介、やっぱ、かっこいい。

万年筆屋の永作博美さん、素敵なお姉さんでしたぁ。


竹内結子演ずる、矢吹先生が、好演だなぁ。
「こんな先生が、今もいたらいいね」と思っちゃうよ。

そして、「堀井香恵」の沢尻エリカ。
なんか実力あるっていうか自信に溢れてますよね。
オーラ?

いい意味で「ふっきれない切なさ、哀愁」を演じるのに、
この人は抜群なんじゃないでしょうか。
みていて安心だなぁ。

話としては、
サキちゃん、この子がここまで元気になれたのは、
伊吹先生の頑張った象徴なんだろう。

さらに堀井香恵が、この日記で勇気づけられ、
そして、三角関係というか何というか、
何かしら決着をつけなくてはと
会おうと決した相手も先生。

最後、飛石に贈る言葉さえも。

真野伊吹先生、あなたがこの映画の主役。
クローズドノートは、あなた。

素敵な映画でした。
ありがとうございました。

投稿者:aaf投稿日:2008-04-06 17:32:59
最近これくらい誰も見ていないのに話題になった作品も珍しいですね。
興行的にはイマイチだったけどDVDやテレビ放映では良い数字を残しそう
ですね。

それはそれとして作品の内容ですが
非常にレトロ調と言うか時代背景が昭和40年から50年代なんじゃねーのか?
と思ってしまったくらい町並みや出てくる人が懐かしいです。

携帯電話が出てくるのですが完全に場違いなアイテムって感じで
それさえなければ1970年代の作品と言ってもいいのでは?

ヒロインの住んでいるアパートからして木造の2階建て
石畳の階段。マンドリンを弾く乙女。
さらには手書きの鍵のついていない日記帳。万年質。万年質屋さん(あるのか?)
グラインダーでペン先を作っている職人。紙に彩色するイラストレータ。
自転車の2人乗り(しかも男女のアベックで)鯉の住む川 それに架かる人だけが
通れる手すりもない石畳の橋。舗装されていない道路。
さらには学級破壊もされていないよい子の住む小学校。レトロな図書館。

うむ・・・住んでみたいかも

そしてそういう背景に忍ぶ恋を演じる竹内結子。
そして色彩が濃い映像。ありえない世界がそこに展開しています。
非常に美しい。でも決して存在しない世界。

肝心のヒロイン(って言うか狂言回しの役ですね。)我らの沢尻エリカ嬢
競演している永作博美に非常に印象が被りますね。
ふっくらしたほっぺに丸い目。可愛い造形なのに声は低温。
同じ制服を着ていると間違えそうです。演技も上手ですね。
昔、山城新伍が「世の中には男性、女性、女優と3種類の生き物がいる」って言って
ましたけど有名女優さんなんてあんなものでしょうけど夢を売る商売ですから
ほどほどに・・・日本版リンゼイ・ローハンにならないように。
永作2世には、なれそうな予感です。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-10-27 18:21:34
【ネタバレ注意】

パイレーツ〜から3ヶ月…ひさびさのシアター鑑賞です。
タマにしか観に行かない僕が何で本作(しかも邦画〜アクションでもない…)を観にいったか?
勿論、エリカ様にコメントしたからですねぇ〜つまりは「エリカ様効果」…とでも申しましょうか。

いや「パッチギ!」も出演した友達(知り合い、じゃよそよそしいかな?)は、こ〜んなぶっといDVD-BOXを買ったらしいが、まぁフランケンシュタイン・シリーズは借りたのだが…門外不出かも…でまだ観ておらず。

沢尻といえば、今の所「SHINOBI」〜これはキャラクター最高。

まぁ本作なのだが、素晴らしいです。

何が?って、映画としての演出、ストーリー〜そして泣かせる伊吹先生のキャラクターが。
あのね、イラストレータだって言ってるんだから、謎が予測出来るのは当たり前なの。騙されたい人は観なくて良い…まぁ普通に裏切りませんので。(逆にヒネって裏切ったらブチ切れるかもだぜ)

もう仕事に恋に、伊吹先生の奮闘ぶりが時に楽しく、時に泣ける!〜っーか目を腫らして映画館を出ました。

それに絡む沢尻は、いや彼女も上手いのだが、このキャラは、ただ可愛い(美しい?)キャラじゃない。スゲー素直だし、嫌な男にブチ切れもしないが、自分の思い通り物事が運ぶように先輩の「心の強さ」を糧として強力プッシュします…押しかけ女房的。マンドリンの合奏をブチ壊す間違いを何度もするのが、また最高〜イラストが超ヘタなのも素晴らしい。モデル代に花束贈呈を要求?するし。〜彼女が僕らを泣かせるのは、伊吹先生絡みの言葉(心の強さを教えて貰ったetc.)と謎が解けた(としておこう)時の飛び出しです。ミートボールは食ってたら気付いたのかな?〜川の伝説は反応が微妙だったが。

そしてオープニングで見せた紙飛行機のトリッキーな演出の理由が明かされ、小学生達が空一面を紙飛行機に染める…これも愛です。本作で誰が一番重要で魅力的なのか?それは間違いなく竹内結子です。 いま会い、とか観てないのだが、代表作かもですね。

※どうでも良い事だが、彼女が帰りに…なら、持っていた筈(学校には無い)。帰ってその後なら、そんな謎は元々無いね。

投稿者:Longisland投稿日:2007-10-19 00:07:36
なんぞもう2週間以上前に観たのだが・・・ 感想書きずらい作品。

作品中の可憐な沢尻エリカと舞台挨拶のビッチ振りがどうにもかみ合わない。

行定監督の丁寧すぎて暴走しちゃう芸風が健在、つうか好きです
投稿者:ミーナ投稿日:2007-10-09 23:37:21
沢尻エリカの舞台挨拶での態度は「あれれ?」と思った。
確かに記者に彼氏の事しつこく聞かれて不快な気分になってインタビュー嫌いになるのはわかるけどあの場であんな態度取るのはまずいな。
でも映画の評価は別だね。
それなりに楽しめる内容だったんじゃない?
ラブストーリーとしての出来はちょっと足りない気がするけどドラマと
して見れば面白いんじゃぁない?
ちょっとあっさりしていて驚きが少なかったかな?
もっと驚き&重みが欲しかったかな??
でも沢尻エリカも竹内結子も演技上手だったからいいけどさ。
投稿者:リEガン投稿日:2007-10-01 09:19:47
【ネタバレ注意】

意図したものか、伏線のつもりかはわからないが、早い段階で謎がわかってしまって長く感じた。「いま会い」っぽい竹内さんに「ハチクロ」っぽい伊勢谷くんでした。YUIはいいね。

【レンタル】
 【DVD】映画 「クローズド・ノート」 Music Movie with YUIレンタル有り
 【DVD】クローズド・ノートレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION