allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(2007)

LA MOME
THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF
LA VIE EN ROSE [米]

メディア映画
上映時間140分
製作国フランス/イギリス/チェコ
公開情報劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月2007/09/29
ジャンルドラマ/音楽/伝記
そして「愛」は歌い継がれる──

愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語
エディット・ピアフ~愛の讃歌~ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,007
amazon.co.jpへ

 Photos
エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜

【解説】
 『愛の賛歌』や『バラ色の人生』をはじめ数々の名曲で知られる伝説のシャンソン歌手、エディット・ピアフの偉大な足跡と、歌と愛に生きた47年間の波瀾万丈の生涯を綴る感動の伝記ドラマ。劇中で歌われた歌のほとんどは、実際にピアフ本人の音源から使用されている。また、20歳から晩年までのピアフを見事に演じきったマリオン・コティヤールには各方面から多くの賛辞が寄せられた。監督は「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」のオリヴィエ・ダアン。
 1915年、フランス・パリの貧しい家庭に生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガション。母は路上で歌を歌い、日銭を稼ぐ毎日だった。その後、祖母が経営する娼館に預けられた彼女は、娼婦ティティーヌたちに可愛がられ束の間の安らぎを得る。やがて兵役から戻った父に引き取られると、路上で大道芸をする父の手伝いをする中で、自らも人前で歌うことを覚えるのだった。そして1935年、路上で歌を歌い日銭を稼いでいた彼女は、パリ市内の名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレにスカウトされ大きな転機を迎えた。ルプレによってピアフと名付けられた彼女は、歌手としてデビューするや、瞬く間にスターダムへと駆け上っていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
867 8.38
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-06-17 04:59:16
コティヤールは入魂の演技。時系列をいじり過ぎた感がある。
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-06-11 21:50:22
という素朴な疑問。あと伝記ものにいいものは少ないね。実在の人間は簡単には絵にならないということか。どうしてもこのM・コティヤールは好きになれない。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-03 23:36:28
マリオン・コティヤール
投稿者:クリモフ投稿日:2010-03-16 16:07:33
エディット・ピアフの伝記映画なんですが、これがまたなんというか評価に困る作品で、、、。やはり実在の人物を映画化すると、作り手と主人公との距離感が非常に難しいわけで、移入しすぎても駄目だし、クールに撮っても意味がない。かといって、極端なエピソードを入れると、人物が曲解されちゃうから、幅広くアンパイ的にストーリを作っていくと、やっぱりこうなっちゃうんだよねぇ。
苦労、挫折、栄光、恋愛、堕落というわかりやすいキーワードのエピソードトーク。確かに非常に気を使って撮ってるんですが、もう既視感があります。観ている最中、ロレッタ・リン、ジャニス、ジョニー・キャッシュ、レイ・チャールズといった面々が浮かんでしまい、やっぱり多くの伝記映画の王道パターンに陥ってしまっている印象。有名人は同じような苦労が多いのでしょうか(笑)
マリオン・コティヤールについても、言われているほどいいと思えませんでした。熱演ではあるかもしれないけど決して名演ではないと思います。入れ込みすぎ。割と好き女優なだけになんか残念。実際と異なる容姿や老け役、実在の人物だと高評価になる傾向はなんか複雑な感じです。モデルがいるからモノマネっぽくなってしまうしね。
クオリティ云々より、自分には合わず。主人公は最後まで魅力的に見えませんでした。
投稿者:uptail投稿日:2009-12-21 08:58:27
演出:8
演技:9
脚本:8
音響:8
投稿者:gapper投稿日:2009-12-18 23:38:34
 単なるドラマとしても十分楽しめる、ピアフの伝記作品。

 フランス語のせいなのか、マリオン・コティヤールがうまいからなのか、技術が向上したためか歌の吹き替えは気にならなかった。
 カットバックや時系列の移行があり少し分かりにくく長いが、それでも飽きることなく楽しめた。

 イブ・モンタンとのかかわりや、最も好きな”愛の賛歌”の逸話が少なくここは不満。
 マリオン・コティヤールは、やりすぎと感じるところもあったもののアカデミーに値する演技。

 ルイ・ルプレの殺害についての経緯がさらりとしているが、フランスの闇の部分であるので敬遠したのだろうか。

 歌は本人のものとのことだが、デジタル処理を施しているのかノイズなどなく聴ける。
 ただ、加工しているためかフルコーラスはなかったように思う。
 このあたりは、ドラマの部分に重点を置いているからだろう。

 昨日、「ベティ・ペイジ」を見たが、「ベティ・ペイジ」のように過去を懐かしむような作りではない。
 モノクロなど使用せず、ピアフの人生をドラマとして映像化することが最優先にされていて、それがドラマとして完成されたものとしている。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-09-11 01:24:58
眉毛を剃り落としただけだと思っていたマリオン・コティヤール・・・とんでもなく凄い事になってました!
そりゃ、眉毛剃っただけでオスカーを獲れるハズないんだけど(笑)
まず、ウンザリするぐらい品のない女を見事に演じきっていたし、背中の曲がり具合とか弱っていく身体を完璧に作り上げていました。
とり憑かれたようなあまりにも凄まじい演技に終始、目を奪われ続けました。

伝記映画にありがちな事実の説明を並べただけの作品ではなく、歌に乗せて家族や友情、隣人愛や異性愛を描いているのでドラマティックな仕上がりに感じました。
やっぱり歌が与える影響ってスゴイんですね。
ただ、端折った感もあり、、それが物足りなさに繋がる事も(汗)
特に不幸な生い立ちと成功後の幸せな日々の対照的な部分にメリハリがなかったように感じました。
ほとんどが不幸そうにも見えるし、ほとんどが幸せそうにも見えるし・・・みたいな。
それとコティヤールの怪演に押されピアフの魅力が霞んでしまったかも・・・。
彼女は人のために祈りを捧げるひと・・・というシーンに彼女の人間性をチラッと感じましたが、もっと繊細な部分や愛に生き愛を求めた一人の女性として強めに描いたほうがコティヤールの怪演に負けずに済んだかもしれません。

時間軸がバラバラですが、そこはコティヤールが上手く演じ分けているので複雑な印象ではありませんでした。
でも、シーンの切り替わりに流麗さがないのが残念だったかな・・・。

とりあえず・・・伝記モノというのは描かれている人物のファン限定みたいなジャンルですから、私のような『ピアフ=愛の賛歌のフランス人』ぐらいの知識しか無い者には100%楽しめない作品なのでしょうね。

正直、エピソードやドラマに関しては薄い感じがしましたもん(汗)
だから、評価の大部分はコティヤールの演技に対するものです。
投稿者:bond投稿日:2008-09-10 12:12:32
苦労して成功したパターンだが、孤独だったんだねー。こりゃ主演女優賞もんの演技でしょう。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-09-10 01:01:35
もうちょっと下品に演じてくれないとね。それから華麗なる男性遍歴のはずがちょっと淡白に感じたかな。
投稿者:irony投稿日:2008-09-08 05:48:52
なぜ彼女が支持されるのか? 何となくわかるようような気がしないでもない(ドキュメンタリーをこの作品のあとチョロッと見たけど)が、この作品じゃただのワガママという印象しか受けないしドラマ性がちょっと薄い 日本ならやっぱり美空ひばりかなぁ? 彼女の曲を使った動物(猿だったかな?)のCMを思い出したけど何のCMだったかなぁ・・・思い出せん・・・
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2008-03-13 13:01:01
ピアフって徹底的にいやなヤツだったんだね。
マリオン・コティヤールはがんばってヤナ奴を演じていました。
しかしここまで我がままだと感情移入ができん。
もっとも有名なイブモンタンとの愛のエピソードが
全く描かれていないのは解せない。
マリアカラスや美空ひばりとかの人生にも通じる気がします。
投稿者:リEガン投稿日:2007-10-27 10:50:00
【ネタバレ注意】

驚きだ。歌をひたすら愛し、何の飾りもない心赴くままの壮絶な生き様。本当にこんな女性がいたのか。彼女に扮したマリオン・コティヤールもまた凄い。歌う演技はもちろん、最愛の人を失った時の部屋を巡る長い1カット1シーンや、生へのエネルギーを使い果たしたような晩年のメイク姿は見事。エディット・ピアフ自身による名曲の数々はとても素晴らしいが、街頭で歌った少女時代の「ラ・マルセイエーズ」も良かった。

投稿者:Longisland投稿日:2007-10-19 00:05:20
なんぞもう2週間以上前に観たのだが・・・ 感想書きずらい作品。

そもそもピアフの人生についてほとんど知らない上に、音楽音痴としては劇中歌がどれほどのものなのか判断不能。乱暴な言い方をすれば『大御所女性歌手の我儘一生 晩年編』としか感じなかった。特に晩年?のピアフはただの我儘ババアとしか思えない(同じ我儘でも沢尻嬢の方が外見可愛いだけ救い様がある) ネットやゴシップ媒体が発達した現代なら考えられないが、当時では普通だったんだろう(エリカちゃんも時代が悪かったんだね)。

散漫でいて長尺な為、注意が散漫になり沢尻エリカ騒動とダブってきて…

そうそう、劇中登場ディートリッヒがビミョーで爆笑。
投稿者:oishi投稿日:2007-10-18 18:55:58
楽しめて得したように感じた映画でした。映画の中で歌われたピアフの歌がいづれも非常にすばらしかったからです。(ピアフ本人が歌った歌の吹き替えなのか、演じた女優さんが歌っていたのか解りませんが。)日本にも過去、現在シャンソン歌手の方はたくさんいらっしゃて聞く機会も多いのですが、歌がうまく発声も綺麗なのに心に響いてくれません。音楽のことはわからないのですが、何故ピアフに魅力を感じるのか、音楽として未完成なのか或いは音楽を超越した存在だと感じました。通常レコードやCDでしか聴くことしかできないので、殊更カフェの片隅やミュージックホールでピアフの歌に直接接していると思い込ませて映画を見ましたが、期待に応えるだけの臨場感あふれるものでした。実際のピアフの実像は知らないで、演じていた俳優さんを信ずるのみですが、これも人間味あふれるすばらしい演技で、ピアフのイメージを私の中に心象づけてくれました。(実像とは異なってるのかもしれませんが、実際を知らないものの強みです。)全体から言えば、子供時代を延々と取り上げなくてもよく、色々な人との出会いや別れ、モンタンなんかにもふれて欲しかった。更に、ピアフの実映像が残っているのなら所々に挿入して見せてくれたら更に幸福感に浸れたことと思います。ピアフが歌っている実映像を探してみたくなりました。
投稿者:た・ぴ・お・か投稿日:2007-10-14 19:54:39
 まったくもって、下の幻厳堂氏と同意見。エディット・ピアフの生涯に関しては全くと言っていいほど知識がなかった私は、幻厳堂さんのコメントを読むまでは、この映画に描かれた生涯にどれほどのドラマ性があるのか、単なる有象無象の歌手の一人に過ぎないのでは、と理解に苦しんだ。しかし、氏のコメントを読んで、この作品では彼女の軌跡を知ることはできないことがわかってやっと納得できた次第だ。

 とにかく場面があまりに切り貼りなために、感情が持続せずに寸断されてしまうのは致命的。例えば、エディットが恋人のマルセルを失った失意からどう立ち直るのか?と期待すれば場面は晩年に切り替わってしまう始末で、これでは感情の移入も何もあったものじゃない。そして、肝心のマルセルとの恋にしても、上っ面をなぞっただけでは、彼を失ったエディットの哀しみの深さなどわかろうはずもない。

 おかげで、観終えた後に何の感慨も残ず、単なるエピソードを時系列を無視して羅列させたドキュメンタリーを観たような気分だった。ドラマ性など全くと言っていいほど感じられない。繰り返しになるが、私はエディットの生涯については、この作品で初めて知ったのだが、他にも同様の観客は少なくないだろうと思われる。そんな観客がこの作品でエディットのすべてを知ったような気になってしまったら、それはエディットの軌跡を貶めるような行為に等しい。そして、観客にそのような過ちを犯させるこの作品を、残念ながら評価することはできない。http://www.tapioka1002.com
投稿者:幻巌堂投稿日:2007-10-11 15:44:05
 2時間20分もの尺があるのなら、もう少し小マシな出来上がりかと思ったが、これは酷い!! 最初に断っておくが、私は決してピアフの熱烈なファンじゃない。彼女の歌を聴いたのも僅か35年前、「愛の讃歌」はブレンダ・リーで、「ラヴィアン・ローズ」はサッチモで初めて聴いたくらいだ。でも、彼女の「アコーディオニスト」は常に大好きな100曲の中に入るくらい愛している。
 何とも後味の悪い作品だ。なぜこんなにも最晩年の姿に拘らなくちゃならないのか。ベッドからの告白手記のような、彼女の自伝をベースにしたためか。それなら、なぜモンタンやアズナブール、ムスタキとのエピソードがはずされるのか。彼女自身が世紀の恋だったと語るマルセル・セルダンとの恋に彼女の人生を集約させるためなのか。百歩譲ってそうした思惑を認めても、寸断される時系列の問題などではなく、箇条書きのようにエピソードをぶつ切りにしたこの展開では、ドラマは一向に生まれてこないし、これじゃまるで質の悪い再現ドキュメントだ。少なくとも、スクリーン上でのピアフはマルセルとの恋のエピソードではほとんど輝いていない。
 結局は、この監督ってピアフのこと何にもわかってないんじゃないのか。作品を見る限りでは、ピアフに対する愛情もリスペクトもほとんど感じられない。とここまで書いてきて、32年前に2度観たギイ・カザリル版「愛の讃歌」を思い出した。シモーヌの書いた伝記をもとにしたあの映画、私は大好きだった。主演のブリジッド・アリエルも、背がちっちゃくて歌う姿はピアフによく似ていた。彼女に比べればマリオンのピアフは、私にはそっくりには見えなかった。本人のビデオと見比べると、よけいにそう思う。ルイ・ルプレの描き方一つとっても、オリヴィエの演出では善人に描かれすぎて興醒めだ。
 本国フランスでは大ヒットしたというが、要因は作品自体とは別のところにあるような気がする。
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2007-10-10 23:08:20
この作品はよく舞台化され、名曲「愛の賛歌」は有名ですが、彼女の壮絶な生涯は意外にも余り知られてないみたいです。とにかく2時間20分に彼女の生涯が詰め込まれて内容は難しくはないのですが、次から次へと場面が変わります。始まりは後世の舞台上ですが、映画上は年少期からの生い立ちと後世がシャッフルして、字幕吹き替えのせいもありますが、ちょっと気を抜くと何の場面か、何を言いたいのかが分からなくなります。しかし、全体の出来は素晴らしく、伝記と言うジャンル上、近年には珍しく昔ながらの正統派映画です。ピアフを演じた主演の女優陣が良く彼女らの歌う歌に力が込められている。実際、映画で披露された各々の名曲の音源はピアフの生歌を用いたらしい。全体的に暗い作りですが、見せ場が満載で、ノンフィクションなのが信じられない位壮絶な人生です。サブタイトルの「愛の賛歌」ですが、愛も盛り込まれたと言う印象でした。終わりのシーンがちょっと分かり辛かったです。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-10-01 23:38:21
【ネタバレ注意】

幾つもの時間軸を往き来しながらエディット・ピアフの人生を綴ったこの作品は、彼女の生涯について無知だった私には大きな衝撃ですらあった。
もちろんエディット・ピアフ(1915〜63)の歌声やシャンソンの定番として歌い継がれてきたその代表曲は幾度となく耳にしてきたことがある。
だが売春宿での幼少期や視力を失った日々、父親との極貧生活などを経て、やがて才能を見出された彼女の人生については何も知らなかった。

才能ある人はみなわがままだ。エディットもまたそうだった。それは彼女がいないと周りの人々の生活すら成立しないということを知っているからでもあるだろう。だが一方で彼女は常に闘っている、という印象も強く持つ。いい人を演じるのではなく、「エディット・ピアフ」であり続けることにこだわり続けた生涯だったのだろうか。
そしてまた名声を得ながら彼女は決して幸福を実感できなかった。
彼女を見出した恩人ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)は殺害されたときは一時彼女に嫌疑がかけられ、唯一心から愛したボクサー、マルセル・セルダン(ジャン=ピエール・マルタンス)ですら、予期せぬ飛行機事故で突然この世を去る。
いつ不幸のどん底に落ちるかわからない…そんな強迫観念が彼女をアルコールや薬物に追いやったのではなかったか。

映画的にも優れている。撮影はフランスで高い評価を得ている永田鉄男。決して妥協しない美術やセットが、エディットのおかれた境遇を的確に示す。演出でも、マルセルが死んだという一報を聞いたエディットが、半狂乱になってホテルの廊下を駆け抜けるとそこに舞台がある、という仕掛けで思わず胸が苦しくなってしまった。
エディット・ピアフのシャンソンは、美しい語句で飾り立てたものではなく、彼女の人生経験を背景にした庶民のためのものだった。人々は彼女の歌声とともに、彼女の歌う別の人生を生きたのだ。だからこそ、今でも彼女の歌は愛され続けているのだろうか(シャンソンに決して詳しくないので勝手な推測ですが)。

役者も粒ぞろい。フランス映画界の底力を感じさせた。
何といってもエディットを演じたマリオン・コティヤールが素晴らしい。若々しい日々から晩年までを見事に演じ分けてみせた。実際にはエディットの身長は142cmほどしかなかったというが、マリオン・コティヤールは169cmの美人女優。それを小柄に見せ、さらに彼女の姿勢や歌い方までも似せて演じてみせたのだから大したもの。
晩年のエディットは40代半ばであるにもかかわらず、見た目は70代の老婆のよう。そんな痛々しい彼女の姿までもマリオン・コティヤールは再現してみせたわけだが、歌いたい歌に出会った時の目の輝きや表情もまた忘れ難い。『プロヴァンスの贈り物』(06年米/R・スコット監督)でラッセル・クロウといちゃついていた女優と同一人物とは全くわからなかった(苦笑)。

2時間余りという短い時間で一人の人物の生涯を追うのは容易なことではない。だがこの作品は、エディット・ピアフという伝説を見事に映像化した傑作だと評価したい。

投稿者:きゃる投稿日:2007-10-01 00:12:00
アーティストとして必要なことかもしれませんが
恋愛や日常生活には、無駄に「でかい声」は厄介なだけですね。
(心の病があると思われる)ピアフが周囲に怒鳴り散らすたび、
偉人と関わるにはこんなにも忍耐が必要かと、思いました。
「伝記」はこうあるべき。人間が、生き方が、よく描かれています。
投稿者:Stingr@y投稿日:2007-09-09 12:29:13
 エディット・ピアフ。この偉大な歌手の生涯を2時間半で振り返ろうとする作品である。結果、エピソードが多くなり、全体的には箇条書きの伝記のようになって、ドラマ性が犠牲になったが、これは仕方のないことだろう。

 ピアフの歌を、マリオン・コティヤールの生き写し(※)のような演技で鑑賞できるのは、ピアフをリアルタイムでは知らない人間にとっても素晴らしい体験。エピソードが多く、時系列も前後することが多いので、事前にピアフの生涯を多少頭に入れておくことをお勧めする。

 オープニングでステージ上のピアフが倒れ、ラストでも再び彼女が倒れる。「これでオープニング場面と繋がった」と思い込んでしまったので、実はこの2つのステージが違うことに気がつくまで少し時間がかかった。もちろんラストは伝説のオランピア劇場公演。

 原題『La Mome』は「小娘」とか「ガキ」の意味。この作品は、子供のまま大きくなったような“ピアフのエゴ(自我)”、つまり、“ピアフの伝説”を描いたのであって、今更“ピアフの伝記”を描こうとしたのではない。フランスで大ヒットしたのも、フランス人は当然“彼女の伝記”を知っているからだ。従って、『愛の賛歌』を岩谷時子の愚にもつかない訳(ほとんど創作)でしか知らない人や、シャンソンは越路吹雪が歌うような可愛らしい歌だと思っている人、さらに、ピアフを知らずに、この作品だけで彼女の生涯を分かりたいと思っている人には、つまらない映画かも…?

※実際のマリオンは美女である。う〜ん、でも、こちらを立てると、ピアフが○○だと言っているようなものだな。
投稿者:映画狂投稿日:2007-09-05 02:18:05
【ネタバレ注意】

20世紀の偉大なるシャンソン歌手エディット・ピアフの生涯を、一人の人間の生きざまとして、その栄光も悲惨も、その幸福も不幸も、傲慢さも脆弱さも、ラストに歌われるあまりにも有名なシャンソン、「私は何も後悔しない」に収斂させるように描いています。
この一人の女性の生涯を2時間10分で見終わって、くらくらするようなめまいを感じました。
二十歳から死ぬまでのピアフを見事に演じきったマリオン・コティヤールに拍手。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演女優賞マリオン・コティヤール 
 □ 衣装デザイン賞マリット・アレン 
 ■ メイクアップ賞Jan Archibald 
  Didier Lavergne 
■ 女優賞マリオン・コティヤール 
■ 女優賞(コメディ/ミュージカル)マリオン・コティヤール 
■ 主演女優賞マリオン・コティヤール 
 □ 外国語映画賞 
 ■ 作曲賞クリストファー・ガニング 
 □ 美術賞Stanislas Reydellet 
  オリヴィエ・ラウー 
 ■ 衣装デザイン賞マリット・アレン 
 ■ メイクアップ&ヘアー賞Jan Archibald 
  Didier Lavergne 
 □ 音響賞Marc Doisne 
  Laurent Zeilig 
  Pascal Villard 
  Jean-Paul Hurier 
□ 作品賞 
 □ 女優賞マリオン・コティヤール 
 □ エクセレント賞Didier Lavergne メイクアップに対して
□ 主演女優賞マリオン・コティヤール 
 □ 外国語映画賞 
□ 作品賞 
 □ 監督賞オリヴィエ・ダアン 
 ■ 主演女優賞マリオン・コティヤール 
 □ 助演男優賞パスカル・グレゴリー 
 □ 助演女優賞シルヴィー・テステュー 
 □ オリジナル脚本賞オリヴィエ・ダアン 
 ■ 撮影賞テツオ・ナガタ 
 ■ 音響賞Jean-Paul Hurier 
  Laurent Zeilig 
  Pascal Villard 
 □ 編集賞Yves Beloniak 
  リシャール・マリジ 
 ■ 美術賞オリヴィエ・ラウー 
 ■ 衣装デザイン賞マリット・アレン 
【ニュース】
シェイクスピア原作×マイケル・ファスベンダー主演「マクベス」、最新予告編2015/09/02
ニコール・キッドマン主演グレイス・ケリー伝記映画「Grace of Monaco」、予告編2014/03/07
ニコール・キッドマン主演グレイス・ケリー伝記映画「Grace of Monaco」、特報2013/09/17
ジャック・オーディアール監督×マリオン・コティヤール主演ドラマ、最新予告編2012/09/04
ジャック・オーディアール監督×マリオン・コティヤール主演ドラマ、予告編2012/04/12
第80回アカデミー賞、結果発表2008/02/25
英国アカデミー賞、結果発表2008/02/12
セザール賞は「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」が最多候補に2008/01/28
アカデミー賞ノミネーション発表!2008/01/22
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2008/01/17
ゴールデン・グローブ賞、結果発表!2008/01/14
注目の放送映画批評家協会賞は「ノーカントリー」に2008/01/08
アメリカ映画俳優組合賞、ノミネーション発表2007/12/21
ロジャー・エバート氏選出、2007年ベストテン作品2007/12/21
ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション発表2007/12/14
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表!2007/12/12
LA映画批評家協会賞、発表2007/12/10
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、結果発表!2007/12/06
ヨーロッパ映画賞、結果発表2007/12/03
DVDリリース情報:「インランド・エンパイア」「エディット・ピアフ」etc.2007/11/30
ヨーロッパ映画賞、ノミネーション発表2007/11/06
【レンタル】
 【DVD】エディット・ピアフ 愛の讃歌レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 エディット・ピアフ~愛の讃歌 サウンドトラック
新品:¥ 2,571
5新品:¥ 4,974より   12中古品¥ 250より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION