allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋空(2007)

メディア映画
上映時間129分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/11/03
ジャンルロマンス/青春
きみは幸せでしたか?
恋 空 プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]
参考価格:¥ 5,985
価格:¥ 4,629
USED価格:¥ 400
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:今井夏木
企画:三野正己
エグゼクティブプ
ロデューサー:
濱名一哉
プロデューサー:森川真行
那須田淳
原作:美嘉
『恋空〜切ナイ恋物語』
脚本:渡邉睦月
撮影:山本英夫
美術:中澤克巳
編集:穂垣順之助
音楽:河野伸
主題歌:Mr.Children
『旅立ちの唄』
照明:小野晃
録音:湯脇房雄
助監督:舟橋哲男
出演:新垣結衣田原美嘉
三浦春馬桜井弘樹(ヒロ)
小出恵介福原優
香里奈ミナコ
臼田あさ美
中村蒼ノゾム
波瑠亜矢
大平奈津美
浅利陽介
深田あき田原さおり
山本龍二桜井博一
麻生祐未桜井明美
高橋ジョージ田原勝治
浅野ゆう子田原安江
【解説】
 女子中高生によるケータイ小説ブームを決定づけた話題の原作を「恋するマドリ」の新垣結衣主演で映画化した青春ラブ・ストーリー。共演は「キャッチ ア ウェーブ」の三浦春馬と「きみにしか聞こえない」の小出恵介。監督はTBSのドラマ演出家、今井夏木。これが映画監督デビュー。ごく普通の高校1年生、美嘉は、ふとしたきっかけから同級生のヒロと交際を始める。それは、美嘉にとっての人生で初めての恋愛だった。ヒロの元カノの嫌がらせや予期せぬ妊娠など、様々な悲劇や試練を乗り越え絆を深めていく美嘉とヒロだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
522 4.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Lionsboy投稿日:2012-11-22 03:34:32
私は普通は西部劇や戦争映画など、アクション物ばかり見ている人間ですが、たまたまNHK-BSで放送していたので、ものは試しという感じで観た者です。
その後、このサイトを見て、酷評が多いのに驚きました。なぜなら、私は結構良く出来ているな、と思ったからです。いつもこの種の映画を観ている人には退屈なのかもしれませんが、私には逆に新鮮でした。
たしかにストーリーはご都合主義かも知れませんが、今井夏木という人の初監督作品としては上出来だと思います。正攻法のしっかりとした演出で、私は高く評価しました。現役の他の有名監督の処女作品でも、これより出来の悪いものは多いです。
ためしにIMDBをのぞいてみたら、平均評価7となっていました。こちらの評価の方が正当だと思いました。
気になったのは、本当は129分らしいのですが、NHK-BSの放送では112分となっており、約17分短縮されていたらしいことです。理由は分かりませんが、たしかに112分で十分な内容で、129分だったら長すぎるな、とは思いました。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-04-12 23:01:41
こういう甘ったるいのみんな嫌いなんだろうね。自分かなり年いった♂だけど、まったく違和感なくウルウルで見たけどね。高校生のちょっと気恥ずかしい紙芝居のような夢物語。嘘っぽいけどこれは少年少女が大人になる直前ほんの一瞬泡のような気迷い。むつかしい時代こういう一途な純愛は捨てがたいです。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2010-08-18 19:45:56
【ネタバレ注意】

今時の若いコがはまる作品ってどんな感じかと思って見ました。なるほどね、こういうのがええんかぁ!(byつるこー)でもなんと無く納得。私なりに主人公の深層心理から分析すると…。ちょっと不良っぽい彼氏からアプローチされる。これはお決まりですね。ポイントはアタシにだけ優しい。そして彼の求めでエッチ。やっぱり興味あるんですね。自分からしたいとはとても言えません。レイプと妊娠。彼の愛を確かめ、なおかつ二人の愛は純愛なのと言いたいが為です。聞かされる両親はたまったものではありません。高橋ジョージが怒るのも当然です。しかしながら子供を育てる気などさらさら無いのでモチ流産です。そのための汚れ役が元カノです。高校卒業とともにこの彼がウザくなるのでお別れです。高卒ではいい暮らしできませんから。この時も『アタシは絶対悪くない、責任は全て周りにある』という鉄のルールに従って彼の方から切り出す。そして将来性のある大学生の先輩に告られて付き合う。元彼の看病に走るのはナイチンゲールごっこを楽しみ、悲劇のヒロインとしての自分を完成させるためです。死ぬのも嫌なのでハトの力を借りて自殺も失敗です。というわけで主人公は何の努力もせず、成長もしません。ただひたすら周りの人が…です。下のコメントの方々が感じた恐ろしさというのはこんな風に解説できると思います。しかし、裏を返せば鉄のルールに従った、恐ろしく緻密に計算され構築されたドラマであることも確かです。まぁコバルト文庫の再編集といってしまえばみもふたも無い。悪いけど、こういうものを好んで観るイマドキ女子のエゴと幼児性に正直ゾッとする。せめて「東京ラブストーリー」位大人になってもらわないと。昔の女子は背伸びしてなんぼだったもんだ。

投稿者:ETOOpm投稿日:2009-06-13 19:06:57
【ネタバレ注意】

「ミカ、笑って・・・」

にこっ

ジャジャーン!

\(^O^)/


なんか、ゾッとしました・・・

投稿者:カブキマン投稿日:2008-11-18 15:01:59
えーっと、何だろ、この少女漫画みたいなご都合主義の映画は・・・

おそらく高校生ぐらいまでを対象に作った映画だと思うけど、いい大人が「感動した!」とか言ってるのを聞くと、まだ考え方が子供なんだなって思っちゃいます。
この映画のテーマって、もっと重いものなんじゃないの?
それを変な恋愛に絡めてるところがとても痛々しいです。
投稿者:irony投稿日:2008-08-24 04:19:14
あ・・・ありのまま 今思った事を書くぜ!「おれは モニターの前で実話を観ていたと思ったら いつのまにか実話をもとにした実話らしき映画を観ていた」な・・・何を書いてんだと思うかもしれねーが おれも何を書いているのかわからねー・・・頭がどうにかなりそうだった・・・電波だとかサブリミナルだとかそんなチャチなもんじゃ断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……
投稿者:Bu--yan投稿日:2008-05-08 17:11:47
【ネタバレ注意】

見終わったばかりだけど、ボーゼンとしております。
スゲー映画だ、こりゃ。

途中から、文字通り、開いた口がふさがらなかった。
ポカーン

彼氏が出来たと思ったら
速攻レイプされて
その後彼氏の子供を身ごもって
諦めの悪い元カノに突き飛ばされ流産。
数ヶ月、彼氏が癌になり
エトセトラ
エトセトラ
エトセトラ




こーゆー人生になる確立は一体・・・


ガッキーは人を愛してるようにはとても見えなかったし、
ヒロは癌患者のくせして肌つやがメチャクチャ良かったなぁ。


香里奈とか浅野ゆう子とか高橋ジョージとかなんで出演したんだろ?
やっぱ金か?


『悪魔の毒々モンスター』を観た時のような気分の悪さ。

投稿者:藤本周平。投稿日:2008-02-23 16:36:59
元が携帯小説だから仕方ないけどさ・・・
それにしても本当に内容が薄っぺらい、もうベタベタドラマ。
投稿者:aaf投稿日:2008-02-09 12:17:10
2007年11月の映画界の話題をいっきにさらった作品ですね。
38億もの興行収入をあげるとは、誰も予想だにしなかったことでしょう。
登場人物がおバカすぎるとかスイーツだとか世間の評価はボロボロで
各賞からも殆ど無視されているようですが
ですけど映画って芸術ですか?単なる娯楽でしょう?
ある特定の世代の人に気持ちよく鑑賞してもらえる作品を作ったって
ごく当たり前のことをしているだけだと思います。
そんなに目くじらをたてることでしょうかね?
自分たちがこの世代の時にだってこの手の映画はあった筈です。

まじめな女子高生が不良の男子生徒に見初められ強引に引っかき回され
妊娠して中絶して別れて、またよりが戻る。

ただそれだけの変形したシンデレラストーリです。
理解できないならそれでいいんじゃないでしょうか?
だいたい女子高生の為の昼メロですよ。対象以外の人が見ればそりゃ
コメディでしょう。私も笑いをこらえるのが大変でした。
だけど、この映画で泣いている人をバカだアホだと攻撃する
必要はないと思いますけどね。

そんなのアンパンマンを見ている子供に アンパンマンは偽善的だ
集団イジメだ。って言ってるようなものです。

むしろその理解しにくい世代の人の気持ちをくんで映画をつくって
大ヒットさせたことに敬意を払うべきだと思います。

ヒットは仕方ないがこんなクソ映画に賞なんかやれるか!
そんな声が聞こえてきそうです。そういう人達が映画を芸術だって
頑なに思っているんでしょうね。
芸術的側面もある・・・っていうだけなのにね。
投稿者:サーボ投稿日:2007-12-28 00:26:55
近年の韓国の恋愛映画を見ているときのような感覚、ラブレターを深夜に書いているような感覚に襲われます。1人称酩酊状態とでもいいましょうか。
ありえないシチュエーションが連続しますが、「それでもいいじゃん」と思わせてしまいます。
日本の恋愛映画は、多少引いているくらいが普通なので、珍しい映画ではないでしょうか。
この映画は、さらに、見終わってあと、ラブレターを書いた翌朝のような感覚をなるのも魅力であり弱点でしょう。
製作者は「ありえないシチュエーション」を百も承知でしょうから、いっそ寓話に昇華してしまったほうが良かったのではないでしょうか。(十分、寓話として見ている方もいるかもしれませんが)具体的には、ドラマの中で、”ラブレターの翌朝”を迎えたほうがよかったのです。冒頭とラストシーンは、まだ”夢の中”のままなのです。
そうしたほうが、この恋愛空間は”結晶”していたと思います。このままだと、”結晶”ではなく”発酵”状態(チーズのような)になってしまうのです。
美嘉は、オズに国に閉じ込められたままだったのです。駅には着きましたが、ドロシーのようにカンザスには戻ってこれなかったのです。
けど、「恋空」というテーマからすると、それは仕方がないのかもしれませんが。。
投稿者:マイコン刑事投稿日:2007-12-22 07:48:59
【ネタバレ注意】

この映画はコントです。そう思わないと観ていられません。ありえなくて馬鹿らしい出来事ばかりですから。新垣結衣の魅力たっぷりのアイドル映画どころか、逆に彼女の魅力と女優としての将来をブッ潰しています。ミスチルの曲もあの中ではダサくて薄っぺらい歌に聞こえてきます。ガッキーと他の役者、ミスチルのファンは観ない方が良いでしょう。あと、『恋空』原作者と原作厨のあまりの頭の悪さと薄っぺらさがわかります。
これが日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされなくて良かった。原作、映画ともに最悪最低の作品だ。

投稿者:Longisland投稿日:2007-11-26 19:26:10
【ネタバレ注意】

公開初週こそ第3位だったが、その後「続・三丁目」も「バイオ掘廖屮棔璽鶚掘廚皺,靴里院誰もが予想しなかったであろう(多分)2週連続興行収入NO.1 とは…。 
現時点まで本作に書き込まれているのは、普段から参考にしている映画史的記憶が豊富の4コメンテーター…。
通勤途中にある渋谷シネフロントは週末女子高生が行列…。

なんぞ、本作ヒットは2007年邦画の一大事件、つうか今後の日本映画の流れが変わった(大げさか?)作品に立ち会える機会なのか、との思いに駆られ(原作は読んでないが、はこまる氏のご指示に従い)平日昼間の渋谷シネフロントへ…ほぼ5割の入り大半が女子高生2人連、カップル散見、中年♂お一人様は私だけ(苦笑

【以下本作品のターゲットではない中年映画オタ感想】
原作は携帯小説だとか…、3年前同様携帯小説「Deep Love〜」は都会が舞台の援助交際物だったが、本作も地方都市?の女子高生性体験の覗き見趣味的作品。共に真実の愛がなんだかんだと言ってるが所詮自堕落な激安男女のバカ話にしか思えなかった。高校3年間に2人も男が結婚させてくださいって(?)来宅するてのは激安女ってことでしょ。 こいつら自分中心半径200mでしか物事考えてないじゃないか? おまけに授業中人気の無い図書室で初体験、唐突な誘拐レイプってAVか?(ガッキー脱いでませんよ)、そんでもって後半は難病物でお涙ちょうだいかい…。
ちょっと前ならどれか1エピソードで2時間劇映画が出来たよね〜。こんなに盛り込むから各々の描写が淡白になり観手として感情移入できない、ストーリーの辻褄合わないこと夥しい。前半あんなに登場した携帯メールは後半一切登場せず、最後は黒板伝言かい脚本が粗雑で演出がボケてる。
重ねるが原作携帯小説未読、どれだけ原作に忠実か知らんが、今時高校生コンパ余興がジャンガとツイスターってのはどうなの?TBS秀才36歳女性監督には激安地方都市高校生の価値観が理解できていない、世代もそうだが住む世界の相違を感じた。
ガッキーこと新垣結衣もどうなのかな〜? がんばってるのは認めるが、そもそも華が無い容姿は痛い。まあキャリア早めに汚れ役をやりましたってことで今後の芸幅が増えるだろうが、層が厚い同世代女優陣で抜け出すのはかなり難易度高いんじゃないかな、その辺自身理解しているからプロモーションにも素直に参加、でもオーラが感じられない。

映画としての出来は置いといて、本作はビジネス的に大成功!
本作・「続・三丁目」・「クローズ」とターゲットに合わせた作品を連打
その全てがヒットを重ねる東宝。
マジで今後 東宝vsその他(邦画・洋画)って構図になるのかな…

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-11-13 23:44:01
【ネタバレ注意】

どうしても観る必要に迫られて観たが…。久々に酷い映画に出会った。おそらく原作(未読)に根本的な問題があるのだろう…と思って、本屋で原作を手に取ったら映画以上にヒドい内容(苦笑)。
ひと言でいえば、ティーンエイジャー向けのレディース・コミックという印象か。
ナルシシズムの女子高生による妄想小説?サカりのついた高校生カップルが、自分勝手にエッチにのめりこんだ挙句に妊娠し、流産した後男は理由も言わず別れていく。女は大学生とつきあいはじめるが、実は別れた男は癌で、それを知った女はいろいろ助けてくれた今の彼氏を捨てて、「ずっとあなたが好きだった」と元彼の病室に走っていく。何という自分勝手な女だこと。
こんな物語(にもなっていないストーリー)に私が感動できようはずがない。

そんなヒドい原作なのだから、ベテランの監督を配するなり少しは考えりゃいいのに、何を思ったかTBSは自局のドラマ制作の女性ディレクターにメガホンをもたせた。もちろん初監督だ。演出も出来ない監督をつけるか、フツー。バランスを考えるべきだろ。というかこの監督、ドラマの演出も出来ているのか危うい。そう感じさせるようなレベルの低い作品なのだ。
そんな作りだから、役者の演技も(新垣結衣を除いて)最低ランク。というか演技できていない。
もともと新垣結衣のための映画なので、彼女は健気に頑張っている。だが、その相手役の三浦春馬なんて演技以前に存在感がない。役柄もヒドけりゃ演技もない。結衣がつきあった大学生役の小出恵介の「どこの言葉??」と思わせる関西弁もどきも笑わせた。方言指導くらいちゃんとしろよ。
春といえば桜。水子の命日は必ず雪が降り、なぜか別れた二人は同時刻に同じ場所に現れる。何という安直さ。何という想像力の欠如。

ベースとなるストーリーがヒドいからやむを得ないところもあるだろうが、こんな映画を作っていたら邦画のレベルは落ちる一方だろう。さすがもとが「携帯」小説だけに、軽さを追求したか??(嗤)

心配なのは新垣結衣だ。彼女はほんとうにこの映画のなかで孤軍奮闘している。ひとり演じようとしている彼女はホントに健気。だが、彼女の演じた役どころは、ひと昔前ならあの理不尽なバッシングを受けた裕木奈江が演じそうな役柄なのだ。男を次々乗り換え、「私は悲劇のヒロイン」みたいな顔をしている自己愛の強いワガママ女。女性から共感してもらえるキャラクターだとは思えないのだが。どうか新垣結衣がいじめられませんように(願)。まあ、時代が違うから意外に受け容れられるのかも…?

映画を観終わって(しかも上映時間が長すぎる!)、私は原作すら実は男が書いたのではないかといぶかってしまった。「美嘉」とかいう原作者は「実話だ」とほざいているようだが、あの原作が実話であるワケがない。
それでも中高生の女子(!)は泣けるらしい(驚)。別にいいですけどね。いいのかよ。何と浅い感受性なのだか。

売れていたら何でも映画化すればいいというものではないだろう、マッタク。
酷い映画は数あれど、私が妙に憤ってしまったのは、ここに映画に対して抱くべき畏れがないからだ。インモラルを風俗として消費する…そこそこヒットする要素をもった映画だからこそ、この軽さが私には許せないのだと思う。

投稿者:た・ぴ・お・か投稿日:2007-11-04 18:18:08
 タイトルがすべて、それ以上の何物でもない。ただ、高校生を演じられるうちはあの可愛さだけですべてが許されるような雰囲気を持ってはいるものの、やがて大人の女性を演じるようになった時、彼女がどう変われるのか、楽しみでもあり不安でもある。

 これだけ周囲の女性が泣いていた作品は久しぶり。なのに、周囲が泣けば泣くほど逆に醒めていく私。

 この浅薄な作品に感動して泣けるのは、ある意味幸せなのかもしれない。いかにも今風な高校生男女の恋愛を、上っ面だけをなぞったような描き方で観せられても、共感しろというのが無理な話。どうやら、観るべき作品を誤ってしまったようだ。http://www.tapioka1002.com
投稿者:はこまる投稿日:2007-11-04 11:13:35
【ネタバレ注意】

ヒロにフラれたサエコの策略により、路上でワゴン車に無理やり拉致され、不良たちに輪姦されてしまうミカ(ガッキー)。夜、彼女を必死に探すヒロだが見つからない。震える体を抑えながら、道端に隠れるミカ。しかし、ヒロに見つかってしまう。彼女の異変に気づき、すべてを悟るヒロ。泣きながら抱きしめ合う二人。

ヒロ:「みかぁぁぁぁぁ!ゴメンよぉぉぉぉ!守ってやれなくてゴメンよぉぉぉぉ!!」

ミカを強く抱きしめるヒロ。

ミカ:「ヒロぉぉぉぉぉ、あたし、あたし・・・」

泣きじゃくるミカ。

ヒロ:「ミカをこんな目にあわせた奴を、俺は絶対許さねぇぇぇぇぇ!」

ミカ:「グスン、グスン、でもヒロ何で私がここにいるって分かったの?」

ヒロ:「それは・・俺の・・愛の力だっ!」

私:「・・・・」

土曜初日二回目。正午からの上映にて鑑賞。
館内はほぼ満員。予想はしていたものの渋谷109状態。客層は十代の女子中高生のみ。彼氏連れは数えるほど。「席はどこでもいいです」と言ったらシネコンの窓口ネエちゃんが何を思ったのか中央ど真ん中の席を予約。ン百人の若い女の子に男一人囲まれて、ある意味私の長い映画館体験で初めてともいえる強烈な環境下で鑑賞しました。
怒涛の展開をみせる映画同様に、上映中館内に充満していた少女たちの異様な熱気。おそらくそれにやられたのか、観終わって猛烈な疲労感に襲われたことを告白します。席につき、館内が暗くなるまでの時間が長いこと。それに、痴漢に間違われそうで少し怖かったです。
また、上映中は誰一人としてケータイをいじる子がおらず、パカパカも一切なし。パーフェクトな鑑賞態度でした。正直これにもかなり驚きました。原作のパワーなのか?。

もちろん原作となったケータイ小説は読んだことも読み方も知りませんが、日本中で千二百万人が涙したお話というから、どんなものかと思ったらあーた、一見してそのハードな内容にビックリ。あんなにかわいいガッキーがあんなことやこんなことに・・・。今の中高生の女の子はこんなのを読んで涙を流しているんですね。少女をめぐる受難の数々に、とにかく驚きの連続でした。

ファーストキスからそのままロストバージン。授業サボって図書館で盛り上がり合体。気づけばお腹に赤ちゃんが・・・。まだ16歳だぞ。父親役の高橋ジョージじゃないけど、そりゃあショックで口も利けなくなるわ。

ヒロインの大好物として、テーブルの上に置かれたいかにも不味そうな「唐揚げ」が象徴するように、私自身は、本作を「映画」と呼ぶのも躊躇してしまいますし、「ビジネスコンテンツ」として明確なターゲットに向けて、スピードをもって作られていることは認めるのですが、大人を含めて登場人物たちに脳ミソが入ってないんじゃないか?という展開や、倫理観ゼロの内容には正直閉口してしまいました。ただ、ヒロとミカが、ケータイから聞こえてくる声だけでコミュニケーションを深めていく導入部はさすがに上手い。この辺りがおそらくリアリティをもって観客に受けとられるのでしょう。

そして、これをガッキーこと新垣結衣ちゃんをひたすら「愛でる」作品としてみれば、中身が限りなくゼロに向かえば向かう程、今度はある方向にベクトルがはたらきます。アイドルものとして俄然光輝いてくるのです。とにかくハンパなくかわいい。あたしゃいい歳こいてドキっとしてしまいましたよ。
パク・ヨンハに似た、超いい人大学生カレシから車の中で指輪を受けとるシーンがありましたが、マジで大学生になりたかった。おそらく本作は大ヒットとなるはずですから、次世代のアイドルとしては一歩抜きん出たと思います。
若い方々に圧倒的な支持を受ける新たなメディアを使った文化が映画化され、次代を担うヒロインがそこで大役を果たした。その「事件」を映画館の暗闇で満員の観客と観る。これはこれで映画ファンとしてはかなり嬉しいものがありました。
ただ、観ているものが「映画」かどうか分からないところが皮肉といえば皮肉ですがね。

その在り方も含めて、何年か後には「ああ、そういうのあったあった」となるであろう作品ですが、生まれた時ぐらいは大事にしてあげたい気持ちがないでもないです。原作の隠れファンの方は、平日のお昼にでもごゆっくりどうぞ。


追記:2008・12・29
テレビでやってたので再見ましたが、いや〜、これは相当にキツい。ある意味映画館じゃなかったら見れんわ。全然ダメじゃん。う〜ん、ブームというのはまことに怖いもんです。

投稿者:幻巌堂投稿日:2007-10-30 11:30:42
 携帯小説で大ブレークしたという原作って、ほぼこの映画のままなんだろうか。かりにそうだとしたら、ケータイ少年少女ってなんて薄っぺらいお話に感動しちゃうんだろうって話。ま、市川拓司ものだってそんなにかわりはないわけだから、納得といえば納得だ。
 で、この映画、ちょっと期待を抱かせてくれるプロローグなのに、おまけみたいなつまらないエピローグがもののみごとにぶち壊してくれる。それがすべてだといっていい。
 何の含みも、心の葛藤も、情緒や情熱さえ感じられない少女高校生の上っ面を撫でたような無軌道な恋愛遊戯とでも言えばいいのか。受験受験で純粋培養された高校生ってほんとにこんなものなのか。だとしたら、嘆かわしいなんてものじゃない。確実に日本人は終焉に向かってるってことだろう。対して金髪少年の素性も、家族が出てきてもさっぱりわからないというほったらかしの演出。
 一見2時間10分弱のまとまった作品に見えても、中身はな〜んにもない。まさにお手軽なテレビのトレンディドラマそのもののつくり。さすがにTBSのドラマの演出家だけのことはあるな。ほんと、つまんねぇ〜。この時期に高橋ジョージのキャスティングってのもシラケるしね。
 でもおとなりに座った高校生らしき女の子は、後半号泣しっぱなし。こんな作品に泣けるってどういうことなんだろうね。もうちったぁ、涙を大切にしなくちゃいけねぇぜ。
 それでも、主演のガッキー(新垣結衣)の好演はじゅうぶんに印象に残った。この子、ひょっとすると長澤や沢尻をす〜っと差し切ってしまうかもしれない。アップでの表情は豊かだし、歩く姿も輝いてるし、台詞も素直でかなりの伸びしろがありそうだぞ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 新人俳優賞三浦春馬 
  新垣結衣 
 ■ 話題賞(俳優)新垣結衣 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】恋空 プレミアム・エディション2008/04/25\5,700amazon.co.jpへ
 【DVD】恋空 スタンダード・エディション2008/04/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】恋空レンタル有り
【書籍】
■原作
【単行本】 恋空〈上〉―切ナイ恋物語
新品:¥ 1,080
1新品:¥ 1,080より   453中古品¥ 1より 

【単行本】 恋空〈下〉―切ナイ恋物語
新品:¥ 1,080
1新品:¥ 1,080より   415中古品¥ 1より 

【文庫】 恋空―切ナイ恋物語 スペシャル・バージョン〈中〉 (魔法のiらんど文庫)
新品:¥ 508
1新品:¥ 508より   103中古品¥ 1より 

【文庫】 恋空―切ナイ恋物語 スペシャル・バージョン〈上〉 (魔法のiらんど文庫)
新品:¥ 508
1新品:¥ 508より   104中古品¥ 1より 

【文庫】 恋空―切ナイ恋物語 スペシャル・バージョン〈下〉 (魔法のiらんど文庫)
新品:¥ 508
1新品:¥ 508より   95中古品¥ 1より 

■コミカライズ
【コミック】 恋空 9―切ナイ恋物語 (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
新品:¥ 421
22中古品¥ 1より 

【コミック】 恋空 7―切ナイ恋物語 (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
新品:¥ 421
82中古品¥ 1より 

【コミック】 恋空 6―切ナイ恋物語 (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
新品:¥ 421
105中古品¥ 1より 

【コミック】 恋空~切ナイ恋物語~ 4 (4) (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
新品:¥ 421
169中古品¥ 1より 

【コミック】 恋空 3―切ナイ恋物語 (ジュールコミックス COMIC魔法のiらんどシリーズ)
新品:¥ 421
236中古品¥ 1より 

■映像関連書籍
【ムック】 恋空オフィシャルフォトドブック -新垣結衣as美嘉- (TOKYO NEWS MOOK)
新品:¥ 1,234
15中古品¥ 332より 

Amazonで「恋空」を更に検索する
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION