allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブラック・スネーク・モーン(2006)

BLACK SNAKE MOAN

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2007/09/01
ジャンルドラマ/ロマンス/音楽
映倫PG-12
ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 947
USED価格:¥ 179
amazon.co.jpへ

 Photos
ブラック・スネーク・モーンブラック・スネーク・モーンブラック・スネーク・モーンブラック・スネーク・モーン

【解説】
 アメリカ南部の田舎町を舞台に、セックス依存症の若い白人女性と、彼女を更正させようと鎖に繋いで監禁してしまう敬虔な初老の黒人ブルースマンの奇妙な心の交流を描く異色のヒューマン・ドラマ。主演はサミュエル・L・ジャクソンとクリスティナ・リッチ、共演にジャスティン・ティンバーレイク。監督は「ハッスル&フロウ」のクレイグ・ブリュワー。
 アメリカ南部の片田舎。妻に逃げられ、孤独な日々を送る初老の元ブルース・ミュージシャン、ラザラス。ある日、彼は道端に倒れている半裸の若い女性を見つけ、自宅に連れ帰り介抱する。彼女の名前はレイ。幼いときのトラウマが原因でセックス依存症となってしまい、昨晩も、恋人ロニーの入隊で孤独に耐えきれなくなり、男を求めて町を彷徨った末、手ひどい暴力を振るわれてしまったのだった。やがてレイは意識を取り戻すが、敬虔なラザラスは彼女の心に深い闇を見出す。そして、自らその闇を追い払うべく使命感を抱いた彼は、逃走を試みるレイを鎖で縛り付け、独自の方法で“治療”を開始するのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ここちち投稿日:2018-08-16 15:19:34
【ネタバレ注意】

つまらなくはないけど、いまひとつ物足りない。

あのカップルもまだこれから苦労しそうだし。

それにしても、兄の嫁さん寝取っておいて
兄を愛してるって、そりゃ殴られますよw

投稿者:McQueeeeeN投稿日:2015-11-07 15:29:56
ラザレスはレイを治していたんじゃない。
知らないうちに自分を治していたんだ。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-03 22:21:12
ティンバーレイクが良い
投稿者:uptail投稿日:2014-09-16 11:34:09
演出:7
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:UFO投稿日:2013-10-27 07:52:52
十分観れる。
投稿者:クリモフ投稿日:2013-02-02 01:36:25
ジャケットのデザインからしてかなりアレな雰囲気は出ているものの、実際はそんなにあれじゃない映画(笑)傷心の黒人のブルースマンとこれまたトラウマもちの淫乱女ととんでもない設定です。
傷ついた二人が一つ壁を乗り越えるために互いを必要とするという、本筋はなかなか良く、完全に色モノな設定ながらPOPに見せたのはなかなかよろしい。ただちょっと気になるところもあって、レイの母親とかトラウマの元凶やら薬局のおばちゃんとか物語上重要な要素となるものが、やや軽く扱われているのがすこし疑問。この辺が処理されるもんだと思っていたから消化不良感はありました。
まぁ主演の二人のアクが強すぎるので、全編楽しめるのも確か。サミュエルとリッチという俳優の特異性が良くわかる映画。ブルースシーンもカッコいいのか悪いのかという感じですが、それ込みで楽しめてしまうから監督の狙いは成功ですな。
投稿者:jb投稿日:2012-07-30 22:44:49
音楽の良さに一点追加。
投稿者:gapper投稿日:2010-06-18 22:21:57
 クリスティナ・リッチ体当たりの演技。

 「モンスター(2003)」のレズ役からSEX依存症とさらに過激になったクリスティナ。
 かなり体を絞っての取り組みのようだ。

 幼い頃の性的な暴行が原因と言う設定だが、暴行を行った父親についてのあまり出ず何も問われない感じなのはどうかと思う。
 ただ、焦点の当たり難かった、暴行を受けたほうに焦点は当てたのは評価できる。

 サミュエル・L・ジャクソンは、顔に癖を感じてどうも気に入らなかったのだが、今回は歌のシーンなどなかなか良く見直した感じだ。

 ただし、メッセージ性は薄く治り方も安易で見世物的要素が大きく感心できない。

【合わせて見たい映画】
「失われた週末(1945)」 アルコール依存の恐怖を描く。
「アダムス・ファミリー(1991)」 クリスティナ・リッチ初の注目作品。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-06-08 05:59:02
サミュエルがクリスティーナを鎖で繋ぐ所などは辻仁成の小説を読んだ時みたいな恥ずかしさを感じたが、後半の展開は良かったと思う。この二人の存在が無ければ成立しなかった作品だけどね。
投稿者:ameniutaeba投稿日:2009-08-12 20:43:24
ブルースを使った映画としてベストだと思います。音楽映画といってもいいくらいブルースと映像の見本です。鎖の存在は重すぎますが、サン・ハウスのトークが楽しい。
投稿者:scissors投稿日:2009-08-01 11:52:06
エログロ系?と思いつつ恐る恐る見てみたら…、ぜんぜん違うのな。
嫌いな雰囲気じゃないんだけど、宗教臭さ説教臭さが強くて好きにもなれない。

エンディングは人によって受け取り方が違うんだろうね。

しかし長いこと映画への興味が薄れていたいた間にアダムス・ファミリーの子がこんなになってたなんて…。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-11-21 17:51:01
リッチが痛々しかった。
投稿者:Take21投稿日:2008-10-19 21:36:52
【ネタバレ注意】

リッチはこないだ「耳に残るは君の歌声」を観たばかりだったので、体格の違いにびっくり。もう少しレイの少女時代の継父による性的虐待がきちんと作りこまれていたら、奥深さが増したのではないでしょうか。あと、若い二人が結婚したのはいいけど、生活力ゼロに思えてどうなるんでしょうね。ジャスティンは最初から最後まで「似てるー」と思ってみていました。本人とは思わず。。。

投稿者:ローランド投稿日:2008-10-16 22:33:35
  半裸の少女をあんなぶっとい鎖で拘束して、なんかキワモノっ
ぽい映画みたいだぞ。 でも、全編に流れるブルースが気持ちいいし、
ま、いいか。 って、そのくらいの気持ちで観ていたのです。 けど、
ラザラスがベッドの下からギターを引っ張り出し、アバズレ淫乱少女の
レイが立ち直るにつれて表情がよくなってくるあたりから、物語として
もよくなってくる。

   あの鎖が犢蛇瓩鮠歡Г靴討い襪里任靴腓Δ。 レイも
ラザラスも兵役志願の若者も心に黒蛇がうめいているが、最後には
それを克服してハッピーエンド。 ということだけど、ほかにも、聖書の
民だけに分かる何かがありそうですね。 考えすぎかな。 

   レイの母親には、バーナード・ショウ (だった?) の、
『親であるということは一つの重要な職業だ。しかし、いまだかつて、
子供のためにこの職業の適性検査が行われたことはない』の言葉を
送りましょうかね。

   ここを見なけりゃ、こんな映画があるっていうことも知らなかった
です。 ありがとね。
投稿者:bond投稿日:2008-10-16 11:29:30
リッチもこういう役やるようになったんね。恵まれない両親に代わってサミュエルが親として接っしたんだなー。エンディングは「卒業」を思い出させるが、、、、。
投稿者:irony投稿日:2008-10-16 00:27:29
【ネタバレ注意】

 あばずれリッチが前半は公衆便所のごとく振るまい、ジャクソンに保護され鎖に繋がれます 前半はほとんどギャグのようですが、後半は少しばかりシリアスに進行します しかしあのラストで解決はしてないのでしょうが、二人に幸あらん事を・・・。

投稿者:ジーナ投稿日:2008-10-14 02:09:47
心優しき人によって荒れた生活に変化が訪れる・・・そんな映画はこれまでも存在したが、この作品は手を差し伸べる者(サミュエル)もまた傷つき再生を望んでいる不器用な人間だから、より人との交流がいかに大事なものであるかが強く伝わってきます。
誰の心にもあるブラックスネークモーン・・・これは誰かのせいによって生まれたモノだが、これを緩和するにも誰かが必要だという事を鎖を使って上手く表現していると思います。

セクシーではなく薄汚い格好で苦しむ女の子を演じたクリスティーナ・リッチの熱演も素晴らしい。
傷が癒えていく様子、全身を通う血に温かさが戻る瞬間など見事に表現していました。
もちろんサミュエル・L・ジャクソンのくたびれ感や自分の人生を反映したブルースの痺れる弾き語りも必見です。

あえてだと思いますが、作品の雰囲気が不完全な感じなのでそのあたりで評価が分かれるでしょう。
手放しで喜べる終わり方じゃないのは好感が持てますが、流行な感じでスタイリッシュさを出すのか、シリアスに作るのか・・・この線引きが曖昧だったのが私の中で何ともシックリ来ない原因だったかな。

・・・とは言え、思い通りに進まない人生・・・誰もお手当てしてくれそうもないので、たまにはブルースに耳を傾けてみようかね・・・って気分にさせてもらいました(笑)

結論;変わる事が重要なのではなく、変わろうとする意思が大事。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-07-27 11:54:33
【ネタバレ注意】

弾き語る!〜エレキなボトルネックが叫びを上げる!〜超格好良いです。

この作品でもサミュエルは(過去の幾つかの出演作と)別人。いや凄い役者です。
男の下心を見透かす様な表情を作るリッチ…トラウマで壊れかけて狂乱する姿も凄い。ナイスバディな彼女ですが男にグーでボコボコにされて死に掛け…血だらけの顔面も凄まじいです。ブルーズで踊りまくり、唄を唄います。
そして映像も文句なしに映画してます。

世の中に完璧なものを求めてはいけません。
イケ面でやり手で金持ちで権力者で何でも出来て悩みの一片もない男こそが愛を捧げる対象…では全然ないリッチ。心の中に弱い部分を抱える彼を子供の様にあやす彼女(幼児プレイ?)もまた、彼に支えられているようですね。
彼女のトラウマは父親に始まったようで…あの母親も或る意味被害者なのかもだが、なす術を持ちません。娘には親という立場を振りかざしますが。娘は怒りに別なモノを振りかざしますが。

怒りに弾かれた様にビール瓶を割っても血の刻印に留め、パンイチ(じゃないか…あのシーンは)で抵抗するリッチを鎖で縛り付け(監禁プレイ?)、勘違いな説教をする男…まぁ彼も世の中に完璧なものを求めてはいけない事に気付いたのでしょうか?希望とは世間に適合することでしょうか?揺るぎなく強い自信を持つことでしょうか?そして俺は誰に恥じることもなく世間で立派な人と讃えられながら生きていると思ってる訳なのでしょうか?〜はっきりそんな社長か先生か知らんがコンビニで他人が会計してるのを待ちきれないようにアイスキャンデー2本は幾らか?とか横から店員に聞くような輩はロクな奴じゃないと思うが。人は全てお前の為に生きてるんじゃないよ。

まぁそういうグダグダなムービー。
何か幸せな結末のようで男はゲロ吐きかけですからね。

投稿者:なちら投稿日:2008-04-15 15:03:43
ブリュワーは未来へ希望を持たせる締め方が好きなのかもしれない。
だけど、セックス依存症も、ジャスティンの不安症も、サミュエルさんの離婚の痛手も、
転機になる物が何だかボンヤリして弱い。これじゃ希望を感じられない。

この作品で良かったのは、ブルース魂と痩身リッチの気持ちがいいほど豪快な脱ぎっぷりです。
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-02-09 21:54:45
良いのだが少々散漫、惜しい
投稿者:まさみち投稿日:2007-11-17 13:42:05
クリスティーナ・リッチと言えばモンスターの時の演技で彼女の女優根性に惚れたけど、今回も見事です。ほぼ下着姿のままでハードな動きの中、見事にしぼったボディーは魅力的なのになぜかいやらしさを感じさせなくて、彼女を更正させる事で救われたいラザラスにたいして、反発したり心を許したりする時の彼女の目線がとても強くて色気があって良かったです。母親との会話でもめるシーンは、すごく切なかったですね。状況によっては親ってのは何よりも残酷な生き物になるものですね。
投稿者:Longisland投稿日:2007-09-12 22:28:59
SEX依存症だぁ、若い白人女性を鎖で監禁だぁ、そうそう何ぞタランテーノ的血飛沫満載グロ物を思わせる設定も、あれれハートウォーミングな展開ってのは意外。意外といえばサミュエル・L・ジャクソンって歌が上手いのね。
劇中流れるブルースは音楽に疎いのでよくわからんが、サミュエル・L・ジャクソンの声に痺れた。
「バッファロー66」ではあんなにデブ(失礼)だったのにすっかりスリムになったC・リッチ(作品半分は白パンツ一丁)に萌え〜! 「モンスター」もそうだったが壊れたアバズレを演じさせたら天下一品。
投稿者:ARTE投稿日:2007-08-17 23:55:06
【ネタバレ注意】

C・リッチが傲然と中指突き立てるタイトル・シーンから、彼女がラディエーターに鎖でつながれる辺りまではいかにもタランティーノ的な行き方で、その後の血飛沫飛び散るエログロ展開を大いに期待させられるのだが、後半でブリュワー監督はしっかりと人間ドラマに落とし込んでみせる。それまで散々煽情させられた観客を、裏切られたと感じさせずに家路に着かせられるかどうかが、脚本で腐心したポイントだろう。よってブラックスプロイテーションと女囚ものを足したようなポスターに街角でついそそられ、ふらふらと劇場に入るのが多分理想的な観方。S・ジャクソンの熱唱するブルースを聴くだけでも足を運ぶ価値はある。

投稿者:ASH投稿日:2007-07-05 22:23:52
【ネタバレ注意】

 響き渡るブルースの調べに、魂が揺れた。リッチ、大きくなったなぁ…。脱ぎっぷりもよろし(結局、ソレかい!!)。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ブラック・スネーク・モーン2008/08/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ブラック・スネーク・モーン2008/01/11\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ブラック・スネーク・モーンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION