allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

やじきた道中 てれすこ(2007)

メディア映画
上映時間108分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2007/11/10
ジャンル時代劇/コメディ
花のお江戸は毎日が愉快で大騒ぎ!
やじきた道中 てれすこ ~花のお江戸版~(初回限定版) [DVD]
USED価格:¥ 3,509
amazon.co.jpへ

 Photos
やじきた道中 てれすこやじきた道中 てれすこやじきた道中 てれすこ

【クレジット】
監督:平山秀幸
製作:佐々木史朗
川城和実
皇達也
プロデューサー:渡辺敦
久保田傑
佐生哲雄
脚本:安倍照雄
撮影:柴崎幸三
視覚効果:橋本満明
美術:中澤克巳
中山慎
編集:川島章正
音楽:安川午朗
照明:上田なりゆき
録音:橋本文雄
助監督:山本透
監督補:蝶野博
出演:中村勘三郎弥次郎兵衛
柄本明喜多八
小泉今日子お喜乃
ラサール石井梅八
笑福亭松之助与兵衛
淡路恵子おきん
間寛平奉行
松重豊地廻りの太十
山本浩司地廻りの甚八
吉川晃司沓脱清十郎
鈴木蘭々清十郎の妻・菊
星野亜希花魁・おちみ
藤山直美お仙
國村隼代貸
笹野高史お喜乃の父・杢兵衛
【解説】
 おなじみの“弥次喜多コンビ”に売れっ子花魁が加わり繰り広げる珍道中に、古典落語のネタを散りばめ、賑々しく描く痛快人情喜劇。主演は十八代目中村勘三郎、柄本明、小泉今日子。また、多彩にして豪華な共演陣が3人の珍道中を盛り上げる。監督は「OUT」「しゃべれども しゃべれども」の平山秀幸。
 天下太平の江戸時代。大阪で“てれすこ”なる奇妙奇天烈な生き物が捕獲され、人々の話題を集めていた。その頃、江戸・品川の遊郭“島崎”では、売れっ子花魁・お喜乃が、新粉細工職人の弥次郎兵衛に作らせた偽の切り指を愛の証と偽り客に贈って金をせしめていた。お喜乃はある日、弥次さんが自分に気があるのを良いことに、遊郭から連れ出してくれと無理難題を押しつける。ちょうどその時、部屋の外では弥次さんの幼なじみで売れない歌舞伎役者の喜多さんが、舞台での大失態を苦に首を吊ろうとしていた。思わぬ形で再会した弥次さんと喜多さんは、お喜乃の脱走を手助けすると、追っ手を逃れて西へ西へと奇妙な3人旅に繰り出すのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
416 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:きらきら投稿日:2011-01-23 19:43:32
平山秀幸は「普通」の映画をとることのできる稀有な人。
それは「学校の怪談」シリーズを見て以来そう思っていました。
これはけなしているのではなくて、褒め言葉。

必要とあらばCGもつかうが、けっしてやりすぎない。
その節操のあり方が地味に見えるのかもしれないが、これみよがしに「最新技術」を駆使したものが、四、五年たってみてみるとテクノロジーの残骸のように見えることも事実です。

なんでもない話がたらたらと綴られる感じがほどよいゆるさで、わたしは好きです。
タイトルにもなった「てれすこ」はヒッチコックのマクガフィンのようなものと思っていますが、もしかしたら落語でこの手の話があるのかもしれません。

中村勘三郎、柄本明、小泉今日子とベクトルのばらばらな役者陣も、みているうちにそれなりに束ねられてくるから不思議です。これは力量がなければできることではありません。

とはいうものの、冒頭溝口健二の「近松物語」のパロディーをやっていたが、あれはよくなかった。わからないひとにはわからないし、わかったところで古い映画を見ている人への目くばせにしかならないものね〜。
業界的には「受けた」のかもしれないですけど、映画って教養で見るもんじゃないですものね(笑)
投稿者:イドの怪物投稿日:2011-01-13 07:52:50
久々に笑わせてもらった。
この映画は「落語」の世界を知らない人には分からないだろうが、役者陣はいい味を出していたと思う。
難点があるとすれば、あんまりにもこじんまりとした筋立てだろうと思うが、落語の世界をモチーフにしていればこれもあまりこだわる必要は無いかもしれない。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2010-03-22 18:23:31
5分観るのも苦痛。どれほど我慢を要したか。真にクソ映画である。

冒頭。
葦を数本手前に立てた薄暗い水面に、画面右から小舟がすっと入ってくる。
舳先には行灯、老人の男女、しんみりとした心中話。
どんだけ陰気な話か、と思いきや、ゴボゴボと水面が泡立ち、ウルトラマン的なタッチで、怪獣の気配だぜ。参ったね。
何がやりたいのか分からねえ。やがて、マヌケな間寛平のお奉行姿から、タイトル画面(アニメーション)、飄々とガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」、とやるもんだから、かろうじて「喜劇」の始まりだと呑み込めたが、呑みこむのに若干時間がかかった。

「違うだろ、違うよなあ」と思いながら観る、気持ちの悪い映画だ。

えーと。
時代劇ってこんなに面白くなかったっけ?
原因を俺なりに分析すると――各シーンがいちいち長くて「潔さ」がない。各キャラが「立って」いない。ゆっくりしたカメラの動きが「反コメディ」的である。子役と動物の演技のレベルが低すぎる(「動物がドヘタ」と感じるのは珍しい経験だ)。謎の水棲動物「てれすこ」をサスペンス仕立てで出し惜しみするから、コメディの空気がグダグダになっている。
とにかく、この抜けた空気が耐えられない。コメディってのは、キビキビした運動で成立するもんじゃなかったか?

というわけで、「俺はコメディを観ているはず」とは、なかなか信じることができず、困惑させられっぱなしだった。
暗い画面はともかくとして、役者の演技が下手というか、浅すぎる、というか、演技の方向性がハッキリせず、とにかく、テンポ遅ぇ!(108分というのも中途半端。どう考えても15〜20分は削れるはず。)

コメディとサスペンスをうまくMIXできるのはヒッチコックくらいだとは思うが、『てれすこ』は見るからにキワモノ・ジャンルになっている。ダサいCGや、オチのない演技に頼りすぎているせいで、1ショットが間延びしてしまい、スッキリしないシーンを羅列。配列にも工夫無し。物語的な展望も見えてこないから、2分〜5分おきに、たっぷり休んだ。正直、ゴミみたいな映画だ。

少ない見どころは、中村勘三郎の所作に尽きるが、せっかくの最初の登場シーンは、ドヘタなガキ(セリフ有り)と絡ませるから、のっけから映画がマズく見える。
でも、ベテランの麿赤児と絡むあたりは面白いんじゃないか?

柄本明と勘三郎のコンビは、うるさすぎるだろう。どっちも出しゃばりで、引き立て合わない。そこへ、ラサール石井もからんだりする。うるさいのなんの(見た目が)。
全員、B級映画の主役のつもりか?メリハリがないのも、失敗のうちである。
投稿者:マジャール投稿日:2009-03-29 22:17:16
ううう・・・・・遅ればせながら
観た、観ましたよ。
なかなか面白かったです。

やじきた道中という内容から想像されるお気楽滑稽モノとは、かなり異色の、むしろホラーに近い色合い(より落語的ってことか・・)。喜劇というには渋すぎて、そこが面白いともいえるんですが、最後まで観るとちょっとモタレるのもまた確か。
でも全体に丁寧な作りで、久しぶりに髷モノ(時代物)の面白さが堪能できます。
薄暗い間接照明(?)がちょっとアダルトでいい雰囲気。
美術や衣裳、撮影、照明といった各スタッフさんたちの仕事がいちばんのお手柄です。やっぱり時代劇はこうでなくちゃ。
個人的な名前は挙げないけど、キャストの皆さんも好演。小泉今日子、素敵でしたよ。(← って、挙げてるじゃないか)

(点数は保留にしておきます)


投稿者:黒美君彦投稿日:2007-11-21 21:35:06
【ネタバレ注意】

懐かしいというか、安心感があるというか、昔ながらの弥次喜多道中に落語ネタをふんだんに散りばめた昔ながらの喜劇。
さほど落語に親しんでいるわけではないが、この作品では「てれすこ」をはじめ、「お茶汲み」「浮世床」「淀五郎」「狸賽(たぬさい)」「野ざらし」といった落語ネタが盛り込まれている(公式サイトによる)ということで、どこかで聞いたことのあるエピソードが続く。

前作『しゃべれどもしゃべれども』(07年)に続き、落語を題材にした平山秀幸監督、相当な落語好きらしく、やはり落語ネタを取り込んだ川島雄三監督『幕末太陽傳』(57年)に憧れていたのだとか。
弥次郎兵衛役の十八代目中村勘三郎(いつのまにか50歳を超えていたんですね)、喜多八役の柄本明(もうすぐ60歳なんですね)、お喜乃役の小泉今日子(もう41歳なんですね)が楽しそうに演じてみせる。

いろいろなエピソードを切り貼りした印象は拭えないが、そもそもそこは「旅日記」なのだから許容範囲か。
中村勘三郎の弾けっぷりはなかなかよかったが、キョン×2が花魁、というのはさすがにつらいかな(苦笑)…、も少し色気のある姉御肌の女優がいたらいいんだけど。「なんてたってアイドル」が、今や「くさやの干物」扱いされちゃうんだから、歳月は残酷だなー。

とはいえ、平山監督が狙った落語に共通する前向きなエネルギーは十分窺える。
肩の力を抜いてお弁当もって気楽に笑うには丁度いい作品。

投稿者:ノブ投稿日:2007-11-12 17:50:45
【ネタバレ注意】

「やじきた道中 てれすこ」(監督:平山秀幸 108分)
話の内容は、弥次さんと喜多さんと花魁のお喜乃の三人が東海道を旅する珍道中。
年寄り二人が入水自殺(心中)を図ろうとした所、川底からてれすこが現れて(水面の波紋や舟にぶつかって舟が揺れるという形でしかでてこない)乗っていた舟を揺らしたら、入水自殺しようとした事はコロッと忘れて、お互い自分の命が助かりたい為に相手の事を責め合うというやりとりで始まるオープニングは、コミカルな演出で良かった。
役者の喜多さんが仮名手本忠臣蔵の舞台で高師直を間違って刺してしまった後、観客がヤジを飛ばしたり、舞台に向かって食べているミカンなどを投げるシーンはなんとなくいい雰囲気が出ていた(舞台の騒然とした雰囲気が良く出ていたから)
喜多さんが石灯篭を踏み台にして首吊り自殺する所はオモシロかった(足がはずれたが、重しにしていた石灯籠の方が喜多さんより軽かった為に地面に足がついて助かりそうになった時に、猫が石灯籠の上に乗って、その重さで再び喜多さんが吊り上げられていくという演出が良かった。又吊りあがった喜多さんが、足抜けの算段をしている弥次さんとお喜乃の部屋の障子越しに現れるシーンもオモシロかった)
将棋をしている地回り(花魁の足抜けを見回るヤクザ)二人組のやりとりがオモシロかった(王将をとられているのにまだ将棋を続けてやろうとしているというやりとり。これでこの地回りの二人組みは怖いけどどこか抜けているという感じが伝わる)
喜多さんが悪酔いして暴れるシーンはオモシロかった(弥次さんが下に行くと部屋はグチャグチャ、殴られて倒れている人達はたくさんで、特にお喜乃がガタガタ震えながら喜多さんの「丼」に酒を注いでいるシーンがオモシロかった)
子供達が捕まえた子狸を、弥次さんが鍋にしようとして子供達に指図しながら包丁を研いでいる隙に、喜多さんとお喜乃が子狸を逃がし、それを知らずに弥次さんが喜多さんとお喜乃に「狸もってこい」と叫んで、喜多さんとお喜乃がうんざりしている演出・シーンが良かった
サイコロに化けた子狸が、イカサマの為針でつつかれて、おしりに針の刺し傷ができて、お喜乃におしりにシップをはってもらう所がコミカルだった
地回り二人組にお喜乃が捕まりそうになった時に、お喜乃が騙していた遊郭の客数十人も現れて、その数十人をお喜乃が口八丁でそそのかして地回り二人組をやっつけさせるというシーンやりとりがオモシロかった
お喜乃が死んだと思った弥次さんと喜多さんが供養をしながら所々お喜乃に失礼な事を言って、それを隠れて聞いていたお喜乃が怒って二人の前にでてくるシーン演出が良かった(お喜乃が隠れている所から出たいが錠がかかっていて出られず、扉に体当たりしてお寺全体が揺れたりすすが落ちてきたりするのを、弥次さん・喜多さんがお喜乃の魂が帰ってきたと誤解してさらに熱心にお経をあげるみたいな感じがオモシロかった)
全般的に
基本的でコミカルな演出が最後までテンポ良く続くのでオモシロイ。
さらにラストのてれすこを食べるくだりは別として、話の展開がとてもスムーズなので分かりやすい(藤沢宿では弥次さんは浪人風の男に騙され有り金を取られ、喜多さんは悪酔いで暴れて壊した宿の修理代などで全財産を失う。お金がなくて困っていた所、助けた子狸をサイコロに化けさせて、賭場で大もうけするというくだりや地回り二人組みから逃れたお喜乃がその事を父親達に言ったら、父親たちは現れた弥次さんと喜多さんを地回り二人組だと勘違いして「お喜乃は死んだ」と嘘をつき、その嘘を信じて弥次さんと喜多さんがお喜乃を供養するというくだりなど)
ロケーションも良かった(箱根の林道や沼津の田舎のシーンなど)
役者も、演技過剰な感じは多々ある(ただしこの映画全体の雰囲気としてはこの位、クサい演技の方が良いのかもしれないとは思う)が、いい味を出している役者が多かった(主人公の三人・心中しようとしていた年寄り二人・置屋のおかみ・地回り二人組み・賭場の親分など)
最近年配の人が楽しめるコメディー映画がほとんどないと思っていたが、この映画ならかなり満足できるのではないかと思った。その意味でこの映画はとてもいい映画だと思ったhttp://mamaduke.at.webry.info/

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞柄本明 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】やじきた道中 てれすこレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION