allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヒッチャー(2007)

THE HITCHER

メディア映画
上映時間84分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月2007/11/24
ジャンルサスペンス/アクション
映倫R-15
ハイウェイの
果てに、
地獄を見た──。
ヒッチャー [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 1,500
USED価格:¥ 246
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ルトガー・ハウアーが殺人鬼ヒッチハイカーを演じた85年のサスペンス・スリラーをマイケル・ベイのプロデュースでリメイク。荒野のハイウェイで見知らぬ男性を同乗させてしまったばかりに恐怖のどん底に突き落とされてしまう学生カップルの姿を、スケールアップしたカースタントとアクションで描く。主演のヒッチハイカー役には「ロード・オブ・ザ・リング」のショーン・ビーン。監督はミュージックビデオ界で活躍し、本作で劇場用映画デビューとなるデイヴ・マイヤーズ。
 大学生のカップル、グレースとジムは、春休みを利用して長距離ドライブへと出かける。深夜になり、大粒の雨が降りしきる中、ヒッチハイクを求める人影に出くわすが、2人はそのまま走り去ってしまう。その後、立ち寄ったガソリンスタンドで2人は、ずぶ濡れの中年男と遭遇する。ヒッチハイカーを雨中に置き去りにした罪悪感から、ジョン・ライダーと名乗るその男の頼みを断り切れず、彼を乗せて近くのモーテルまで向かうグレースとジムだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
ヒッチャー(1985)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
213 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2018-11-01 20:40:16
グレースとジムが楽しいドライブ中にヒッチハイカーを轢きそうになる。
ハイカーに不審を感じた2人はそのまま逃走するがスタンドでかち合いモーテルまで送る事とする。
男はジョンと名乗りだんだん本性を現していき殺されそうになるがタイミングを見て車外へ蹴りだしそのまま走り出す2人だが・・・。

あのR・ハウアーの怪演が話題になった作品のリメイク版。
前作でのショックシーンは本作でも再現されていて、今回はヒロインのS・ブッシュがS・ビーンへ復讐する物語となっていてこちらも効果的。
難点はエンドクレジットに10分もかける事でこれは長すぎ。

DVDでの鑑賞だが広大なシネスコと5.1chが雰囲気を更に盛り上げている。
投稿者:scissors投稿日:2011-07-12 23:06:04
よくある安直リメイク。オリジナルの足元にも及ばない。
ショーン・ビーンも結局、顔だけで持ってるダイコンなんだな。

そもそも追われる側をカップルにしてしまったのが大間違い。
リメイクするからには何かしら改変を、というのであれば女対女とかでも面白かったろうに。
投稿者:あくび★投稿日:2009-07-18 17:04:52
それなりにね。
ただ「自分で止められない」ってことだから、
そうなると単に快楽殺人鬼・・・。
運転してる側ではなく、拾う側の・・・??
・・・・(´・ω・`;)
イカれポンチ、サイコ野郎の殺人ロードムービー。
あぁそう考えるとつまんねーな。
まぁドキドキしたけど。
リメイク版だからオリジナルとの見比べも面白いかも。
投稿者:bond投稿日:2008-09-27 13:03:38
ルトガー・ハウアーとは、また違う味の不気味さが漂っていて、いい。やっぱアメリカは怖いよ。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-09-25 23:38:54
【ネタバレ注意】

いや〜ん!
ショーン・ビーンが半端なく渋い!素敵!!カッコイイ!!!
・・・ってそんな魅力があっちゃ困るキャラクターなんだけど(爆)
実際、ビン様があまりに魅力的なので全く怖くないという結果になってしまいました。
だって・・・どうにでもしてッ!ってぐらいステキなんですよ?
そんな彼から逃げる気なんて、さらさら起きませんわ(笑)
逆にビン様に追われる若造に妙なジェラシーすら感じましたわよ(爆)

内容のほうも・・・緊張感のない大学生カップル、タフすぎるヒロイン、頼りにならない警察など設定がアマアマで不気味なサイコホラーというよりは軽い(とは言っても多少のグロさはあるけど)青春パニックホラーというテイストです。
唯一、恐怖感を覚えたのは、、雨のハイウェイを暗いライトで夜間走行しているトコですね(笑)

キャストに関してもイマイチ花がない。
特に彼氏役のコがカッコ良くない(泣)
そこ・・・もう少し頑張ってくれればチョットは違ったかも。
・・・っていうか、ビン様を超える魅力がないと、、この場合ダメでしょ(笑)

まぁ、あの有名な「ヒッチャー」がリメイクされたのに騒がれなかったって事がよく表れた出来でした(爆)

投稿者:irony投稿日:2008-09-23 21:46:17
オリジナルを観てる人は満足できないかも ショーン・ビーンも悪かないんだけど狂気が足らないかもなぁ それでもソコソコ観れますが・・・。
投稿者:ASH投稿日:2008-09-23 21:33:37
【ネタバレ注意】

 基本設定はオリジナル版と殆ど同じだけど、最大の相違点は前作ではジョン・ライダーにつきまとわれるのが男性ひとりだけだったのに対して、コチラは男女のカップルに変えているんだね。なるほど、こうすることでオリジナル版と差別化を図るとともに、映画的にも華があって映えるからね。

 ただ、主人公が最後に反撃をするという同じ展開を持ってきていながら、前作にあった観終わった後のドンヨリとした重たい気分を感じるようなことはなく、どこかしら爽快感すら覚えるような〆かたをしているのはマイナス点。MTV風の映像処理は今の時代には必然だと思うし、MTV出身のマイケル・ベイだけにそうしないと気が済まないのは分るつもりだが、あの暗く、やるせない気分は2000年代にはもう不要なのかと思うと、ちょっと寂しいね。

 マイケル・ベイは製作のみとはいえ、ド派手なカーアクションと、時々ドッキリさせる悪趣味な演出など、いつものケレンミがたっぷりでそこは嬉しくはなるが、張り詰めたかのような緊迫感の持続という点では前作の方に軍配! コチラも同様にハラハラさせられはするが、それは観客に半ば強制的に緊迫感を与えているような気がしてならないんだよね…。

 それでも、前作への敬意はちゃんと払われているからそこは好印象かな。あの有名な「I want to die」もシッカリと出てくるしね。と思ったら、エリック・レッドがコチラの脚本にも関わっているんじゃない。もしかすると、既存のオリジナル脚本に手を加えただけだったりなんかして。どうにもジムが頼りない青年だなぁ、なんて思いながら観ていたら…。なるほど、そう変えましたか!

 相変わらずショーン・ビーンは、こういった狂気と凶暴性を孕んだ役を演じると上手いねぇ。というか、この人って面構えそのものがおっかないよ。笑顔の裏にも、なにか危険な部分が隠れているかのようで。でも、悲壮感を漂わせていた前作のルトガー・ハウアーには敵わないなぁ。

 オリジナル版は「激突!」が入ってたけど、コチラは「マッドマックス」もなんとなく入っているね!

 なんか、オリジナル版との比較に終始した稚拙なコメントになってしもうた…(それはいつものことだろ!)。

投稿者:豆酢maldini投稿日:2008-06-20 09:06:06
【ネタバレ注意】

お話は陳腐。素性不明の幽霊のような男、でも殺人の腕だけはやたら達者な変質者が、ハイウェイでメキシコに行こうとしているバカップルにつきまとう。一思いに彼らを殺すでなし、彼らの犯行のように見せかけては、周囲でどんどん無関係の人間たちの死体の山を築いていくという。
1985年製作のサスペンス映画「ヒッチャー」(ルトガー・ハウアー、C・トーマス・ハウエル主演)のリメイク版ですね。オリジナルはカルト的な人気を博し、昨年廉価版DVDも発売されました。

で、昨年リメイクされたバージョンなんですが…。

残念なことに、シンプルな設定を力技で押す力量が演出家にはないようでした。ただひたすら車の爆発炎上シーンと、殺人場面の胸が悪くなるような血糊で観客に媚びるような、ひどいシロモノです。製作にはマイケル・ベイが絡んでいるので、彼の趣味が如実に出てしまったのでしょうね。

軸になる人物が、オリジナルの男から女に交代したのは、まあ時代の風潮ですから良しとしましょう。でも、彼女に全くヒロインのオーラが感じられないのが残念。そこらへんにいくらでも転がってそうな、いたって普通のジャリ娘。
そのジャリ娘が、ぶさいくなカピバラみたいなボーイフレンドをヒッチャーに惨殺され、ぶちギレてショットガン片手に立ち上がります。そして、殺人鬼であるとはいえ、丸腰&無抵抗の男を背後から撃ち、当然の権利のようにとどめを刺すわけで…。

胸くそが悪くなります。作品としてはサイテーですわ。

でもね、ショーンのヒッチャー造型はちょっと面白いとも思ったのですよ。
オリジナルでルトガー・ハウアーが構築した、粘着質かつ悪魔的な殺人鬼のリアリティはあまりなく、もっととらえどころのない、本当にこの世に存在しているかどうかすらも定かではなさそうな、不思議な浮遊感が彼からは感じられたような気がして。
…尤も、そんなことを感じるのはファンの贔屓目かも知れんがね。
でも、“ショーンの殺人鬼?ああ、ぜーんぜん怖くなかったじゃん!バッカみたい!殺されたとき片方の靴脱げちゃってるしさ!”で捨て置くには、もったいない気もしたのです。

http://blog.goo.ne.jp/mamesumaldini

投稿者:サイババ2投稿日:2007-11-06 16:17:39
よくあるリメイク物の出来。
アクションシーンとか格段に派手になっているが、何か決定的な物が欠けている。
投稿者:tomovsky投稿日:2007-09-18 17:09:52
本当、見境がなくなってるな。そこそこヒットするかもしれないが、1985年度版のハマリ役のルトガー・ハウアーを超える事は出来ないと思うが。ネタが無くなって映画界も苦労してるんだな・・・・・・。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ヒッチャー2008/03/05\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ヒッチャーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION