allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大統領暗殺(2006)

DEATH OF A PRESIDENT

メディア映画
上映時間93分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2007/10/06
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫PG-12
その時、世界は試される。
大統領暗殺 デラックス版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 700
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

 Photos
大統領暗殺大統領暗殺大統領暗殺

【解説】
 現職の大統領の暗殺を仮定して、徹底したリアリズムでシミュレーションするラジカルなテーマが世界各国で物議を醸した問題作。911同時多発テロを受けて始まった“対テロ戦争”の泥沼化が進む中、いつしかアメリカ国民からの支持も失ってしまったジョージ・W・ブッシュ大統領。本作は、そんな今や多くの人が世界を覆う混迷の元凶であるかのごとくみなすブッシュ大統領が暗殺されたとの架空の設定を基に、ブッシュ亡き後の世界がどのような方向へと進んでいくかを客観的に考察し、その想像の未来を徹底したドキュメンタリー・タッチで描き出していく野心的政治サスペンス・ドラマ。監督はイギリスの俊英ガブリエル・レンジ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 06:16:35
とにかく暗い。
投稿者:bond投稿日:2008-10-01 09:22:30
事実だったら、へー、フーン、って観れるが、所詮フィクションなので虚しい。
投稿者:NYY投稿日:2008-08-13 19:20:53
【ネタバレ注意】

ここでは評判が悪いみたいだけど、結構面白かったな。
ブッシュに限らず、要人暗殺や先進国でテロがあった後に起こりう
るヤバイことを描いた、それなりによくできたフェイク・ドキュメン
タリーだと思う。
どれも、ある程度は想定内のことなんだけど、ドキュメンタリーの
形で見せられると嫌な予感が当たっちゃったような感じで(勿論、
フェイクだけど)、深夜に1人で見たせいもあって怖かった。
 
         (´〜`ヾ) ポリポリ
 
“反佑筏燭錣譴燭里シリア人だったのを、政治利用する奴が出て
くれば、シリアの仕掛けた「陰謀」となってw、シリア攻撃も可能
になる訳ですよね。
攻撃を仕掛けたい国の奴を犯人に仕立て上げれば、国民のヒステリ
ーの後押しを受けて、やりたかった戦争にめでたく突入できると。
もし、日本人が疑われたなら、日本攻撃が始まることもあり得る訳
で(同盟国である限りは、やらないとは思うけどw。メリットもない
し)。
 
刑事裁判がいい加減になって、『それでもボクはやってない』状態
になるw。
微罪の痴漢どころじゃなくて、大統領暗殺の極悪テロリスト扱いだ
から、あーなったら、もう笑うしかないねw。
 
今でも評判の悪い、パトリオット・アクトの強化にも反対できな
くなって、物凄い監視社会になる。
そーゆーものが通ると、必要な法律の中に、全く必要のない国民を
管理する規定を入れたがる、日本の警察庁や法務省も真似をしよう
とするから、他所の国の話ってことでは済まないしw。 
 
あと、自国民に恨まれるってこともポイントかな。
ベトナム以降、アメリカが大規模な地上戦をやってこなかったのは、
自国に死人が出ることに世論が耐えられないからで、
イラクみたいな地上戦になれば、多数の死者が出て、自国民に恨ま
れる(空爆で誤爆ばっかしてると、そっちの方に恨まれる)。
自国民を死なせるようなことを続けてると、いずれは自国民による
テロが起こる。
最近、自殺したっていう炭疽菌事件の犯人ってのもアメリカ人だっ
たもんな〜w。
 
ブッシュという分かり易い「悪」を叩いて、いい気になってるプロ市民
達への批判も入ってたのかも。
善か悪かに分けて、悪を叩けば良いって、アメリカのプロテスタント
的2元論で、アメリカ政府と同じようなことをやってると、自分で
自分の首を絞めることになるぞ!と。
アメリカ人は、自分達が善で、悪い奴をやっつければ上手く行くっ
て考えちゃう、そのシステムの方に問題があるんじゃないか?って
ことに気付いた方が良いかも。
 
結局、ブッシュなり次の大統領なりが死ねば、状況はもっと悪くな
るってことですな。
これが日本の首相だったら、多分、何も変わないから良かったね〜w。 
 

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-10-21 23:35:30
私も2007年10月19日に鑑賞。
映倫がタイトルにいちゃもんをつけたとかいった話題が先行していたが、きわめて真面目な作品。
記録映像を多用して、「いかにも」風なリアルなドキュメンタリータッチの作品ではあるが、であるが故に私個人は違和感を最後まで拭いきれなかった。
ここで描こうとしているのは、米国大統領が「今」「暗殺」された場合、どのようなことが起きるのかということのシミュレートなのだが、無理やりテロリストをでっち上げ、事実を隠蔽しようとするなんてことはありそうなものの、それはあくまで予想の範囲内であり、映画的驚きがあるわけではないし、その流れにもっていく経緯もきわめて恣意的といわざるを得ない。それを「いかにも」のドキュメンタリータッチでみせられても評価はしづらい。
ふーん、そんなこともあるかもね、それで? という感じなのだ。
ドキュメンタリー映画がいかにウソをつくか、というテーマだというのならまだわかりやすいのだが(苦笑)。
大統領暗殺の力学を語るのなら、そして実在の現職大統領暗殺を扱うのなら、犯人を追うのではなく国際社会・国政における米国政府の変化や経済を扱った方がまだマシかと思う。キワモノを狙ったあざとさを感じてしまった。
投稿者:サカスキ投稿日:2007-10-20 16:13:32
【ネタバレ注意】

大統領暗殺日の10月19日に観ました。
他の方のコメントにもありましたが、暗殺までのいきさつ等が長く、個人的には、暗殺されたあとをクローズアップして、アメリカ国内や世界情勢の動きを描いて欲しかった。
ただ、こういった映画を観ることで、戦争やテロに対して、自分は何が出来て、何を考えればいいか、思い直すきっかけにはなるので、観た価値はありました。

投稿者:ビリジョ投稿日:2007-10-19 22:32:48
 何だろなこの映画の意図は。むしろ地味だし。
 ブッシュに批判的な勢力により作られた映画なのだろうが、マイケル・ムーアのアジ演説とは一線を画す。
 展開は、まあありがちというか、あまり衝撃度はない。
 センセーショナリズムではなく、じっくりと考え込むタイプの映画なのだろう。でも、あまり印象に残らなさそうな
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2007-10-13 22:06:02
製作者がどう思ってこの映画を作ったのかよくわからない
ブッシュ政権も来年でおわるのだし非難してるのか擁護してるのかもわからない
評価はナシ
投稿者:vimiya投稿日:2007-10-09 13:08:38
どこまでが現実で、どこからがフィクションがわからなくなる。
本物のドキュメンタリーのような作りで、ニュースの特番を見ているようでした。
ちょっとブッシュがかわいそうな気もしつつ、
大統領暗殺後の陰謀的な何かを描きたいのなら
死ぬまで(失礼)が長いなという感想。
似たような主旨の映画がたくさんある中で
ちょっと変わったつくりの作品で
途中若干の中だるみはあるものの、最後まで楽しめました。

暗殺日の設定が来週なので(2007.10.14)
何もなければいいなと思います。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】大統領暗殺 デラックス版2008/02/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】大統領暗殺レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION