allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディスタービア(2007)

DISTURBIA

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)
初公開年月2007/11/10
ジャンルサスペンス
リセット不能の
覗き見ゲーム
ディスタービア スペシャル・エディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 2,012
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ主演で放つ全米大ヒットのサスペンス・スリラー。自宅軟禁中に、ほんの暇つぶしで近所の覗き見を始めた主人公が、奇怪な光景を目撃したことから事件に巻き込まれていくさまをスリリングに描く。監督は「テイキング・ライブス」のD・J・カルーソー。
 父親を交通事故で亡くして以来、自暴自棄になっていたケールは学校で教師を殴る事件を起こしてしまう。そして裁判所から3ヶ月間の自宅軟禁処分を言い渡され、行動範囲の半径30メートルを越えると警察へ通報される監視システムを足首に取り付けられる羽目に。こうして暇を持て余し、ある時ふと近所の覗き見を始めたケールは、やがて親友のロニーと隣に引っ越してきたアシュリーも交え、ますます覗き見にはまっていく。そんなある日、血まみれのゴミ袋を引きずる人影を目にするケール。また同じ頃、巷では赤毛の女性ばかりが次々と行方不明になる事件が頻発していた。裏手に住む挙動不審な男ターナーが容疑者と睨んだケールたちは、彼を焦点に覗きを続けていくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
849 6.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ふじこ投稿日:2011-05-30 19:44:41
「裏窓」っぽかったけど、次々と話が展開して行って
結構楽しかったと思います。

主演の俳優さんは、あぁいう役がピッタリ合ってますね。
投稿者:きらきら投稿日:2010-09-29 23:50:45
【ネタバレ注意】

ほとんどヒッチコックの「裏窓」のリメイク、といっていいくらいの作品。
ただしそれも筋をなぞっただけ。
「裏窓」が持っていた、閉鎖空間のなかで繰り広げられる世界観の構築などは一切演出にはない。ただ見えるものを覗いてみた、というデバ亀少年が犯人逮捕とガールフレンドを手に入れるという、ハリウッド定石の物語パターン。

足につけたGPS装置で主人公の行動を限定させることで、「裏窓」との差別化ができたと安心してしまったのか? サスペンスというには作りはゆるいし、映画的というには程遠い。
テレビの2時間ドラマの触感と似ている。

やたらごてごてとトッピングの乗ったラーメンを食べさせられた感じで、肝心の麺もスープもインスタント感ばりばり。という感じですか(笑)

投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-24 11:29:16
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★

そういうシーンがある訳ではありませんが、所作・目つき、魅力的でエロいです。サラ・ローマー
投稿者:ハッピーm投稿日:2010-04-13 19:29:08
【ネタバレ注意】

自暴自棄になった少年が3カ月の自宅監禁に。  あまりにも暇でご近所観察。  不倫中の家、プールで泳ぐセクシーガール、親に隠れてエッチなTVを見ているいたずら小僧2人、でも気になったのはいつも庭の手入れをしているおじさん。   どうやら連続殺人の容疑者に似ているように思うけど? と親友と引っ越してきた隣のサラ・ローマーの三人で証拠を集め、コソコソと尾行を始める。  もちろん犯人に間違いなかったけど、気付きそうで気付かない、気付かれなさそうで気付かれてる攻防戦がなかなか良かった。  少しずつ迫ってくる犯人の存在が丁度よい。  メイン二人のロマンスはお粗末な感じだった。  年齢見たら21とか28とかなんだね。  童顔って素晴らしい。

投稿者:さとせ投稿日:2010-02-12 15:55:32
定年した親父とケールは釣りに来ていた。大漁だった帰宅ドライブ中に事故で親父を亡くしてしまう。1年後、授業中に教師を殴ってしまい自宅監禁になる。しかも半径30m以内しか行動できない監視装置を装着させられる。隣にアシュリーが引越して来たため覗きが趣味になったケール。友人になった2人は怪しいお隣さんを一緒に見張るが相手もそれに気付き・・・。

展開は想像通りの域を出ないが演出が良いので楽しめる。只、ヒロインのサラが今一可愛くないのが惜しい。DVDで鑑賞したが5.1chの効果は最初のショックシーン(これはびっくりした)で躍動する。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 23:11:32
アーロン・ヨー
投稿者:uptail投稿日:2009-12-30 22:29:28
サラ・ローマー
投稿者:BMG投稿日:2009-08-29 22:30:32
【ネタバレ注意】

予想と違う展開を見せていきましたが、それでも楽しめましたね。
ただ期待していたような風になっていかなかったのは否定できませんね・・
家から出られない状況でどうやって一人で頑張れるか見られると思っていたのに、友達と協力しているし遠慮なく家から出ているし・・・・それに、敵が誰なのかはっきりしなくて、むだなところでハラハラさせられたのも、マイナス・・・・
もちろん、サスペンス物としては、十分及第点なのでそこは楽しんでいただけるかと。

後、ヒロインがとても魅力的でしたwwwwww

投稿者:namurisu投稿日:2009-08-27 14:58:11
スピルバーグはなんでこんなヤツ気に入ってんのか、さっぱり分からん。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-10-21 03:33:47
サスペンスというジャンルの作品に対して褒め言葉になるのかは微妙ですが、安定力のある内容でした(笑)

ありがちと言えばありがちなストーリー運びではありますが、それでも自宅謹慎という設定やセンサーといったアイテムが終始活かされているなど、この作品なりの工夫が見られました。
主人公はモチロンのこと友人や彼女、お母さんや警察官など登場人物の行動が裏目に出てイチイチ緊張感を与えてくれるのもGOOD
かなり小規模(ご近所内)での展開ですが、それなりにドキドキハラハラ出来るし、テンポも良く飽きさせない作りになっているのは評価したいです。

もう少し親子愛があっても良かったかな・・・とも思ったけど高校生の男の子と母親の関係だから、このくらいサッパリなほうが自然なのかもしれませんね(笑)

キャストに関して・・・
シャイア・ラブーフは焦ってる感じがとても似合いますね。
トランスフォーマーも汗汗汗な役柄でしたが、この現象・・・しばらく続きそうな気がします(笑)
キャリー・アン=モスはチョット怖かった(爆)
母親役は、もう少し母性の感じられる女優さんのほうが合っていたかも。
デヴィッド・モースは文句なしに良かったです。
彼らしい冷たさと渋みがイイ感じに出てました。

テイストが軽めなので本格的なサスペンスが好きな方にはオススメしませんが、青春モノが好きな方なら楽しめると思いますよ。
ラブもありコミカルさもある青春スリラーとでも捉えて置けば間違いないでしょう(笑)
投稿者:irony投稿日:2008-10-20 18:28:38
【ネタバレ注意】

最初に感じるのは、「裏窓」だけど、どっちかっつうと好色な意味合いで「ボディ・ダブル」のほうがしっくりくるかな? モース本人が自ら女装することで完成させているのは笑った 覗きとスネークの合わせ技で一本ってな作品 境界線の条件もうまく生かしてあって終始ハラハラドキドキで大変面白く観れました

投稿者:bond投稿日:2008-10-20 09:58:40
裏窓+メイフィールドの怪人達、といった感じだが、後半はハラハラした。監禁+拷問のシーンを付け加えればもっと濃くなったろう。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-09-01 10:01:46
何となく「裏窓」っぽいような設定なんだけど、でもそのまままねしてるというわけではない。若者が主役でも軽すぎない。お話も十分に楽しめた。D・モースの演技がすばらしい!
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2008-08-23 03:58:40
テンポが良くて飽きずに観られた
3ヶ月も自宅軟禁て…鬼ですね
投稿者:藤本周平。投稿日:2008-08-11 10:36:17
ジェイソンのようなモンスター的な殺人鬼じゃなくて、隣人という日常にも起こりうる設定が逆にリアルで怖いです。例えて言うなら、「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる吉良吉影のようなね。
あと、シャイア・ラブーフはもう安心して見れる俳優ですね。これからに期待です。
投稿者:なちら投稿日:2008-05-23 00:41:23
謎めいた隣人に対して、誰でもが妄想しそうな平凡な事件。
それをフツーっぽさが魅力のシャイアが演じると、変なリアルさが生まれる。

特別ビックリするようなオチではないけど、なかなか楽しめました。
投稿者:paris1895投稿日:2008-05-03 04:24:20
端的に総じて言うとするならば、この映画はあの絢爛豪華に美しい『裏窓』を、正に覗き見した程度のものでしかない。
 覗き見程度という事は、それなり魅力的な瞬間はあるのだが、しかし、その胚芽を育てる事には失敗している。
 映画は決して、物語を語るための術として生まれていないという事を、この監督は知らないかのように、ロベール・ブレッソンが己に禁じ続けた『撮影された演劇』映画として、序幕から終幕へ、決してシネマトグラフからの血統に連ならない、演劇映画として終わってしまう。
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2007-11-24 20:42:01
キャリーアンモスやディヴィッドモースなど脇役は豪華だがいまいち存在感やワンパターンな悪役など
構成も単純なラブサスペンスでパッピーエンドと平凡そのもの
投稿者:サメ投稿日:2007-11-23 17:56:35
ディスタービア(Disturbia)とは何ぞや?という事で調べてみた。辞書
にない言葉だ。
disturb と suburbia を組み合わせたもので、suburbia は映画の舞台と
なる「郊外」という意味。disturb は、「邪魔する」という意味。

この映画では「動揺させる」「心をかき乱す」という、もう1つの意味で
使っているとの事。

ところで、肝心の映画の内容。高校生が主人公だ。
教師を殴って3ヶ月の自宅謹慎中である、主人公のケール。
監視システムを足首につけられろ。これは、半径30メートルを出れば警察
に通報されすぐに、警官がすっ飛んでくるシステム。

母親からテレビゲームもテレビも取り上げられて、何をするかということ
で、たどりついたのが覗き。
それも、近所に引っ越してきたとてもスタイルのいい、ビキニで泳ぐ美少
女。

その同級生の美少女がホームパーティを夕方に始めた。みると、親しげに
男から抱擁などをしかけられている。ケールは、嫉妬心からパーティを
ぶち壊すいたずらを仕掛ける。
彼女は怒った勢いで、彼の部屋に上がりこみ彼を問い詰める。

「あなたはいったい私を何回覗いていたの?」
その時に、正直に告白するケールの言葉が良かった。彼女の屋根の上で
本を読む姿、ドアをあける一瞬のためらいの動作、泳ぐ姿、エアロビを
する姿、そのいろいろな彼女の動作を見ながら、彼は彼女の内面まで
想像力を働かせみつめていたことを語る。

まさしく、好きという事は見つめ続けていたいという事だ。
彼の告白は、許しを請うというよりは、好きだと言うことの正直な告白
に聞こえてくる。

その覗きをからめての男女のやりとりで終わっていたら、恋愛映画で終
わってしまうのだが、続いてそこに描かれていたのは、犯罪を覗いてし
まった事の恐怖と探究心。
覗かれていた彼女も加わっての、今度は殺人鬼らしい男を覗くスリラー
映画に転じていく。

「私は誰にもじゃまされず、いなかで静かに生活をしていたいだけなの
だ。それを君のような覗きで生活を壊される」というようなニュアンス
の言葉を、静かに語る迫力ある男。とても静かに生活を送るとは思えな
い風貌の、そのアンバランスさがまた良かった。
http://samech.web.fc2.com/
投稿者:NYY投稿日:2007-11-13 20:45:15
【ネタバレ注意】

面白かった。
自宅謹慎で行動範囲を制約されてる状態で、都合良く隣に女の子が
引越してきて、覗いてたらビキニになって、んでその女子も交ざっ
てサスペンスに突入とは・・・
たまらなく好きな展開だ〜。
つっ込みどころは多々あるんだけど、軽めの娯楽物のツボを心得て
て素晴らしい。
普通っぽい女の子も素晴らしい。
女っけが無かったら、謹慎も覗きもサスペンスもつまんなくなって
ただろーな〜。
 
お母さん、怪しい男と仲良くなっちゃって・・・
デビット・モースの顔見りゃあ、怪しいって分かりそうなもんなの
に。
あの顔は何人も殺してる顔だよ。
 
ただ、最初の事故は激し過ぎると思うよ。
あんなはシーンいらない。

投稿者:きゃる投稿日:2007-11-12 17:46:50
魚釣りの父子の会話内容、単なる事故とは思えない父親の死、
いかす女の子の田舎への引越し、教師の従兄弟である警官の存在。
結局何でもなかったのですが、先を読みすぎるのは私の悪い癖です。
自宅謹慎中の暮らしがリアルで、そこだけが面白かったのですが、
あとは薄っぺらでした。分かりにくい映画よりましですが…。
投稿者:サカスキ投稿日:2007-11-11 22:55:40
予想出来ない展開。テンポもよく、退屈しないで観られました。ドラマの要素と、サスペンスの要素のバランスも良く、グッド!!
投稿者:wonder投稿日:2007-11-09 08:33:19
Disturbiaかぁ〜、、邪魔や不安にさせるものといえばサスペンスかホラーだね。。
と全然期待せずに機内の画面にぼんやり眺めていると間もなくワクワクしてきて、
次第に、どうなる??どうなるーーっ?!?!と目が離せないほどにハマりました!!!!!
最後までシンプルかつ気持ちの良いサクサク展開に大拍手、
"フォーン・ブース"以来の久々に楽しいサスペンスです!!!!!

投稿者:hanya投稿日:2007-11-09 01:35:24
かなりショッキングな事故シーンに、心臓を痛められたかと思うと、一転、青春ものなノリで話は進む。
しかし、これまた話半ばを過ぎた辺りから、どんどんエンジン回転を上げてくる。
あとは畳み掛けるように次々と展開していき、クライマックスはフル回転。

筋としてはオーソドックスで、お約束。特に意外というわけでもないのだが、観ている最中はもう、思いっきりノせられてハラハラドキドキ。同列3席隣の人なんてすんごい前のめりになっていた。
青春娯楽ホラーサスペンスってかんじで楽しめました。

どうでもいいけど、あのドア破りって、シャイニング〜。オマージュかな。
投稿者:映画万太郎投稿日:2007-10-23 21:13:55
友達に連れられ、正直渋々だったのですが(だって知ってる俳優、いないんだもん)…
久々のヒットでした!

すっげービビリまくった!
展開も速くて飽きないし。。。あと、主人公ヘチョくてウケる(笑)
アメリカで、やたらヒットしたのも納得。

一緒に観た女の子も驚きながらも楽しんでました!
投稿者:ASH投稿日:2007-08-01 18:39:19
 北米では驚異的なヒットになったんでしょ、この映画? まあ、人気急上昇中のシャイア君が主演ちゅーことで、お客さんが来たのかも、なんてね。

 予告編を見る限りだと、前にも書いたけどティーン版(ボンクラ版?)「裏窓」といった感じの映画でしょうか。シャイアの相棒がアジア系のアーロン・ヨーだ。なにはともあれ、ビデオスルーが危惧されていたけど、めでたく劇場公開の目途が立ったみたいね。つーわけで、超期待。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ キス・シーン賞シャイア・ラブーフ シャイア・ラブーフ&サラ・ローマー
  サラ・ローマー 
【レンタル】
 【Blu-ray】ディスタービアレンタル有り
 【DVD】ディスタービアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION