allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

魔法にかけられて(2007)

ENCHANTED

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ディズニー)
初公開年月2008/03/14
ジャンルコメディ/ファンタジー
魔法にかけられて [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,769
USED価格:¥ 1,014
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ディズニーが伝統のアニメと実写を融合させ、さらにセルフ・パロディやミュージカルなど様々な要素も随所にちりばめて描いたファンタジック・コメディ。魔女に騙され、おとぎの国(アニメーション)から現実世界(実写)に追放されたプリンセスが大騒動を繰り広げる。主演は「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のエイミー・アダムス。
 魔法の王国“アンダレーシア”に暮らす心優しいプリンセス、ジゼル。彼女はある日、エドワード王子と運命的な出会いを果たし、晴れて結婚することに。だがその一方、彼らの結婚によって王位を手放すことになるナリッサ女王は一計を案じる。実は彼女の正体は魔女だったのだ。そして結婚式当日、老婆に化けたナリッサはジゼルに接近し、彼女を井戸に突き落としてしまう。やがて、ジゼルが辿り着いた場所は、現実の世界、現代のニューヨークだった。しかし、周囲に助けを求めるものの誰も手を差し伸べてはくれず、途方に暮れるジゼル。そんな中、彼女はバツイチの離婚弁護士ロバートとその娘モーガンに救われるのだが…。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
木村聡子エイミー・アダムスジゼル
根本泰彦パトリック・デンプシーロバート・フィリップ
畠中洋ジェームズ・マースデンエドワード王子
石住昭彦ティモシー・スポールナサニエル
萩尾みどりスーザン・サランドンナリッサ女王
林真里花イディナ・メンゼルナンシー・トレメイン
小野花梨レイチェル・カヴィモーガン・フィリップ
松坂慶子ジュリー・アンドリュース
放送2010/12/03 日本テレビ 金曜ロードショー
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1072 7.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2013-09-25 23:59:58
ディズニーがセルフパロディ・・・。
「あ、自分でツッコミどころわかってんのね」 と楽しめました。
投稿者:つむじまがり投稿日:2013-04-23 23:15:21
allcinemaでコメントが多いので期待して見た。
最初は鳥肌の立ちそうな、苦手なおとぎ話で、ここからリアルな世界に出た主人公が現実に打ちひしがれるのかと思いきや微妙にそうでもなくて、終始なまぬるく話がすすんでしまい、弁護士のお兄さんよりジェームズマースデンのが圧倒的に達者で、なんでこのキャスティングなんだろう、エイミーアダムスも達者なんだけど容姿と衣装が合ってなくて違和感あるし、魔女の声に聞き覚えがあるので最後まで見たらスーザンサランドンで、またなんでこれに出ようと思ったんだろう、とか気になってしょうがない。
また話にも納得できず。
あれでいーのかなー?
投稿者:グレコ投稿日:2013-03-17 07:34:02
キャストが絶妙!
投稿者:Kircheis投稿日:2011-12-21 00:17:33
大人が観ても十分面白い、ディズニーのセルフパロディ映画。

エイミー・アダムスは演技力は認めるもののルックス的にはそんなに好きな女優ではないんだけど、この映画では可愛いと思ってしまったよ。お姫様コスプレがめちゃ似合う!!
でもでかいお尻は相変わらずで、少しおばちゃん体系のお姫様だった(+o+)

パトリック・デンプシーは『グレイズ・アナトミー』の医者とキャラが被るバツイチ弁護士役で安定感ある演技を見せていたが、ちょっと彼女が可哀想だったね。
そりゃあんな純真無垢なお姫様が現れたら分が悪いよ!!

ジェームズ・マースデンのナルシスト王子様っぷりはかなりはまってた。自由の女神の王冠を被ってデートする姿は間抜けなんだけど似合ってて面白い(笑)

他ではスーザン・サランドンは短い出演シーンだけどさすがの魔女演技!!

ティモシー・スポールはこういうファンタジー系のキャラにはぴったりだし、コミカルな演技もばっちりこなしてた。

ラストバトルは実写の割にドラゴンがCG丸出しだったのが残念だったし、決着のつけ方もあっけないが、まぁ予定調和なエンディングも含めて結構楽しめた映画。

定番の歌は文句なく最高でエイミー・アダムスの歌唱力の高さにびっくりした!!
投稿者:polarbear投稿日:2011-05-06 15:11:02
おとぎ話のお姫様が現代のニューヨークに迷い込んだら・・・・を、アニメーションと実写を融合して描くディズニー作品。

ディズニーと言えば数々のアニメーション作品が思い浮かぶように、とある少女(お姫様)がいつくもの困難を乗り越えて憧れの王子様と結ばれ、誓いのキスを交わして永遠に仲良く暮らす・・・といったモノ。

例にもれずこの作品のヒロイン・ジセルもそんなお花畑発想を持つ人物なのだが、彼女が現代のニューヨークに迷い込んで珍道中を繰り広げる様がユニーク。現代人から見ればそうとうイタイ人だし、ふわふわドレスで歌い始めたりと結構ヒヤヒヤ。ロバートとジゼルの掛け合いも楽しく、ロバートがことごとく現実味のあるキャラクターなのでディズニー自体に対してのブラックジョークとも言える。

ディズニー的価値観に対するアンチテーゼは「シュレック」が上手にやってのけたが、これをディズニーがやることに意味があると思います。
痛い・苦しい・辛いといった感情が存在しない世界で暮らしていたジゼルが出現したニューヨークは、妥協やあきらめ・憎悪・離婚・殺人だって存在する。現実とはそういうものだし、大人になるっていうのもそういうことなんでしょう。ロバートに対して「怒り」の感情を発見して驚き喜ぶジゼルがよく物語っています。
また実写ジゼルもあごや二の腕のたるみが気になったり、目じりや口元のしわが目立っている点も妙にリアルで良かったです笑


またどこかから落ちても(失敗したり危機に陥っても)いつも王子様に助けてもらっていたけれど、最後にロバートがピンチになって自ら剣を手にもち果敢に敵と戦おうとする姿もいいです。受身のお姫様のままではなく、男性がピンチの時には自分が立ち上がるというのが現代的な解釈であり、ジェンダーの立場関係も表現されていました。


物語全体を流れるアラン・メンケンの音楽、カラフルな衣装やセットなどもステキです。
投稿者:william投稿日:2011-01-19 02:02:44
アニメと実写とCGを豪勢に盛り込んだ如何にもディズニーらしい作品。
でもなかなかうまくできてる。
投稿者:イドの怪物投稿日:2010-12-04 12:39:24
理屈抜きに面白かった。
パロディなんだから理屈なぞ不要、しかも自虐的なパロディなんで誰にも迷惑掛けないし。
投稿者:has42120投稿日:2010-10-18 10:11:05
エイミー・アダムス
投稿者:タニ投稿日:2010-04-21 00:35:01
 この映画の賢いところは、ディズニーアニメの抱える価値観と現実社会の抱える価値観、どちらが正しいかについて最後まで白黒つけていない点だ。
 これがもし、ディズニーアニメの価値観を良しとして、登場人物皆が歌い踊り狂うラストだったら、オイオイと突っ込みを入れつつカルト映画として語り継がれる作品になっただろう。
 逆に、現実世界の価値観を良しとして皆が互いを疑いながらドレスとマントを脱いでしまったら、真っ向からディズニーを否定する、夢のカケラもない作品となったと思う。
 理屈をこねてしまったけれど、そんな疑問符を頭に思い浮かばせるスキを与えず、物語は進んでいく。娯楽なんです。四の五の言わず、娯楽なんです。楽しんでくれました?そんな心意気が嬉しい作品だ。

 ...スーザン・サランドンはやっぱり、...魔女顔なのですね...。
http://moviearth.at.webry.info/200909/article_3.html
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-11 20:13:36
禁断のセルフ・パロディ
「魔法にかけられて」
「美女と野獣」、「アラジン」の
アラン・メンケンの曲が聴けるというだけでも儲けもの
http://mototencho.web.fc2.com/2008/enchan.html
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2009-08-17 03:12:21
ディズニーのアニメはほとんどが嫌い。
歌って踊って、夢と希望に満ちあふれてて・・・。
しかし、この映画も確かにそんな内容の映画なのだが、
今回はそれを半分バカにする、ディズニーのセルフパロディ映画なのだ。

美しいお姫様も現実世界に来れば頭のおかしい天然娘。
「王子様を待ってるの」と言ってみんなに白い目で見られ、
「あぁ あぁ あ〜♪ あぁ あぁ あ〜♪」と歌えば
「歌はもういいから、来なさい」みたいな流れになってる。
皮肉屋な人はこの少々ブラックなジョークに笑みがこぼれること間違いなし。
私も同じだ。

しかし、そんなお姫様を笑っていると、いつの間にか魔法にかかっているあなたがいるかもしれない。
周りが現実的なほど、ジゼルの純粋さは輝いて見えてくるのだ。
主人公が徐々に感化されていく様子やジゼルの変化も丁寧に描かれている。
いつもは嫌いだった歌が心地よく聞こえてきた。いかんいかん。

アニメを織り交ぜたシーンもとても楽しいし、
全てのキャラクターがそれぞれ面白くて印象的。
終盤がちょっと尻すぼみなのが残念だが、この面白さは凄い。

ディズニーもたまにはやるでないか。
投稿者:irony投稿日:2009-04-23 23:55:00
【ネタバレ注意】

落下死って・・いくらナンでもアレで終わりなんて・・

投稿者:ジーナ投稿日:2009-04-23 22:17:24
全編アニメーション映画や一部アニメが挿入される作品は苦手なので敬遠している私ですが、パトリック・デンプシー見たさに挑戦しました。
まぁ、特にアニメーション部分に関して不満は無かったですがアニメーションじゃなくても良かった気はします(爆)
おとぎの国に住むプリンセス・・・実写でどうにでもなったのでは?
トロールがムリだったのかしら?(笑)

しかし、内容のほうは夢と現実のバランスが見事にとれていてGOOD
「永遠の幸せ」が無い場所=現在のニューヨーク、おとぎ話のような話をする女性はチョット変な女扱い、リスは都会ではネズミと同じ、おとぎ話の王子様は現実に来るとただのめでたい男などファンタジックなストーリーの中にある毒っ気ある設定が良かったですね。
シンデレラや白雪姫といった往年の名シーンを自然に取り入れたディズニーの試みも素晴らしいと思います。

エイミー・アダムスのコミカルな演技は要チェックですし、リスのジェスチャーも楽しかったです。
スーザン・サランドンに関しては、アニメーションの中の女王そのままの登場に圧巻です(笑)
実写で魔女を演じられるのはサランドンかミシェル・ファイファーだと証明されました(爆)
ただ、魔女って設定はいただけなかったカナ・・・。
他の登場人物たちはリアルな現実世界でも面白く味付け出来ていましたが、魔女だけはチョット浮いてましたかね。
お目当てだったパトリック・デンプシーは期待通り素敵でした♪

展開も速いですし、薄汚いニューヨークの街角に放り出されたプリンセスのほのぼの体験記は明るく爽やか元気いっぱいで自然と笑顔になってしまいました。
か弱いお姫様ではなく、ゴキブリやネズミとも心通わせてしまうたくましいプリンセスに拍手ですね(笑)
ディズニーらしいハッピーな作品なので男性でも楽しめるかどうかは微妙かもしれませんが、シニカルな描写も多いのでおとぎ話が苦手な方でも飽きずに鑑賞できると思いますよ。
投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2009-04-21 15:08:41
Disney映画だから、全く気が進まなかったが、観る事にした。
幾分かの電気代と月間の視聴料の数十分の一の経費で観られたんだから、まぁ良しとするかのLevelです。
毒にも薬にもならない代物だが、リスは可愛かったなぁ。
あんなリスが居るんなら、数万円支払っても良いから、飼ってみたい。

スーザン・サランドンは「スターダスト」のミシェル・ファイファーの向こうを張って、強烈メイクで登場かと思いきや、普通だったのでガックリ。
それとパトリック・デンプシーは同姓から見て、全く魅力のない俳優だ。
投稿者:ぽよよ〜ん投稿日:2009-03-19 16:00:40
私もタイトルおかしいと思いますよ。
「げろげろげろっぴー」さんの言うように「かかる」という動詞だとしても、、「魔法にかかって」が妥当じゃないでしょうか?受動態にする意味って?「誰が」と言う主語、「誰に」というように考えれば「●●が○○に“魔法をかけられて”」が一般的な日本語だと思いますが。
「罠にかけられる」、「催眠術にかけられる」だって同様に違和感あります。

言語は常に変化してるので、将来変容しているかも知れませんが、現時点では違和感覚える人が多いはず。実際私の周りには同意見の人がかなりいます。(ほんの少数ですが反対意見もいます。)

見過ごそうかと思いましたが、最後の文章が余計でしたね。誰もが納得できる理論で論破してるとも思えず、あおってるとしか思えない。こういうのは2ちゃ○ねるでやってください。早々に削除されることをお勧めします。

「げろげろげろっぴー」さんおよび私の意見が、本サイトに不適切な場合には、合わせて削除いただければと思います。
投稿者:かっこう投稿日:2009-01-13 23:17:13
【ネタバレ注意】

ディズニーアニメの世界から現実世界にやって来るという、とにかくアイデアがいい。ディズニー世界へのつっこみをディズニー映画でいれるというセルフパロディーが楽しい。子供から大人まで楽しめる娯楽作。ラストのあいつはヤケクソでは・・と思うが・・。

投稿者:Sleeper投稿日:2008-11-24 10:57:44
【ネタバレ注意】

ディズニープリンセスたちはだいたい十代のはずですが、こちらはずいぶん目元とおでこの乾燥が目立つお年頃のプリンセスで。
現実世界の王子様はバツイチ子持ちだし。
でも、そんな二人だからこそ叶う“エバーアフター”なのだと信じたい。
何にも知らないお気軽で無責任なお子ちゃまが、永遠に幸せでいられるほど現実世界は甘くないから。

…なんてことより、この映画を見て一番思ったこと。
私も広々とした公園で、両手を広げ走りながら歌ったり、スカートをふんわりさせながらくるくる回ってみたーいw

投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-12 02:32:33
ディズニー本家によるセルフパロディですね。最初のシーンからいかにもディズニー臭い絵柄にミュージカル、セリフ。もうこの辺で結構可笑しかったです。これまでディズニー映画を悪乗りして詰込んだ感じ、ひょっとしたら前半の方がいいんじゃないか?まぁ後半の実写部分もドタバタながらつぼを押さえていてなかなか楽しかったです。
設定としては奇抜だけど話は割りと普通、悪役のスーザン・サランドンの扱いもちょっと雑だけど、子供も楽しめるコメディ映画としてはこれで十分かな、と思ったり。結局、セルフパロディをやってもディズニー映画なのでした。
投稿者:well投稿日:2008-04-09 22:15:32
能動的でありながら、甘い夢の部分はキープしたいという現代の“姫”を可愛く描いていていいんじゃないでしょうか?

ジゼルがモーガンとお買い物するシーンはいいシーンですね。
ジゼルが現実の苦さに気づき、自分で人生を切り拓き始めようとする場面でもあり、モーガンがプチ姫化しそうな予感を感じさせるシーンだと思います。お買い物の後のおしゃべりに二人の悩みが垣間見えるのも面白いし、しかもその間他人のカードで散財!ってことが何ともノーテンキかつしたたかでヒメっぽいじゃないですか!
投稿者:まくらK投稿日:2008-03-31 18:28:46
ボケるならボケきってほしい。
ディズニーにそんな期待を持ったオレがばかでした。
ゴキブリのとこしか覚えてない。
投稿者:ビリジョ投稿日:2008-03-24 16:49:28
【ネタバレ注意】

 ディズニーは「おとぎの世界」なのであって、観客の夢と期待を裏切ってはならない。そのディズニーが、現実の世界とどう調和をとるか、期待して劇場に足を運んだが、調和していない! ではないか。
 現実のニューヨークをもっと現実っぽく生々しく描いた方が、「おとぎ」とのアンバランス感が出て面白かったと思う。現実がおとぎの世界に遠慮していた。王子が休んでいた汚いビジネスホテルなんかはとっても良かったけど。

 ダンスや舞踏会のシーンで分かるように、本作は現実とおとぎの世界を分断するのではなく、あえて両者の境界をあいまいにしている。リアリズムよりもディズニーっぽさの方が大事だと判断したのだろうが、さて、それが成功だったか失敗だったか。難しいところだが、リアリズムを徹底する場合、プリンセスもプリンスもさらに滑稽にならざるを得ず、観客の夢を大事にするためにはこんぐらいがちょうど良かったのかも。やむを得ない選択だったのかもしれない。

 スーザン・サランドンにもっと活躍して欲しかった。

 ま、でも、嫌いじゃないっす。ラストの飲み込みにくさとか、プリンセスとプリンスの年齢とか、かいま見える少々の違和感が私好み。

投稿者:ロビーJ投稿日:2008-03-24 06:43:03
【ネタバレ注意】

ジェームズ・マースデン見たさとCMの予告編などでミュージカルっぽいシーンがあるなと思ったので家族揃って映画館へ見に行きました。でも正直期待ハズレな所も結構あって私が予想していたほどの作品では残念ながらありませんでした。
とりあえず主演のエイミー・アダムス(アヴリル・ラヴィーンみたい)は確かに可愛らしくプリンセスを演じていたと思いますが、所々のシーンでおでこのシワが目立ったし、可愛い以外の魅力はあまり感じられず、いつも同じような演技にしか残念ながら思いませんでした。それに最初のウェディング・ドレス姿はとても良かったですが、最後の舞踏会シーンの衣装はあまりにも静か過ぎに感じ、舞踏会なのですからもうちょっと良い姿で出てほしかったと思います。。そしてパトリック・デンプシーはもうあり得ないほど良い人を演じていますが、ではなぜ奥さんと離婚をしたのかが私は気になり、結局最後までそこがちゃんと分らなかったのもちょっとガッカリでした。そしてデンプシーの娘を演じたレイチェル・カヴィは良かったですが、後半にジゼルがいなくなって寂しがる所は、ちゃんとジゼルとの友情というか親しくなる部分がその前にそれほど描かれていなかったので、ここでも共感が持てませんでした。
そして究極のガッカリはお目当てだったジェームズ・マースデンが予想以上に活かされていなかったこと。もちろんラヴ・ストーリーなのでデンプシーとエイミーに重点が置かれるのは当然の事ですが、それにしたってジェームズの登場シーンの少なさとろくに歌も最後まで聴けなかった事が残念で、彼のミュージカル・シーンが本当に少なかったのが悲しかったです。それに最初はジゼルだってジェームズの事を好きだった訳ですから、いくらデンプシーに恋してももうちょっと気の利いた対応をしてほしかったですね。。
と、文句ばかり言ってしまいましたが、もちろん普通に楽しめることは出来る作品。まして家族皆で楽しむのなら最適なのではないでしょうか。まぁ私は元々ジェームズお目当て過ぎたのがいけなかったと今は思っています。後、ミュージカル・ナンバーに関してはセントラル・パークでのシーン以外はパッとせず、どの曲もイマイチ盛り上がりが足りないというか、同じような感じでやはり昔のディズニー・アニメにはまったく敵いませんでしたが、途中に「べラ・ノッテ」(『わんわん物語』)のお店が出てきたり、『白雪姫』や『シンデレラ』、『眠れる森の美女』へのオマージュも結構あったのでディズニー・アニメで育った私は懐かしい想いでした。
後、スーザン・サランドンは見事で美しくカッコよかったし(最後のドラゴンはあまりにも可愛すぎてヘコんだけど)、ティモシー・スポールも素敵!そして『RENT/レント』のイディナ・メンゼルは歌唱力があるのに残念ながら歌わなかったけど私は特に彼女が好きになりました。
という訳で期待をし過ぎたのがそもそもの間違いでしたが、舞踏会のシーンでデンプシーが『めぐり逢えたら』のラストでトム・ハンクスが言っていた台詞「Shall we」を言ってくれたり、エンドロールは本当に綺麗だったりと、全体的にはそこそこ楽しむことが出来ます。なのでまぁ良かったことは良かったと思いますが、別にサントラやDVDは欲しくなりませんでしたね。。

投稿者:こさむ投稿日:2008-03-20 00:42:58
【ネタバレ注意】

いかにもディズニーアニメなノリを実写に置き換えると、やっぱけっこう笑えるもんですね〜。
けど、まだ王子の名を知らない弁護士さんが、適当に「チャーミング王子」(『白雪姫』『シンデレラ』に共通する王子の名)と呼ぶパロディネタがあったのですが、字幕ではスルーしてるのがもったいない。
伝わらないと思ったんでしょうか?http://www.natsukacinema.com/

投稿者:ika77投稿日:2008-03-20 00:20:07
心温まる映画 爽やかなハッピーエンド
映画情報満載 http://hagler8.com/eiga/http://hagler8.com/eiga/
投稿者:げろげろげろっぴー投稿日:2008-03-16 23:31:27
ここに書き込むコメントの趣旨から逸脱してしまいますが、どうしても黙っていられなくて・・・・・。

下のHさんと青春映画さんのコメントに対して。

邦題「魔法にかけられて」は正しい日本語です。邦題で使われている動詞は、「かける」ではなく「かかる」なのです。

「魔法にかかる」「罠にかかる」「催眠術にかかる」・・・・・、これらはすべて正しい日本語です。そして、それらの能動態の表現を受動態つまり受け身に変えると、「魔法にかけられる」「罠にかけられる」「催眠術にかけられる」となります。

たしかに、「かかる」ではなく「かける」という動詞を使えば、「魔法をかける」→「魔法をかけられる」となりますけどね。

「英語力と国語力両方に大きな問題あり」なんて揚げ足を取る前に、ご自分の国語力を磨くべきだと思います。
投稿者:hayate9投稿日:2008-03-16 23:20:56
【ネタバレ注意】

パトリック・デンプシーのファンにとっては、たまらん映画です。
(「キャント・バイ・ミー・ラブ」のリメイク作については、「キャント〜」のコメント欄に書いています。)

アニメから人間に変わった登場人物に違和感がないのが驚き。特にジェームズ・マースデン。正義と信じて疑わず、はた迷惑な行動を起こすハイテンションな王子が
ピッタリ。エイミー・アダムスも好演でした。
シマリスのピップは可愛くてたまらん!!!恐怖のあまり、〇〇〇をポロッと・・・するとことか大爆笑でした。(私、小学生なみ??)
そして衣装。めちゃめちゃ可愛いかったです。(「クルーレス」の担当モナ・メイと知って納得)ジゼルの衣装が物語が進むにつれて、人間界に馴染んだ動きやすい格好になっていましたね。舞踏会のシーンではロバートとジゼル(ニューヨーカーといえば黒のシンプルドレスですが、黒にするとスーザン・サランドンとかぶるのであえて黒にしなかったのでしょう)の衣装が逆転している事で、お互いが感化しあっていることがわかるし。
(あの豪華なウェディング・ドレスが20kgなんて驚きでした。)
舞踏会で踊る「So Close」、2人の気持ちが伝わってきて、せつない気持ちに。帰りにサントラ盤、購入しました。

余計な事かもしれませんが、ちょっと追記。
ありえないくらい良い人のロバートの奥さんとの離婚の原因が最後までわからない・・・と上のコメントにありますが、良い人だからといって離婚しないとは限らないわけで・・・。自分の子供を置いて出ていったという設定だけで、観賞した大人は離婚の理由が一つ二つくらいは想像つくし、何よりもこの映画のターゲット層の小さな子供達は離婚の理由にあんまり関心はないんじゃないでしょうか?なので、わざと理由は明かしていないのだと思っていました。

あとロバートの娘は乙女心のわからない(プレゼントされた本とか、パパにすすめられて習っているのであろう柔道か空手とかの格闘技系のお稽古事から想像)パパと2人で暮らしているわけで、家に女の人がいるだけで嬉しかったんだと思う。それが一目で気に入ったプリンセスならなおさら。魔法を使っているところまで目撃したことだし。親交を深めるシーンがなくても、娘がジゼルを大好きなことは伝わってきたんで、ジゼルがいなくなって淋しがるのも特に違和感なかったと思いますが・・・。

投稿者:hanya投稿日:2008-03-15 03:46:43
ディズニーのファミリー映画はわりと安定して楽しめる。
ターゲットがハッキリしているから、分かりやすいのだと思う。
大人からすれば実はツッコミどこもたくさんあるけど、そんなこたあどうでもいい話だね。
アニメーションと実写の組み合わせもとても上手かった。飽きさせない。

王子様の現実とのずれっぷりが軽くシニカルでありつつ、後ではちゃんと身の退き方とか一々の態度とか王子様足り得るとこが上手。
公園シーンは、まさにパレード。華やか。

大人も観られるけど、やはり子供向け。
5歳の姪はとても楽しんで、エンドロールで手をたたいて音楽に乗っていたうえ、帰りにはプリンセスになって歌っていた。
投稿者:ASH投稿日:2008-03-14 22:59:25
【ネタバレ注意】

 例えばコレを、DWのような会社がやったら「ディズニー」へのおちょくり満載の映画になるところだろうが、そこは本家、基本理念(?)である「ハッピー・エバーアフター」という普遍的なテーマを全肯定して楽しい作品に仕上げているのだからたいしたもんだ。上映時間中は、ディズニーランドのショーみたいな夢のひと時が過せるのだから。

 考えてみると、コレもミュージカル映画の体裁が取られた映画なんだなぁ。ということで、アラン・メンケンの楽曲が炸裂しまくってる! ジゼルがロバートとセントラル・パークでデートするシーンでは、メンケンお得意(?)のカリプソ風ミュージカル・ナンバーが冴え渡るのだ。で、ジゼルの歌は、すべてエイミー本人が歌っている! いい声してんだよね。

 「ディズニー・プリンセス」ものの要素をパロディにしているのは誰もが気付くことだけど、予習すべき作品は「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」の3作品でしょうか。もっとも、この3つがどんなお話なのかまったく知らない人はいないでしょうけど。

 とまあ、くだらん御託をダラダラと並べたけど、なんであれエイミー・アダムスが歌い踊る映画なんだから、僕にはそれだけで充分だったわ。プリンセス特有の仕草や喋り方をエイミーが完全にマスターしてるのはさすがです。動物たちがプリンセスのお手伝いをしてくれるというお約束の場面は、場所がNYだけに鳩はまだしも、ネズミや、はたまたゴキブリだったりするのは気持ち悪いねぇ。

 すごくいいシーンは、うたた寝するジゼルの寝顔を見て、ロバートが彼女を追い出すのを思いとどまるくだり。無邪気な彼女の寝顔に、やもめ弁護士も頬が緩むってもんよ。真面目に考えればあぶない女の子だけど、どこか放っておけないところがジゼルにはある。そんな役をエイミーは説得力を持ってお見事に演じていた。ジゼルとロバートのロマンスには、いい歳こいた男でもウットリしちまったよ。パトリック・デンプシーの好演も見逃せないね。ナルな王子様役のジェームズ・マースデンもナイス。

 ピップがNYでは喋れなくなるという設定にはちょっとかっがり。でも、そうなったことであのジェスチャーが活きたわけだけど。ナサニエル役のティモシー・スポール、最高! このオッサン、笑かしもイケる。スーザン・サランドンは意外と出番は少ないが、さすがの貫禄。あのオバちゃん、意地悪な声で喋るとハマるんだよ。嘘だと思うなら「ラグラッツ」の映画版第1作目、観てみ。

 しかし、セントラル・パークがまるでディズニーランドみたいに見えるのには驚いたなぁ。特にべセスダ噴水の周りでの集団ダンスは圧巻。なんだ、結構ミュージカル映画への免疫があるじゃん、俺。

投稿者:青春映画投稿日:2008-03-04 14:04:04
80年代の青春映画でよく見かけて結構好きな役者さんです。
最近「フリーダムライターズ」なんかにも出演してましたが、今回は大役ですよね?

しかし、下のHさんに激しく同意!
間違いなく「魔法を」だと思うのですが、なにか意図があるのでしょうか?

「キャント・バイ・ミー・ラブ」のリメイク話は飛んだのかな?
投稿者:dorayaki235投稿日:2008-03-01 22:29:04
はっきりいって面白かったですよ。劇場内でかなり笑いが起こっていました。
ただ、小さな子供向けではないかも。字幕版だったせいもあるけど恋愛描写や家族問題が子供には理解できてませんでした(小学二年生)。でも要所要所にギャグがちりばめられていて子供でも笑ってました。中でも妖精さんもできないことを子供がすんなり解決してしまうところなんかは大爆笑してしまいました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-02-28 23:41:20
アニメのおとぎの世界から実写へ。荒唐無稽なお話もディズニー風の魔法にかかればハートウォーミングなラブコメになってしまうのだから大したもの(笑)。
ディズニーらしいアニメーションは昔ながらのセルアニメ。そこから現実のNYにやって来たジゼル姫を、エイミー・アダムスが好演。撮影時すでに31歳と、姫と呼ぶにはあまり若くないが(苦笑)、歌って踊ってなおかつお姫様らしく演じるにはそこそこのキャリアが必要ということで…。
現実とお姫様&王子様とのギャップが面白いところだが、CGで描かれるリスのピップが可愛い。人間世界では言葉が通じないので必死でボディランゲージで説明しようとするシーンは大笑いしてしまった。
ちなみに人間世界でのピップの声がケヴィン・リマ監督自らの声だとか。

ディズニーによる自己パロディのオンパレードはほとんど禁じ手だろう(笑)と思ってしまうけど、でもシンデレラや白雪姫などお馴染みのおとぎ話のパロディはやっぱり楽しい。
途中のラブストーリーは少々中だるみの感もあったけど、特にお姫様に憧れたことのある女性は童心に帰ることのできる作品。ちなみに知り合いの女性は観終わったあと少女の表情になっていましたが、別の女性は「他愛ないお話」とちょっと醒めた見方をしていました。受け取り方も人それぞれで面白い…??
投稿者:biyonnse投稿日:2008-01-22 10:37:07
【ネタバレ注意】

ディズニーの真骨頂プリンセスファンタジー作品の現代版です。舞台はN.Yの大都会!魔女によって騙されたプリンセスを救うためにプリンスが立ち上がった!
恋多き乙女ジゼルがまさかあんな奴に心を奪われて…ミュージカル調の心躍る作品。あの名作を見ていればあのワンシーンと気がつく…。あのエンディングは納得いかないなー。

投稿者:kinoko投稿日:2007-12-24 05:23:51
アニメと実写を使ったディズニーの意欲作。
ファンタジーと現実との違いを描いた部分もあり、ディズニーの現代映画への順応性に感心しました。

で、話は単純、ディズニーのお姫様シリーズと同系列なストーリー展開で、
子供でも分かりやすく、それでいてちょっとしたウィットを効かせた部分もあるので、大人でもそれなりに楽しめます。
全体の雰囲気としては、
お姫様シリーズ(リトルマーメイド、美女と野獣など)とシュレックの間位のイメージでしょうか。
気軽に息抜きしたい時などやファミリーで楽しめる娯楽作品だと思いました。
投稿者:投稿日:2007-12-05 14:06:47
この邦題はどーなの?

カタカナに直しただけってのもやる気を疑うが、これは英語力と国語力両方に大きな問題あり。直訳するにしたって、「魔法を」だろ?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞アラン・メンケン "So Close"
  スティーヴン・シュワルツ "That's How You Know"
  アラン・メンケン "Happy Working Song"
  スティーヴン・シュワルツ 
  アラン・メンケン "That's How You Know"
  スティーヴン・シュワルツ "So Close"
□ 女優賞(コメディ/ミュージカル)エイミー・アダムス 
 □ 歌曲賞アラン・メンケン “That's How You Know”(曲)
  スティーヴン・シュワルツ “That's How You Know”(詞)
□ 主演女優賞エイミー・アダムス 
 □ 歌曲賞エイミー・アダムス “That's How You Know”
 □ 音楽賞アラン・メンケン 
 ■ ファミリー映画賞 
□ 女優賞エイミー・アダムス 
 □ キス・シーン賞パトリック・デンプシー エイミー・アダムス&パトリック・デンプシー
  エイミー・アダムス 
 □ コメディ演技賞エイミー・アダムス 
【ニュース】
ジャニス・ジョプリン伝記映画、リー・ダニエルズ監督&エイミー・アダムス主演コンビが参戦か2012/10/18
エイミー・アダムス、「サラの鍵」監督の次回作に主演へ2012/05/16
エイミー・アダムス主演ラブコメ「Leap Year」、予告編2009/11/13
全米興行成績、V・ディーゼル復帰の「ワイルド・スピード4」が記録的大ヒット・デビュー2009/04/06
エイミー・アダムス&エミリー・ブラント共演コメディ「Sunshine Cleaning」、予告編2008/10/14
第34回サターン賞、受賞結果2008/06/26
MTVムービー・アワード結果発表2008/06/02
DVDリリース情報:「魔法にかけられて」「君のためなら千回でも」etc.2008/05/13
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2008/05/07
第80回アカデミー賞、結果発表2008/02/25
第34回サターン賞、ノミネーション発表2008/02/21
アカデミー賞ノミネーション発表!2008/01/22
第9回ゴールデン・トマト・アウォーズ発表2008/01/22
ゴールデン・グローブ賞、結果発表!2008/01/14
注目の放送映画批評家協会賞は「ノーカントリー」に2008/01/08
全米興行成績、「ナショナル・トレジャー」が初登場1位2007/12/25
全米興行成績、W・スミス主演「アイ・アム・レジェンド」が記録的大ヒットスタート2007/12/17
ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション発表2007/12/14
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表!2007/12/12
全米興行成績、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」が初登場1位2007/12/10
全米興行成績、ディズニー「魔法にかけられて」がV22007/12/03
全米興行成績、ディズニー製作ファンタジーが初登場1位2007/11/26
全米興行成績、ゼメキス監督「ベオウルフ」が初登場1位2007/11/19
【レンタル】
 【Blu-ray】魔法にかけられてレンタル有り
 【DVD】魔法にかけられてレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 魔法にかけられて オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,600
12新品:¥ 2,298より   19中古品¥ 1,787より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION