allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

歓喜の歌(2007)

メディア映画
上映時間112分
製作国日本
公開情報劇場公開(シネカノン)
初公開年月2008/02/02
ジャンルコメディ/音楽/ドラマ
どうすりゃいいの?
この一大事。

きっとあなたの心にあかりを灯す、笑いと涙の音楽喜劇
歓喜の歌 [DVD]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 2,900
USED価格:¥ 580
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 人気落語家・立川志の輔の同名新作落語を映画化したハートフル音楽コメディ。大晦日の公営文化ホールでママさんコーラスのダブル・ブッキングが発覚したことから巻き起こる一大騒動をユーモラスに綴る。主演は小林薫、共演に6年ぶりのスクリーン復帰となる安田成美。監督は「バタアシ金魚」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司。
 小さな地方都市、みたま町。町営のみたま文化会館に勤める飯塚主任はやる気ゼロの無責任公務員。年も押し迫った12月30日、私生活でもゴタゴタ続きの飯塚主任は、翌日のコンサート予約の確認の電話を受け、いい加減な受け答えをする。ところが、それを聞いていた部下の加藤が、“みたま町コーラスガールズ”と“みたまレディースコーラス”をダブル・ブッキングしていた事実に気づき青ざめる。両グループの予約が入った半年前から誰も気づかなかったのだ。そんな緊急事態にも“どうせオバサンたちの暇つぶしなんだから何とかなるだろう”と無責任な飯塚主任。ところが、セレブな奥さまたちの由緒ある“レディースコーラス”も、かたや結成1年半で初の発表会に燃える“コーラスガールズ”も一歩も引く気配をみせず…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
532 6.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:かっこう投稿日:2009-02-12 23:11:38
【ネタバレ注意】

ダブルブッキングのアイデアが面白いし、大きなストーリーはいいと思う。だけど、あの無責任主人公には、あまりにも共感できない。自分の失敗を取り戻すためだけに、他人への迷惑をかえりみない、あまりにも身勝手な行動。映画なので、荒唐無稽な行動もアリだと思ってるけど、公共施設の勝手な改造や泥棒行為(守衛さんは責任とらされるんだろうな・・)、度が過ぎているようなに思う。

投稿者:ヘナチョコ投稿日:2008-11-20 00:52:38
こうゆうのは、ストーリーは大体想像できちゃうから
監督と俳優の腕の見せ所だね。
面白いんだけど、なんかちょっとずつ足りないような
笑いも、感動も今一歩のとこででてこないモヤモヤ感が。
主人公が合唱やってるわけじゃないからかな。
ベタだけど、最後は「歓喜の歌」で拍手喝采、大団円ってのがスッキリすると思うんだけど。
あと、年末の季節感があんまり感じられなかった。
投稿者:投稿日:2008-11-01 22:26:14
【ネタバレ注意】

ストーリーはかなり無難。
最後に第九で大合唱。
しかし各登場人物にエピソードがあって飽きさせない。
かなり笑えるコメディです。
小林薫も安田成美も魅力的

投稿者:黒龍投稿日:2008-03-28 22:40:02
【ネタバレ注意】

全く期待していなかったが、観たら面白かった。市の文化会館によるダブルブッキング騒動、というだけで映画1本分の話になるの?TVのドラマスペシャルで十分では?と思っていたが、カメラワークが上手く、市民の日常生活や年末の慌しい雰囲気もよく出ていて、結構引き込まれる。安田成美、由紀さおり等、配役も個性的でそれぞれに良い味を出しているが、主人公の成長物語でもあるからか、ほとんど小林薫の一人舞台というかんじがする。個人的には好きな俳優の一人だから満足したけど。「阿修羅のごとく」「東京タワー オカンとボクと時々オトン」の彼も、出番は少ないが印象に残った。
 ひとつ不満なのは、会場の改築工事の費用がどこから出て来たのか描かれていないこと。事後承諾にしても役所の予算が簡単に動くはずないし、親方の母ちゃんの鶴の一声とはいえ、あれだけ大掛かりな工事でタダ働きは有り得ないだろう。そういえば「フラガール」でも同じことを感じた。現代でもフラダンスの衣装が簡単に手に入るとは思えないのに、昭和30年代の山間部に誰の予算でどういうルートで衣装がダンサーの手に渡ったか何の説明も無い。『リアリズム』というと、汚らしくすることばかり目立つが、カネの問題だって十分『リアリズム』だ。こういうところに日本映画の脚本の詰めの甘さを感じる。
 ついでに言うと、「フラガール」「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」と、落ちこぼれた主人公が何かのキッカケで人間的に成長する、という内容の映画が毎年1本必ず作られるような気がする。観れば確かに感動するけど、こう量産されては飽きもくる。

投稿者:Longisland投稿日:2008-02-23 00:19:41
シネカノンらしい丁寧に撮られた人情物なんだが…個人的に小林薫演じる主任にまったく共感できず。いい加減で自己中心的で無責任なキャラは嫌悪を通り越し殺意を覚えた。その場限りの言い繕い、その身勝手で思慮皆無行動で他人が家族が迷惑する、そのことも感じられない鈍い感性。地方自治体の庇護の下漫然と生きる姿勢、社会人として人間としてクズだわな〜。
そんな主人公がたまたま善行(とは思えないが)しました、いい話ですよねっていわれてもね。

映画の出来は良心的でいいとは感じるが、登場人物(つうか主任)に共感できず。 そういえば「ゲロッパ」「パッチギ」シネカノン作品て皆そんな感じ。
投稿者:quiet man投稿日:2008-02-17 17:58:04
最近あまり邦画は観ないけれど、泣けた場面もあり金を払って観ても損しませんでした。ほんと音楽の力は素晴らしい。音響の良い劇場で観たから余計感動出来たのかな。女性が多く出演してるので、テレビドラマのような嫌な展開続出かと思いきや、節度ある演出なのでホッとしました。ただ松岡監督、「東京タワー」といい、この映画でもラスト近くで主役男性を思いっきり涙ボロボロと泣かすのには、相当白けますわ。泣いてる背中ぐらいならまだ許せるけど、あれだから邦画って近寄りたくなくなるだな。
投稿者:リEガン投稿日:2008-02-06 15:51:07
個々のエピソードは悪くないのに、物語の流れがスタッカートのような感じで残念。問題の解決もちょっと荒っぽい。それでもやっぱり「喜びの歌」には胸震えた。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-01-24 20:43:58
【ネタバレ注意】

立川志の輔の新作落語が原作だけに、そこはべたべたの予定調和。でも、肩の力を抜いて笑えるなかなかの逸品です。
いわゆるシチュエーション・コメディの亜種であり、群像劇でもあるのだが、その中心にいる小林薫がとにかく上手い! やる気のない優柔不断な文化センターの主任を思う存分楽しみながら演じているのが伝わります。
あわせて久しぶりにみた安田成美の清潔感がこれまたいい。
その他、藤田弓子、根岸季衣、浅田美代子、由紀さおりといった脇役もはまっています。
セレブな「レディースコーラス」の面々が、余命幾許もない病床の少女に『竹田の子守唄』を歌って聞かせるシーンは、由紀さおりの実体験だそうですが、歌の力もあって思わずぐっと来ました。

ところどころ笑いながら、最後はやっぱりお約束の第九の合唱。
過去、松岡錠司監督作品に関わったリリー・フランキーや筒井道隆、渡辺美佐子といった面々が顔を見せているのも楽しかったな(「金魚」は松岡錠司監督『バタアシ金魚』にかけている?)。
最終的に登場人物はいい人ばかりなのですが、落語を楽しむように深く考えず、スジの流れで笑い、ホッとできる、というのは今や貴重かも。

ロケは2007年8月、真夏の埼玉県熊谷市。映画の舞台は真冬ということで、相当に苛酷な(笑)撮影だったようです。それにしても改めて合唱っていいなあ、と思ってしまいました。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】歓喜の歌2008/08/29\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】歓喜の歌レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION