allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

P2(2007)

P2

メディア映画
上映時間97分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月2008/05/10
ジャンルホラー/サスペンス
映倫R-18
警告 この恐怖、もはやフィクションとはいえない。

一人だけの残業
深夜の地下駐車場、
大都会の死角──。
P2 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 9,979
USED価格:¥ 2,561
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ハイテンション」「ヒルズ・ハブ・アイズ」のアレクサンドル・アジャが脚本と製作を手掛けたバイオレンス・ホラー。クリスマス・イヴの夜、残業で帰りが遅くなり不運にも地下駐車場に閉じこめられてしまったヒロインに襲いかかる戦慄の恐怖を描く。出演はTV「エイリアス」のレイチェル・ニコルズと「アメリカン・ビューティー」のウェス・ベントリー。監督はこれがデビューのフランク・カルフン。
 クリスマス・イブのニューヨーク。仕事が遅くなり、高層ビルのオフィスにひとり取り残されたアンジェラ。ようやく仕事が片付き、急ぎ帰宅しようと地下2階の駐車場“P2”へと降り立つが、なぜか車のエンジンがかからない。そうこうするうち、ビルはアンジェラの存在に気づかぬまま完全に閉鎖してしまう。携帯電話も繋がらない地下駐車場に閉じ込められてしまい途方に暮れるアンジェラ。そんな彼女の背後に、何者かの影が忍び寄り…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-12-03 00:03:29
中々ガッツのあるヒロインで見事に反撃。鉄板ストーリーだけど楽しめる。
投稿者:uptail投稿日:2014-02-24 09:15:54
演出:6
演技:6
脚本:6
音響:6
投稿者:とらねこ投稿日:2010-08-29 16:14:29
【ネタバレ注意】

十分たのしめたけどラストは犯人に火つけないでそのままいってほしかったな…あれは正当防衛みとめられなくて罪に問われるんじゃ?とか思ってなんか気持ちよく終われなかった。まぁ法律詳しくないし実際どうかしらないけどね^^;

投稿者:さとせ投稿日:2010-05-23 19:44:31
大都会のオフィスビル、クリスマスに残業するアンジェラ。帰宅するため地下駐車場へ下りるが車が動かず、タクシーを呼ぶが玄関が閉まっていて出られない。直後に背後から襲われ地獄の一日を味わうことになる・・・。

犯人は最初から分かっていて、監禁〜鬼ごっこの展開に終始するが演出が良いためスリリングに進む。DVDで鑑賞したが5.1chの効果が絶妙でそのシネスコの映像も逃亡劇に拍車をかけていた。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-07-30 09:53:31
 
DVDにて鑑賞。
あんまり悪く言いたくはないが、主人公=被害者がボインのカワイコちゃんだという以外、ほぼ観るところがなかった。

クリスマス休暇前夜の無人のビルに閉じ込められる、というのは上手いと思ったが、舞台が地下駐車場で殺人鬼がそこを知り尽くした管理人、というせっかくの設定がほとんど生かされていない。
この殺人鬼(Mr.ビーンにソックリで緊張感マイナス)のキャラクターがまた中途半端。
エルビスマニアという設定がベタなうえ、被害者をいたぶる変態ぶりもなく、手当たり次第に殺しまくるパワフルさもなく、深い所で壊れていてゾッとさせる深みもなく、単に「キレやすい普通の人」にしか見えない。「君と友達になりたかっただけだ」「どうしてクリスマスなのに俺は一人なんだ!?」(これは秀逸。悪いけど笑った)というセリフからして、身近にいてもおかしくないリアルな狂気を描きたかった、ということなんだろうが、作中ではどうにも中途半端で、「使えない殺人鬼」としか表現しようがない。
展開もベタで、どこかで観たようなシーンが多いうえ盛り上がりに欠けダラダラしているもんで、最後まで観るのがしんどかった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-06-03 22:27:17
深夜のビルの支配者は確かに警備員かもしれないな。どうせなら監禁されるヒロインは高慢な美人社長でも良かったかも。それとせっかく広大な地下駐車場が舞台(地下に中古車販売店?があるのが面白い)なんだから、味方に見せかけて警備員とグルのホームレスが居た方が更に面白くなったかも。でもそうするとヒロインは二人殺さなきゃならないから大変だ(笑)。
投稿者:なちら投稿日:2009-03-17 02:15:00
W・ベントリーを暫く振りに見た気がする。
どうにも入り込む余地の無い、激しい思い込みの人って、怖いね。
自分の場合、交渉の余地が無いとスグ関心が無くなっちゃうんだけど、
命が掛かった時ってどうしたらいいんだろうね。

彼女が勇ましく闘う血みどろなシーンよりも、一人残業で車が壊れて、タクシーはなかなか来なく、
来たら来たで自動ドアが開かない、っていう身近なトラブルのシーンの方が怖かったよ。
投稿者:ghost-fox投稿日:2009-01-18 21:53:00
凡庸
投稿者:aaf投稿日:2008-12-21 23:02:08
思った以上に面白かったです。
私もsawは全く受け付けませんでしたけど
こういう精神的スリラーなら大丈夫そうです。

ただ見ていて困ったことに後半は女性の非道さが
目立っていて犯人を思わず応援してしまって苦笑いして
しまいました。犯人より女性の方が怖いよ。

かなり低予算なんでしょうけどまったくそれを感じさせ
ませんね。グロ描写もほとんどありませんしそれ系が
苦手でも割と見られると思います。

ただ犬好きは涙なしにはみられないかも・・・
可哀想に・・・
投稿者:millwood投稿日:2008-11-13 06:17:12
【ネタバレ注意】

一度見始めたら最後まで目が離せません。本国でもB級扱いですが、掘り出し物。スピード感もあり、監禁モノの白眉と言えるでしょう。クリスマスや年末に自宅で気軽に楽しむには最適。薄着で奮闘するヒロインに思わず声援を送りたくなります。私は「ソウ」や「ファイナル・ディスティネーション」シリーズの「ためにする」残酷描写にはついていけませんが、この作品では恐怖感を盛り上げる演出上の効果が大きく、納得できるものとなっています。

投稿者:satokunn投稿日:2008-05-13 20:40:21
【ネタバレ注意】

怖いですねー、恐ろしいですねー、はい、あの女優さん大変でしたねー。
と懐かしの淀川節でいきました。サイコな奴に襲われ恐怖におののく
哀れな子羊。しかしやっぱり最後は女豹に変身、やれやれ・・・
なんか昔に観た様な気がするが、まあ、一時間半楽しめましたよ。

投稿者:プリズム5投稿日:2008-05-10 14:02:22
地下駐車場という密室を舞台に登場人物も少数ながら、ハードな残酷描写を交えサスペンスフルに描いた秀作だと思います。犯人の異常性は、現代社会の下層に生きる孤独な人間の心の闇を丹念に表現できていて好感が持てます。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】P22008/12/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】P2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION