allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

花より男子ファイナル(2008)

メディア映画
上映時間131分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2008/06/28
ジャンルドラマ/ロマンス
ハッピーエンドは3度ない?!
花より男子ファイナル プレミアム・エディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 10,260
価格:¥ 7,688
USED価格:¥ 7,000
amazon.co.jpへ

 Photos
花より男子ファイナル花より男子ファイナル

【クレジット】
監督:石井康晴
エグゼクティブプ
ロデューサー:
濱名一哉
プロデューサー:瀬戸口克陽
三城真一
美術プロデューサ
ー:
中嶋美津夫
原作:神尾葉子
脚本:サタケミキオ
撮影:山中敏康
大西正伸
編集:川中健治
音響効果:鳥水哲也
音楽:山下康介
美術デザイン:永田周太郎
主題歌:
『One Love』
VE:榊聖一
VFXスーパーバ
イザー:
松原貴明
照明:横山修司
製作統括:加藤嘉一
鳥嶋和彦
中村美香
藤島ジュリーK.
島谷能成
挿入歌:aiko
『KissHug』
録音:植村貴弘
助監督:坪井敏雄
出演:井上真央牧野つくし
松本潤道明寺司
小栗旬花沢類
松田翔太西門総二郎
阿部力美作あきら
西原亜希松岡優紀
佐藤めぐみ三条桜子
加藤夏希大河原滋
佐田真由美藤堂静
デビット伊東西田
鶴見辰吾ケン内田
佐々木すみ江タマ
深田あき鮎原えりか
松岡恵望子山野美奈子
郭智博
北大路欣也謎の紳士
(特別出演)
AKIRA (EXILE)サニー
藤木直人鏑木和
竹中直人
高橋ジョージ
ベッキー
田口浩正
三雲孝江
小林麻耶
広重玲子
加藤貴子千石幸代
小林すすむ牧野晴男
冨浦智嗣牧野進
石野真子牧野千恵子
加賀まりこ道明寺楓
【解説】
 神尾葉子の人気コミックを井上真央主演でTVドラマ化し大ヒットした「花より男子」シリーズの劇場版にして完結編となるラブ・ストーリー。シリーズパート2「花より男子2(リターンズ)」の最終回から4年後のつくしと“F4”メンバーたちの物語が綴られる。監督はドラマ版に引き続き石井康晴。
 貧乏なのに超セレブばかりが集う名門高校・英徳学園に通い、肩身の狭い思いをしていた牧野つくし。そんな彼女は学園を牛耳る御曹子4人組、通称“F4”と出会い、紆余曲折の末にリーダーの道明寺司と恋仲に。そして、つくしの高校卒業のプロムでは、ついに司から感動的なプロポーズが。それから4年。司は、つくしと来年春に結婚することを全世界に向けて発表、一躍お茶の間の注目の的となったつくし。かつての天敵、司の母・楓からも、代々受け継がれてきた推定100億円のティアラを贈られ、司の花嫁として正式に認められた。ところがその夜、大事なティアラが何者かに盗まれてしまう。このままでは2人の結婚にも赤信号が。つくしと司は盗まれたティアラの行方を追って、世界中を駆け巡るのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
花より男子(だんご)(2005)実写TVシリーズ第1弾
花より男子2(リターンズ)(2007)実写TVシリーズ第2弾
花より男子ファイナル(2008)劇場版
花より男子(だんご)(1995)実写映画版
花より男子(だんご)(1996〜1997)TVアニメ
花より男子(だんご)(1997)劇場版アニメ
流星花園 〜花より男子〜(2001)香港TVシリーズ第1弾
流星花園II 〜花より男子〜(2002)香港TVシリーズ第2弾
花のち晴れ〜花男 Next Season〜(2018)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
860 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-29 22:00:10
井上真央
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2009-12-25 01:00:45
【ネタバレ注意】

TV版では18歳、井上真央にはすべてがあった、愛くるしい「日本の天然記念物」と呼びたいほどのオーラ、輝き、初々しさが備わっていた(18歳の「ベテラン」女優が18歳の少女を演じるのは、案外、稀なケースである)が、すでにこの映画では、21歳、存在そのもののかぐわしさは薄れ、若干やつれた、岐路にある女優として、それでも、あくまで持ち前の童顔を「売り」に、素肌は晒すことなく、まるで「倦怠期のセックスレス夫婦に、どうか刺激を!」といったストーリーを精一杯に支えているといった風情である。

もはや、無条件に礼賛できるほどのアイドル性は失ったのかもしれない。が、幸い共演の女優がクソだらけなので(戸田恵梨香がいたらヤバいが)、まだ見られるほうだった。

松本潤はガクトや大沢樹生にますます似てきたのではないか。とにかく「本気らしさ」を演技で出せる役者としては一歩リードしている。
反面、硬直的な役柄を押し付けられている男優陣の不自由さが、なんとも哀しい。各人、セリフのタイミングが来るまで待っている感じが見える。

映画としては、うっすら眠くなるか眠くならないか程度の出来であり、まあ、クズかどうかはビミョウとはいえるが、喜劇としては「5分に1回笑える」域には到達せず、アドベンチャー/サスペンスとしても「子供のおつかい」を眺めているようなレベルだから、4〜5点の映画である。
しかし、ハッキリいってしまえば、終盤の30分は、全部無意味。
「無人島」のシーン以降は全部(脚本から)撮り直すか、あるいは、いっそ切り捨てて100分くらいに縮めたほうが良かろう。131分の映画である必要性が不明。
結局、総合点では「3」。ちなみに、オレの3点以下は「クソ映画」のカテゴリーに入る。

まあ、『世界の街角』系のTV番組が好きなヒトには、多少オススメできる部分もあるかも。
Longisland氏の指摘通りやたら空撮&クレーンが多いのが特徴で、それを逐一チェックして行くのは学習になるはず(そんな鑑賞法をする奇特な人間も少ないだろうが、やれば必ず学習効果はありそう(笑))。
おそらく、「映画」=「クレーン撮影」といった単純な発想が、(TV畑の)製作者側に共有されていたと想像される。
たしかに、いくらかの活気が画面に与えられているが、臭いセリフが乱発されると、もはやクレーンでどうにかなるレベルのものではない。

思想的にみると、男尊女卑の観念に毒された男に、女が情にほだされて「順応」する話である。とても海外の人にお見せできるようなシロモノではございません(アジアでの人気は分からぬでもない)。

投稿者:irony投稿日:2009-05-17 09:28:37
マーガレット連載時にちらっと読んだ事があるけど、後日台湾や韓国でもドラマ化されるとは思わなんだなぁ 何が当たるか分からないもんだ(後から知ったけど日本で一番売れた女性漫画らしい 5800万部オーバー!!) 作品的には主人公の男性がひっきりなしに五月蝿い印象しか残らず
投稿者:maaaaan投稿日:2008-12-18 20:23:45
ドラマ・花男が好きな人にはたまらない作りになってますねぇ〜{ルンルン}
残念ながらオタマは漫画のが好きですがなにか?w
まぁ、別物って考えたら面白かったですね{キラリ}
ちょっと突拍子も無い感じの終わりへの中盤。
笑えました。(笑)
映画にする必要あったのかなぁ〜・・・
ドラマでもよかった気が・・・{悪魔}(爆)
(あくまでもオタマは漫画派なので・・・w)
http://yaplog.jp/mm-mana-mm/archive/1041
投稿者:sakur`a`投稿日:2008-09-20 12:24:16
うむ
これはまさに松潤ファンのための松潤萌え映画であり
シンデレラストーリーに憧れちゃった女たちのためのスイーツ(笑)映画である!
松潤萌えに90点
映画的評価は30点
さしひいて60点ってところで個人的に評価でよろしかろう
松潤のファンでもない人が見ると30点以下なのは間違いないw
http://love-cinema.jugem.jp/
投稿者:catfish7575投稿日:2008-07-22 22:23:19
みなさん、ホントにこんな映画、面白いと思いますか?
これが10年先も20年先も、世代を超えて見続けられる作品だと思いますか?
新春かくし芸大会レベルのこんなゴミがヒットしてしまう今の日本って、、
理解できんわい。
投稿者:サカスキ投稿日:2008-07-20 23:55:53
テレビドラマからの流れ、公開前のプロモーション。映画は、作品自体の良し悪しよりも、それが公開される前での活動で、ほぼ興行収入が決まってしまう。というのを感じさせられた作品。
もちろん作品そのものも、「永遠の愛」をテーマに良かったですが、反響の大きさを考えると、TBSのプロモーションの巧さが光っているような気が。
とりあえず松潤(嵐)ファンは必見。
投稿者:ひめ投稿日:2008-07-17 09:56:20
まじで「ありえないっつーの!」と突っ込みたくなる場面はあるのですが、
1、2と来てこのファイナルは本当に良く出来てました。
 世界の美しい景色を背景に、幸せな二人に思わず嬉しさが止まらない
って映画でした。
 愛って美しいなって思わせてくれる、幸せな気分を味わわせてもらいました。色々映画は観てますけど、嬉しくてニヤけ顔が収まらなくなったのは久しぶりでした。
投稿者:Longisland投稿日:2008-07-07 22:49:02
公開初週興行成績はあのインディーの25%増、観客男女比は♂9%:♀91%だとか…内田有紀版は未見&漫画は未読、TVドラマは時々途中から観てただ中年♂としては、なんでこんなにヒットするの? よくわからん。 つうわけで取りあえず平日午後シネマート新宿(メンズデー)へ…あれれ観客は60人(2割程度)、流石に♂お一人様は私だけだったが(苦笑)カップル目立ち♂は10人(15%)はいたぞ。
米国ラスベガス、香港、南の島(石垣島)、京都、俯瞰やヘリを多用、都内有名ホテルや恵比寿ガーデンプレイスを貸切?と贅沢なロケで金が掛かってる感はあるんだが…カジノで6億、オークションで600億、結婚祝いにプライベートジャンボだってのはなんだかな?いくら金満家御曹司とはいえありえね〜ぇでしょ。TV版でも感じたんだが「つくし」(井上真央)があまりにも地味でイケメン財閥御曹司があそこまで惹かれるのがよくわからん。
いろいろ障害もあったが結果運命の人の出会えハッピーエンドってのもね?
悩む♀(つくし)に対して迷いが無い一途な♂(松潤)ってのが、10代婦女子には夢がありいいんだろうね。でもね〜ぇ、結婚生活に破綻をきたした中年♂にはなんだかな〜ぁ。

「青い珊瑚礁」「アウトオブアフリカ」を思わせる(懐かしの)シーンがチョット良かった。
投稿者:ロビーJ投稿日:2008-07-03 16:49:56
私の母がTVの『花男』シリーズにずっとハマっていて、この“ファイナル”を前から楽しみにしていました。そして今週の火曜日、母に付き合わされてなぜか私も“ファイナル”を見に行ってきました。あまり私は期待していなかったし、元々日本の作品は見ない方なので、半分しょぼくれていましたが、意外とこのシリーズの最後ということもあってか、見応えのある作品に仕上がっていました。
幸せになれるというティアラが盗まれたことから、つくしと道明寺はラスベガスや香港、さらには無人島にまで行って、そのティアラを取り戻そうとします。でもこの旅の本当の目的は、途中から少しずつ分かってきますが、何だかんだでラストにはこれ以上ないほど美しく幸せな見せ場があるのです。
つくしを演じる井上真央は小学生の頃に『キッズ・ウォー』を良く見ていた私にはまだ分かる日本の女優さんなので、その点では本当に良かったですし、ラストの彼女はビックリするほど美しかったです。道明寺を演じた相手役の松本潤も結構頑張っていて、なかなか良かったと思いましたね。
まぁドラマをずっと見ていた人にとっては間違いなく楽しめる大切な作品だと思いますし、それほど見ていない私でも意外と楽しく鑑賞することが出来ました。なので最後にはふさわしい作品だったと思うし、エンドロールまで楽しませてくれました。なので大ファンだった母がとにかく大満足だったので本当に私も良かったと思います。

下は母の採点です。
【サウンド】
『One Love』
歌 :
【レンタル】
 【DVD】花より男子ファイナル公開記念 ビンボー牧野家が行く香港マカオ豪華旅行!!レンタル有り
 【DVD】花より男子ファイナルレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 花より男子ファイナル オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,700
5新品:¥ 2,321より   19中古品¥ 1より 

【書籍】
■原作
【コミック】 花より男子 完全版 9 (集英社ガールズコミックス)
新品:
43中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 8 (集英社ガールズコミックス)
新品:
46中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 7 (集英社ガールズコミックス)
新品:
50中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 6 (集英社ガールズコミックス)
新品:
42中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 5 (集英社ガールズコミックス)
新品:
30中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 4 (集英社ガールズコミックス)
新品:
69中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 3 (集英社ガールズコミックス)
新品:
91中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 20 (集英社ガールズコミックス)
新品:
38中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 2 (集英社ガールズコミックス)
新品:
85中古品¥ 1より 

【コミック】 花より男子 完全版 19 (集英社ガールズコミックス)
新品:
27中古品¥ 9より 

■ノベライズ
【文庫】 花より男子ファイナル 映画ノベライズ (コバルト文庫)
新品:
48中古品¥ 1より 

■映像関連書籍
【雑誌】 キネマ旬報NEXT Vol.20 表紙&巻頭特集:山下智久「劇場版コード・ブルー」No.1781
新品:
2新品:¥ 990より   8中古品¥ 541より 

Amazonで「花より男子ファイナル」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION