allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダーウィン・アワード(2006)

THE DARWIN AWARDS

メディア映画
上映時間95分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2007/12/01
ジャンルコメディ
映倫PG-12
うっかり死んじゃいました
ダーウィン・アワード [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 1,380
USED価格:¥ 499
amazon.co.jpへ

 Photos
ダーウィン・アワードダーウィン・アワードダーウィン・アワード

【解説】
 警察をクビになったプロファイラーが、保険会社のためにおバカな死に方の事例を求めて全米各地を旅するさまを描いたドタバタ・ブラック・コメディ。主演は「恋におちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズ、共演に「オータム・イン・ニューヨーク」のウィノナ・ライダー。監督はこれが長編3作目の俊英フィン・テイラー。
 優秀なプロファイラーのマイケル・バロウズは血を見ると失神してしまう欠点のためにヘマをやらかし警察をクビになってしまう。そんなマイケルは、あまりにも愚かな死に方をした人を称えるインターネットの“ダーウィン賞”にハマっていた。ある時彼は、この賞で取り上げられているような人たちが保険会社に莫大な損害を与えていると確信、自分のプロファイリング能力でそのリスクを回避できると保険会社に自分を売り込むのだった。会社側はそれを証明できれば採用すると約束。こうしてマイケルは、保険調査員のシリをパートナーに、全米各地のダーウィン賞候補の再調査に向かうのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-09-27 13:22:48
【ネタバレ注意】

愚行の象徴として実際に存在する「ダーウィン賞」をモチーフにしたコメディ。ダーウィン賞は、愚行によって命を喪うか生殖能力を失くすのが条件ということで、必ずしも笑えないんだけど。
そんなブラックジョークみたいなエピソードを、元警察のプロファイラー出身の保険調査員(ジョセフ・ファインズ)を軸に展開するわけだが、やがてダーウィン賞を受賞するするような行為が、愚行は愚行なのだが、同時にあまりに人間的な行為であることに気づく(予測不測だったり短絡的だったりはするけど…笑)。
だからどうだって感じもしないではないが、J・ファインズとウィノナ・ライダーのコンビは悪くなかった。
それにしてもやたらしつこいドキュメンタリーカメラマン、彼は最後まで顔を出さないでいて欲しかったなあ。

投稿者:gapper投稿日:2010-04-20 20:47:53
 アメリカ人らしいアメリカ人を主人公にした、アメリカンコメディ。

 内容も形式も対象もアメリカンコメディらしく、パーフェクトなアメリカンコメディ。
 そういった潔さのせいかアメリカンコメディがあまり好きではないが、結構面白かった。

 「ミート・ザ・ペアレンツ」では、結婚相手の両親に会うというどの国にでもありがちな話。
 「燃えよ!ピンポン」は、スポーツ物で「松林サッカー」のようであり香港が本場だ。
 その点この作品は、おかしな死に方をするというアメリカ人らしい奇行がモチーフでストレート。

 ウィノナ・ライダーが、結構美人で良かったがコメディなだけにあまり生かされていなかったのが残念。
投稿者:bond投稿日:2009-06-02 09:45:44
コメディとシリアスの中間だが、話が細切れっぽく、いまいちのめり込めない。気楽に楽しむにはいいかも。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-06-01 02:18:04
一つ一つのエピソードはとってもクダラナイお馬鹿なコメディなんだけど、主人公はそのお馬鹿なテイストではなく、、いたって真面目な結構残念な調査員ってあたりがGOOD
大爆笑は無いもののブラックな笑いを楽しめましたね。

ただ、プロファイラーとしての過去やウィノナ・ライダー演じるパートナーの過去は余計だったかなぁ・・・。
無駄にドラマ性や事件なんて入れず、それぞれのお馬鹿なエピソードと保険会社に対する皮肉だけで十分面白い作品になったと思いますよ。
そうすれば中盤以降も盛り下がる事無く鑑賞できたでしょう。

卒業制作でドキュメンタリーを撮っていると言う第三者からの視点で映像が流れていくのはユニークでした。
・・・必要かどうかは微妙ですが(爆)

主人公がジョセフ・ファインズと言うのも意外性があって良かったし、久々のウィノナ・ライダーも可愛かったです。
この二人・・・これからも是非コメディで観て行きたい(笑)
他にもデヴィッド・アークエットやジュリエット・ルイス、クリス・ペンなどなど個性溢れるキャスト陣も要チェックです。

ラストにもう一押し何かがあると良かったですが、思わず笑ってしまうような死に方をした人に贈られる『ダーウィン賞』受賞者の調査をしながらアメリカ中を旅するのでロードムービーとしても楽しめますね。
笑いの質はベタかもしれませんが、扱っている題材が斬新なので新鮮味のあるコメディに仕上がっていると思います。

余談;バスタブ+石鹸=超危険!!!
そんな時は「お湯をためればイイじゃない」・・・ごもっとも(笑)
投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2009-05-31 00:53:02
作品そのものはバカバカしくて(でも結構笑えるSceneがあって、Comedyとして捉えるならば、合格)、大真面目なCommentをするような代物ではないが、何と言っても、Sound Trackは買い!

Metallicaの面子が台詞をしゃべる事自体、特筆もんでしょう。
James HetfieldやKirk Hammettが芝居をすること自体、特筆もんでしょう。
"Enter Sandman"のLive Performanceでも見せてくれたら、文句なしだったのに。
まぁ、Metallica知らん連中にはどうでも良いことかもしれんが。

それとPiano Manの2曲を使用するのも趣味が良い。
"The Stranger"は然ることながら、"Vienna"なんて渋い!

洋楽の中でも対極を成す2組のArtistの音楽が聴ける。
やっぱ洋画は良いよなぁ。

余談ですが、Hollywoodの変人女優ウィノナ・ライダーって復帰してたんですなぁ。
知らんかった。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-03-30 13:21:06
 
ダーウィン賞(=マヌケな死に方)マニアの敏腕プロファイラーが、保険調査員として不可解な事件を解決していく、という話。主人公が暴く、想像を絶するようなバカでマヌケな事件の真相に大爆笑させられる。
個人的なお気に入りは「オートパイロット」の話と、本物のメタリカが出ているロックコンサートの話。

キャストも地味に豪華なんだけど、何といっても相棒の調査員を演じるW.ライダーのガサツさが最高。かつての美少女もさすがに老けたが、こっちが地じゃねえのか?と思えるほど。
投稿者:なちら投稿日:2008-07-08 15:35:19
ダーウィン賞に囚われた男っていう設定は面白いのに、
バカな事故のエピソードを幾つか繋ぎ合わせただけの構成がとっても雑。

結局、ドキュメンタリー制作のアイツは何者だったんだ?
ウィノナに明かした凄い秘密って何なの?
投稿者:ビリジョ投稿日:2007-12-06 16:39:00
 何か、たどたどしい映画でしたね。監督の経験が浅いのか、カメラワークも雑な気がしたし。それともわざと?
 演出をもう少し工夫すれば、もっと爆笑できたんじゃないかと勝手に思いました。
投稿者:リEガン投稿日:2007-12-06 10:14:24
自殺的行為とも言うべきバカバカしい死に方をした人に、劣悪な遺伝子を減らしてくれたことへの感謝を表したダーウィン・アワード。実在する賞ってことが凄い。不謹慎ではあるけれど、毒はうまくかわして笑わせる。キャストも渋くて笑わせる。ビリー・ジョエルもベタで笑わせる。自動販売機とメタリカ自らが再現出演しているエピソードが好き。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ダーウィン・アワード2008/04/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ダーウィン・アワードレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION