allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハーフェズ ペルシャの詩(うた)(2007)

HAFEZ

メディア映画
上映時間98分
製作国イラン/日本
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2008/01/19
ジャンルドラマ/ロマンス
引き離された運命の恋人。
彼女が通った道の砂さえ 私には愛おしい。
ハーフェズ ペルシャの詩〈うた〉 [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,000
USED価格:¥ 530
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「少年と砂漠のカフェ」「ダンス・オブ・ダスト」のアボルファズル・ジャリリ監督が、今なおイランの人々に愛される14世紀に実在したペルシャの詩人ハーフェズをモチーフに描く悲恋物語。主演はメヒディ・モラディ、共演に「時効警察」の麻生久美子。
 コーランを諳んじている者だけに与えられる称号“ハーフェズ”を受け、周囲からもハーフェズと呼ばれる青年シャムセディン。彼は高名な宗教者の娘ナバートにコーランを教える役を任される。直接顔を合わせることなく、壁の窓越しにコーランの授業は始まった。外国育ちでペルシャ語もままならないナバートではあったが、ハーフェズは一語一語ていねいに教えていく。次第にお互いへの想いが募っていく2人は、いつしかコーランとは別に、詩を詠み交わすようになるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ジーナ投稿日:2009-03-01 23:27:09
あまりにエピソードが飛びすぎていて、叶わぬ恋の切なさが全く伝わってきませんでした。
主人公が書く詩もそれほど心に響きませんでしたね。

麻生久美子演じるヒロインの透き通るような自然美は目を引きましたが、彼女のキャラクターに関しては説明不足の極みで感情移入するにはムリがありました。
彼女に限らず、人物背景がほとんど描かれていないのも作品に入り込めない要因だったかな・・・。
一人ひとりのセリフが著しく少ないので心情を捉え辛いですし、習慣や価値観があまりにも違うので恋の障害となる様々な事がイマイチ理解できなかったです。

基本的な起承転結も無い上にストーリー展開にメリハリもないので何度も眠気に襲われました。
その間に何か見逃したのか分かりませんが、唐突に鏡の持ち主が変わっていたりなど展開に強引さがあったように感じました。

深いようで浅い、浅いようで深い・・・そんな作風ですね。
とりあえず100分弱の作品ですが、2時間以上観ている感覚でした(爆)

ノスタルジックなイランのロケーション、ヒロインのキュートな衣装、まるで歌を唄っているようなコーランの響きは美しく印象的でした。
でも、気に入ったのはその3点だけだったかな・・・。

もっと違う方法で彼らの信仰や習慣に異議を唱える作品になっていたら、面白いモノになったような気がします。
ピュアなラブストーリーなのは間違いありませんし、たまに笑いを取り入れている節もあったのですが、私にはかなりハードルの高い哲学作品となってしまいました。
イランやイスラム教に対して興味、または知識がある方はこの世界を堪能できるかもしれませんが、それ以外の方にはキツイ内容だと思います。

届けられるべき人へと届く物、ふさわしい者へと辿り着く定め・・・など、運命的でロマンチックな要素があるだけにテイストが難しかったのが残念でした。
投稿者:popoya投稿日:2008-06-25 21:05:00
イラン版「ロミオとジュリエット」というキャッチと、長年出演交渉を麻生さんにしていた・・・というので観たけど・・・
上の方のコメント同様、最後まで訳がわかりませんでした。
「暑いときは、洗濯と同時に川で水浴びするのね」とか「女性の権限は一切ないんだ」とか、文化に感心するくらいで、この話のポイントも、オチも(結局どうなったのか)もわからず。エンドロールが流れても???の観客ばかりで、さっさと帰るしかありませんでした。是非、詳しい解説を誰かにしていただきたいです。
投稿者:Longisland投稿日:2008-01-25 00:32:23
TV・ネット等各種情報伝達媒体の進化から、国や民族の壁を超え価値観が均一化・共有化してゆく今日この頃。
だからこそ、欧米も亜細亜も露西亜・南米の映画で描かれる人々の営みに共感したり感動したり理解することが出来る(ことが多い)。

でもだ、一部例外も有る。中東、特に厳格なイズラムの方々の価値観、本作のテーマである『恋愛』感は極東凡人観客には全く理解できない。
平日夜の都立写真美術館のスクリーンからは何かが発せられている気配は感じた、でも私にはそれが何だったのか理解できなかった。
何のために鏡を持ちふらついてるのか? 恋愛成就のまじないが何故恋愛を忘れることと通ずるのか? そんでもって何で彼が後を追ってるのか? 宗教指導者の娘がなぜチベット出身なのか? コーランと詩の関連性は??????? 
理解を超えた夥しい『?』が思考を停止させ、その目と耳にはエキゾチックなペルシャ音楽と風景、色とりどりの女性の衣装が表層的に流れ去ってゆくだけ。

彼の国について、その人々について、あまりにも自分の知識が浅いことを痛感。

【余談】
とはいえ、本作鑑賞したことにより悲願達成!
第20回東京国際映画祭 コンペ作品 全15本を全部観れた! 
長年T!FFに通っているがコンペ作品全作鑑賞って難しいんだよね。 マジ嬉しい!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ハーフェズ ペルシャの詩(うた)2008/09/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ハーフェズ ペルシャの詩(うた)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION